【旅行記】常夏の島を満喫!写真で振り返るハワイの旅【前編】


毎日せわしない日々を過ごしていると誰もが恋しくなる、大自然や青い海。そんな癒しの風景を求めて、この春休みハワイに行ってきました。

ハワイというと海で遊んだり、買い物をしたりしてまったり過ごす印象が強いですし、写真を撮る場所というイメージは無かったんですが、実際にカメラ片手に歩いてみると、ただ歩くだけでは気付かないような素晴らしい景色との出会いがありました。

というわけで、前編・後編の2回に分けて今回の旅を写真と共に振り返ってみようと思います(*’▽’)

カメラ片手に撮り歩く6泊8日ハワイの旅!




大学の期末試験が終わった解放感と共に、私たちは関西国際空港から2月のハワイへ。

日本を夜10時半に出発して、寝ている間に朝のハワイに着く便だったのですが、機内で映画『秒速5センチメートル』を見終わったあと妙なモヤモヤ感が残り、あんまり寝られませんでした_(:3 」∠)_
ハワイに到着!

日本から約7時間でホノルル国際空港に到着。

「飛行機を降りた瞬間、上の写真のみたいな綺麗な青空が見えて、日差しが眩しくて『あー私ハワイ来たわー来ちゃったわー』なんて言っちゃうんだろうな~~~」と思って外に出てみるとまさかの大雨。テンションだだ下がり。

ただハワイの2月は雨季で『1日1回くらいのスコールは普通』と聞いていたので、そのうちに止むことを願いつつ空港からホテルに向かいます。


空港から約30-40分で最初の滞在先であるモダンホノルルに到着。

ワイキキビーチやカラカウア通りなどの観光の中心エリアからは少し離れているんですが、有名なデザイナーさんが手がけたというおしゃれな内装がウリのホテルです。


決して大きなホテルではないんですが、インテリアのひとつひとつが洗練されていてスッキリ広々とした印象。

ロビーにある本棚もすっごくおしゃれなんですが、実はこれただの本棚じゃないんです。


そう、開くんです。

この本棚は単なるインテリアではなく隠し扉。この奥は小さなバーになっていて、夜だけこのように開きます。シャレオツ…!


ロビーだけじゃなく客室も最高にスタイリッシュ。白を基調とした部屋にカラフルなインテリアが映え、お部屋にいるだけでもハワイ気分が盛り上がります。

従業員の方々もすごく気さくで、のんびりとした滞在が楽しめる素敵なホテルです(*’▽’)
ザ モダン ホノルルに関する旅行者からの口コミ、写真、地図をトリップアドバイザーでチェック!旅行会社の価格を一括比較してお得に予約をすることができます。ザ モダン ホノルルは、ハワイで7番目に人気の宿泊施設です。


ホテルに移動した後もあいにくの雨。とはいってもただホテルでじっとしているのももったいないので、ハワイのディズニーストアがあるというアラモアナショッピングセンターで買い物やご飯を楽しむことに。

写真の適当さから、このときの私が雨でどれだけテンションが下がっていたのか伝われば嬉しいです(;・∀・)

アメリカならではの大型ショッピングモールを楽しんでいる間に雨は止んだのですが、まだまだ曇り空。飛行機疲れもあったので一度仮眠を取ることに。そして目が覚めて外に出てみると…


晴れてる!待ってた、この青空を待ってた!!!

仮眠を取って元気120%になった体でホテルを飛び出し、待ちに待った青空のビーチを散策しに行きます。
いざ!カハナモクビーチへ!

私たちが向かったのは、ホテルから一番近いカハナモク・ビーチ。近くにヒルトンがあり、多くの人で賑わっています。

日はすっかり傾き始めていましたが、それでも多くの人が海で遊んでいて、一気にハワイに来たという実感が湧いてきます。


昼間の雨が嘘のように澄んだ空。ヤシの木を眩しく照らす西日。くーっ、ハワイっぽい!

もしかしたら夕焼けも期待できるかも…とワクワクしながらビーチをお散歩。そしていよいよ時刻は日没に近づきます。


期待していたよりもずっと美しく、黄金色に輝き始めた空。

木のシルエットがアクセントになって、最高に美しいハワイの夕焼けが目の前に広がります。


夕日に照らされてキラキラと輝く砂浜も最高に美しい。

今回の旅では特に『これが撮りたい!』というスポットは決めていなかったんですが、『滞在中色んな夕焼けが見たい!』と思っていたので、1日目からこんな素晴らしい空が見られてもう感激でした。


日が沈むと空にはまたたくさんの雲が。この後雨こそ降らなかったものの、どんよりとした曇り空と、強い風が吹き荒れていた夜だったので、この美しい夕空は本当に一瞬の奇跡のよう。

一気にハワイの美しさに惹き込まれた1日目の夕暮れ時でした。


夕焼けを楽しんだ後は観光やショッピングの中心地・カラカウア通りへ。ビーチサンダルなど必要なものを調達し、夕食を楽しんだ後フラフラとお散歩。駐輪エリアに設置されている自転車の形をしたフレームがオシャレ。

すれ違う人の8割近くが日本人で、そこら中に日本語表記があることに驚きながら1日目を終えました。
朝のビーチを歩く!

