ミラーレス?一眼レフ?現役カメラ女子が考える『女子のカメラの選び方』


カメラが欲しい。でもミラーレスにするか一眼レフにするか迷う。そんな悩める未来のカメラ女子の皆さん、どうもこんにちは。

『女子にはミラーレス!』なんてよく言われますが、本当にそうなんでしょうか?私はそうとは限らないと思うんです。なぜなら、私はミラーレスを買った後すぐ一眼レフに乗り換えたカメラ女子だから。

というわけで!今回は一眼レフもミラーレスも両方使った私の目線で考える『女子のカメラの選び方』についてあれこれ書いていきたいと思います(*’▽’)

ミラーレス?一眼レフ?現役カメラ女子が考える『女子のカメラの選び方』

一眼レフとミラーレスの違いって何?

『一眼レフは大きくて重いけど、画質のいいカメラ』『ミラーレスは小さくて軽くて、可愛いカメラ』みたいなざっくりとしたイメージだけで、ちゃんと違いはよくわからないという方も少なくないはず。私もそうでした。

まずは一眼レフとミラーレスの違いをしっかりと押さえておきましょう(*’▽’)
違いは『ミラーがあるかないか』

一眼レフとミラーレスの違いは、ミラーがあるかないか。とってもシンプル。

ミラーとは、ファインダーを作る部品のこと。

これがあることで、レンズの向こう側の景色をミラー(鏡)で反射することができ、ファインダーを作ることができます。反射のことを英語で『レフ』というから一眼“レフ”なんですね。

ただ、ミラーは結構大きくて重い部品。このミラーを省くことでカメラの小型軽量化に成功したのがミラーレス一眼なんです。

ちなみに、ミラーがないと反射することはできないので、ミラーレス一眼レフというのは正しい呼び方ではありません。ここテストに出ますよ(*’▽’)


一眼レフとミラーレスの違いは、ミラーがあるかないか。それによって、上の図のようにファインダーのタイプが変わります。

簡単に説明してみると、一眼レフの光学ファインダーでは、目の前の景色をミラーが反射したものをファインダー越しに見る構造なので、覗いた時の被写体の見え方は肉眼で見るのと同じです。

一方、ミラーレスの電子ファインダーでは、反射する構造を持たないので、ファインダーの奥にある小さな液晶画面に目の前の光景を映像で表示します。つまり、ミラーレスのファインダーでは映像を見て撮影することになるので、肉眼で見るのとは少し違った見え方になります。


…とまあ、いきなり小難しい話が続いてしまいましたが、とりあえず『一眼レフとミラーレスはミラーの有無とファインダーの作りが違う』ことだけ頭に入れてもらえれば問題ないかと思います。

ただ、一眼レフとミラーレスの違いについては誤解されている方も多く、勘違いしているとなかなかカメラが決まらない、最悪の場合カメラ選びに失敗してしまう可能性があるので、このあたりは本当によくよく注意してくださいね(*’▽’)!
勘違いしてない?一眼レフとミラーレスにまつわる5つの誤解
ミラーレスではじまり、一眼レフでますますアツくなった私のカメラライフ。私の経験を踏まえて、これまで色んなカメラ選び記事を書いてきました。このブログを見て相談をしてくださる方も増えたので...
私がミラーレスから一眼レフに買い換えた理由

私が初めて買ったカメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL6というミラーレスで、選んだ理由は『女子はミラーレスがおすすめ』と聞いたから。一眼レフとミラーレスの違いも『大きいか小さいか』くらいにしか思っていませんでした。

カメラを買った当初は特に撮りたいものもなく、『旅のお供になるカメラが欲しい』くらいの考えだったんですが、あれこれ撮っていくうちに一眼レフとミラーレスの違いが分かってきて、それと同時に『ファインダーを覗いて撮りたかった!』と思うようになって。

私自身カメラを手にするまではファインダーなんてどれも同じ・あってもなくても同じだと思っていたんですが、ファインダーによって撮り方も撮る楽しさも全く変わることにミラーレスを買ってから気付いたんです。


このように遠回りしてしまったのは、ミラーレスと一眼レフの違いを理解せず、ただ『女子にはミラーレス』というなんとなくのイメージで選んでしまったから

OLYMPUSのミラーレスはすごく良いカメラなので、買ったことを後悔してるわけではないんですが、未来のカメラ女子には私のような失敗をしてほしくないと感じたのがこの記事を書き始めたきっかけだったんですね。
『女子にはミラーレス』は本当?

