ミラーレス?一眼レフ?現役カメラ女子が考える『女子のカメラの選び方』


カメラが欲しい。でもミラーレスにするか一眼レフにするか迷う。そんな悩める未来のカメラ女子の皆さん、どうもこんにちは。

さて、女子向けのカメラを調べていると、あちらこちらで見かける『女子にはミラーレス!』というフレーズ。

私自身写真を趣味にしている一応カメラ女子(仮)なんですが、あれこれ経験した今『女子にはミラーレス!』と言い切ることに対して『ちょっと待った!』と言いたいんです。というのも、私はミラーレスを買った後すぐ一眼レフに乗り換えたから。

というわけで!今回は一眼レフもミラーレスも両方使った私の目線で考える『女子のカメラの選び方』についてあれこれ書いていきたいと思います(*’▽’)

ミラーレス?一眼レフ?現役カメラ女子が考える『女子のカメラの選び方』

私がミラーレスから一眼レフに買い換えた理由


私が初めて買ったカメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL6というミラーレスで、選んだ理由は『女子はミラーレスがおすすめ』と聞いたから

この頃の私は一眼レフとミラーレスの違いについて
  • 一眼レフは大きくて重い、ミラーレスは小さくて軽い
  • 一眼レフはゴツい、ミラーレスはおしゃれ
  • 一眼レフは画質が良い、ミラーレスは画質はほどほど
みたいなイメージしか持っていなかったので、『女子にはやっぱりミラーレス!』と言われて『そうかもしれないなあ』と自然に納得していました。

そんな流されるような感じでミラーレスを選んだんですが、ある日一眼レフとミラーレスの違いを正しく知る機会がありまして。

そしたら、ミラーレスだから画質が悪い・一眼レフだから画質が良いって聞いてたしそう思い込んでいたけど、よくよく調べてみたら全然違うし。そもそも一眼レフとミラーレスでは撮り方も違うし!

ていうかちゃんと考えたら、私女子だけどミラーレスよりも一眼レフの方が合ってるじゃん!!!!と気付いたことが決め手となって、一眼レフ(Nikon D5500)に乗り換えました。


OLYMPUSのミラーレスはすごく良いカメラなので、買ったことは全く後悔してないんですが、ラーレスと一眼レフの違いを理解せず、ただ『女子にはミラーレス』というなんとなくのイメージで選んでしまった事に関してはめちゃくちゃ後悔しています。

未来のカメラ女子には私のような失敗をしてほしくないと感じたのが、今回この記事を書き始めたきっかけなんです。

『女子にはミラーレス』は本当?

デザインが可愛いから・宮崎あおいが可愛いからなど、『女子にはミラーレス!』と言われる理由は色々あると思うんですが、一番大きな理由はやっぱりミラーレスが小型軽量であることだと思います。

ただ、先ほど述べたような経緯で一眼レフとミラーレスの両方を使ってみた私としては、『小型軽量だから女子にはミラーレス一択!』と勧めるのにも『ちょっと待った!』と言いたくなるんです。


両方使ってみて、やっぱりミラーレスは軽いなあと思うことは今でもありますし、それと比べると一眼レフは大きくて重いなとひしひしと感じていたりします。

カバンに入れて持ち歩くこと、首からカメラを提げることなどあれこれ考えると、大きさ・重さは非常に大事な要素ですし、カメラ選びの決め手となり得るポイントだと思います。

ただ、ぶっちゃけた話、ミラーレスも一眼レフもカバンの中ではどっちも結構場所を取る・かさばります。

というのも、どちらもレンズ交換式カメラでレンズが出っ張っているから。なので、ミラーレスにしても一眼レフにしても日常的に持ち歩くのはあまり現実的とは言い難いんですね。

この後詳しくお話しますが、一眼レフとミラーレスの違いは大きさ・重さだけではありませんし、同じミラーレスでも画質などについて違いがあります。

『女子にはミラーレス!』と思い込んで選ぶと私のように後悔することになりかねないので、私としては女子にはミラーレスという決めつけはせずにカメラ選びをしてほしいと思っています(*’▽’)

一眼レフとミラーレスの違いって何?

