私の大切な相棒!AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの魅力を語ってみる

dsc_0002
単焦点、超広角、魚眼、望遠…と、世の中には色んなレンズがありますが、誰にとっても欠かせないのが標準ズームレンズ。心から信頼・満足できる標準ズームがあると、日々のカメラライフがすごく豊かになりますよね。

というわけで今回は私の信頼する大切な相棒、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDへの愛を思いっきり語ってみたいと思います(*’▽’)

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの魅力を語ってみる!

『ちょっと写真上手くなったかも』と錯覚する写り
dsc_1766
F2.8通しのズームレンズを麻雀の役になぞらえて大三元レンズなんて呼んだりするんですが、この24-70mm f/2.8もそのひとつ。

F2.8通しがズームレンズで実現しているということだけでもすごいんですが、ただ明るいだけでなくその描写力がピカイチと言われていて、『単焦点並み』なんて言われるほど。

実際使い始めてみると『私写真上手くなった?』と勘違いするほどの写り。写真やカメラにそんなに詳しくない私でも分かるくらい、今まで使っていた標準キットレンズの頃とは一味違う透明感や空気感を感じる1枚を写し出してくれます。
ナノクリスタルコートの恩恵

このレンズの特徴のひとつはナノクリスタルコート採用であること。

ナノクリスタルコート(通称ナノクリ)とは、ニコンが開発した反射コーティング技術。これによりゴーストやフレアを大幅に削減し、クリアーな写真を実現するとともに、コントラストが高く豊かな階調表現が可能になるのだとか。

だからこのレンズは逆光にとても強い。太陽を写した1枚が好きな私にとっては、こんなに嬉しいことはありません。

dsc_0273-4
ナノクリの恩恵は逆光耐性だけでなく、より豊かな階調表現が可能になること。

私みたいなひよっこは『豊かな階調表現』と言われても頭にクエスチョンマークが3つくらい浮かんでしまうんですが、でも冒頭で述べていた『このレンズで撮ると空気感とか透明感がある気がする』というのはこのナノクリスタルコートのおかげなのかなと思っていたりします。
全域F2.8はやっぱり便利

ズーム全域をF2.8通しで使えることのメリットのひとつは、夜や室内などの暗い場所であっても快適に撮影できること。ディズニーや旅先などの三脚が使えない場面で撮影することが多いので、F2.8通しの恩恵はもうひしひしと感じています。

そしてもうひとつのメリットが背景ボケ

写真を始めて1年以上経った今も背景ボケが大大大好きな私にとって、単焦点レンズに交換しなくても背景をボカした1枚が撮れるのは本当に嬉しいし楽しい。美しい丸ボケに撮るたびに心がときめきます。
静かで正確な爆速AF

このレンズは描写力だけでなく、オートフォーカスもすごいんです。

このレンズを買うと決めるまでいろんなレビューを拝見していると『爆速』と表現されている方を結構見かけて、どんなものかとワクワクしていたんですが、マジで爆速

今までの標準ズームのAFが『スーーッ…』だとすれば、このレンズは『スッ!!!!!』という感じ。え?何も伝わらないって?

上の写真のような暗いステージ上で動き回るキャラクターにも迷うことなくバシッと正確に合わせてくれますし、オートフォーカスを使うのが気持ちよくなってくるくらいの爆速かつ正確さ。シャッターチャンスを逃すことがなく、安心して撮影を楽しむことができます。
24mmはじまりがちょうどいい

このレンズは24mmはじまりなんですが、これがとっても使いやすい。

今までのズームレンズ(DX18-55mm)を使っていた頃、カメラを構えてみて『わざわざ超広角に交換するまでではないけど、もうちょっと広さが欲しい』と思う場面が結構あった私。

でも、24mmの広さがあれば『もうちょっとだけ広く』に難なく対応できるし、24mmがピタっとハマる場面って意外と多くて。

あまり広角すぎると被写体が小さく写り過ぎてしまうので、標準よりは少し広いけれど被写体の存在感はちゃんと残せる広さだから使いやすいんだと思います。24mmならパースを使った表現だってできますしね(*’▽’)
70mmおわりもちょうどいい

ニコンの他の標準ズームは85mmや105mmなので、そこと比べるとちょっと物足りないように感じられる望遠端が70mmのこのレンズ。

どこまでズームが必要かという話は個人の好みの深く関わってくることですが、私としてはこれもまたちょうどいいと感じています。

70mmまでズームできれば大体のものは撮れますし、旅行先でも望遠レンズは持っていかないんですが、足りないと感じた場面は今のところ一度もありません。
シャッターを切ることを楽しくしてくれる1本

実は、D750の購入を真剣に考え始めた当初、標準ズームはキットレンズ(24-120 VR)を購入する予定でした。

そんな時、お店でカメラを見て回っていると何やら私に熱い視線を送ってくるレンズが。それがこの24-70mm f2.8だったんです。

『試すだけならタダだし…』と触ってみると、D750の広いファインダーにF2.8のレンズを着けた時の明るさにまず感動。試し撮りしてみると知識に乏しい私でも『このレンズすごい…!』と感じられ、またまた感動しました。

ただお値段がお値段なので、この時点では候補にすら入ってなかったんですが今までの私を思い返してみると、このレンズを選ぶのが長い目で見ると一番の近道だという思ったんです。


