数百年の歴史を感じる春の風景!奈良県宇陀市の一本桜を撮ってきた話


春、それは木花が色づき、生きものたちが活動を始め、写真を愛する人たちがせわしなく動き回る季節。

私もカメラ片手に桜を追いかけるはずだったんですが、土日しか撮りに行けないのに4月に入ってから土日がことごとく雨。近所の桜も咲いたと思ったら雨と風ですぐに散ってしまい、今年は一度も桜を撮れずに春が終わりそうだなと諦めかけていたその時!



『日曜日の天気:曇りのち晴れ』



私の時代きたあああああああ!!!!!!

というわけで!今年は前々から気になっていた奈良県宇陀市の一本桜を巡ってきました(*’▽’)!

奈良県宇陀市の一本桜を巡ってきた!

大野寺のコイトシダレザクラ

神戸から車を走らせること1時間半、奈良県宇陀市に到着。

まず最初にコイトシダレザクラが見頃を迎えている大野寺に立ち寄りました。


樹齢300年余の古木の存在感は、さすがとしかいえません。真っ直ぐと天に向かって伸びる姿には凛々しさを感じます。

コイトシダレザクラは全国的にも非常に珍しい品種なんだとか。小糸のように咲く花々が滝のように降り注ぐ姿は本当に美しかったです。


コイトシダレザクラの美しさにもすっごく感動したんですが、それと同じくらいこの日の天気のよさにも感動してました。いやーマジでいいお天気。家に帰ってデータを確認してみたら空ばっかり撮ってました(*’▽’)
佛隆寺千年桜

次に向かったのは、樹齢900年(!)を超える奈良県最大最古の一本桜を見に佛隆寺に向かいます。

桜の開花情報サイトではこの日はまだ『咲き始め』と表示されていたのですが、実際に行ってみると体感的には七分咲きくらい。上の写真でひときわ大きく存在感を放っているのが千年桜です。


大野寺から移動してる間に空に薄く雲がかかってしまって、ちょっとガスってるのが残念だったんですが、それでもこの圧倒的な迫力は十分伝わると思います。

幹や枝の一本一本から力強さが感じられ、ただ綺麗なだけではない、生命力の美しさまでも感じられます。


佛隆寺周辺はすっごく長閑な雰囲気。ちょっと上まで歩いてふと振り返ってみると、日本人なら誰でも懐かしさを感じるような、しっとりとした春の風景が広がっていました。

聞こえるのは風で草木が揺れる音と、水のせせらぎだけ。時間の流れがゆっくりに感じられる素敵な場所でした。
又兵衛桜

佛隆寺を後にし、さらに車を走らせること約30分。今回の最終目的地である又兵衛桜に到着です。

又兵衛桜は去年から『来年は来れたらいいな…』と思っていた念願の場所だったのと、ついさっきまでガスっていた空が少しずつ澄んできたこともあって、私のテンションはMAX。


前から…


横から…


後ろから…と舐めまわすように眺めます。くーっ、どこから見ても完璧なんてずるいぜ又兵衛さんよお。

時間は17時過ぎ。日も傾き、西日に照らされ透き通るように輝く桜は最高に美しい。日本に生まれてよかったなぁと感じる瞬間です。


又兵衛桜のすぐ近くには川が流れているので、橋を渡り、川の向こう側から少し遠目で又兵衛桜を見ることに。正面から見るとすごくボリューミーで圧倒的な存在感。

今まで見てきたどんなしだれ桜よりもインパクトがあって心から美しいなと感じました。隣に咲いている桃の花も華やかで綺麗です(*’▽’)


とりあえず又兵衛桜の周りをぐるっと一周してみたけど、せっかくだからもっと別の方向から撮れたりしないかなーとうろうろしていたんですが、最後はちょっと角度を付けて望遠レンズで撮ることに。

こういう思い付きで撮ったものって、結構な確率で一番のお気に入り写真になったりするもので、実際今回奈良で撮り歩いた中で一番のお気に入りはこれだったりします(*’▽’)


夕方の優しい光にふわっと包まれる又兵衛桜。桜の名所っていっぱいありますが、こういった光景が見られるのは日本中探してもここ以外ほとんどないんじゃないかなと思います。

満開でいいお天気でという最高の条件で最高の桜を堪能することが出来て、最高の春の思い出ができました(*’▽’)
おわりに
ずっと関西に住んでいながら、奈良に桜を見に行くのは実は今回が初めてだったんですが、本当に素敵でした。今回訪れた3箇所以外にもいっぱい絶景スポットがあるようですし、来年も行きたいです(*’▽’)

あと余談ですが、今回桜の現像の難しさをひしひしと感じた機会でもありました(;・∀・)

何も考えずに仕上げると桜の繊細さが伝わりにくくなるし、かといってふわっと仕上げようとするとモヤがかかったみたいに見えてこれまた微妙になってしまうし…色々試してみて『こんなもんかな』って感じで仕上げたんですが、今回は『これ!いい!かも!』みたいなビビッとくる1枚にはならず…まだまだ勉強が必要だなと感じさせられました。

来年はもっともっと腕を上げて、天気運も上げて、今年以上に素敵な桜フォトを撮りに行きまくれたらいいなと思います(*’▽’)!

最後まで読んでいただきありがとうございました!