D5500を愛する私がD610・D750・D810の選択肢からD750を選んだ理由


家に帰るとすぐパソコンを触ってしまうので、カメラを始めてから大学の試験期間は家にいられなくなった系カメラ女子です。試験終わったよ!どうもこんにちは、meguです。

さて、少し前に私がどうしてフルサイズ機を買おうと思ったのかについてこんな記事を書きました。

私がフルサイズを買った理由と、いつかはフルサイズ!と思っている人に伝えたいこと
写真を趣味にして、写真の楽しさを知るにつれて憧れを抱く人も多いフルサイズ一眼。 はじめて買った一眼レフやミラーレスで撮り続けて...

フルサイズを買う!と決めたら、次のステップはどのフルサイズ機を買うか。今回は私のフルサイズ選びについてまとめていこうと思います(*’▽’)

Nikonのフルサイズを選ぼう!



DSC_4836
私が具体的にフルサイズ購入を考え始めたのは2016年の2月のこと。

この時Nikonから発売されていたフルサイズ機はD4S、Df、D810、D750、D610の5つでした。

D4Sそして今発売されているD5フラッグシップ機と呼ばれ、もう高スペックの塊のような一台で、見ているだけでもヨダレが出るようなカメラなのですが、お値段が心臓が飛び出るほど高いので候補から光の速さで除外。

また、Dfは操作性がちょっと特殊なため同じく候補から除外されました。

そんなこんなでお値段や機能性を考え、私の中で残った候補はD810D750D610の3つでした。

D610・D750・D810を比較する!

お値段そしてスペックにおいて細かく違うこの3つのボディ。早速ひとつひとつ細かく見ていくことにしましょう(*’▽’)
D610
product_01
Nikonのフルサイズ機の中で最もお手頃なD610

フルサイズってボディも高いんですが、フルサイズ対応のレンズがまた高い。でも、せっかくフルサイズを手にするならレンズにもしっかりお金をかけたい

そういう人にとってD610はベストな選択なんじゃないかなと思います。ボディでお金を浮かせて、その分レンズに使えますからね(*’▽’)

ただ、私の候補からは最も早く外されてしまったD610。その決定打はD610の持つ高感度性能でした。

DSC_6286-2


私がフルサイズを考え始めた理由の一つは、高感度での撮影を容易にしたかったから。

D610はISO上限はISO6400。拡張すればISO25600まで上げられるんですが、これだと私が使っていたAPS-C機であるD5500とISO性能が同じなんですね。

また、オートフォーカスも39点とこれもD5500と同じです。

dsc_0130
D5500がD610の後に発売された製品(D5500…2015年2月発売 D610…2013年9月発売)ということもありますが、そう考えると今のAPS-C機ってすごいんですね。フルサイズに食ってかかる高性能。

また、フルサイズを買ったらそのボディの寿命が来るまでは使い倒したいと考えているんですが、この性能だといずれ新商品でもっともっと高スペックのフルサイズ機が発売されたときに目移りして後悔してしまう、下手すればそっちに手を出そうとしてしまう可能性があると感じたんです。

せっかく買うなら心の底から満足するものが買いたい、という考えからD610は候補から外れました。

DSC_5997
とはいえ、比較的気軽にフルサイズの世界を体験させてくれるD610は素晴らしい一台。

D3000シリーズやD5000シリーズが『はじめての一眼レフ』をコンセプトに力を入れられているカメラであるなら、このD610は『はじめてのフルサイズ』として写真を愛する人をさらに上の世界へと手招きしてくれる、そんな一台なのかなと思います。
D750
product_01 (1)
D610から約6万円ほど高いD750。その差額の6万円にはどんな意味があるのか気になりますよね。

まずD610を候補から外すきっかけとなったISO感度に関しては、拡張するとISO51200まで持っていくことができます。

またAFも51点と、D610そしてD5500よりも性能がアップ。私の求めるフルサイズに限りなく近い一台であることを感じます。

この2点だけでも6万円の差額の意味を感じることが出来るのですが、これ以外にもD750にはD610にはないものが採用されています。それがWi-Fi可動式液晶です。

luctheo / Pixabay
私が使っていたD5500バリアングル液晶という可動式液晶を採用しており、またWi-Fiも内蔵しています。この2つの機能、なくても困らないんですがあるとめちゃくちゃ便利。



ただ、D750というフルサイズにWi-Fiが必要かと言われれば正直ちょっと疑問。フルサイズに手を出す人の場合、RAW現像をしている方が多いでしょうし、そうなると写真管理は基本的にPCになる。あれ?Wi-Fi使うかなこれ。

また、D750は私がフルサイズを買うと決めた時に真っ先に頭に浮かんだ一台だったのですが、持っている人が多すぎるというのもちょっと引っかかったのも事実(;・∀・)

『我は他人とは違うのだ!』という中二病精神を21歳になった今も捨てきれていないので、今更周りの多くが持っているD750に手を出すのってどうなんだろうという考えも正直あるんですね。

とはいえ、多くの人が持っているということは、それだけ魅力が詰まった一台であるという証拠ですよね。迷うなぁ。
D810
product_01 (2)
D750よりさらに9万円ほど高いD810

