ミラーレス?一眼レフ?現役カメラ女子が考える『女子のカメラの選び方』


悩めるカメラ女子の皆さん、どうもこんにちは。

写真を楽しんでいると、たまに女友達から『私にはミラーレス一眼と一眼レフ、どっちが良いと思う?』と聞かれるんですが、いつもしっかり答えられない私。

実際『カメラ 女子 おすすめ』なんかで検索すると女子は黙ってミラーレス!のようなサイトが多く見られるのですが、私はちょっと待って!と言いたいんですね。

なぜなら私がミラーレスで写真を始めて、4ヶ月後に一眼レフに乗り換えたカメラ女子だから。

というわけで今回は一人のカメラ女子が考える『女子のカメラの選び方』を書いていきたいと思います(*’▽’)

どうして『女子にはミラーレス一眼』と言われるのか



DSC_6135
一眼レフは大きい、重い、そして見た目がゴツい。ただでさえ荷物が多いし、服とカメラがアンバランスになるのはいやだ。そんな女子のお悩みに応える存在が小型で軽量、見た目も可愛いミラーレス一眼

ところでみなさん、ミラーレス一眼と一眼レフの違い、しっかり分かっていますか?

ミラーレス一眼と一眼レフの違いって何?

DSC_6191-3
一眼レフとミラーレスの最大の違いは、ミラーがあるかないか

ミラー(鏡)があることで、一眼レフではファインダーを作ることができます。つまり、ミラーがないミラーレスカメラには、ファインダーがありません。ミラーレスが液晶画面を使って撮影するモデルが多いのは、構造上ファインダーが作れないからなんですね。

このミラーってすごく大きい部品なので、これを省くことでミラーレスカメラは小型・軽量化に成功しているんです。
一眼レフとミラーレスの大きさ・重さを実際に比べてみる
見た目のゴツさから「やっぱり一眼レフはちょっと…」と思っている方も多いはず。

見た目の印象は一旦おいといて、実際の大きさ・重さはどんな感じなんだろう?ということで、私が使っている一眼レフNikon D5500と、OLYMPUSのミラーレスを実際に比べてみましょう。
大きさ(ボディのみ)
DSC_2643

Nikon D5500】幅124mm/高さ97mm/奥行き70mm

【OLYMPUS PEN Lite E-PL6】幅110.5mm/高さ63.7mm/奥行き38.2mm

横幅はあまり変わりませんが、ミラーがないことで高さと奥行きが大きく異なります。実際に持ってるとコンパクトというよりスリムな印象を受けます。
重さ
【Nikon D5500】本体470g・付属レンズ195g=合計665g

【OLYMPUS PEN Lite E-PL6(最新機種)】本体…279g・レンズ…113g=合計392g

その差およそ270g

270gという差はなかなかピンとこないと思うんですが、レンズ込み約400gというと飲みかけのペットボトルくらいなわけですし、そう考えるとミラーレスはやっぱり軽いですね(*’▽’)
どんなカメラを買っても女子にとってカメラは邪魔になってしまう

小型で軽量といわれるミラーレスを買っても、ちょっと大きめの一眼レフを買っても、日頃から日常的にカメラを持ち歩くのは最初だけです。絶対持ち歩かなくなります。経験者は語る。

化粧直し用のポーチだったり、使うか分からないのに無いと不安な手帳だったり、やたらと多い女の荷物。ん?男性読者のみなさんの頭に今クエスチョンマークが見えてますね。

いくらミラーレスが小型軽量でも、モノが増えるのはやっぱり躊躇われますし、ミラーレスはレンズが出っ張っているので、鞄の中では思いのほか場所を取るのも事実です。

ミラーレスでも一眼レフでも、女子にとってはどんなカメラでも負担になるもっと言えば邪魔になると思うんです。

どうせどんなカメラでも荷物になってしまうなら重さや大きさ以外の観点から、自分には一眼レフとミラーレス一眼どちらが合っているのかじっくり考えてみませんか、というのが私からの提案です(*’▽’)
私が4ヶ月でミラーレスから一眼レフに買い替えた理由
Lens
私の考えるミラーレスと一眼レフを選ぶ基準を書いていく前に、私がミラーレスを買って4カ月で一眼レフに買い替えた理由をちょっと書いておきたいと思います(*’▽’)

