私がニコンを選んでよかったと思う理由と、メーカー選びのポイントをまとめてみる!


一眼レフを買うぞ!と思い立って一番最初にぶち当たる壁、それはメーカー選び

今回は数あるカメラメーカーの中からニコンを選んだ理由と、写真を始めて1年とちょっとが過ぎた今考えるメーカー選びのポイントをまとめてみたいと思います(*’▽’)

私がニコンを選んだ理由

ニコンを使っていると言うと、よく『なんでキヤノンじゃなくてニコンにしたの?』と聞かれます。『Nikonの方が色味や絵作りが好みで~』みたいなカッコイイ返しができたらいいんですが、いつもこう答えます。



『私がニコンにした理由?んー…見た目?』



これを言うと一定数が(;・∀・)って顔をするんですが、私がニコンを選んだ理由ってそんな単純なことでした。

DSC_1435
というのも、私の中で黒一色のイメージが強かった一眼レフ。そんな私の目に飛び込んできたのがNikon D5500の赤のボディ。どうでしょう、美しいでしょう。

深みと艶のある上品なワインレッドに私の心は一瞬で鷲掴みにされ、気付けばニコンの沼の住民になっていました。
D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる!| ゆるカメライフ

私がニコンを選んでよかったと思う理由

Nikon
一目惚れしたのがたまたまニコンのカメラだった、という理由でニコンユーザーになった私。

でも1年ちょっとニコンの一眼レフで写真を楽しんでいる今、心の底からニコンを選んでよかったと感じているんです。その理由を3つほど書いてみます(*’▽’)
1.レンズの選択肢が豊富
DSC_0014-5
キヤノンと並ぶユーザー数を誇るニコン。様々なニーズに応えられるよう、レンズのラインナップが非常に充実しています。

以前『写真はボディではなくレンズで変わる』という内容の記事を書いたんですが、写真を撮れば撮るほどこれを強く感じるので、レンズの選択肢が豊富なメーカーを選んだのは正解だったなぁと思います。
2.広角単焦点が充実
DSC_5957-6
私がニコンを選んでよかったと感じている理由が、ニコンはレンズの選択肢が豊富なだけでなく、広角の単焦点が充実している点にあります。

基本的にキヤノンとニコンのレンズの内容って一見同じに見えるんですが、細かく見ていくと少し違ってて、ニコンにはキヤノンにない広角の単焦点がいくつか発売されてるんです。

DSC_6379
私は20mm単焦点を持っているんですが、これがもう本当に描写力・使い勝手ともにピカイチで我が家にあるレンズの中で一二を争うお気に入り。

広角単焦点が豊富だということはニコンを使い始めて随分経ってから気付いたことですが、風景を綺麗に撮りたい!という思いで一眼レフを手にしたので、この点は私がニコンをますます好きになったきっかけでもありました。
軽くて使える超広角単焦点!AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの魅力を語ってみる。| ゆるカメライフ
3.素晴らしいニコンユーザーさんとの出会い
DSC_1313
普段Twitter等で色んな方の写真を拝見していて、『この人の写真すごく好き!』と思ってその人のプロフィールに飛んでみるとニコンユーザーさんだと勝手にテンションが上がっている自分がいます。

素敵と思う方と同じメーカーだと『自分もいつかこんなの撮れるかも!』とワクワクしますし、同じメーカーを使っている方と仲良くなって情報共有意見交換をするのはこの上なく楽しいもの。シェア率の高いメーカーだとこういった機会も自然と増えますしね(*’▽’)

写真をやっていたからこそ、ニコンを使っていたからこそという繋がりや出会いがあるたびに、ニコンを選んでよかったと感じます。

どのメーカーを選んでも『選んでよかった』と感じると思う

Nikon
実はこの記事を書こうと思ったきっかけは、私のニコン愛を爆発させるためでもなければ、『メーカーは絶対ニコン!』と推すためでもありません。

私が『ニコンを選んでよかった』と感じる理由を3つほど書いてみましたが、私がキヤノンを選んでいたとしてもこれと同じようなことを言っていたと思うんです。

仮にニコン以外のメーカーを選んでいたとしても、また違う視点から絶対に『選んでよかった』と感じていたでしょう。

DSC_9920-2
分からないことだらけの初めてのカメラ選びで、色んなメーカーを見ているとその差が知りたくなるところ。メーカー選びを誤ると思ってるような写真が撮れないんじゃないかと不安になったりもすると思います。

でも私がこの記事で伝えたいのは、カメラのメーカーってどれを選んでも『選んでよかった』と思えるよってことなんです。

そもそもメーカーによって何が違うの?


