▶︎ ゆるカメライフの殿堂入り&人気記事

MacBook ProでRAW現像を楽しむ私が感じていること全部まとめてみる!

このブログで何度も触れてきたRAW現像。これまでの記事を読んでくださった方から定期的に頂く質問がありまして。それが私が使っているパソコンについてです。

思い通りの写真にするのにRAW現像が必要、そしてRAW現像にはパソコンが(ほぼ)必須…ということは、パソコンは写真機材のひとつと言ってもいいかもしれません。

しかし!私はここまでパソコンについて完全ノータッチでこのブログを運営してきました。それは!なぜか!!なぜなら!!!

 

パ ソ コ ン の 知 識 が 全 く な い か ら で す \(^o^)/言わせんな恥ずかしい

 

そんなハイパーPC音痴な私なんですが、実は半年くらい前にRAW現像のためのパソコンを買い換えました。それが今この記事をせっせと打ち込んでいるMacbook Proです。

このPCを選んだ理由が『ヨドバシのお兄さんが良いって言ったから』というレベルなので、スペックとかそういう難しい話はできないんですが、RAW現像を主な目的として買った私だからこそ書けることもあるかもということで!

今回は!なんの参考にもならないかもしれないけれど!!私がMacBook ProでRAW現像をしていて感じることをあれこれまとめていきたいと思います(*’▽’)

繰り返しになりますが、筆者はPC知識が全くないので、この記事がPC選びの参考になる可能性はかなり低いです。それでもちょっと紹介してみたかっただけなので、あまり期待せずコーヒー片手に暇つぶし程度で読んでいただれば幸いです_(┐「ε:)_

MacBook ProでRAW現像を楽しむ私が感じていること全部まとめてみる!

私が選んだMacBook Proの仕様

MacBook Proといってもいろんな種類があるようなので、まずは私が選んだモデルの仕様を簡単に書き出してみたいと思います。ほい!

  • 2016年モデル 13.3インチRetinaディスプレイ
  • 2.9GHzデュアルコアIntel Core i5
  • Turbo Boost使用時最大3.3GHz
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • Touch BarTouch ID搭載
まああれです。こんな感じです。

私がこれを見て分かるのは『インテル入ってる』ことくらいです。あんまり余計なこと喋るとポンコツがバレるので次いきましょう(*’▽’)

私の作業環境

次に、私が普段何を使ってどんな写真編集をしているのかについて。

RAW現像用・レタッチ用のPCといっても、具体的にどんな作業をするかによってそのパソコンで快適かどうか変わってきそうなので、これまた箇条書きで出してみましょう。

  • 使用カメラはNikon D750
  • Lightroom・Nik Collection・Photoshopを使用
  • 上記3つのうち2つ以上を同時起動がほとんど
  • 一度に100枚以上読み込みをすることも多い(最大6-700枚)
  • Photoshopで使用するレイヤーは現段階(※後述)では大体6-10枚前後
  • Nikで使用するフィルターは大体3-5個前後
  • Google Chromeは立ち上げっぱなし
とこんな感じ。必要かどうか分からない情報もあったんですが、情報は多いに越したことはないのでとりあえず思いつくところを一通り挙げてみました。

あと、Photoshopのことなんですが、MacBook Proに買い換えてからようやく本格的に触り始めて今絶賛練習中なのでこれから使い方が変わる可能性も高いので『現段階』と書いています(*’▽’)

今までのPCに感じていた不満

早く本題に入れよ!と怒られそうなんですが、私がMacBook Proに買い換えようと思った理由もまとめておきます。これが終わったら本題入るからもうちょっとだけ待ってね_(┐「ε:)_

買い換えようと思った理由は単純で、今まで使っていたPCに不便・不満を感じる場面が増えたから

これまでVAIOというノートパソコンを使って現像していました。まだSONYのロゴが入っている頃のモデルで、気付けば家にあった感じで買った時期も分からないレベルです。

RAW現像に興味を持って最初はNikonの純正現像ソフト・Capture NX-Dを使っていて、のちにLightroomを使うようになったんですが、Lightroom単体で現像していた頃は特に不満はありませんでした。

ただ、のめり込むうちに次のような不便を感じる場面が出てきたんです。

  • 各ソフトの起動がびっくりするほど遅い
  • Nik Collectionで複数フィルターを使用すると定期的に固まる
  • Photoshopを同時使用しようとすると定期的に固まる
  • 複数枚カタログに読み込んだり書き出したりしようものなら、その待ち時間で掃除洗濯ができる
とこんな感じ。

原因としては、パソコンの性能だけでなく私が結構長い期間Lightroomのカタログ等を全てPC本体に保存・管理していたこともかなり影響している気がするんですが、整理した後もだいたいこんな感じでした。

果たしてMacBook Proにしてからこれらの不便は解消されたのでしょうか…(*’▽’)運命はいかに!