色々と検索していると『女子にはミラーレスがおすすめ!』という内容のサイトがたくさん出てきます。

デザインが可愛いから・宮崎あおいが可愛いからなどいろんな理由があると思うんですが、小型軽量であることはやっぱり大きな理由のひとつと言えると思います。

ただ、先ほど述べたような経緯で一眼レフとミラーレスの両方を使ってみた私としては、『小型軽量だから女子にはミラーレス一択!』と勧めるのは『ちょっと待った!』と言いたくなるんです。


というのも、ミラーレスも一眼レフもレンズが出っ張っているので、カバンの中ではどっちも結構場所を取る・かさばるから。

もちろん、首からカメラを提げることなどを考えると、重さも大事な要素になってきますし、持ち出したいと思えるかどうかについても、小型軽量化どうかはひとつのポイントにはなってくると思います。

ただ、『荷物になるかならないか』で考えると実は一眼レフもミラーレスもそんなに大差がない。それなら、小型軽量かどうかではなくもっと別の視点から一眼レフとミラーレスを選ぼうぜ!というのが、ひとりのカメラ女子としての私の意見です(*’▽’)

ミラーレスと一眼レフ、あなたに合うのはどっち?

さて、ミラーレスと一眼レフの違いがわかったところで、いよいよカメラ選びに入ります。

なんとなくこっちかなと迷われている方も多いと思うので、私なりの視点で考えた質問形式で考えてみましょう(*’▽’)
写真を趣味にしたい?それとも趣味に写真を取り入れたい?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
旅行が趣味で、旅先の思い出を綺麗に残したい。料理やカフェ巡りが趣味で、作ったものや食べたものをオシャレに撮りたいなど、既に持っている趣味に写真を取り入れたい場合はミラーレスがおすすめ

その理由は、少しでも小型軽量のカメラの方が元の趣味を邪魔しないから。

また、ミラーレスの方が一眼レフに比べて写真をおしゃれに見せてくれるアートフィルターやエフェクトなどの機能も豊富な傾向にあるので、写真を勉強するつもりはないけれど、サクッと綺麗でおしゃれな写真が撮りたいにはオススメしやすいかなと思います。


逆に、写真を新しい趣味にしたい人は一眼レフも積極的に検討すべきかなと思います。

こう書くと誤解されそうなんですが、ミラーレスだと写真を趣味にできないという意味では断じてありません

ただ、一眼レフに比べて交換レンズのバリエーションが少ない傾向にあるんです。ミラーレスは最近急成長し始めたものですからね。

私自身写真を趣味にし始めてから知ったんですが、レンズを変えると写真は見違えるくらいに変わる。実は写真のクオリティってボディだけでなくレンズに影響される部分がめちゃくちゃ大きいんです。

ミラーレスでも一通りのレンズラインナップはちゃんと揃ってはいるんですが、写真を趣味にしていく上でレンズの選択肢は多いに越したことはない。これが写真を趣味にしたいなら一眼レフを提案する理由です(*’▽’)
写真を撮りに出かけたい?それともお出かけのお供にしたい?

先ほどの質問が少しざっくりとしていたので、角度を変えてみましょう。

旅行に行ったり、友達や家族・パートナーとどこかへ出かけたときに、『おでかけのお供』として持ち出せるカメラが欲しいのであれば、少しでも小型軽量の方が『持ち出したい!』と思えるはずなのでミラーレスの方がオススメ。

写真を撮りにいろんな場所に出かけたい!という方は、写真そのものが趣味になる可能性が高いですし、場所や撮りたい写真によって適したレンズも異なるので、ミラーレスだけでなくレンズの選択肢が豊富な一眼レフも積極的に検討してみて欲しいなと思います(*’▽’)
光学ファインダーで撮りたい?ファインダーにはこだわらない?

2つの質問の答えを考えてみたけど、やっぱりまだ迷う…という方も多いはず。というか大半がそうだと思います。

色んなメーカーから色んなミラーレスが発売されていて、大きさや重さのある一眼レフと同じような写真を小型軽量のボディで撮れてしまうこの時代に、あえて一眼レフを選ぶメリットはいくつかあります。

例えば、先ほど述べたレンズのバリエーション。そしてもうひとつ挙げられるのが、ミラーがある一眼レフだから作れる光学ファインダーです。

なかなか言葉では表しにくいんですが、一眼レフの光学ファインダーと、ミラーレスの電子ファインダーでは見え方が本当に違いますし、私自身一眼レフのファインダーの方が肉眼に近くてクリアで好みだったりします。


個人的にはファインダーで撮りたいと思わない方はミラーレスを選ぶ方がベターというか、一眼レフを選ぶメリットがあまりないように感じます。少しでも軽い方が『持ち出すのが面倒になってタンスで眠らせている』なんてことにもならないと思いますしね(*’▽’)