カメラのメーカー比較サイトを見ていて、よく取り上げられているのがオートフォーカスの性能と、写真の色味などの絵作りの違い。

もしこれが顕著なのであればメーカー選びでかなり重要なポイントになってくるんですが、1年ちょっと写真を続けてみた今、世間一般で言われているようなメーカーごとの違いって実は無かったことに気が付いたんです。ちょっとひとつずつ見ていきましょう。
オートフォーカスはレンズの力が大きい
dsc_2190
キヤノンはオートフォーカスが速さ重視・ニコンは速さより正確さ重視…なんて言われたりしていますが、これはメーカー選びで全く関係ないと断言していいと思います。

というのも、オートフォーカスの速さや正確さはレンズの影響がかなり大きいから。

私が使っているニコンは速さはそこそこだが正確なんて言われているようですが、実際使ってみると同じニコンのレンズでもオートフォーカスが爆速かつ正確なレンズもあれば、遅い上にピント合わせが的外れなレンズもあります。

これはキヤノンやその他メーカーのカメラでも同じことが言えると思いますし、『このメーカーのカメラが絶対オートフォーカスの性能が良い!』なんてことはないんですね(´・ω・`)
写真の絵作りもそんなに違いが無い
DSC_0386
次にメーカーごとに撮れる写真が違うのかという問題。これも色んな説が言われている分野です。

『これから一眼レフを買う!』という初心者さんにとってはちょっと踏み込んだ話になるんですが、写真はざっくりと2つのプロセスを経て作られていて、ここにメーカーによって写真が違うと言われる理由があるんです。

Camera, Kid
撮影者がシャッターを押した時、まずカメラは目の前の光景の色とか光とかとりあえず全ての情報を取り込みます。料理に例えるなら材料の下ごしらえの段階です。

次に撮影者が見た光景を再現するために、カメラ内部でさっき取り込んだ情報が整理・取捨選択されて、ようやく写真ができあがります。料理に例えるなら味付け・調理の段階ですね。

写真って言うとシャッターを押したら即出来上がりというイメージがあるんですが、実はカメラは目の前に広がる光景の情報をとりあえず全部キャッチして、それを処理するという2つのことを一瞬でやっているわけです。カメラってすげー。

そして、メーカーごとに写真の色味が異なると言われる理由は、2つのプロセスのうち調理・味付けの仕方がメーカーによって異なるからなんです。

Curry
Canonさん家のカレーはりんごとはちみつ入れるけど、Nikonさん家はウスターソースを入れる…といった違いがあって、これが色味や雰囲気が違うと言われる理由なんですね。

ただこの調理・味付けはカメラに任せずとも撮影者自身で行なうことができ、これを写真の世界でRAW現像と呼びます。

RAW現像は綺麗な写真に仕上げる上ですっごく大切な工程で、いずれ自分でやることになります。味付けを自分で決められるとなると、メーカーごとの違いは関係無くなるんですね。

DSC_7595-3
そもそもRAW現像をしないとしても、そのメーカーごとの味付けの差って初心者の目からしたら良く分からないというか、複数のメーカーで撮られたものをよく見比べてみると『言われてみれば違う』と感じる程度だと思います。

実際私もある程度写真にのめり込んだ後、見比べてみて『確かに…!』と気付いた感じでしたし、メーカーごとの写真の色味や絵作りの違いもメーカー選びで気にする部分ではありません

メーカーの違いはカメラ選びでさほど気にしなくていい

Camera
カメラの性能がメーカーによって異なるということも、写真の色や描写もメーカーによって異なることもないので、『あの被写体を撮るならあのメーカーにしておけばよかった!』ってなることは滅多にない。

だからどのメーカーを選んでも『このメーカーにしてよかった』って感じると思うんです。

プロを目指している、写真で食べていきたい場合はもっともっと細かいところにまで気を配る必要があるのでメーカーごとの細かい差を気にすべきなのかもしれませんが、趣味で撮る分において『この被写体なら絶対にこのメーカー』なんてのは無いに等しいんですね。

SLR
私としてはミラーレスと一眼レフセンサーサイズやWi-Fi機能の有無の方が、しっかり考えて決めないと、カメラを買ってしばらくしてから『あっちにしとけばよかったかなー』と後悔することがあるように思うんです。

実際『一眼レフ買ったけど、重いし大きいしミラーレスにしておけばよかった』という友人は何人か見てきましたし、私は逆にミラーレスを買ってしばらくしてから『一眼レフにしておけばよかったかも…』と感じ、一眼レフに買い替えた経験があります。

Wi-Fiで転送できない不便さから写真がめんどくさくなってしまった人もいましたしね(´・ω・)

このあたりの選択は『カメラを持ち歩きたくなるか』とか撮れる写真のクオリティとか、これから写真を始める上で最も基礎の部分に大きく影響してくる事柄ですし、メーカー選びよりもこっちの方がかなり重要だと思います。

私が考えるメーカー選びの4つのポイント!