この9万円という差額の中身は、その圧倒的な画質だと言っていいと思います。D610が2426万画素、D750が2432万画素に対して、D810はななななんと3635万画素

画素数は高ければ高いほどいいってもんじゃないらしいんですが、でもやっぱりD810は他のフルサイズ機に比べて画質が一枚上だと聞きます。

画素数以外の要素をチェックすると、ISO上限51200・51点AFとこのあたりはD750と同じ。ただ、シャッタースピードの最高速度は1/8000秒とD750の1/4000秒を上回っています。

なお、D750にあった可動式液晶やWi-Fiなどの機能はありません。

高い写真のクオリティを突き詰めた、そんなフルサイズらしいフルサイズという印象の一台です。

D810寄りでスタートした私のフルサイズ選び

Canon, Nikon
せっかくフルサイズを買うなら、値段が張ってもフルサイズらしいスペック詰め詰めのものを買ってやれ!と思っていたので、調べていくうちに気持ちはD810に自然と傾いていました。ゴリゴリのフルサイズな感じがしてカッコいいじゃないですか、D810。

ただ、お店で実機を触ってみたり、色んな方のレビューを見ながらD750とD810を細かく比べていくと、私の中で気になる点が2つありました。
9万円の差額によって私にどれほどのメリットがあるのか
DSC_5979-11
D610とD750の間には約6万円の差があるんですが、この差額の中身は先ほど述べた通りISO感度やAF性能の向上と非常にわかりやすい内容。

またD750は可動式液晶やWi-Fiなど機能も付いてますし、6万円の差のメリットは十分感じられると思います。

DSC_1313


ただ、D750とD810の間の約9万円の差額は、ほぼ画素数における差のみだと感じたんです。

大きく写真を印刷する人、写真をトリミングする人や拡大して鑑賞したい人などはD810はとんでもなく魅力的。

ただ私の場合、写真はPCやスマホでの管理が主ですし、拡大も滅多にしません。写真を印刷に関しても、1年に数回雑誌サイズのフォトブックにまとめる程度です。

そう考えると、今の私にD810の持つ画素数を活かせるとは思えないんです。

DSC_2988
そう考えると約9万円上乗せしてD810を買うよりも、D750を買ってその差額で1本レンズを買う方が私のカメラライフは充実するんじゃないか。9万円あれば買えるよ、レンズ。

フルサイズに乗り換えたら今までとは違うレンズを使ってみたいというレンズ沼的思考もありましたし、写真はレンズで変わると思っているので、そう考えるようになりました。
D810とD750のグリップ感の違いが気になった
DSC_1435
私が愛用していたD5500

このボディは旧モデルのD5300よりさらに小型化されただけでなく、グリップがかなり深く手にフィットする形に改良されていたんです。

私自身手があまり大きくないのでこのD5500のグリップはかなり気に入っていて、このグリップのおかげで一眼レフを持ち歩く習慣がついたといっても過言ではないほどです。

D750はそのD5500のグリップに近い構造になっていて、すごく握りやすい。この構造によって、D750はフルサイズなのにコンパクトなボディになっている。私にとってはこれがものすごくプラス要素だったんです。

それに対して、D810は私の感覚では横長という印象。手の大きい男性だとD750はかえって持ちにくく、D810の方が手になじむかもしれません。

カメラは道具であり持ち物ですから、いくら高いスペックがあっても持ち出さないと意味がないですし、最終的にはスペック云々ではなく持ったときに手になじむかが決め手になりました。
選ばれたのはD750でした
DSC_0001
悩みに悩んで、選ばれたのはD750でした。

TwitterではあっさりD750に決めたような感じでフルサイズデビューの喜びを呟いていたんですが、本当に最後の最後までD810と迷い続けてたんですね。最終的にはお酒の勢いで決断したのは内緒です。
私にとってD750とは
DSC_1766-4
実際に持ってみて、私の中でD750は堅苦しくないフルサイズという印象。

性能や撮れるものはしっかりフルサイズ。でもボディを持ち歩く時はAPS-C機の頃のような気軽さがあるんです。

D5500と似たグリップであったりWi-Fiや可動式液晶など、撮れる写真をよりよくするだけでなく、撮影することそのものを良くしてくれる機能が沢山の一台だと思います。

DSC_9920-2
フルサイズを検討し始めた当初は『フルサイズ=最高の写真マシン』みたいなイメージを持っていた私。

写真もクオリティが最優先で、ボディの機能や大きさ重さで不便なのは当たり前、そのあたりは犠牲にして当たり前のものだと思っていたんですね。

でもD750はそのあたりが違って、大きさ重さの不便な部分をできるだけ無くして、それでいてフルサイズ機らしい性能をバランスよく持っている。ちょっとラフな雰囲気だしてるけど、やるときゃしっかりやるよ!みたいな、そんな頼もしさと親しみを感じられる一台だなと思って使っています。
D750のここが気になる
DSC_7595-3


