ディズニーで綺麗な夜景を撮るためのポイント全部まとめてみた!


アトラクション、ショー、キャラクターなど東京ディズニーリゾート(TDR)にはいろんな魅力的なものがありますが、夢の国ならではの幻想的な夜景もそのひとつ。

でも三脚が使えないパーク内での夜景撮影に苦手意識を持っておられる方も少なくないと思います。

というわけで、今回はディズニーでの夜景撮影のポイントについてまとめてみたいと思います(*’▽’)!

ディズニーで夜景撮影を楽しもう!

綺麗に撮るための設定

早速ですが、設定の紹介に入りましょう!ドン!
  • 撮影モード:マニュアル
  • シャッタースピード:1/焦点距離秒から徐々に遅く
  • F値:できるだけ小さく、でも絞れるなら絞る
  • ISO感度:許容範囲まで上げる
ややこしいわ!』というお叱りの声が聞こえる気がします(;・∀・)

『この設定に決めたら後はシャッターを切れば綺麗に撮れる!』という設定を探してこの記事を開いてくださった方もいると思うんですが、ディズニーの夜景撮影で『これ!』と言える設定って実は無いんです。


ただ、いくつかのポイントを押さえておけば、思った以上に簡単に思い通りに撮れるようになるので、そのポイントについて色々書いていこうと思います。

また、今回の記事では当ブログにしては珍しく作例に実際の設定も書き加えていますので、設定の具体的な参考や、今まさにパークにいて夜景を撮りたい!というお急ぎの方の少しでもヒントになれば幸いです。

設定項目をおさらい

まず最初に設定項目について簡単におさらいしておきます。知ってるよ!という方はここはサラッと読み飛ばしてください(*’▽’)
シャッタースピード
夜景撮影の天敵、手ブレ。普通の夜景撮影では三脚を用いて手ブレを防ぐんですが、それができないパークでの夜景撮影では、シャッタースピードを自分でコントロールして手ブレを防ぐ必要があります。

そして手ブレしない基準は1/焦点距離秒と言われていて、ディズニーでの夜景撮影のカギとなってくるので是非覚えておいてください(*’▽’)
ISO感度
上げることでカメラが光に敏感になり、暗い場所でも手ブレなく明るく撮ることができるISO感度

ただ感度を上げすぎるとノイズが発生し、ザラザラとした画質の悪い写真になってしまうので上げすぎには注意が必要です。
F値
光の通り道の広さを決めるF値。『F値を大きくすると写真全体にピントがあって、小さくすると背景がボケる』と覚えてらっしゃる方も多いはず。

F値を小さくすると、背景がボケるだけでなく光の通り道が広くなり、カメラが一度に取り込める光の量が多くなるので、短いシャッタースピードでも明るく撮ることができます。このF値も夜景撮影では重要になってくるポイントのひとつです。

実際に設定してみよう!

設定項目の中身を軽くおさらいしたところで、いよいよ実践的な話に入っていきましょう!ゆっくりついてきてくださいね(*’▽’)
『優先順位』を考えておけばマニュアル撮影でも難しくない!

F6.3 1/15秒 ISO2000 15mm



最初この記事を読み始めて『マニュアルで撮るって難しそうだな…』と思われた方もいらっしゃるかもしれないんですが、優先順位を決めておけばそんなに難しくないんです。

優先順位を付けるとは、『手ブレ』『ノイズ』『絞る』の3つの要素に順位を付けること。

三脚が使えたらこの3つをすべて叶えた写真が撮れるんですが、使えないパークにおいてはどうしてもどれかを犠牲にせざるを得ないので、優先順位を決めることで設定が決めやすくなります。実際にやってみましょう(*’▽’)

F4.0 1/20秒 ISO3200 15mm



私の場合、まず何よりも手ブレしないことが最優先。手ブレしてしまうとせっかくの夜景が台無しになるので、シャッタースピードは慎重に決めます。

そして2番目ができるだけノイズを出さないこと

手ブレしないためにはある程度高感度になるのは仕方ないと考えていますが、ノイズまみれになってしまうと綺麗な写真に見えないので、可能な限りノイズは避けたいところ。

各カメラでISO感度の上限が決まっているんですが、『カメラが設定できる上限』と『ノイズが気にならない実用的な上限』は別物なので、綺麗に撮るためには『実用的な上限』にISO感度を留める必要があります。