私は『スマホで撮れないものが撮りたい』と思ってミラーレス一眼を買いました。

カメラを持ち始めた頃はすべてが新鮮で、ただ夢中で撮っていたのですが、ある時壁にぶち当たりました。それが動体です。

DSC_2401-7
ディズニーが好きなので、カメラを持ったらショーやパレードでキャラクターを撮りたい!と思っていた私。ある日実際に撮ってみると、なぜか撮りにくい。撮れてるんだけど理想と違う

私の腕が足りないのもあるけれど、なぜだろうと思って考えてみたら、ファインダーがないことが原因だと気が付いたんです。

ミラーレスの液晶画面を見て撮る時、いくら被写体と液晶に集中しているつもりでも、自然と周りの様子も視界に入ってくるので、被写体に集中できない

集中できないと被写体が追えないですし、動体に限らず構図を考えにくい。これが私が『撮りにくい』と感じた理由のひとつでした。

Hobby
といってもファインダーが付いていないミラーレスでも、後付けできるファインダーが別売りされています。

ただ調べていくと、ミラーを使った一眼レフのファインダーミラーを使わないファインダーは全くの別物だったんです。

ちょっと少し踏み込んだ話になるのでサラッと読み流して貰えればいいんですが、一眼レフのファインダーは、カメラの向こうにある景色をそのまま鏡(ミラー)で反射します。よって、撮影者はファインダー越しに直接被写体を見ることになります。

これに対してミラーレスのファインダーはミラーがないため、目の前の光景を反射して撮影者に見せることができません。そのためミラーレスのファインダーでは、目の前の光景をカメラ内部で変換された映像として見ることになります。

そしてミラーレスで撮影する場合、映像の変換処理によって、目の前で実際に起こっていることと液晶画面に映し出される光景に若干のタイムラグが生じるんです。

Camera, Kid
このタイムラグは普段静物を撮っていると全く気にならないんですが、一瞬のシャッターチャンスを追い求める動体撮影では気になることが結構ありました。

ファインダーなんてただの覗き穴だと思っていたんですが全く別物で、実際に覗いてみると見え方が全然違ったんです。

ファインダーで構図にしっかり集中して良い写真を撮ってみたい・動体撮影を快適にしたい。もっと自分が撮りたいスタイルで、自分の撮りたい写真を撮りたい

そういう気持ちが固まり、私はミラーレスから一眼レフに乗り換えました。

ミラーレスと一眼レフ、あなたに合うのはどっちだ!

撮りたいスタイル、撮りたいものによって選択が大きく変わる女子のカメラ選び。

といっても、これなら絶対一眼レフorミラーレス!と断言できる基準は残念ながらありません。でも決めるためのヒントはあるはずです。ちょっと色々書いていきましょう(*’▽’)
動くものを撮りたいなら一眼レフ
DSC_5283-2
私がディズニーのショーパレードを撮りながら感じたこと。子供の運動会など、動くものを撮る人には一眼レフがおすすめです。

その理由は先ほど述べたファインダーがないと素早く動く被写体に集中しにくいことと、ミラーレス特有のタイムラグです。

一眼レフといっても、全ての機種が動体に強いという訳ではありません。ただ、実際に今使っていて一眼レフのファインダーの方がやっぱり被写体を追いやすいと感じています。

DSC_6599-5
ミラーレスの映像処理の性能はカメラによっても異なりますが、動体の撮影をお考えの場合は一眼レフを積極的に候補に入れておく方が、カメラを手にした後快適に撮影できると思います(*’▽’)
写真を趣味にしたいなら一眼レフ、趣味に写真を取り入れたいならミラーレス
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
旅行が趣味で、旅先の思い出を綺麗に残したい。料理が趣味で、作った料理を綺麗に撮りたい・SNSに載せたい…などなど、既に持っている趣味に写真を取り入れたい場合はミラーレスがおすすめです。

軽くかさばらず、また初心者向けの機能も充実しているものが多いミラーレス。それでいて撮れる写真のクオリティは一級品。元々の趣味を邪魔せず、その趣味をより楽しいものにしてくれるのは、やっぱり小型軽量のミラーレスだと思います。

Telephoto
逆に新しい趣味を探している人、写真を趣味にしたい人は一眼レフを買うべきだと思います。

ここで誤解されたくないのが、ミラーレスだと写真を趣味にできないという訳では断じてありません

ただ、ミラーレスはここ最近随分伸びてきたとはいえ、まだまだ発展途上。ミラーレスを選ぶ際のデメリットは、交換レンズのバリエーションがまだまだ少ないことです。

dsc_2989-4
写真にのめり込んでいくと、最初に付属していたもの以外のレンズにも興味が湧いてくるもの。レンズを変えると写真がガラッと変わるので、機材を揃えていくことも写真を楽しむうえですごく大事なことなんですね。