実際にMacBook ProでRAW現像してみて

結論から言ってしまうと、私の作業環境においてはもう問題なさすぎるレベルでサックサク動いてくれてます。もう感動モノです。全米が泣いた。

サクサクといっても人によって感じ方が異なると思うんですが、私は

  • 操作がカクカクしない
  • タイムラグがない
  • 待機中のくるくる回るアイコンが頻繁に出ない
ことが満たされていればサクサクだと思っています(*’▽’)

先ほど述べた『これまで使っていたPCに感じる不便』を踏まえて私がMacBook Proに求めていたのが、

  • Lightroom・Photoshop・Nik Collectionが素早く起動する
  • 上記3ソフトを同時に立ち上げてもサクサク動作する
  • 大量の写真を一気にカタログにコピーさせてもスムーズに処理が進んでくれる
  • 複数枚の書き出しもスムーズにこなしてくれる
ことだったんですが、見事に全部クリアしてくれています。なお、Lightroomのカタログや現像後のデータは全て外付けHDDに保存しています(*’▽’)

元がズボラな性格のため、Chromeでも常時5,6個タブを開きっぱなしだったり、Photoshopでも5枚分タブを開きっぱなしでレタッチしたりもしているんですが、動作の大きなもたつきやラグを感じたり強制終了したことは、このPCを使い始めて半年ちょっと経った今一度もありません。

強いて言うなら、Nik Collectionでトーナルコントラストなどの重めのフィルターと共に3,4個フィルターを適用した後、ビフォーアフターを確認しようとすると、たまーに若干のタイムラグを感じることがあるとか、Photoshopにおいてレイヤーをいくつも重ねると保存に10秒前後かかるとか。ほんとそれくらいかなー。

個人的なイメージとしては、いわゆる高画素機を使うようになったり、Photoshopスキルが神になってより高度かつ、よりレイヤーをたくさん使う処理をするようになったり、何百枚も使って比較明合成をするようになるとまた使用感が変わってきそうな気はしますが、今の私の作業環境においてはもう文句なしです(*’▽’)はなまるをあげよう!

13インチにするか15インチにするか

基本的に『分からないことはヨドバシのお兄さんの意見に従う』というスタンスでPC選びを進めていたんですが、ひとつだけ私が分からないなりに悩んだことがありました。それがメモリを8GBにするか16GBにするかです。

実は私が選んだMacBook Pro 2016モデルには13インチと15インチの2種類がありまして、15インチの方はメモリが16GBなんですね。

ヨドバシのお兄さん曰く『メモリとは作業机みたいなもの。机が広くなると教科書とかノートとか色々広げられるから作業しやすくなるし、狭いとモノを置くスペースがなくてやりにくくなる。そんな感じです。』とのこと。

おお、そう言われるとこの私でも『メモリが大きいPCの方が良い』ということがなんとなく分かる。ってことは15インチ…とお値段を見てみると、8GBの13インチとの値段差6万円とな。

6万円ってレンズ1本買うなり旅行なりできる大きな金額だし、『長い目で見て一応16GBにしとくか』とはさすがに言えなくて、またまたヨドバシのお兄さんに相談。

その結果、私の用途だと13インチと15インチの性能の違いがあまり感じられないかもというお兄さんの意見が後押しになって、予算など総合的に考えた結果8GBの13インチを選びました。

この選択が正解だったのかどうかは今の段階では分かりませんが、1,2年前『うちにパソコンあったっけ?』と言っていたような私が、まさか毎日PCを使うようになるとは夢にも思っていませんでしたし、それと似たようなもので数年後に私がPCをどんなことをしているか・それにはどんな性能が必要になっているかも予想できないよなーなんて思っていて。

ってことは余計に16GBにしといた方がよかったんじゃない?と思われそうなんですが、今回は家具の都合上デスクトップが置けないことが前提だったり予算だったりと条件がちょっと多いPC選びだったので、無理に背伸びはしませんでした。

でも今すっごく満足しているのでおっけーです(*’▽’)

液晶のおかげでRAW現像が格段にやりやすく

写真の編集で使うパソコンに欠かせないのが綺麗な液晶画面

PCの買い換えを考える前からMacの画面は本当に綺麗だなと思っていたんですが、十分綺麗な2015年モデルと比べて2016年モデルでは液晶のバックライトがさらに明るくなり、より画面が綺麗になったのだとか。

