兵庫県朝来市・白井大町藤公園で藤のライトアップに酔いしれてきた話。

aDSC_3145-4



2016年のゴールデンウィークが終わりを迎える日曜日、藤のシーズンもまた終わりを迎えていました。

なかなかタイミングが合わなくて今年は藤は撮れず終わるかなぁと思っていたら、Twitterのフォロワーさんに声をかけていただいたので、念願の藤のライトアップを撮ってきました。


兵庫県朝来市・白井大町藤公園の『藤まつり』に行ってきた!



私の住む神戸市から車で約1時間40分の場所にある兵庫県朝来(あさご)白井大町藤公園

兵庫の藤棚というと丹波市の白毫寺が有名なのですが、白毫寺とこの大町藤公園の大きな違いが公園内に噴水があり、ライトアップされると水面へのリフレクション(反射)が見られるという点。

そしてなんとこの日はライトアップ最終日。閉園時間の21時までじっくり粘ってきました。



現地に到着したのは18時過ぎ。

どんよりとした天気で厚い雲が空を覆い、気分もどんよりしながら日が暮れるのを待ちます。



藤棚を訪れるのは小学生の平等院以来で、当時はクマバチに追っかけまわされた記憶しかなかったのですが、この歳になって改めて見ると藤の花ってこんなに繊細で美しかったんだなぁ…と。18時という時間だからかクマバチもいなくて安心でした(笑)

DSC_3019

あたりが少しずつ暗くなって、噴水をぐるっと囲む形で咲き誇る藤の花が浮かび上がるようにライトアップされていきます。

aDSC_3031

水面に映る藤の姿も美しい。白井大町藤公園だからこそ見られる景色に引き込まれます。

最近日の出ばかり撮っていて夕方から夜にかけて撮るのは久々だったのですが、この完全に日が落ちるまでのブルーアワーはやっぱり素敵。

aDSC_3056-3

来園者は皆噴水の周りに集まるので、人を避けて撮るのがとにかく難しかったこの場所。

でも、どうにかして人を極力写さないように…と模索してあれこれ撮った中に、磨けば光る原石が隠れていたり。写真って面白い。

DSC_3128

微妙に風が吹いていたこともあり、少しでもシャッタースピードが遅いと藤の花がブレる

出来る限りシャッタースピードを長くして水面がなめらかになっているのが好みなので、そことのバランスが難しい。

藤を上手に撮るにはISO感度を上手に使うのがミソだと気付きながらも思うようには撮れず…。ショック。



あれこれ撮っているうちにあっという間に迎えた閉園時間。そろそろ帰ろうとした時にふと振り返ると、人がいない藤だけの幻想的な空間

管理者の方が『せっかくだから綺麗に撮って帰ってください』と優しい言葉をかけてくださったおかげで撮れた1枚がこちら。

aDSC_3145-4

他の撮影記の記事やTwitterの投稿を見ると明らかですが、私の現像はどうしても派手に仕上げがち

でも、管理者の方のご厚意の有難さとかその時の感動とか、そういったものを思い返すと私にしては珍しく見たままを忠実に再現したくなったんですよね。いやぁ本当に綺麗だった…。


おわりに



今まで花のライトアップというと夜桜が真っ先に思い浮かんでいたのですが、藤のライトアップは桜とはまた違う魅力があって本当に美しかった。

私の中で桜は『華やか』という印象なのですが、藤のライトアップは『妖艶』という印象を受けました。

初の藤撮影ということもあって、色々失敗したなぁと思う部分もあるのでまた来年もチャレンジしたいなと思います。

妖しく艶やかな紫に包まれる、素敵なひとときでした!



【白井大町藤公園】

入場料は1人500円。無料駐車場(300台)があり、三脚使用可能。

2016年は5月6,7,8日とナイター営業でしたが、毎年変わるようです。

→白井大町藤公園公式HP