D750を手にして1年が経ったので、思いっきり愛を語ってみる!


突然ですが、この記事の投稿日3月21日ってなんの日かご存知ですか?じ・つ・は、私がD750を手にした記念日なんです(*’▽’)わーぱちぱちぱちぱちー!

ちょうど1年前の今日私はD750を手にし、春夏秋冬晴れの日も雨の日もじっくり寄り添ってきました。

割と記念日を大切にするオトメな女子大生なので、この日に合わせてD750の記事を書こうと思い立ったんですが、D750の詳しいレビュー記事は既に数多くありますし、どうせなら私にしか書けない記事が書きたいな…と考えた結果、今回はひたすら『愛』を語ることに決めました。愛です、LOVEです、らぶゆ~。

というわけでちょっと前置きが長くなってしまいましたが、早速語っていきたいと思います(*’▽’)!

D750への愛を思いっきり語ってみる!


『今私フルサイズで撮ってるんだ』とひしひし実感できる描写

画質高感度ノイズ耐性ダイナミックレンジの広さ…などなど、センサーサイズが大きくなることによって変わることはいくつもあります。

正直すべての変化が『APS-Cの時とはぜんっぜん違う!!!』と思えるような劇的なものというわけではなくて、『フルサイズだからすごい写真が撮れる』というわけでは決してありません。あくまでカメラは道具であって、実際に写真を撮るのは私自身ですからね(*’▽’)

でもD750を向けて撮ってみると、『やっぱりフルサイズって違う』とひしひしと感じられる。これがD750のすごいところだと思うんです。


APS-Cからフルサイズになったことで、写真が劇的に変わったわけではない。でもD750で撮った写真は、今まで撮ってきた写真に比べて透明感が増したような、その場所の空気感まで写し取れている感覚がハッキリとある。

だから撮っているときは『これはちょっとイマイチかな…』と思っても、家に帰ってみてみると『思っていたよりかなり良いかも!』となることもD750で撮るようになってから頻繁にあるんですね。その度に『やっぱりフルサイズってすごい』とひしひしと実感するわけです。


かつての私はこれでもかというほどにゴッテゴテに現像するのが好きだったんですが、D750で撮るようになってからは、このカメラが写してくれた繊細な雰囲気や空気感を壊したくないと考えるようになったほど。

撮れば撮るほど『今わたしフルサイズを使っているんだ』と実感できる、そんな一台だと思います。
どこへだって連れていける、気張らないフルサイズ

一眼レフってだけで大きい・重いというイメージがあるのに、フルサイズとなるともうヤバいんじゃないかと思っている人も少なくないはず。実際私もずっとそうでした。

フルサイズの購入を真剣に検討し始めた後も、『フルサイズを買っても、どこでもかしこでも持って歩くことはなさそうだし、APS-Cやミラーレスと使い分けながら撮るのかな』と思っていたんですが、D750はそんな私のイメージを見事にぶっ壊したんです。


フルサイズとしてはかなりの小型軽量のボディ。さらにグリップが従来の商品よりも深く掘られていることから、すっごく握りやすく、構えた時に感じる重さが実際の重さに比べてかなり軽く感じられる仕様なので、抜群に持ち出しやすい

『気軽に撮るカメラ』ではないと思われがちなフルサイズの中、D750は気張らず気軽に持ち出せるフルサイズだと感じます。


気軽に持って行けるから、旅でも大活躍。『旅行にカメラは邪魔』と思われがちですが、旅先で見た景色をその空気感まで写し取ってくれて、旅をさらに楽しくしてくれる一台だと感じています。

勿論レンズの重さによってカメラ全体の重さは大きく変わってきますが、ボディが軽いに越したことはありませんし、気軽に持ち歩けるフルサイズだと思います(*’▽’)
クリアなファインダーと、豊富なレンズで世界が変わる

D750の前はD5500を使っていて、D5500もほんとに素晴らしいカメラなんですが、小型軽量ゆえにファインダーがどうしても狭くなってしまうんですね。

そしてD5500のファインダーしか知らなかった私は、お店でD750を初めて構えた時、そのファインダーの広さにびっくらこきまして。それもデモ機に着いてたレンズが24-70mm F2.8という明るいレンズだったので、クリアで広い視界に感動しました。


ニコンのフルサイズを使っていれば、NIKKORレンズをはじめとして本当に色んなレンズを使うことができますし、レンズを変えてD750のファインダーを覗くと、まるで世界が変わったみたいに見えて、カメラを構えるのがどんどん楽しくなるのを感じます。
長く寄り添える『バランス型』のパートナー

この記事を書いている2017年3月時点で、Nikonから発売されているフルサイズ機は全部で6種類

バケモノみたいなスペックが詰め込まれたフラッグシップのD5、メカニックな印象のDf、有効画素数3635万画素の『最高画質』を誇るD810、天体撮影に特化したD810A、お手頃価格のD610