違いは『ミラーがあるかないか』


さて、ここからはいよいよ一眼レフとミラーレスの違いについてお勉強していきましょう。できる限りわかりやすく書いてみるので、ゆっくりついてきてくださいね(*’▽’)

一眼レフとミラーレスの違いは、ミラーがあるかないか。とってもシンプル。

ミラーは、一眼レフのファインダーを作るために必要な部品なんですが、結構大きさや重さがあります。このミラーをなくすことで小型軽量化に成功したのがミラーレス一眼なんです。


一眼レフとミラーレスの違いは、ミラーがあるかないか。この違いによって、上の図のようにファインダーの作りが変わります。

一眼レフの光学ファインダーでは、カメラ内部にあるミラー(鏡)を用いて、目の前の景色を反射し、それをファインダー越しに見て撮影します。

一方、ミラーレスの電子ファインダーでは、カメラ内部にミラーがないので、ファインダー越しに景色を見せるためには液晶画面が必要になります。この構造を持つのが電子ファインダーなんですね。

まとめると、
  • 一眼レフのファインダー→被写体の見え方は肉眼で見るのとほぼ同じ
  • ミラーレスのファインダー→映像を見て撮影することになるため、肉眼とは少し違った見え方
といった違いがあります。

今は『ミラーレスと一眼レフだとファインダーの見え方が違うんだなー』くらいのざっくりとしたイメージさえ掴んでもらえていればOKです(*’▽’)

画質は『一眼レフかミラーレスか』という違いでは決まらない!


一眼レフとミラーレスの違いはミラーがあるかないか。そしてミラーの有無によってファインダーの構造が変わる。

一眼レフとミラーレスの違いはここだけ。何が言いたいかというと、一眼レフかミラーレスかという違いで画質は決まらないんです。ここ!ほんとに!試験に!出るから!!!

じゃあ画質って何で決まるの?という話なんですが、画素数やレンズなどいろんな要素がある中で最も大きなカギとなるのがセンサーの大きさセンサーサイズ)です。


センサーとは、光を感じ取る部品のこと。光がないと写真を撮ることはできないので、カメラの心臓部分といっても良いくらい大切な部品です。

そして、このセンサーサイズが大きいほどより高い画質が期待できます。

つまり、画質の良いカメラが欲しいならセンサーサイズの大きなカメラを選ぶのが正解なんですね(*’▽’)


上の表は今発売されている一眼レフとミラーレスからいくつかピックアップし、それをセンササーズごとに整理してみたもの。『フォーサーズ<APS-C<フルサイズ』の順にセンサーサイズが大きくなります。

これを見るとすぐ分かるんですが、一眼レフと同じセンサーサイズを持つミラーレスってたくさんあるんです。

つまり、一眼レフと同じセンサーサイズのミラーレスを選べば、一眼レフよりも小型軽量のカメラで、一眼レフと同等の画質の写真を楽しめるというわけです(*’▽’)

『画質が良いカメラが良いから、ミラーレスよりもやっぱり一眼レフかな…』なんて悩んでいる方も少なくないと思うんですが、それは全くの間違い。

ミラーレスは画質が悪いなんてことも完全な誤解なんですね。

『ミラーレス一眼レフ』は間違い!


小難しい説明が続いたところで、ちょっと小話。

先ほどから『ミラーで反射』と言葉が何度か出てきていますが、反射って英語で『レフ(reflex)』と言いますよね。

鋭い方はここで『あ!』と気付くと思うんですが、一眼レフはミラーがあって反射する構造を持つから一眼レフ

一方、ミラーレスの場合、ミラーがないので反射(レフ)する構造を持たないので、ミラーレス一眼レフという呼び方は間違いなんです。

私自身カメラについて全く知らなかった頃は『ミラーレス一眼とかミラーレスって書いてるサイトは省略してるだけなのかな』なんて思っていたんですが、ただの私の勘違いでした(*’▽’)ハズカシー

ミラーレスと一眼レフ、あなたに合うのはどっち?