ノイズ耐性もまたカメラによって異なりますが、個人的な感覚としてははISO2500-3200以上になるとかなりノイズが気になるので、これ以上には設定しないように気をつけます。

F2.8 1/60秒 ISO1000 62mm



手ブレとノイズを優先したので、その代わり絞ることはそこまで重視しません。

F8くらいまで絞った方がシャキッとした1枚になるのは確かなんですが、手持ちで手ブレせずノイズも極力出さずにF8で撮ろうとしたら、間違いなく真っ暗な写真になってしまいます。

ちょっと絞れたらラッキー♪』程度に考え、F値はできる限り小さく設定しています。
優先順位を基に実際に設定してみる!

F4 SS1/25秒 ISO2000 27mm



一旦整理すると、手ブレは絶対しない→ISO感度は極力上げない→F値を上げるというのが私なりの優先順位。これに基づいて実際に設定してみます(*’▽’)

①撮りたいもの・構図が決まったら、まずはシャッタースピード1/焦点距離秒に設定します。

②上げたくないといっても、ある程度高感度が必要になるので、比較的明るい場所ではISO1000程度、肉眼でも暗いと感じる場所ではISO1250-1600程度まで上げておきます。

F値は一番小さくセットします。

ただ、少し絞った方がレンズの性能が上がると言われているので、こだわる場合はF5-5.6くらいに絞って撮り始めても◎。ただ慣れないうちは難しいことは考えず一番小さなF値にしておく方がサクサク撮り進められると思います(*’▽’)
実際に撮ってみる

F5.6 1/40秒 ISO1600 16mm



優先順位に従って一度撮ってみたはいいけれど、思ったよりも暗いかもしれません。というか暗いことの方が多いと思います。

『優先順位に従って設定したら一発で綺麗に撮れるんとちゃうんかい!』と怒られそうですが、この試し撮りが綺麗に撮るカギなので、ここからササッと設定を手直しして理想の1枚をゲットしましょう(*’▽’)

F2.8 1/30秒 ISO2000 32mm



①まずシャッタースピードを少し遅くします。

『えっ、シャッタースピードは死守するんじゃないの!?』と思われるかもしれませんが、1/焦点距離秒はひとつの基準に過ぎません。これより遅くても案外手ブレしなかったりします。

ISO感度を既にある程度上げた状態からスタートしているので、先にシャッタースピードをいじります。具体的には1/30秒なら1/20秒、1/20秒なら1/15秒…という感じで『気持ち』遅くする程度に留めます。

②次に、まだF値に余裕がある場合はF値を小さくします。

シャッタースピードとF値の2つを変更したら、もう一度撮ってみます。それでも暗い場合は今度は③ISO感度2000→2500→3200と許容範囲まで段階的に上げていく。私はいつもこんな感じで撮ってます(*’▽’)

ディズニーでの夜景撮影のコツ・注意点

絞り優先は使わない

F4.0 1/15秒 ISO1600 27mm



普段は絞り優先で撮っているという方も多いはず。私もその一人です。

ただ、絞り優先はF値を撮影者が決めてシャッタースピードはカメラ任せにする撮影モードなので、シャッタースピードのコントロールが最重要である手持ちの夜景撮影には適していません

シャッタースピードのコントロールだけならシャッター優先モードでもいいんですが、手持ちで夜明るく撮ることってカメラにとっても難しいことなので、ひとつずつ決められるマニュアルの方が良いかなと個人的には考えています。マニュアルといっても夜景撮影の場合、設定の範囲も限られてますしね(*’▽’)
手ブレ補正搭載のレンズが望ましい

F4.0 1/6秒 ISO3200 35mm(※手すりの支え無し)



少しでもシャッタースピードを遅くして明るく写したいディズニーの夜景撮影で便利なのが手ブレ補正

上の写真も手ブレ補正搭載レンズを使って撮ったんですが、手ブレしない基準となる1/35秒から1/6秒まで落としてもブレてません。

エントリー一眼レフのキットレンズには手ブレ補正搭載のものも多いですし、それらをお持ちの場合はガンガン活用しましょう(*’▽’)
手すりなどを補助に使うのもアリ

F8.0 0.8秒 ISO1000 32mm (※手すりの支え有り)