D750は堅苦しくないフルサイズで非の付けどころがない!…と言いたいんですが、ちょっと気になるのがシャッタースピードの上限が1/4000秒である点。

D5500も上限が1/4000秒だったので変わらないんですが、フルサイズを使い始めたらいつかは手にしたいと思っているF1.4の単焦点レンズ

単焦点といえども絞らないとその力を発揮しない、周辺減光の問題からも絞り開放(F1.4)で撮るってどうなの?と言われそうなんですが、やっぱりボケも好きですし、周辺減光に関しては現像の段階でさらに足しちゃうくらい好き。だから結構開放で撮ることは多いんです。

DSC_6026
暗い場所なら1/4000秒出せれば全く問題ないのですが、晴れた空の下でF1.4で撮ろうとすると、もう少しシャッタースピード出せないと露出オーバーになってしまうかなぁとちょっぴり心配な部分があります。

…とはいえD750は減感ができるので、それを使えば晴れた空の下でもF1.4で撮影は出来ると思います。とはいえ減感は画質が下がるといいますし、あまり使いたいとは思えませんが…(´・ω・)

でも私の思うD750の気になる箇所はこの部分だけ。やっぱり素晴らしいよD750。

初めてのフルサイズ選びで感じたこと・気付いたこと

DSC_3592-6
D750という自分にピッタリの一台に巡り合い、ますますカメラライフが豊かになったワタクシ。

ただフルサイズといっても種類がいくつもありますし、なんせ高い。APS-C機から乗り換えを考える場合本当に悩むと思いますし、悩むべきだと思います。

というわけで、最後に私が今回のフルサイズ選びで思ったことを書き出してこの記事を締めようと思います。いつかはフルサイズ!と思っている方の少しでも参考になれば幸いです。
レンズにどれだけお金をかけるか考えておくべき
Nikon
ここまでD610とD750、D750とD810の差額について色々書いてきましたが、6万とか9万とか、フルサイズってボディごとでレンズ1本、下手すれば2本買えちゃいそうなほどお値段に差があるんですね。

写真はボディよりもレンズに左右される側面が大きいと思うので、フルサイズデビューするならレンズもしっかり揃えていくべき。せっかく良いボディがあっても、レンズが微妙だとそのボディの良さは半減してしまうと思います。

dsc_2190
私は最初の段階で高感度性能を理由にD610を候補から外しましたが、D610も、画質や高感度性能に差があるものの、D750やD810と並ぶNikonの素晴らしいフルサイズ機。D810で適当なレンズを使うより、D610を選んで良いレンズを使う方が確実にいい絵が撮れると思います。

フルサイズ選びだからこそ予算全てをボディに費やさない選択、レンズにかけるお金の計算が非常に大切だと感じました。
今使っているメーカーにこだわる必要はないかもしれない
SLR
繰り返しになりますが、APS-C専用レンズはフルサイズで使用することはできません。

細かいことをいえばNikonの場合、フルサイズのボディにDXレンズの装着は可能ですし、クロップという機能を使えばAPS-C用レンズをフルサイズで使うことはできるんですが、ずっとそれで撮り続けるのは現実的ではありません。フルサイズ対応レンズは絶対に必要になってきます。

dsc_2989-4
以前の記事でいつかはフルサイズ!と考えている人は『フルサイズで使えるレンズ資産』を意識するべきと書いたんですが、実際APS-C機にはAPS-C対応レンズの方がしっくりくるパターンも結構あって、APS-Cユーザーのうちにフルサイズ向けのレンズ資産を構成するのって現実的には難しいと思うんです。

つまり、ほとんどの人がフルサイズで使えるレンズが無い状態でフルサイズデビューを迎えることになる。ということはボディもレンズもイチから揃えなおすのだから、別に今使っているカメラのメーカーにこだわって決める必要はなく、メーカーを変えちゃうのもアリだと思うんです。


操作性もずっとNikonを使っていたならNikonの操作に慣れていると思うので、Nikonがいいや!となる人も多いと思いますが、例えば使ってみたいレンズだったり、撮ってみたい写真のジャンルだったりを考えると、他のメーカーの方が良いのかも…と思うことがあるかもしれない。

一度フルサイズに手を出すと、レンズもボディも高いですし、メーカーの変更はなかなか厳しいものになります。

APS-C機を使っていてフルサイズに移行する場合、そのタイミングが自分が使い続ける唯一のメーカー(マウント)の見直し期間と言ってもいいかもしれません。


Nikonのフルサイズ見てるけどなんかしっくりこない、Canon使ってるけどNikonのこのレンズ良いなと思う…などなど、そう感じることがあれば一度メーカーを変えて検討してみると何か見えてくるかもしれませんよ(*’▽’)

おわりに

DSC_0023-2
写真を愛する人は誰もが手にしたい存在、それがフルサイズ

ボディだけでも色んな種類がありますし、レンズにはもっともっと広いバリエーションがあります。そしてそれを使って撮れる写真の幅は無限にあると言って良いと思います。

フルサイズのボディを選ぶとき、それは新しい写真の世界への第一歩だと思っています。

第一歩を踏み出して、そこからどんどん世界を広げていけるような、そんなボディに巡り合ってくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!