さて!ミラーレスと一眼レフの違いがわかったところで、いよいよどちらを選ぶか決めていきます。

なんとなくこっちかなと思いつつ迷っている…という方も多いと思うので、私なりの視点で考えた質問形式で考えてみることにしましょう(*’▽’)

写真を趣味にしたい?それとも趣味に写真を取り入れたい?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
旅行が趣味で、旅先の思い出を綺麗に残したい。料理やカフェ巡りが趣味で、作ったものや食べたものをオシャレに撮りたいなど、既に持っている趣味に写真を取り入れたい場合はミラーレスがおすすめ。

その理由は、少しでも小型軽量のカメラの方が元の趣味を邪魔しないから。

また、ミラーレスの方が一眼レフに比べて写真をおしゃれに見せてくれるアートフィルターやエフェクトなどの機能も豊富な傾向にあるので、写真を勉強するつもりはないけれど、サクッと綺麗でおしゃれな写真が撮りたいにはオススメしやすいかなと思います。


逆に、写真を新しい趣味にしたい人は一眼レフも積極的に検討すべきかなと思います。

こう書くと誤解されそうなんですが、ミラーレスだと写真を趣味にできないという意味では断じてありません

ただ、一眼レフに比べてミラーレスは交換レンズのバリエーションが少ない傾向にあります。ミラーレスは最近急成長し始めたものですからね。

私自身写真を趣味にし始めてから知ったんですが、レンズを変えると写真は見違えるくらいに変わる実は写真のクオリティってボディだけでなくレンズに影響される部分がめちゃくちゃ大きいんです。

ミラーレスでも一通りのレンズラインナップは揃っているんですが、写真を趣味にしていく上でレンズの選択肢は多い方が良い。これが写真を趣味にしたいなら一眼レフも積極的に提案する理由です(*’▽’)

写真を撮りに出かけたい?それともお出かけのお供にしたい?


先ほどの質問が少しざっくりとしていたので、角度を変えてみましょう。

旅行に行ったり、友達や家族・パートナーとどこかへ出かけたときに、『おでかけのお供』として持ち出せるカメラが欲しい。

出かけたときに写真を撮りたいのであればミラーレスの方が断然オススメ。その場合気軽に持ち出しやすいカメラの方が絶対に良いと思いますし、小型軽量のミラーレスの方が適しています。


逆に、いろんな場所に写真を撮りに出かけたいという方は、ミラーレスだけでなくレンズの選択肢が豊富な一眼レフも積極的に検討してみると良いかなと思ったり。

『いろんな場所に写真を撮りに出かけたい』と思う人は写真そのものが趣味になる人。私もその一人です。

もちろんその場合も、ミラーレスはすごく良い選択肢なんですが、先に述べたレンズの選択肢、そしてすぐ後に述べる撮り方の違いも写真を趣味にするにおいては大事だったりするので、その点からも一眼レフを積極的に検討してみてもいいかなと考えています(*’▽’)

光学ファインダーで撮りたい?ファインダーにはこだわらない?


2つの質問の答えを考えてみたけど、やっぱりまだ迷う…という方も多いはず。というか大半がそうだと思います。

大きさや重さのある一眼レフと同じような写真を小型軽量のミラーレスで撮れてしまうこの時代に、あえて一眼レフを選ぶメリットは2つあると思っていて。

そのひとつが、レンズのバリエーション。そしてもうひとつが、ミラーがある一眼レフだから作れる光学ファインダーです。

これも先程お話ししましたが、一眼レフの光学ファインダーと、ミラーレスの電子ファインダーでは見え方が本当に違います

私自身カメラを買う前は『ファインダーなんてあってもなくてもどちらでも良い』とか『ただの覗き穴だし、どれも同じでしょ』とか思っていたんですが、ファインダーの見え方で撮る楽しさは全然違いますし、撮り方が変わるといっても過言ではないと感じているんです。


個人的にはファインダーで撮りたいと思わない方はミラーレスを選ぶ方がベターというか、一眼レフを選ぶメリットがあまりないと考えています。画質にこだわるならセンサーサイズの大きなミラーレスを選べばいいわけですしね。

でも、『ファインダーを覗いた方が写真撮ってる感がある』と考える方も多いはず。

ファインダー付きのカメラが良いという方は、お店で一度実際にカメラを構えてみて『一眼レフのファインダーの方が好きかも!』と思ったら一眼レフを選んで間違いないと思います(*’▽’)

カメラ女子の私が選ぶオススメの『女子カメラ』

一眼レフかミラーレス、どちらにするか考えがまとまってきましたか?