ハワイで迎える初めての朝。眠い目をこすりながら朝5時半に目覚ましをセットし、朝活に繰り出す私たち。

ダイヤモンドヘッドに近づいて撮りたかったので、シェラトンの方まで歩いていくことに。波の音だけが響く静かなビーチもまた趣があります。


このあたりをうろうろしながら日の出を待っていたんですが、太陽が出てくる位置にちょうど高い建物があって、残念ながら朝焼けらしい朝焼けを見ることはできず。

でも眩しい朝の光にふわっと包まれるビーチもまた幻想的で素敵でした。


太陽がある程度高くなった後も、せっかくなので人がいない朝のビーチをもう少し散策することに。

低い位置にならんだ雲と、打ち寄せる波。海が美しすぎて、難しいことを考えずに撮っても綺麗になるハワイの海はすごい。


朝の綺麗な海を見ると、無性にコーヒーが飲みたくなった私たち。

ハワイにはいろんなコーヒーショップがあるんですが、ちょうど通りかかったシェラトンの中にあるホノルルコーヒーへ。スリーブに書かれた『ALOHA!』の文字が可愛いですよね(*’▽’)

美しい海を見ながら飲むコーヒーはいつもより美味しく感じられました。
ヨットハーバーと夕焼け

1日目は海やプールで遊べなかったので、この日は朝活を終えた後写真は一旦お休み。ひたすら遊びます。

今まで海に行ったことがほとんど無かったのでとにかくはしゃぎ倒し、着替えにホテルに戻ったと思ったら即爆睡。夕焼けを見に行く時間に目覚ましをセットしたつもりだったんですが、目が覚めたら日没まであと数分/(^o^)\やらかした

貴重な夕焼けチャンスを逃してしまった…と軽く落ち込みながらホテルの窓から外を覗いてみると…


ホテルの裏手にあるヨットハーバーのあたりにちょうど太陽が沈んでいて、1日目に見たものとはまた違った雰囲気のハワイらしい夕景が。

ハワイで見る2度目の夕焼けは、寝過ごしたからこそ見られた『ラッキー夕焼け』でした(*’▽’)寝過ごしバンザイ!
ダイヤモンドヘッドに登る!

ハワイ滞在3日目。ここまではその日の気分で海やプールに行ったり、お散歩したりとゆるい過ごし方をしてきましたが、この日はダイヤモンドヘッドに登ることに。珍しくガッツリ動くぞい(*’▽’)!


…と、その前に忘れちゃいけない水分補給。入り口にあったワゴンでかき氷が売っていたので、周りにつられて購入。

『レインボー』を頼んだはずなのに明らかにイチゴ比率が高すぎるかき氷で元気をチャージしたところで、いよいよダイヤモンドヘッドのてっぺんを目指します(*’▽’)


履きなれた靴と水分と日焼け止めと…としっかり準備してきましたけど、とはいってもダイヤモンドヘッドってそんな大したもんじゃないと思うんですよ。

だってほら、道もしっかり舗装されてるし、それに降りてくるアメリカンな人たちめっちゃ涼しい顔してるし、中にはビーチサンダルで履いてる人もいるしさ。


いやまあ道が舗装されてたのは序盤だけで結構デコボコしてるけどさ、そうはいってもてっぺんなんてもうすぐでしょ。

だってさっきすれ違ったアメリカンな人もまたビーチサンダルだったし、大したことない、大したことない。


いやいやいやいや、なんでこの道ビーチサンダルで登れてるの。

思ってたよりもダイヤモンドヘッドのてっぺんは遠かった。大したことないでしょとかウソ。めっちゃ大したことあった。

ついさっきまで気にならなかったカメラバッグもどんどん重く感じられてきて、歩く速度が落ち始めた時、偶然通りがかった日本人のおじさんが『もう少しですよ!』と声をかけてくれました。

水分補給をしてもうひと踏ん張り。そして…


あーーーーーーめっちゃきれーーーーー!!!!!

吸い込まれそうなほど広い海、ビーチで見ていた時には分からなかった海の色。ここまで登ってきたからこそ見られる絶景が目の前に広がります。


写真の編集過程で彩度を高くしたとかそんなんじゃなく、本当にこういう色。肉眼で見た方がもっと濃くきらめいていたような気がするくらいです。

気付けば『綺麗』『すごい』としか言えなくなっていた私。ここまで綺麗だったら言葉なんていらないのかもしれません。


もう階段を上ると、さっき私たちがいた方向を一望できる展望台が。無事ダイヤモンドヘッドのてっぺんに辿り着いて最高にハッピーな私たち。ああダイヤモンドハッピー。

『今私ハワイに来てるんだなぁ』と改めて実感できる、そんな絶景が広がっていました。


ここまでの長い道のり、帽子が飛ばされそうになるほどの強い風と共に見るからこそ最高に美しいような気がして、私の拙い写真ではその魅力を伝えきれないくらいのまさに『絶景』が広がっていました。


展望台の一番上でふと振り返ってみると、スタート地点があんなに遠くに。赤い矢印で指しているあたりがさっきかき氷食べてたところです。ちっさー!

