いつもと違う1枚に!私の『iPhone越しの写真』の撮り方をまとめてみる!


レンズを変えたり構図を工夫したり、現像を頑張ってみたりと、素敵な印象的な1枚を撮るためのアイディアは本当にいろいろありますが、小道具を使うというのもアイディアのひとつ。

SNSを見ていると『こんなアイディアがあったのか!』と驚かされるような小道具を活かした写真がたくさんあるんですが、現代社会に生きる私たちにとって最も身近なスマートフォン・iPhoneも写真を印象的にしてくれるアイテム。

私自身ずっとiPhoneを使っていて、上のような画面越しの写真を撮ることがたまにあるんですが、簡単なのにちょっと凝ったように見えるのですごく好きなんです。

というわけで、今回は私の『iPhone越しの写真』の撮り方とポイントをまとめてみたいと思います(*’▽’)

使うのは超広角レンズ


私は普段左手にiPhone、右手にカメラを持って上のような写真を撮っているんですが、これ標準ズームを使って取ろうと思うと、スマホがちょっと近すぎて窮屈に感じられるように思うんです。

そこで活躍するのがそう、超広角レンズなんです。


超広角といえば広い風景を写すレンズというイメージが強いと思うんですが、人間の視野よりも広い範囲が写る分、ひとつひとつの被写体が小さく写るので、カメラのすぐ近くにあるものが小さく適度な距離感があるように写すことができるんですね。

また、背景についてもただ丸ボケを作るだけではなく、iPhone越しに広がる景色がなんとなくわかるようにボカしたいという、私なりのちょっとしたこだわりみたいなものがあって、これも私が超広角を使う理由のひとつだったりします。


私はほとんどの場面で超広角を使っていますが、もし誰かiPhoneを持ってくれる人がいるのであれば、標準域のズームレンズや単焦点を使うとより大きく幻想的なボケを絡めた1枚が撮れますし、これもまた魅力的。

超広角レンズはどうしてもボケにくかったりするんですが、この方法であればガッツリとボケを楽しむことができます。

ちなみに、私が使っているのはAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDという超広角単焦点レンズ。これをNikon D750に着けて撮っています(*’▽’)
超広角レンズがダイナミックな1枚を撮るのが好きで、単焦点レンズでキレキレの描写や背景ボケを楽しむのも大好きな私。そんな私のドストライクを突いてきたレンズ...

夜や夕暮れなど、周りが暗い方が綺麗に撮りやすい


一般的に夜の写真はノイズとか手ブレの関係で撮りにくいと思われがちなんですが、私としてはiPhone越しの写真は夜や夕暮れ・朝焼けなどの、ちょっと暗い時間帯の方が撮りやすいように感じています。

というのも、あんまり明るいと画面に自分の顔が反射して映り込んでしまうから。

反射しないマット系の保護フィルムを貼ったり、iPhoneを持つ手をカメラからぐーんと遠ざけてみたり、角度を工夫すれば映り込まないのかもしれないんですが、色々試したもののなかなかうまくいかなくて。なんか良い方法があれば教えてください_(:3 」∠)_

また、夜のイルミネーションなどを背景に玉ボケを作ると写真がより華やかになりますしね(*’▽’)

気をつけるべきポイントは2つ!


私がiPhone越しの写真を撮る時に気をつけているポイントは被写体ブレピント合わせの2つです。

まず、片手にiPhone・片手にカメラで撮るにしても、誰かにiPhoneを持ってもらって撮るにしても、どう頑張ってもiPhoneを持つ手は揺れてしまうため、被写体ブレが起きてしまう可能性が高いです。

撮っているときは被写体ブレに気付かず、家に帰って写真を見返すと『被写体ブレしてる…』と後悔することもしばしば。

一見目立たないような被写体ブレであっても、ブレていない写真とはクオリティが全然違ってくるので、シャッタースピードはかなり気を付けるべきポイント

夜の撮影ではできる限りシャッタースピードを落とすことが多いですが、この写真を撮るときは1/100秒-1/125秒以上に設定することが多いです(*’▽’)


なお、ただでさえピンポイントな内容なのに、さらにピンポイントな話になってしまうんですが、エレクトリカルパレードなどの動く被写体をiPhone越しにボカしたい場合、iPhoneがブレていなくても、その被写体が動いてしまって結果として写真はブレてしまいます。

エレクトリカルパレードの場合は1/160-1/200秒程度に設定すると、フロートがブレるリスクはかなり小さくなると思います(*’▽’)

撮影モードについては、シャッタースピード優先マニュアルなど、撮影者がシャッタースピードを決めることができるモードがオススメです。


ただ、被写体ブレはしていなくても、ピントが合っていなければ被写体ブレと同じくぼやけた1枚になってしまう

iPhoneを持つ手がどう頑張ってもブレてしまうことから、合わせたと思ってもすぐにズレてしまうため、ピント合わせも気を付けるべきポイントです。

ただ、こればっかりはこまめにピントを合わせ直すオートフォーカスで『ピピッ』とピントが合ったらすぐシャッターを押すようにするくらいしか方法がないのが本音だったりします。でも慣れたら簡単です。

なお、明るい単焦点を使う場合、F値を開放(1.8や2.8など)に設定すると画面片側半分にはピントが合って、もう半分にはピントが合ってないということもあり得ます。

少し絞って上げた方がより丸い綺麗な玉ボケができたりもしますし、明るいレンズを使って撮るときは気持ち絞った方がiPhoneの画面全体にしっかりピント合わせができると思います(*’▽’)

もっと自分好みの『iPhone越しの写真』を撮るためのポイント!


さてさて、ここで一旦おさらいしてみると
  • 超広角レンズを使うと片手にiPhone片手にカメラでも撮りやすい
  • シャッタースピードは1/100秒-1/125秒程度からの調整
  • 動く被写体が含まれる場合は、その動きを止められるシャッタースピードで
  • ピント合わせはこまめに根気よくバッチリと
  • 明るいレンズの場合はちょっと絞った方が綺麗に撮れる
とこんな感じです(*’▽’)

『iPhone越しの写真』は上のようなポイントに気をつけるだけでなく、さらにちょっとだけ工夫をプラスしてあげるとより凝った風に見える1枚になるように思っています。

というわけで、ここからは私が考えるもっと自分好みの『iPhone越しの写真』を撮るためのポイントを紹介してみたいと思います(*’▽’)

画面の輝度は明るめに!


地味に写真のクオリティに影響を与えるのが、iPhoneの画面の輝度(明るさ)です。

バッテリー節約のためや、夜暗い中でスマホを見ても眩しくないように画面の明るさを落としておられる方も少なくないと思いますし、実際私もそうなんですが、iPhone越しの写真を撮るときは画面の輝度をしっかり明るくする方が綺麗に撮ることができるように思います。

iPhoneがしっかり明るく写っている方がより人の目を惹きつける1枚になるだけでなく、暗い中でのピント合わせもしやすくなるように感じるんですね。

オートフォーカスの性能はボディそしてレンズによって大きく異なり、暗所でのオートフォーカスを苦手とするレンズなどもあるんですが、iPhoneを明るくしておけばピントを合わせるべきポイントが明確になるので、ピント合わせがスムーズになり、上で述べたピントのズレによる失敗を防ぐことができます。

ただ、周りがかなり暗いのにiPhoneだけ極端に明るくしてしまうと、背景がうまく写ってくれないことも考えられるので、そのあたりは試し撮りをしつつ調整しましょう(*’▽’)

言語設定を変えると写真の雰囲気が変わる!


ここから『細かいわ!』とツッコまれそうな内容が続くんですが、iPhoneの言語設定を変えると写真の雰囲気・印象が変わるように思います。

iPhoneの場合、『設定』→『一般』→『言語と地域』→『iPhoneの使用言語』から変更することが可能。変えたい言語を選択し『完了』とすると、10秒程度で言語表示が変わります。

これを変えるだけでも写真がスタイリッシュになったり、統一感が出ることもあるので、変えてみるのもアイディアのひとつです(*’▽’)

左下に写真が表示されるのを隠す


iPhoneの場合、カメラを起動すると画面左下(縦向きの時)に直近に撮った写真が表示されると思います。ただ、私はiPhoneは額縁・フレームのように使いたいので、この表示されるのがちょっと邪魔に感じられるときも。

撮影後Photoshopなどの編集ツールで隠してもいいんですが、Google等で『黒』と画像検索すると、真っ黒な画像がずらっと表示されるのでそれを保存すると、画面左下には何も写っていないように見せることができます(*’▽’)

iPhoneケースによっても写真の印象が変わる!


世の中に星の数ほどあるiPhoneケース。ケースによってiPhoneの印象だけでなく、持っている人の気分が変わったりもするように思うんですが、iPhone越しの写真においてもケースは写真の印象を変えるアイテムなんです。

例えば上の写真だとかなり太枠のケースを装着していると、写真の中でのiPhoneの存在感が強くなるように感じられます。


一方、こっちの1枚ではシリコン製の柔らかいケースを装着した知人のiPhone(黒)を使って撮影。iPhoneの色でもちょっと印象が変わるように思います。

縁が透明になっているので、iPhoneの周りが背景の色ににじむようにボケていて、さっきとはまた違った雰囲気のように思います。


最後は薄いハード素材のカバーを装着して撮影。

どれが正解というわけでもないんですが、個人的には最後の薄枠ハードカバーが一番スタイリッシュで好きだったりします。100均で買うこともできますし、iPhoneカバーを変えるのもまたひとつのアイディアです(*’▽’)

現像で部分的に補正する!


背景と画面の明るさが異なるため、設定にどれだけ気を使っていても、画面の方が不自然に明るく写る・白とびしてしまうことや、逆に背景が思っていたよりも暗く写ってしまうなんてことはよくあります。

ただカメラの設定を工夫するだけで100%の出来の写真を撮ることは不可能なので、より綺麗な『iPhone越しの写真』に仕上げるためにはRAW現像が必須と言っていいでしょう。

私の場合はiPhoneの画面部分と背景部分のそれぞれをブラシやフィルターを使って部分的に補正しています。

パソコンが無いなどの理由で、現像ソフトが扱えない場合でも、Snapseedというアプリなんかだと、単なるフィルター加工のみならずブラシを使った細かい部分まで編集できるものがあるので、これらを使うとより綺麗で印象的な1枚に仕上がると思います(*’▽’)
カメラを買って写真を撮り始めたけれど、なんか思ってたような1枚が撮れない。『写真 コツ』なんかで検索してみてもイマイチ分からない。 構図や設定など...

おわりに

さてさて、色々まとめてみましたがいかがでしたでしょうか?そもそも需要あったでしょうか(笑)こんなピンポイントな内容についてよくこんな量書けたなと我ながら驚きです(*’▽’)

今回は私たちにとって最も身近なアイテムであるスマートフォンを使ってみましたが、他にも写真で使えるアイテムはたくさんあるはず。そういったアイディアを見つけることもまた写真のひとつの楽しみですし、私自身これからもっともっと使える小道具を研究したいと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!