Camera, Girl
この記事で私が言いたかったことをまとめると『メーカーごとで写真に良し悪しが決まるわけじゃないから、その辺深く考えんでええんやで!』ってことです(*’▽’)

そうは言われてもメーカーを決めなければいけない。結局どこを見て、何を決め手にして選べばいいのかますます分からなくなりますよね。

ここからは今まで述べてきたことを踏まえた上で、私が考えるメーカー選びのポイントをまとめたいと思います(*’▽’)
1.シャッター音
DSC_6200-3
オートフォーカスを合わせた時の『ピピッ』と、シャッターを押した時の『カシャッ』といった音はメーカーによって異なり、さらに同じメーカーのものでもモデルによって音に違いがあります。

『たかが操作音』と思われるかもしれませんが、シャッター音が気持ちいいとつい撮りたくなりますし、軽視しがちなポイントですが写真を楽しむ上ですごく大切な要素なので、色んなカメラを触って聞き比べてみましょう!

メーカー選びで大事なのは『このメーカーはこんな写真が得意』のような情報収集よりも、まずお店で実機をしっかり触らせてもらうことですよ(*’▽’)
2.見た目・質感

私がニコンを選んだ決め手でもあった見た目・質感。一眼レフに限って言うと『どれも黒くてゴツくて同じようなもんでしょ…?』と思っているかもしれませんが、ちゃんと触ると結構違いがあります。

ボタンの配置やデザイン、丸みがあったり角ばってたり、質感もマットだったりつるつるだったり、ザラザラだったり。

カメラは写真を撮っている間ずっと触れているものですし、カメラは道具であり持ち物です。愛着が持てる、つい持ち出したくなるデザインや質感はすごく大事なので、ここも実機を触ってしっかり見ておくべきポイントですね(*’▽’)
3.周りにそのメーカーを使っている人がいるか


DSC_2401-7
初めて足を踏み入れるカメラ・写真の世界は分からないことだらけ。情報共有できる人がいた方が心強いですし、周りにそのメーカーを使っている人がいればそれを積極的に検討する方がいいかなと思います。勿論私がニコンだからニコンにしようってしてくれてもええんやで?

ただ、『周りが持ってるから』と他のメーカーを見ずに決めるのはやめましょう。『周りが使ってたから!』と買った直後にその周りが写真をやめてしまい、それなら気になってるあのメーカーも見とけばよかったなぁ…と言っている人が実際にいました。

何度も言いますがメーカー選びの際はお店でカメラをちゃんと触りましょうね(*’▽’)ゆるカメライフとの約束だぞ!
4.レンズのラインナップ
dsc_2989-3
冒頭で私がニコンを選んでよかったと思う理由としてレンズが豊富だということを挙げました。

オートフォーカスや絵作りにおけるメーカーごとの違いは無いに等しいんですが、交換レンズのラインナップはメーカーごとにかなり違いがあり、キヤノンとニコンはともに豊富、ペンタックスやソニーは少ない傾向にあります。

また、キヤノンの交換レンズって実はキヤノンだけが作っているわけでなく、シグマやタムロンといったキヤノン以外のメーカーからもキヤノン用レンズが発売されています。そしてそれらのレンズは純正より安いこともあり、写真を楽しむ人の強い味方なんです。


ただ、キヤノン用かニコン用は必ず作られているんですが、それ以外のメーカー用のレンズは生産されていないということが多々あります。この点からもメーカーごとのレンズラインナップの充実度に差が出るんですね。

写真の幅を広げていく上で交換レンズは欠かせませんし、ラインナップは多いに越したことはないんですが、もし実機を触ってみて『いいな』と感じたのがレンズの選択肢が少ないメーカーだった場合、レンズのことはそんなに気にせず、私はその『いいな』という直感を優先すべきだと思います。

私の友人にも『レンズが少ないことも含めてこのメーカーが愛しいんだ!!!』と言っている変態人もいますし、一応レンズが少ないという事実は知っておいたうえで、でもこのカメラ好きだなと思ったら、その直感に従えば絶対『選んでよかった』と思えるはずですよ(*’▽’)

おわりに

DSC_0073-3
カメラを手にする前に散々調べていたメーカーごとの違い。実際に写真を始めてフタを開けてみると、そんな違いほとんどありませんでした。

今写真をガッツリ楽しんでいる身として思うのは、メーカー選びで大事なのはフィーリングです。

適当なこと言ってるように見えるかもしれませんが、カメラは持ち物ですし、持ちたい!と思えるカメラを持つのが一番。どんなに良い性能を持っていてもカメラは持ち歩かないと意味がないですからね。

記事中で何度も言ってましたが、フィーリングを得るには実機を触ることが何よりも大事。メーカーという考えは一度頭から離して、お店で気が済むまで出来るだけ多くのカメラを触って、素晴らしいパートナーとなるメーカーと巡り合ってください。

もしフィーリングでニコンと結ばれたら、またこのブログに遊びに来てくださいね(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!