決まった!という方もいれば、まだやっぱり悩む…という方もいらっしゃると思うんですが、具体的なカメラのラインナップを見ると少し決めやすくなるかもしれません。

というわけで、最後に私が独断と偏見で選ぶおすすめ女子カメラをいくつか紹介しておきたいと思います(*’▽’)

OLYMPUS PEN Lite E-PL8

k0000687766
ミラーレスといえばオリンパス!というイメージを持っておられる方も多いはず。

このカメラの嬉しいポイントは、標準ズームレンズがパンケーキレンズであること。なにその美味しそうな名前と思った方もいるかもしれないんですが、パンケーキみたいに薄いレンズのことを指します。

先程、『ミラーレスもレンズが出っ張ってるから案外かさばる』と書きましたが、パンケーキレンズならその心配がないので、持ち運びやすさはピカイチです。


画質のカギを握るセンサーサイズはフォーサーズなので少し小さめなこのカメラ。なので、もしかしたら人によっては画質にちょっと物足りなさを感じる可能性も。

とはいえ、上の写真は私が使っていた二世代前のモデル・E-PL6で撮った写真なんですが、見ての通りすっごく綺麗なのであまり気にしなくてもいいかもしれません。

女子カメラは持ち歩きたくなるデザイン性も非常に大事ですが、オリンパスのミラーレスは文句なし。首から提げればあなたも今日から宮崎あおいです(*’▽’)

Lumix DMC-GF7W

Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T
先程紹介したオリンパスのミラーレスも本体約300gと非常にコンパクトなんですが、236gというさらにコンパクトなカメラがパナソニックのLumix DMC-GF7W私の体重と同じくらい軽い。

LumixのGFシリーズは自撮りにこだわっているので、ここもカメラ女子には嬉しいポイントかもしれません。

なお、今回私が紹介しているカメラは全てWi-Fiを内蔵しているので、カメラからスマホに直接写真を転送することが可能。今やこの機能は必需品ですねー(*’▽’)

SONY α6000


お次は、画質にしっかりこだわりたいけど大きくて重いカメラはちょっと…というよくばりさんにぴったりなセンサーサイズが大きなミラーレス

先程お話しした通り、センサーサイズが大きいとより高い画質が期待できるんですが、センサーサイズが大きくなると、カメラやレンズの大きさ・重さが増したり、お値段が高くなる傾向があります。

画質とお値段とボディの大きさなどを総合的に考えて、最もバランスが良いのがAPS-C。多くのエントリー一眼レフに採用されているものです。

そんなAPS-Cを採用するミラーレスの中で、私が選ぶならSONY α6000α5100あたりかなーなんて気になっていたりします。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ホワイト ILCE-6000L W
ちなみにこれらは発売日からしばらく日が経っていて、α6000に関しては後継機が発売されている俗に言う型落ち。

カメラ選びにおいて、やっぱり最新機種の方がいいの?という疑問をお持ちの方も少なくないと思うんですが、私は最新機種にこだわる必要は全くないと考えています。

その理由のひとつが、カメラのボディの発売サイクルがかなり早いこと。

また、最新機種と一世代前を比べてみると、画素数やオートフォーカス性能など、写真のクオリティに直接影響する箇所の変更はほとんどなく、オプション機能の強化のみだった…なんてこともしばしば。

なので私は最新機種にこだわりすぎず一世代前のモデルとしっかり比較するのが賢い選び方だと思っています(*’▽’)

 

Nikon D5500


この記事を読んで『私はやっぱり一眼レフ!』と思った方もいるはず。私がNikonユーザーなので、ここではNikonの一眼レフ・D5500をピックアップしてみます。

ここにその魅力を書こうものなら記事のボリュームがとんでもないことになるので、下の記事を読んでいただければと思うんですが、一言で表すならば、大きい・重いというイメージを覆す軽快な一眼レフ。私に写真の楽しさを教えてくれた大好きな一台です(*’▽’)
突然ですがこの記事の投稿日である6月20日、何の日かご存知ですか? Wikipediaによると『ペパーミントの日』、そしてMay.Jさんの誕生日だ...

おわりに

私自身初めてのカメラ選びは分からないことだらけで少し遠回りしてしまったので、私のこの経験をこれからカメラを手にされる方に少しでも活かしていただければと思い、あれこれ書いてみました。

この記事がみなさんのカメラ選びにとって少しでもヒントになれば幸いです(*’▽’)『ゆるカメライフ』はみなさんのカメラデビューを全力で応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!