『カメラを持ったら色んなジャンルの写真を撮ってみたい!』という人にとって、レンズの選択肢は多いに越したことはない。この点から、写真を本格的に趣味にしたいなら多少大きくて重くても一眼レフの方が後悔が無いと思います。
外に出たから写真を撮るならミラーレス、写真を撮るために外に出るなら一眼レフ
DSC_7585
撮ってみたい風景・場所がある』など、写真を撮るために外に出たいと思う人は、これから段々と写真が本格的に趣味になっていくと思うので、先述のレンズなどの点から一眼レフの方が向いていると思います。

それに対して『お出かけや旅行で綺麗な写真を撮りたい』など、何かをする時のお供としてカメラを持っていきたいという人には、やっぱり小型軽量で持ち出しやすさ重視ミラーレスだと思います。
美しい”記録”を写すならミラーレス、美しい”作品”を写すなら一眼レフ

お値段も比較的手頃で小型軽量のカメラから、ボディだけで10万円を優に超え、一眼レフ以上の性能を持ったカメラまで、ミラーレスといっても本当に色んな種類があります。

ただ、この記事を見てくださっている方には『これからカメラ女子デビューしたい!』という方も多いでしょうし、予算は大体5-7万円かなと思ってこの記事を書いています。

そしてこの価格帯のミラーレスだと、液晶画面で撮るタイプ(ファインダーが無いタイプ)が多く、実際私が初めて手にしたミラーレスもそうでした。

液晶を使ってスマホに近い感覚で、スマホ以上に綺麗な写真が撮れる気軽さ・手軽さはたまらないんですが、写真が『綺麗な記録』の域を超えなくて、『作品』には見えない。私にとっては何か足りないように感じられたんです。

ミラーレスと一眼レフ、どちらも使った私が思うこと

DSC_0090-2
ミラーレスを使ってしばらく経ったとき、写真を撮る感覚が『カメラで撮っている』というよりスマホの延長上に感じたのを覚えています。

液晶を見て撮れる手軽さゆえに、考えずともパシャパシャとシャッターを切れる。その手軽さが、私にとってはスマホとそんなに変わらないように感じられたんです。

今私がこうして写真を趣味として楽しんでいて大事だと思うのが変化。変化がないと写真って本当にすぐに飽きてしまう。

スマホで撮れる写真との変化、撮影場所の変化、レンズによる写真の変化…撮るスタイルからレンズのバリエーションまで、これからの自分の写真により多くの変化を与えてくれるのはやっぱり一眼レフだと思ったんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
逆に『写真』を本格的に趣味にするつもりはない・旅行やお出かけに気軽に持ち出せてスマホよりきれいに撮れるカメラを探しているという場合、やっぱりミラーレスだと思います。

大きくて重い一眼レフを買ったとしても、持ち歩かないどころか使わなくなってしまう可能性が高いですし、実際そういう友達を今まで何人か見てきました(´・ω・)

スマホ感覚でスマホ以上の写真が撮れるのは素晴らしいことですし、写真は気軽でこそ楽しいもの。バリエーションは少なめですが、ミラーレスにも良い交換レンズが一通り揃っていますし、より写真にこだわっていくことも勿論できますからね(*’▽’)

DSC_0106
私の最初のカメラ選びの最大の失敗は、間違いなくミラーレス一眼しか見てなかったことでした。

『女子にはミラーレス!』をそのまま受け取り、それしか見ずに決めましたからね。でもそういう女性は私以外にもいると思います。

今ではミラーレスを買ったことを後悔していませんが、4ヶ月で一眼レフに乗り換えた当時はやっぱり痛い出費でした(笑)

でもこの失敗があったからこそ、今この記事が書けているので、何かのご縁でこの記事を見てくださっている方には、一眼レフもミラーレスも見た上でカメラ選びをしてほしいなと思っているのです(*’▽’)

カメラ女子の私が選ぶオススメの『女子カメラ』を紹介してみる!

