基礎から解説!初心者のためのディズニーショーパレード設定マニュアル




ディズニーのショーパレードでキャラクターを素敵に撮りたい!とりあえず撮ってみたけどなんかうまくいかない。私自身長い間ずっと悩んでいました。

というわけで、今回は昼のショーパレード撮影の設定について、私が実際に撮影している設定を軸にあれこれまとめてみたいと思います(*’▽’)

なお、ディズニーのための一眼レフ選びエレクトリカルパレードの撮影夜景撮影についてはそれぞれ下の記事からどうぞ!

ディズニー好きが考える!ディズニーのためのカメラの選び方
ディズニーが好き、キャラクターやパークの風景を綺麗に撮りたい、カメラが欲しい! カメラと言っても色んな種類があるし、どれがディ...
エレクトリカルパレードを綺麗に撮るための設定と5つのポイント!
夢と魔法の王国の夜を彩る、エレクトリカルパレード。 せっかくだから見るだけじゃなく綺麗に撮りたい!という方も多いはず。 ...
ディズニーで綺麗な夜景を撮るためのポイント全部まとめてみた!
アトラクション、ショー、キャラクターなど東京ディズニーリゾート(TDR)にはいろんな魅力的なものがありますが、夢の国ならではの幻想的...

一眼レフでディズニーのショーパレードを撮ろう!


昼のショーパレードの設定




いきなりですが私の普段の設定を言ってしまいます。どん!

モード:マニュアル(Mモード) F値(絞り値):開放(もしくは少し絞る) シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:自動制御(ISOオート)』



です(*’▽’)本記事中に載せているショーパレード写真は全てこの設定で撮ってます。

『マニュアルって難しそう…』とか『なんでマニュアルでISO”オート”?』と、頭に?マークが浮かんでいる人もいらっしゃるかもしれませんが、ここからじっくり説明していくのでぜひぜひ一度ゆっくり読んでみてください。

この設定を一回理解すれば、自分好みにアレンジして、より理想に近いショーパレード写真を撮ることができるはずです(*’▽’)

『露出』のイメージをつかもう


露出とは、写真を撮る時に取り込まれる光の量を指します。露出って書くと分かりにくいですが、『露出=写真の明るさ』と言い換えるとイメージしやすいはず。

写真の明るさが、明るすぎず暗すぎず適切な明るさになることを適正露出といいます。

さて、この露出は絞りシャッタースピードISO感度という3つの要素によって決まります。この3つの要素が相互に関係しあって適正露出になるというわけです。

この部分はショーパレード撮影の設定だけでなく、これから色んな写真を楽しむために絶対に覚えておくべき知識なので、バケツに水を溜めることに例えてもう少しかみ砕いて書いてみることにします(*’▽’)

sony_rosyutu 【引用:露出と露出補正 | デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ | SONY

『ここまでちょうだい!』というラインまでカメラが光を取り込むことで、写真は適正露出になります。上の図では『ここまでちょうだい!』というラインまでバケツに水を溜めることに例えています。

上の図で考えてみると、絞りとは、蛇口の開き具合要素のことを指します。

上の図でF4・F8・F16と表されているのが絞り値・F値と呼ばれるもので、この数字が小さいと蛇口が広く開かれるので水はジャバーッと一度にたくさん出ます。逆に大きくなればなるほど、水はちょろちょろと少しずつしか出なくなります。

次にシャッタースピードは、水を出す時間のことです。これは分かりやすいですよね(*’▽’)

蛇口が広く開かれていれば、水を出す時間は短くてもすぐバケツに水が溜まる。蛇口がちょっとしか開いてなかったら、水を出す時間を長くしないと一定ラインまで水が溜まってくれません。

つまり、カメラの用語に言い換えると、絞り値を小さくするとシャッタースピードを速くできるというわけです(*’▽’)

Bucket, Water
そして最後のISO感度は、水の勢いに例えることができます。蛇口の開き具合・水を出す時間が同じでも、水の勢いがあった方がより早くバケツに水を溜めることができますよね。

もうこれ以上蛇口が開けない、もうこれ以上水を出す時間を長くできない、でもこのままだと一定ラインまで水を溜めることができない…という場面でISO感度を上げると、水の勢いがよくなってしっかり水を溜めることができるんですね。

こんな感じで蛇口の開き具合、水を出す時間、水の勢いの3つの要素がそれぞれ補い合って、バケツに水が溜まる。つまり、絞りとシャッタースピードとISO感度の3つが補い合って適正露出で撮ることができる。

露出はこのイメージでなんとなーく掴めていれば大丈夫だと思います(*’▽’)