魚眼レンズで撮ってるから遠く見えてるだけでしょとか言われそうですが、私の目にはこう見えてました(笑)でも頑張って歩いてきてよかったと心から思える素晴らしい眺めでした…!
ヤシの木と、シルエットと、夕焼け。

ダイヤモンドヘッドを後にし、引き続きフラフラと街を散策。

実はこのエリアで夕暮れを迎えるのはこの日が最後。ただ、夕焼けスポットをネットで調べてもビビッとくるスポットがなかったので、とりあえずホテルから歩いて行けるマジックアイランドラグーンに行ってみることに。


なんとなく歩いていても絶景に出会えるのがハワイの素敵なところ。

お散歩しながら日が暮れるのを待っていると、4本並ぶヤシの木と人のシルエット、そしてその背景で赤く沈んでいく太陽。これは良い夕焼けが撮れそうワクワク…!


ほぼ日が沈み、深みが増す空とシルエット。今回の旅で撮った夕焼けの中で私が一番気に入っているのは実はこの1枚だったりします。

この日もまたひとつ大好きな景色が増えた素敵な一日でした。
レンタカーで『SCENIC POINT』を回る!

いよいよ滞在4日目。この日はいよいよ移動日です。ホテルのチェックアウトを済ませ、レンタカーを借り、寄り道しながら次の目的地に向かいます。


当初ハナウマ湾という場所に行くつもりだったんですが、なんと火曜日が閉園日。知らなかった(´・ω・)

しょんぼりしながら車を走らせていると、何やら目を引くSCENIC POINTという標識が。駐車場があるようなのでちょっと寄ってみることに。


車を降りると目の前に広がる大自然!標識の言うとおり、まさにSCENIC、風光明媚(*’▽’)

この標識は他にもありそうなので、ゆるく目的地を決めつつ、標識を探しながらのドライブを続けることに。


別のSCENIC POINTでは雄大な山の姿が。

ちなみにこの景色を見た時『抹茶ティラミスに見えない?』と言ったんですが、全く理解してもらえませんでした。


3つ目のポイントで目にしたのは、むき出しの岩肌が印象的なハワイの大自然の力強さを感じる景色。


どこを見渡しても景色が広くて、鮮やかで。眺めているだけで自然と笑みがこぼれます。

見る場所や角度によって色が変わる海もまた素敵で、ずっと見ていても飽きません。


今回車を走らせて見つけたSCENIC POINTは4箇所だったんですが、私が一番好きだったポイントが4つ目のこの場所。

一面に広がるエメラルドグリーンの海と、出っ張った陸地がまるで絵画のよう。本当に素敵でした…!
天国のような美しさのラニカイビーチへ!

あちこち寄り道していたんですが、私たちの最終目的地は『天国のように美しいビーチ』とも言われるラニカイビーチ

左ハンドルにも右側通行にも慣れ、ラジオを流しながら走るドライブは最高に気持ちいい。まあ私一度も運転してないんですけどね(・∀・)


『全米No.1に選ばれたことがあるといっても、ビーチってどれも同じようなものでしょ』と思っていた私の目を引いたのが、ビーチに繋がるこの小路

元々こういう路地が好きなんですが、向こう側に広がる景色へのワクワク感と、真っ白な砂浜と壁がすっごくツボで。ビーチへの期待に胸をふくらませながら先に進みます。


『天国ってこんなところにあったのか』、ふとそんなことを感じてしまうくらい美しい。

海の色も、波の音も、砂の感触も全てが優しいラニカイビーチ。ホテルの近くのカハナモクビーチや、ワイキキビーチに比べてすごく静かで、遊ぶというよりは砂浜に寝そべってゆっくり本を読んでいたくなる場所でした。

天国を満喫した後、私たちは次の目的地アウラニ・ディズニー・リゾート&スパに向かいます。その話は旅行記後編で(*’▽’)!
おわりに

豊かな大自然と伝統に溢れる場所・ハワイ。

ハワイ旅行といえばやっぱり海で遊んだり、まったりするのが目的ですし、『カメラが邪魔になるかな』とか『持って行ってもそんなに撮らないかな』と思っていたんですが、写真に残したい景色にたくさん出会えましたし、カメラ片手に撮り歩くハワイは本当に楽しかったです。

…となんだか旅行の締めくくりのような雰囲気になってますが、この旅行記は前編、まだまだ続きます(*’▽’)4日目以降の旅の様子は後編をお楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました!