『写真が可愛くない』と言われるので、ゆるふわ可愛い写真を研究してみた件。

Camera, Girl
『好きな食べ物はパンケーキ』と一度は言ってみたかった系女子大生、どうもmeguです。ちなみに好きな食べ物は焼鳥です。

突然なんですが、最近このブログ『ゆるカメライフ』と、私にちょっとした問題が発生してるんですね。

『カメラ女子なのに全く写真が可愛くない』問題



ここ最近『写真が可愛くない』『カメラも機材も可愛くない』『もはやカメラ女子じゃない』と散々な言われようなワタクシ。

『ゆるカメライフのくせに、写真も記事も全くゆるくない!サギだ!』とまで言われたとか言われてないとか。Twitterで私が『カメラ女子』というワードを用いると、ネタとして扱われることがもはや定着しています。

いや、でもね、私としては可愛い写真撮りたいですし、こう見えて頑張ってるつもりなんですよ。

DSC_4724-3
DSC_5979-11
いやまぁもう自分で言うけど、全っっっっっ然可愛くない!!!!!

定期的に彼氏から『俺の撮った写真の方がはるかに可愛い』と言われます。実際彼の方が可愛い写真撮ってます。なんという圧倒的敗北。

まあでもなんだかんだこのカメラ女子っぽくない・可愛くない写真がTwitter等ではウケがよかったりするので、このままでいいかぁ~と思ってたんですよ。でもね、ある日気付いたんです。あまり女の人にウケてないことを。

そもそも21歳の現役ピッチピチ女子大生としては、『可愛くない』と言われるのは傷つきますし、やっぱり写真で同年代の女子からの支持も受けたいところ。

というわけで!前置きが長くなりましたが、今回は可愛い写真を研究したいと思います(*’▽’)ワシは本気や!

どうして私の写真は可愛くないのか

光芒が大好物
aDSC_3627-3
光(光源)のトゲトゲしてるやつ、これを光芒といいます。

時と場合によっては写真をゴチャゴチャさせる原因にもなるのであまり好まない人もいるそうなんですが、私は大好物です。最高にカッコいいんですけど、最高に可愛くないです
写真のトーンが全体的に暗め
DSC_6735-2
自分の写真を見ていると本当に暗い性格の暗さが写真ににじみ出ているのかもしれない。

落ち着いた雰囲気の写真が最近の好みなので、撮影時も結構露出補正はマイナスに振ってることが多い私。

暗めの写真にすると落ち着いた感じや重厚感が増すんですが、これも可愛くない。
広角の写真が多い
DSC_5957-6
20mm単焦点魚眼レンズをこよなく愛し、広大な写真が好きな私。

つい最近気が付いたんですが、可愛い雰囲気の写真って50mm近辺で撮られてることが多いんですよね。

風景全体を切り取るのではなく、目の前にある風景のうち、自分が『可愛い』と思った部分だけを切り取った写真が多いように感じます。
背景のボケた写真が圧倒的に少ない
DSC_7339-2
可愛い写真にはふわふわとしたボケが不可欠。もうボケてたらなんでもカワイイ。

ボケボケの写真は大好きなんですが、ワンパターンになるので言われてみれば最近撮ってなかったです(´・ω・)

ゆるかわカメラ女子に、俺はなる!

自分の写真が何故可愛くないのか何となく分かってきたところで、この部分を改善して意地でも可愛い写真を撮っていきたいワタクシ

可愛い写真を撮るための方法として、大きく分けて撮影時にカメラの設定を変える方法、RAWで撮影して後から写真を現像するという2通りの方法がありますが、今回はRAW現像で写真を可愛くしていくという感じでいきたいと思います(*’▽’)

また、RAWって何?現像って何?という方は、もしよければこちらの記事をどうぞ!
写真をもっと思い通りに!初心者こそRAW現像を早く始めるべき3つの理由
私が一眼レフを手にして早1年。新しいレンズ・新しい撮り方などなど、これまでいろんなことにトライしてきて、『もっとこうしとけばよかった...
とりあえずこの記事を楽しむだけなら『現像は写真の加工』だと押さえてもらえれば大丈夫です(*’▽’)
ダンボー×お花の可愛い組み合わせで可愛い写真に挑戦!
DSC_4636
女子の大好物のお花、そしてダンボー。それだけでこの頃の私の『可愛い写真メーター』はカンストしてしまっていたんですが、よく見るとまだゆるふわ可愛いとはいえません。

これを先程の反省点を踏まえていじっていきます。
『忠実な色』より『可愛い色』
DSC_4636-4
私はどうしても見たままに近い色に仕上げようとしてしまうのですが、『綺麗な色』と『可愛い色』はまた違うんですね。難しいよオトメゴコロってヤツは。

涼しさを演出するために青みをかなり足してみたり、ホワイトバランス『蛍光灯』などの少し紫がかった色味が可愛くなるポイントのように思います。というわけでを足しました(*’▽’)
明るく!明るく!
DSC_4636-5
性格の暗さを完璧に反映したのか、いつも暗め(ローキー)な私の写真。思い切って明るくしてみます。おお、これだけでお花のふわっと感が出ましたね。ほくほく。

ちなみにこれをいじってる時点で、私の目はあまりの眩しさに目がやられています。
コントラストを下げる!
ふわっとした写真に仕上げるには、明るさの他に写真がフラットであることも大事。写真のフラット感を出すためにはコントラストがカギ。

コントラストが高いと写真にメリハリが出て、引き締まった印象を与えます。ということは、コントラストを下げれば…

DSC_4636-6
新たな女子力の開花キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

グッと女子力が増しましたよね?どれくらいマシたかってヤサイマシマシニンニクカラメくらい。
完成!
コントラストを下げた時点で自分の女子力にお腹いっぱいだったんですが、最後の力を振り絞って微調整を加えます。そしてついに完成

まずはBeforeの確認から。

DSC_4636
『可愛い』にどこか恥ずかしさ照れくささがあったあの頃。

でももうこの頃の私とはサヨナラ。生まれ変わったmeguがお届けするAfterがコチラ!!!

DSC_4636-2
めっちゃカメラ女子やんけ!!!!!!!!焦るわ!!!!!!!!!!

いやぁいいですね。お花の可愛らしい感じ・春の光のやわらかい雰囲気・綿菓子のような淡いテイスト…これぞ『カワイイ』。今なら宮崎あおいを名乗っても怒られない気がします。

もっと可愛い写真を目指してみる!

せっかく宮崎あおいになれたところなので、もっともっとカメラ女子らしい写真を作っていこうと思います(*’▽’)
とことんフラットにこだわる!
DSC_7106-2
スイカなどの可愛くカラフルなパラソルが青空に映える、そんな朝の一コマ。

私の好みだと色の鮮やかさを出していきたくなるのと、これくらいの暗さで仕上げてしまうんですが、『可愛い』とは言い難いので、もっと淡い印象に変えてみたいと思います。

DSC_7106-5
Twitterのカメラ女子さんの写真でよく見るやつだ!!!!!

進研ゼミでやった問題が試験に出た時のようなリアクションをしてしまいましたが、案外良い線行ってません?1枚目とはうって変わってパステルカラー。やればできる子、meguさん。
『綺麗な色』と『カワイイ色』は違う!
DSC_2490-3
女の子の憧れ、リトルマーメイド。私もアリエルが大好きで、小さい頃足に布団を巻き付けて『マーメイドごっこ』していたら、母親から『ホコリが舞うからやめなさい!!!』と怒られました。

見たままの色を再現したいタイプの私としては上のような1枚が限界です。いまいちマーメイドラグーンの可愛さが活きてきませんね。

DSC_2490-4
どうでしょう!少しプリンセス感出てませんか???出てますよね???

色味(ホワイトバランス)をかなり紫にしています。紫に寄りすぎるとエッチないかがわしい雰囲気になるので注意が必要なようにも思いますが、少しオーバー気味にホワイトバランスをいじった方が可愛い写真になってくれますね(*’▽’)
背景ボケは大正義!
そして最後はキャンドルナイト。

私の中では『キャンドル=暗闇にぼんやりと灯るもの』というイメージがあるので、自分の完成だけでレタッチするとこうなるんですが、

DSC_4825-3
ロマンティックな雰囲気はたぶん伝わると思うんですが、これも宮崎あおいとなった今ではケチをつけずにはいられません。

今まで学んできた可愛い写真の作り方をフルに活かして…これが!私の可愛い写真だ!!!

DSC_4825-4
自分の写真の可愛さに今ドキがムネムネしています。もうこれで女性の心をワシ掴みですよ。やったねmeguさん。

ゆるカメライフ流『可愛い写真の作り方』のまとめ

4枚ほどレタッチしてみて、だいぶ可愛い写真が体になじんだように思います。

もうこれで『お前がカメラ女子?寝言は寝て言え』とか『フォローしたとき写真だけ見て勝手に男だと思ってました』なんて言われなくなることでしょう。

というわけで、ゆるカメライフ流可愛い写真の作り方をまとめておきます。
  1. 立体感よりフラット感を重視(コントラストや明瞭度・シャドウで調節)
  2. 明るい写真はやっぱり可愛い!撮影時には露出補正をプラスに
  3. 綺麗な色とカワイイ色は違う!イマイチだったら思いっきり色味を変えてみる
  4. 背景ボケはボケているだけで可愛くなれる!
こんな感じですね(*’▽’)
おわりに
さすがに今の『meguはカメラ女子じゃない』風潮に歯止めをかけねばと思い、この記事を書き始めました。書き進めていく中で可愛い写真のイメージも掴めてきましたし、もうこれからの私はゆるふわ可愛い写真を撮るカメラ女子として生まれ変わることをここに宣言します

まずは明るい写真を心がけてー、

DSC_1766-4
広角ではなく50mmくらいで、可愛い部分だけを切り取る。そして立体感よりもフラットな印象を心がけて、綿菓子のような淡くて優しいイメージで仕上げる。

DSC_7410-6
そして、ゴツゴツしたイメージの光芒とはサヨナラ。背景を積極的にボカして、ふんわりとしたイメージを持たせる…っと

aDSC_4724-2
アーーーーーーー眩しい光芒!重厚感溢れるローキー!!!超広角で切り取った迫力ある風景!!!!!

んーーーーーーーーやっぱり写真はこうでなくっちゃ!!!!!!!!!!!!!!!!



というわけで『meguの写真をカメラ女子っぽくさせよう計画』、第一回は失敗となりました。megu先生の次回作にご期待ください。

ウワアアアアアアアアアやめて!石投げないで(;・∀・)