ここまで『完全に手持ちで撮る』ことを前提にお話ししてきたんですが、パーク内にある手すりや柵を支えにするのもひとつのアイデアとして有効なので覚えておきたいポイント。

上の写真はケープコッドの手すりでカメラを支えて撮ったものですが、0.8秒までシャッタースピードを落とすことができました。
できる限り広角で撮る

F7.1 1/25秒 ISO2000 70mm



ここまで手ブレしないシャッタースピードは『1/焦点距離秒』と何度も書いてきましたが、焦点距離が長くなる望遠ではより速いシャッタースピードが要求されることになり、手ブレにシビアになってきます。

カメラを向ける先がすごく明るい場合や、手ブレ補正搭載のレンズであれば、望遠でも問題ないですが、慣れないうちは広角気味で撮る方が手ブレの心配も少なく撮ることができると思います。

F4.0 1/30秒 ISO2000 35mm



といってもズームして撮りたい!場所も勿論あると思いますし、全部が全部広角で撮るべき!というわけではありません。ただ、望遠気味で撮る時はいつも以上に『1/焦点距離秒』を重視し、手ブレしていないかモニターをしっかり確認するようにしてくださいね(*’▽’)
気持ち明るめで撮る

F4.0 1/8秒 ISO3200 20mm



私がよくやる失敗なのですが、撮っているときは『めっちゃ綺麗!』と思っていたのに、家に帰って確認してみると『めっちゃ暗い!』ということが定期的にあります。

暗い中だとモニターの画面がすごく明るく感じられるので、多少暗い写真でもそこそこ明るく撮れてるように見えるんですが、そういう写真って次の日普通の明るさの部屋で見たらめちゃくちゃ暗いんですね(;・∀・)

そこまで神経質になるべきポイントではありませんが、経験上パークで撮っている段階で『暗いかも…』と思う写真は実際めちゃくちゃ暗いということは頭の片隅においてもらえたらと思います(*’▽’)
RAW現像する

F5.0 1/30秒 ISO1600 27mm



三脚が使えないパークでは、シャッターを切るだけで完璧な美しい夜景を撮るのはほぼ不可能と言っていいと思います。そこで最後に紹介しておきたいのがRAW現像です。

RAW現像って何それ美味しいの?という方は、こちらの記事を読んでいただけたらと思うんですが、ザックリ言うと『撮った後に写真の情報を弄ることができる編集ツール』のことです。

撮った後確認してみると、思っていた以上に暗いとかノイズが目立つとか、色味がイマイチなんてことは日常茶飯事なんですが、RAWで撮っておけば、そのような失敗をしてもあたかも初めから明るさや色味で撮ったように補正できますし、ノイズを除去することもできちゃうんです。


例えば、先程載せたクリスマス仕様のケープコッドでの1枚。撮ってる時は『明るく撮れた』と思ってたんですが、帰って見てみたらめちゃくちゃ暗かったんですね(;・∀・)

というわけでこれをRAW現像してみると…


明るくなりましたー(*’▽’)よかったー!

こんな感じでRAW現像を使えば、撮った後から明るさやその他諸々を自然に編集することができるので、シャッターを切るだけではどうしても100%思い通りには撮ることが難しいディズニーの夜景撮影では必要不可欠ともいえる工程なんですね。

F3.5 1/15秒 ISO2000 20mm



この記事に載せた作例はすべて現像していますし、もしRAW現像をしたことがない・知らないという方がいらっしゃったら、是非この機会にチャレンジしてみることをグイグイお勧めします(*’▽’)
おわりに

F5.6 1/3秒 ISO3200 16mm(※手すりの支え有り)



今ちょっと読み返してみたら、作例が見事にディズニーシーに偏りまくっていることに気付いて困惑していますが、気にせず記事を締めたいと思います_(:3 」∠)_

さて、いろいろまとめてみましたが、設定って本当に人それぞれですし、改めて自分の設定見てみると結構適当なもんだなぁと反省しました(笑)

シャッタースピードやISO感度となにかと制約が多いことから、手持ち夜景の設定はそんなにバリエーションが豊富でないため、一度コツを掴めばディズニー夜景はほんとに難しくありません。

なので、この記事で紹介してきた設定のいろんな『軸』を基に、是非是非自分好みの設定を見つけてみてください(*’▽’)良い設定あったら教えてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!