それぞれにいろんな特徴があるんですが、これらと比べてみるとD750ってこれといった特徴を挙げるのがちょっと難しいカメラかなと思うんです。


でも、『これといったずば抜けたものが無い』という意味ではなくて、D750は『すべてにおいてバランスが良い』カメラだと思うんです。

画素数にISO感度、重さや連写性能、さらには可動式液晶や内蔵Wi-Fiなどなど…何かにずば抜けているというわけではないけれど、すべてをまんべんなく備えるカメラ。そんな『バランス型』の一台がD750だと思います。

だからこそ飽きもこないし、目立った不満だって出てこない。だからずっと長く寄り添える。そんなパートナーのような一台だと感じています。
『このカメラならなんだって撮れる』という圧倒的な信頼感

広いダイナミックレンジがあれば、どんな過酷な撮影状況であっても、なんだってしっかり写し取ることができる。高感度耐性があれば、どんな暗い場所だったとしても、ノイズで細部を極力犠牲にすることなく写すことができる。

小型軽量のボディで、どこへだって連れていくことができる。色んなレンズを使って撮れる範囲を広げていける。これだけあれば撮れないものは何もないと思うんです。

だからこそ心から信頼できる。ここは外せない・絶対に綺麗に残したい!と思う場面に、安心して持っていくことができる。圧倒的な信頼感がD750の最大の魅力かなと思います。
D750は私のもうひとつの『目』だと思う

D750で撮るようになって一番感じるのは、世界の見え方がちょっと変わったこと

肉眼で見る景色も勿論最高に美しい。でもD750の広いファインダーを覗くと、肉眼で見るだけでは気付かなかった魅力に気付くことができる。

D750でシャッターを切って、撮れた写真を見てみると、自分が思っていた以上に綺麗に撮れていて『こんなに美しかったんだ』とその景色の美しさをより実感することができる。

色んな景色をこのカメラと一緒に見て、このカメラと一緒だからこそ気付ける美しさや魅力に出会う。D750は私のもうひとつの目なんじゃないかなと思ったりします。


手にして1年が経ちましたが、まだまだ完全に使いこなせているとはいえませんし、まだまだこのカメラの持つ力を引き出しきれていません。力不足な持ち主でごめんよ…。

だからこそ、この先もD750と長く寄り添って、私のもうひとつの目として色んな景色を見て、感じて、撮っていきたいと思っています。
迷っていたけど1年前の今日に買ってよかった

以前D610・D750・D810の選択肢からどうして私がD750を選んだのかという記事を書いたんですが、『この3つの中ならやっぱり私はD750だな』と考えが固まった後も、買うのを結構悩んでいたんです。

というのもD750って2014年に発売されたモデルで、私が買った2016年頃には『そうこうしてる間に最新機種が出るんじゃないか』なんて声がちらほら上がってたんですね。

フルサイズ機ってかなり高い買い物だし、どうせなら最新機種が出るのを待って、より長く使えるようにするのもアリなんじゃないかとも考えてたんです。


でも考えれば考えるほど、『最新機種を絶対に待たなければならないほど、D750に足りないことってあるのかな』と思うようになって。

そりゃまあ画素数が高い方が良い、画像処理エンジンは新しい方が良い、シャッタースピードは1/8000秒まで出せた方が良い…とか言い出したらキリはありません。

でも『今の私に本当にそこまで必要?』と考えてみると、D750は私がフルサイズに求めるものを全部持っていた。それなら発売日がちょっと前とか最新機種が出そうとか考えず、『これがベスト!』と感じた自分の気持ちを信じればいいんじゃないかということで、D750を選んだんです。


私にとってこの1年って本当に色んな新しい場所に行ったり、新しいことにチャレンジしたりした1年で、ただ漠然と『最新機種が良いから』と先延ばしにしていたら、いつか『あの時あの場所もフルサイズで撮っときたかったなぁ…』と後悔していた気がするんです。

だからほんと1年前の今日にD750と出会えて本当に良かったと心から思っています。


いつかD750の新型が出るでしょうし、私自身その日を今か今かと待ち望んでます。私が石油王なら迷わず買うんですけどね

でも最新機種だとお値段も高いこともありますし、人によって求めるスペックも様々なので、最新機種が出て一世代前のモデルになってもD750はこれからも長く多くの人に愛されるカメラだと思います。


私はこのカメラを手にしてよかったと思ってますし、D750を手にしてからの今日までの一年間本当に充実していて、まるで自分の目がもう一個増えたみたいに世界が広がってキラキラして見えるようになりました。

私自身これからも末永くこのカメラと寄り添っていきたいですし、D750の輪がこれからさらに色んな人に広がって、写真の楽しさをもっともっと広げていってほしいなと思っています(*’▽’)
おわりに

思いつくままに書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?私の愛、伝わりましたでしょうか?

このカメラを手にするまでほんと色々悩んでたんですが、お店で実機を触った時に『やっぱいつかはフルサイズ欲しい!』と思ったきっかけがD750で、一番しっくりきたのもD750だったんです。最終的には直感に従ったわけですが、こういうのって意外と侮れないもんですよホント。

これからもこの頼れる愛するパートナーとともに、もっともっと写真を楽しみたいと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!