というのも少し写真に慣れ、単焦点レンズに出会ってから『ズームレンズは画質がイマイチ、単焦点じゃないと!』と強くこだわっていた時期がありました。

ただ、単焦点で撮り歩こうと思うと最低でも2,3本は持ち歩く必要がありますし、その場に応じて逐一レンズ交換が必要。それに単焦点であらゆる場面に対応するには、色んな焦点距離の単焦点を揃える必要がある。いわゆるレンズ沼ってやつです。

いつでもどこへでも何本もレンズを持ち歩けるとは限りませんし、レンズ交換が面倒な場面や、そもそも何度もレンズ交換していられないような場面もある。

それでもなぜか当時は頑なに単焦点にこだわっていたんですが、ある日ふとレンズ交換に気を取られ過ぎていて目の前の光景を楽しめてない、もっと言えば写真を100%楽しめてないことに気が付いたんです。


そんな時に知ったこのレンズの存在。ズームレンズとは思えない描写力は、24mmから70mmまでの単焦点が1本に詰まっていると言っても良いレベル。

これ1本でキレキレの風景・夜景から背景をボカした写真まで撮れるなら、今までみたいに単焦点にこだわることもなくなるんじゃないか。単焦点をあれこれ揃えるよりもお金がかからないんじゃないかと考え始めたんです。

誤解されないように付け加えておくと、今でも私は単焦点が大大大好きですし、レンズ沼に足を踏み入れることが悪いことだなんてことは全く思っていません。

ただ、私がどんな写真が撮りたいのかなとか、どんな風に写真を撮り歩きたいのかなとか考えた時に、レンズにこだわるよりもシャッターチャンスを逃さないことにこだわる方が私には合っていると思ったというわけです。


予想通り、このレンズを使い始めてからは、今までのような強すぎるレンズへのこだわりは自然となくなり、写真を撮ることが今までよりもずっとずっと楽しくなったと心から感じます。

このレンズを使うためにフルサイズを買ったんじゃないかと思えるくらい、本当に買ってよかったと思える私の大切な大切な相棒です。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを使っていて気になること

ここまでこのレンズの魅力を語りまくってきましたが、私の愛が伝わっていますでしょうか。

『フルサイズを買うぞ!』と決めてからD750に決めるまでもかなり時間がかかったんですが、標準レンズ選びはそれ以上に時間がかかった記憶があります。お値段がねー、高いからねー。

さて、ここからは私がこのレンズを買うと決めるまでの間に悩んでいたポイント、そして私と同じことで悩んでいる人が多そうなポイントについてちょっとまとめてみたいと思います(*’▽’)
重さ・大きさ
dsc_0003
重さと大きさがネックになってなかなか購入に踏み切れないという方は結構多いのではないかと思います。900gでこの大きさですからね。

私自身もここは購入を悩んだポイントでもありましたし、ぶっちゃけ使い慣れた今でも重いなと思います。

ただ、レンズを複数本持ち歩くことを考えたら実はそんなに重くないとも言えるんですよね。どのレンズでもだいたい1本300-400gはありますし。

とはいえ、重いレンズ1本で持ち歩くのと、軽いレンズ2,3本で持ち歩くことのどちらが楽かというのは個人によって異なると思うので、なんともいえないというのが本音です。

でも、お箸よりも重いものを持ったことがないゆるふわカメラ女子(仮・自称)の私でも旅行にディズニーにと持ち歩けているので、『このレンズ使ってみたい!』という気持ちがあれば、思っているよりもこの重さは負担にならないと思いますよ(*’▽’)
D750とのバランス
dsc_0008
さっき『使い慣れた今でも重いと感じる』と感じたんですが、その理由はレンズそのものの重さ以外にD750とのバランスの問題も関係していると思うんです。

750gのD750に900gのこのレンズを着けると重心がレンズ側に持っていかれるので、首から提げると体感的に実際の重さよりも重く感じるんですね。

D810やD5(D4S)などの大きさや重さがあるボディならちょうど良いと思うんですが、D750やD610といった小型のフルサイズをお使いの場合は、バッテリーグリップを着けるなどしてバランスの調整をしてあげた方が快適だと思います(*’▽’)
手ブレ補正が無いけど…そこんとこどう?

今回この記事で紹介したのはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDなんですが、これに手ブレ補正(VR)を搭載した新型があります。

私が買うか迷っていた頃既に新型が出ていたんですが、お値段と重さを考え、あえて旧型をチョイスしました。ちなみに新型の方が120g重く、一回り大きくなっていて、AF性能や画質も向上しているのだとか。

今まで何度か『手ブレ補正がなくて不便じゃないですか?』と聞かれたことがあるんですが、私はそこに関しては不便さを感じたことは特にありません。手ブレ補正は心強い味方ですが、それが付いていてもシャッタースピードをちゃんと気を付けていないと手ブレすると思いますしね。


もちろん手ブレ補正があると安心感が違いますし、ISO感度を上げなくてもシャッタースピードをさらに落として綺麗に撮ることもできる。ご予算が許すのであれば新型は本当に魅力的な選択肢だと思います。

ただ私は旧型を選んでよかったと心から思っていますし、新型が発売されている今でも十分魅力的な選択肢だと思います。お値段もこなれてきていますし、自信を持っておすすめできる一本です(*’▽’)
おわりに
私のカメラライフに強い芯のようなものを与えてくれた、そんな頼れる存在。拙い作例と文章ではありましたが、このレンズの魅力が少しでも伝わっていれば幸いです。

このレンズとこれからも写真を楽しんでいきたいなと思います(*’▽’)よろしくな相棒!

最後まで読んでいただきありがとうございました!