フルサイズ魚眼ならこれ!SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEの魅力を語ってみる

DSC_1313
普段写真を撮っていて楽しいけれど、何かもうひとつスパイスが欲しい。そんな時に選択肢として上がってくるのが魚眼レンズではないでしょうか。

今回は魚眼愛好家な私の相棒、SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEの魅力を語ってみたいと思います(*’▽’)

SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEの魅力を語ってみる!



DSC_7695
Twitterのプロフィールで『魚眼愛好家』と名乗っちゃうほど、魚眼の世界に魅了されている私が使っているのがSIGMAの15mm魚眼レンズ。

ニコンキヤノンペンタックスの3マウントのモデルが用意されています。

隣にいるダンボーが約8cmなので、レンズキャップをかぶせた状態でも約10cmとコンパクトな見た目。

dsc_0017
サードパーティレンズで気になる質感もマットなブラックがどこか高級感があっていい感じ。D750の着けてもしっくり馴染みます。

その質感ゆえか、コンパクトな見た目の割には持ってみると手にズシッときます。とはいえ370gですし、カメラバッグの隅に忍ばせられますね(*’▽’)

SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEで撮ってみる!

DSC_3641-2
Nikon純正の魚眼レンズ(Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm 2.8D)が87000円なのに対し、そのおよそ半額ちょっとで買えるこのレンズ。

魚眼の世界には興味があるけれど使用頻度がそう多くはならないだろうと思い、値段重視でシグマを選んだんですが、これがもう大正解でした
安価なレンズとは思えない高い描写力
DSC_6286-2
安いレンズ=描写がイマイチではないのは分かってるんですが、純正の半額程度となると描写もそれなりかなと思って購入を決めた私。届いて撮ってみてビックリ、めっちゃいい

このレンズが私の初シグマだったんですが、レビューサイト等で目にする『シグマらしい描写』ってこういうことか!と気付く、そんな描写。カリッカリが好きな私にはたまりません。

DSC_1347
ブログ用に圧縮しているので分かりにくいかもしれないんですが、すごく繊細な写りをしてくれるんです。

天井の細かい彫刻もしっかりと再現してくれる解像力は文句なし。繊細でどこか透明感のある1枚を写し出してくれます。
逆光にかなり強い!
DSC_0489-2
このレンズを使っていて一番驚いたのがカメラを太陽に向けた時

以前からバッキバキの光芒を取り入れた写真が好きで、ナノクリスタルコートというニコン独自の逆光対策のコーティングが施された20mm F1.8で光芒をもぐもぐしていた私。

とはいえさすがにこのレンズにまでは美しい光芒や、そもそも逆光への耐性を期待していなかったんですが…

DSC_5979-11
眩しいほどのバッキバキの光芒をありがとう!!!!!!!

太陽にカメラを向けてもフレアやゴーストがほとんど出ないこのレンズ。かなり逆光に強いです。

DSC_3031-4
上の写真は左右に強い光源がある場面での撮影。

逆光に弱いレンズの場合、こんな光でもすぐフレアが出始めます。私がAPS-Cをメインで使っていたときの超広角レンズ(TAMRON 10-24mm F3.5-5.6)なんかまさしく逆光に弱くて、こんな風に撮ろうものならもうフレアとゴーストまみれの汚い写真になっていたはず。

でもこのレンズはこんな光源ものともしない。本当にこのお値段でいいのかシグマよ。

dsc_7633-2
魚眼で撮ると面白いものの代表が青空

ここまで逆光に強いと、青空に映える雲だけでなく太陽もフレームに入れたくなります(*’▽’)
意外と使えるオートフォーカス
DSC_6599-5
テーマパークでショーパレードを撮るのが好きな私。

魚眼を使うと臨場感や迫力が表現できてとても面白い1枚が撮れるんです。

DSC_2401-7
被写体が動きまくるショーやパレードを撮る時に欠かせないのがオートフォーカス

シグマレンズのオートフォーカス(AF)には、一般的なモーターを採用したものと、超音波駆動モーターを採用したものの2種類があり、後者の超音波モーターの方がより高速で静かなAFが可能になっています。

そのAF仕様を採用しているレンズには製品名に『HSM(Hyper Sonic Motor)』の文字が入っているんですが、このレンズは書いてないため通常のAFが搭載されています。