余談ですが、『1世代前のモデルにして16GBのMacBook Proを買う』という選択肢を採らなかったのはこれが理由。それくらいお店で比べてみると違いがハッキリと分かるくらい綺麗になっていました(*’▽’)まるで私みたいですね

また、私は今iPhone7を使っているんですが、今までのパソコンで現像しているとき、パソコンで見た時の色味とiPhoneに転送して見た時の色味が違うといったことが多々ありまして。

私が写真を見るのはほとんどiPhoneなので、理想はiPhoneで見た時に思い通りの色味になっていること

なので、今までは今まではPCからスマホに写して色味をチェックしてパソコンで微調整してスマホにもう一度移し直す…といったかなり面倒なことをしていたんです。

でも、MacBook Proに変えてからはiPhoneに移した後に『えっ、全然違う!』となることが全くと言って良いほどなくなって。

厳密に見たら違いはあるんだろうなとは思いますし、MacBook Proの画面の方がコントラストが高いので写真がハッキリ綺麗に見えやすいといったちょっとした贅沢な悩みはあったりしますが、前のような色調整の手間がなくなったおかげでストレスフリーになりました(*’▽’)

Touch Barって実際のところどう?

2016モデルから新たに加わった機能であるTouch Bar。上の写真を見れば分かる通り、ファンクションキーやEscキーなどがあったとことがタッチ式バーに置き換わっているんです。

13インチの場合この有無を選べるんですが、私がTouchBar搭載にした理由は、単にちょっとかっこいいからというミーハー心と、ヨドバシのお兄さんの『今後Adobe系も含め色んなソフトがTouchBar対応になっていくかも』と営業トークに乗せられたこと。ぐう単純。

結構賛否両論だったみたいで実際どうなの?みたいなことも一部では言われていたらしいんです。

で、ゆるカメライフ的にはどうなのって話なんですが、ぶっちゃけあってもなくてもどっちでもいいと感じています\(^o^)/うーん!

めっちゃ近未来的でかっこいいですし、明るさや音量調節などが感覚的にできるのは嬉しいんですが、正直なところTouch Bar非搭載でよかったかな感も拭えないのが本音。

あ、でもTouch ID(指紋認証)はわざわざパスワードを入力する必要がなくなったので便利です(*’▽’)

MacBook Proのちょっと気になるところ

こんな感じでこのMacBook Proを選んで本当によかったと思っていますし、以前よりも現像が捗るようになった私。

ただ、気になるポイントが2つだけありまして、その両方に買うまで全く気付かなかったというまたしても間抜けっぷりを発揮してしまったので、反省の意味を込めて最後に書き留めておきたいと思います(*’▽’)

SDスロットの廃止

清水の舞台から飛び降りる気持ちでMacBook Proを買って帰り、早速新しいパソコンちゃんで現像しちゃうぞぉ〜と思っていたらSDカードを入れるところが…ない???え???

調べてみると2016年モデルからSDカードスロットが廃止されたのだとか。気付かなかったァァァ。

ほとんどのカメラがSDカードに写真を記録しているはずですし、Lightroomなどで現像する場合当然SDカードを読み込む必要があるので、写真を扱うにあたっては割と不便を感じるポイントだったりします。

USB-C統一仕様

SDスロットの廃止と同時に、USB-C統一仕様になったMacBook Pro 2016年モデル。さっき述べたSDカードスロットの他にUSB-AやHDMIも廃止されています。

この方がさらにスマートになるそうなんですが、これも写真を扱いたい私としてはちょっと気になるポイント。というのも、Lightroomのカタログはじめあらゆる写真データを管理している手持ちのポータブルHDDがUSB-A仕様だからです。つまり、このままではMacBook Proと接続できないんですね。

とはいえ、USB-Cに変換するハブというのがあるので、これを使えばSDカードもHDDも全部まとめてMacBook Proに繋ぐことが可能。ちなみに私が買ったのはこれです(*’▽’)

これらを使えば問題はないんですが、ただまあなんていうかPC周りがお世辞にもスタイリッシュじゃなくなるんですよね_(┐「ε:)_

これから先どんな仕様になっていくのかも分かりませんし、USB-Cが一般的になればまた話は変わってきそうですが、次のPC選びではこのあたりもちゃんと調べようと思いました(*’▽’)反省!

おわりに

さてさて、あれこれまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

有益なことを書けた自信がいつも以上にないんですが、とりあえず私はMacBook Proを使っているということだけ伝わっていれば満点です( ;∀;)もうね、ほんとそのレベル。

次のPC選びまでに少しでも賢くなれるように頑張りたいと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

関連記事
私がRAW現像・レタッチをするときに意識している7つのポイント! 【風景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】 【夜景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】