一眼レフかミラーレス、どちらにするか決まったら次は肝心のカメラ選びです。

というわけで、最後に私が独断と偏見で選ぶ女子カメラをいくつか紹介したいと思います(*’▽’)
小さくて可愛いミラーレスが欲しい人向け
k0000687766
旅行や日常などで、ふらっと持ち出せる女子カメラとして最初にオススメしたいのが、OLYMPUS PEN Lite E-PL7。私が持っているのはこれの旧型です(*’▽’)

色んなカメラを見てきましたが、オリンパスのミラーレスはやっぱりダントツで可愛い。もうマジ宮崎あおい。

E-PL7の本体のみの重さは306gで、これでも十分軽量なんですが、さらに軽量な236gというコンパクトなミラーレスがパナソニックのLumix DMC-GF7W軽さだけでなく、オリンパスに比べて鮮やかなカラーバリエーションも特徴です。

性能の良し悪しよりも『持っててテンション上がるカメラ』を選ぶことが写真の上達への一番の近道ですし、カメラの外観ってすっごく大事なポイント。

また、女子カメラにおいて非常に大切だと感じるのが、カメラからスマホに直接写真を転送できるWi-Fi。この2台はどちらもWi-Fiを搭載しているので、撮った写真をすぐシェアできる優等生です(*’▽’)
より一眼レフに近いミラーレスが欲しい人向け
先に紹介した2つのカメラもすごく良いカメラなんですが、これらは小型化のためにセンサーサイズが小さいものが搭載されているんです。

いきなりよく分からない単語が出てきて、センサーサイズ?何それ美味しいの?って感じですよね。

簡単に言うと、センサーサイズとは、写真の画質等を決めるカメラの部品の大きさのことで、これが大きいとより画質が高く、また背景をボカしやすくなります。

dsc_4533
先程のOLYMPUSとPanasonicのカメラはマイクロフォーサーズというセンサーが採用されているんですが、初心者向け一眼レフにはAPS-Cというまた違ったセンサーが採用されています。

そして、センサーサイズの大きさはAPS-C>マイクロフォーサーズなので、先ほどの2台は一眼レフに比べてボケにくいんです。

ただセンサーサイズが大きくなるとカメラ本体も大きくなるので、そのあたりのバランスが難しいところなんですが、実は一眼レフと同じAPS-Cを採用しているミラーレスって結構あるんです。例を挙げるならこのあたり。

ミラーレスは最近発達し始めたものなので、どうしても『カメラ=一眼レフ』というイメージで、『ミラーレスは一眼レフに劣るのかも』と思われる方もいるかもしれません。恥ずかしながら私がそうでした。

でもこれらはミラーがなく一眼レフのようなファインダーが作れないだけで、写真のクオリティは大きくて重い一眼レフとほとんど変わらないんですね。

やっぱり軽い方が良いけれど、せっかくカメラを持つなら最大限画質や描写にこだわりたいという方は、搭載しているセンサーサイズに注目して選ぶと後悔が無いと思います(*’▽’)
一眼レフでガッツリ撮りたい人向け
ここまで読んで、やっぱり一眼レフにしたい!と感じられた方もいるはず。いやはやお待たせしました。

初心者向け一眼レフの候補に最初に挙げるべきは、やっぱりエントリー一眼の王様と言っていいCanon EOS kissX7

その魅力は一眼レフとは思えない手頃なお値段小型軽量ボディ。トップメーカーなので、当たり前ですがレンズの種類もかなり豊富。

ユーザーも多いのでネット等で情報収集しやすいのも、これからガッツリ写真を趣味にしていく上でかなりのメリットです(*’▽’)

dsc_2881
そしてもう一つ私が胸を張ってお勧めしたいのがNikon D5500。そう、私が初めて手にした一眼レフです。

その魅力を語ろうと思うと記事が大変な長さになるので、D5500への愛は別の記事にまとめたんですが、安心のスペックだけでなく、Wi-Fi内蔵・タッチパネル・可動式液晶など便利機能が沢山詰まった、長く使えるエントリーモデルだと思います(*’▽’)
D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる! | ゆるカメライフ
おわりに
Camera, Photography
ここまで長々と書いてきましたが、私はカメラ選びの近道は実際に触ってみることだと思っています。

『小さいカメラが良い!』と思っていても、小さすぎるとかえって持ちにくかったり、使い勝手が悪いこともあります。

また、この記事で触れたミラーレスと一眼レフのファインダーの違いも、実際に触って覗いてみないと、自分にとってどのタイプが一番しっくりくるか分からないものです。

DSC_6154-2
繰り返しになりますが、私の最初のカメラ選びの失敗は、ミラーレスしか見ていなかったこと

実は一眼レフの方が合っていた!とか、逆に実はミラーレスの方が合っていた!なんてよくあることだと思いますし、私が実際そうでした。

カメラは高い買い物ですし、たくさん見て迷って触って、最高のパートナーを選んでくださいね(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!