DSC_0394-6
それだとAF性能微妙じゃないの?と疑いそうになりますが、決して速くはありませんが十分に使えます。

毎回三脚を構えてマニュアルでフォーカス合わせができるとは限りませんし、猫や犬などのペットを魚眼で撮った写真も予想以上に素敵だったりするので、魚眼レンズであってもオートフォーカスが使えるに越したことはありません。

このあたりもこのレンズの素晴らしいポイントの一つと言えますね(*’▽’)
魚眼の世界を身近にしてくれる1本
DSC_6523-2
魚眼レンズというと『無くても困らないけど、あったら嬉しいレンズ』という印象をお持ちの方が多いはず。私もそんな感じでした。

でもこのレンズを手にしてから、私の中で魚眼レンズは『無いと困るもの』に変わったんです。

DSC_1313
目で見るのと全く違う世界を見せてくれる魚眼レンズ。

作例を見てる分には面白いけれど、その強烈なインパクトから使いこなせる気がしない。

それにどれを撮っても同じ絵になりそうだし、そもそも使いどころが無いようにも思えて、どうしても手が出にくいレンズでもあります。

DSC_2550
そんな魚眼の世界のハードルを、まず価格面から下げてくれたこのレンズ。

そのお値段からは想像もできない高い描写力は、このレンズを手にする人にとって魚眼レンズを『なくても困らない』『どう撮ってもしっくりこない時に使うもの』ではなく、立派な『主力レンズ』にしてくれるはずです。
フルサイズ魚眼ならこれを選んどけば間違いないと思う
DSC_6272-2
憧れのフルサイズを手にして、撮れる写真の幅・表現の幅が広がってますます高まる写欲。『もっと写真のバリエーションを広げたい!』と思った時に検討し始めるのが魚眼レンズだと思います。

ただ先ほどチラッと述べたんですが、CanonにしてもNikonにしても純正の魚眼レンズってどれも高いんですね。

product_01_g_a_01
例えばNikonの純正レンズAi AF Fisheye-Nikkor 16mm F2.8Dは、この記事を書いている2016年10月時点で87000円

ただ2002年発売のモデルで、SIGMA魚眼にしても2006年モデルだから大差無いんですが、魚眼という特殊なレンズであることを踏まえると、倍近いお値段を出してまでわざわざ選ぶ必要のあるレンズとは言えません。

k0000141297
一方Canonの純正レンズEF8-15mm F4Lは119000円。うおお、6桁。

このレンズの魅力は、なんといっても1本で対角魚眼と円周魚眼の両方に使えること。凄くうらやましい。

一方で大きさと重さがあることと、魚眼で星を撮りたいと考えた時にF4では少し暗いかな感もあります。

お値段と性能を総合的に考えると、サードパーティーの方が魚眼レンズの世界においてはリードしているんですね。

そしてシグマの他に候補を挙げるとすればSAMYANG(サムヤン)のレンズが挙げられます。

91nh2q5u7l-_sy355_
こちらも描写に定評があり、F2.8の明るいレンズなので星景にももってこい。

ただこちらは500g超えと少し大きめのレンズなのと、マニュアルレンズなのでオートフォーカスを使えないことを頭に入れて検討する必要があります。

dsc_3639
私の拙い作例だと伝わりにくいかもしれませんが、フルサイズユーザーであればSIGMAを選んでおけば間違いない。そう断言できるくらい、コスパに優れまくったレンズです。

とりあえずSIGMAとSAMYANGの2つなら、どちらを選んでも後悔は無いと思います。

15mmと14mmという1mmの差も魚眼の世界では結構大きいものですし、そのあたりとフォーカス仕様や大きさが迷うポイントですかね(*’▽’)
まとめ:写真の新しい楽しさを教えてくれた、私のお気に入りレンズ
DSC_1407
私を魚眼という新しい世界に連れて行ってくれて、抜群の描写力で今まで知らなかった魚眼の世界の魅力を沢山教えてくれたレンズ。

今まで何本かレンズを使ってきましたが、その中でも私が愛してやまなくて、また自信を持って他人に勧められる1本。これと20mm f1.8は私のお気に入りの中のお気に入りです。買ってよかった。

dsc_2589
なくても困らないけれど、あったら確実に写真がもっともっと楽しくなる魚眼レンズ

この記事が読んでくださった方のレンズ選びの参考に少しでもなれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!