でも、『ファインダーを覗いた方が写真撮ってる感がある』と考える方も多いはず。

ファインダー付きのカメラが良いという方は、お店で一度実際にカメラを構えてみて『一眼レフのファインダーの方が好きかも!』と思ったら一眼レフを選んで間違いないと思います。

カメラ女子の私が選ぶオススメの『女子カメラ』

一眼レフかミラーレス、どちらにするか決まったら次はいよいよカメラ選びです。

というわけで、最後に私が独断と偏見で選ぶおすすめカメラをいくつか紹介したいと思います(*’▽’)
小型軽量にこだわりたい人向け
k0000687766
ミラーレスといえばオリンパスというイメージを持っておられる方も多いはず。

このカメラの嬉しいポイントは、標準ズームレンズがパンケーキレンズであること。なにその美味しそうな名前と思った方もいるかもしれないんですが、パンケーキみたいに薄いレンズのことを指します。

先程、『ミラーレスもレンズが出っ張ってるから案外かさばる』と書きましたが、パンケーキレンズならその心配もなし。首から提げればあなたも今日から宮崎あおいです(*’▽’)

Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T
OLYMPUS PEN Liteシリーズも本体約300gと非常にコンパクトなんですが、236gというさらにコンパクトなカメラがパナソニックのLumix DMC-GF7W私の体重と同じくらい軽い。LumixのGFシリーズは自撮りにこだわっているので、ここもカメラ女子には嬉しいポイント。

なお、今回私が紹介しているカメラは全てWi-Fiを内蔵しているので、カメラからスマホに直接写真を転送することが可能です。今やこの機能は必需品ですね(*’▽’)
より写真のクオリティにこだわりたい人向け

突然ですが、撮れる写真のクオリティってどんなもので決まると思いますか?

一眼レフかミラーレスかで決まると思っている人も一定数いるかもしれないんですが、それは大きな間違い。一眼レフとミラーレスの違いはミラーの有無だけでしたよね。

画素数やレンズなど、いろんな要素によって写真のクオリティが決まるんですが、中でも重要なのがカメラが光を感じ取る部品であるセンサーの大きさ。よくセンサーサイズと言われるものです。

そして、センサーサイズが大きいとより画質が高く、背景がボケやすくなるんです。ここもテストに出ます(*’▽’)


今売られているミラーレスや一眼レフの中でメジャーなセンサーサイズが
  • フォーサーズ
  • APS-C
  • フルサイズ
の3つ。大きさは『フォーサーズ<APS-C<フルサイズ』です。

さっき紹介したOLYMPUSPanasonicのカメラはどちらもフォーサーズというセンサーサイズを採用しているんですが、これよりも大きなセンサーサイズであるAPS-Cを採用しているミラーレスも数多くあるんです。


上の表は、一眼レフやミラーレスをいくつかピックアップし、センサーサイズごとに分類してみたもの。ここで注目したいのが、エントリー一眼レフと同じAPS-Cというセンサーサイズを搭載するミラーレスで、SONY・Canon・FUJIFILMなどが該当します。

繰り返しになりますが、画質や背景ボケ・高感度耐性などの写真のクオリティを決めるカギはセンサーサイズ

つまり、一眼レフと同じセンサーサイズの大きさが同じということは、一眼レフよりも小型軽量でありながら、エントリー一眼レフとほぼ同じクオリティの写真が楽しめるということなんです。

せっかくカメラを買うなら画質やボケにこだわりたい!という方は『センサーサイズ』『APS-C』というワードに注目して選ぶと失敗しないと思います(*’▽’)
一眼レフ

この記事を読んで『私はやっぱり一眼レフ!』と思った方もいるはず。私がNikonユーザーなので、ここではNikonの一眼レフ・D5500をピックアップしてみます。

ここにその魅力を書こうものなら記事のボリュームがとんでもないことになるので、下の記事を読んでいただければと思うんですが、一言で表すならば、大きい・重いというイメージを覆す軽快な一眼レフ。私に写真の楽しさを教えてくれた大好きな一台です(*’▽’)
D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる!
突然ですがこの記事の投稿日である6月20日、何の日かご存知ですか?Wikipediaによると『ペパーミントの日』、そしてMay.Jさんの誕生日だそうです。レリゴー。しかし!今日...
おわりに
私自身初めてのカメラ選びは分からないことだらけで少し遠回りしてしまったので、私のこの経験をこれからカメラを手にされる方に少しでも活かしていただければと思い、あれこれ書いてみました。

この記事がみなさんのカメラ選びにとって少しでもヒントになれば幸いです(*’▽’)『ゆるカメライフ』はみなさんのカメラデビューを全力で応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!