ショーパレード撮影では自分自身でコントロールしたい要素が2つある

DSC_5283-2
人によって『撮りたいショーパレード写真』は様々だと思うのですが、私は①キャラクターの動きをしっかり止められていることと②キャラクターが引き立つように背景をボカすことの2点を重視した写真が撮りたいと思っています。

①のためには、シャッタースピードを一定以上の速さに保つ必要があります。そして②のためにはF値を小さくすることが求められます。

つまり、私の理想のショーパレード写真を撮るためには、シャッタースピードとF値の両方を撮影者自身でコントロールする必要があるんです。これが私がマニュアルで絞りとシャッタースピードを固定して、ISO感度を自動制御(オート)に設定する理由です。

まあなんとなくわかってきたけど、でも絞り優先とかシャッタースピード優先で十分なんじゃないの?と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。もうちょっとこのあたりについて細かくまとめていきますね(*’▽’)
絞り優先モード

絞り優先モードは、F値を撮影者が決め、シャッタースピードをカメラ任せにする撮影モードのこと。

勘の良い方は上の一文を読んだだけでピンときたかもしれませんが、キャラクターの動きをブレずに止めたいのでシャッタースピードはカメラに任せたくないのでショーパレード撮影に絞り優先は不向きです。

(※ただ後に詳しく述べますが、ISOオートにはシャッタースピードの下限を決めることができるので、それを応用すれば絞り優先でブレずにショーパレ撮影は可能です。が、私は面倒なのでこのやり方にはしていません。このあたりはこの記事を読み終わった後、皆さんの好みで設定に手を加えていただけたらと思います
シャッタースピード優先

シャッタースピード優先は、シャッタースピードを撮影者が決め、F値をカメラ任せにする撮影モードのこと。これを使ってシャッタースピードを速く固定しておけば、キャラクターがブレる心配はなくなります。

ただやっぱりF値は自分でコントロールしておきたいというのが私の考えなんです。

というのも、ショーパレード中の短い時間であっても、太陽が雲に隠れたり出てきたりを繰り返し、日の当たり方が変化しますし、曇りの日もあればピーカンなときもありますよね。

この変化って人間の目には些細なものでも、カメラにとっては大きいもので、人間は暗いと感じていなくてもカメラにとっては暗いこともあります。

F値をカメラに任せておくと、『このときはすっごく明るかったからF10で撮ったよ』『このときはすごく暗かったからF値を一番小さくして撮ったよ』とバラバラな仕上がりになってしまいます。


F10で撮ると当然背景はボケにくくなります。また、F値を一番小さくした状態開放と呼ぶんですが、この開放ってあまりレンズの写りがよくないと言われていて、ちょっとF値を大きくした状態(これを『絞る』といいます)くらいの方が、そのレンズの持つ描写力をしっかり発揮できるので、このあたりも自分でコントロールしたい。

また、望遠でアップで撮りたいこともあれば、ちょっと引いて全体を写したい・より画面全体にピントを合わせたいと思う場面もあると思います。

そうなるとF8くらいまで絞ってあげる必要がありますし、場面やレンズに応じてF値を自分でしっかり決められる方がより自分の撮りたい写真が撮れる。これが私がシャッタースピード優先を使ってない理由なんですね(*’▽’)






ISO感度オートで露出を保って理想の一枚を!
DSC_0049-3


拙い説明でしたが、少しでも伝わっていますでしょうか?

色々述べてきましたが、ショーパレード撮影の設定に決まった『正解』はありませんし、あくまでも参考や皆さんの理想の設定の軸として使っていただけたら幸いです(*’▽’)

さてさて、なんだか理屈っぽい設定の説明ばかりしてきましたが、ここからは実践的な設定の話をしていくことにしましょう。

理想のショーパレード写真を撮るためのポイント!

ISO感度自動制御の設定方法
DSC_6796
さっきから何度も出てきているISO感度自動制御を設定します。

私がNikonユーザーなのでNikonしか分からないんですが、Nikonの一眼レフの場合『メニュー撮影メニューISO感度設定感度自動制御する』で設定できます。

Nikon以外のカメラでも自動制御は使えますので、設定方法は各自でご確認ください(*’▽’)

またこの機能では、カメラが自動で挙げられるISO感度の上限を撮影者自身で設定することができるのが嬉しいところ。ISO感度は上げすぎるとノイズが発生し、ザラザラとした汚い写真になってしまうため、上限を決めておくことはすごく大事です。

昼のパレード撮影なので私はいつもISO800‐1000くらいに上限設定しています。
F値



次にF値について。冒頭では先程『F値が一番小さい開放状態だと写りがあまりよくない』と書きましたし、開放(もしくは少し絞る)というあいまいな書き方をしています。

個人的には、開放と少しF値を上げた状態の差があまり気にならないのであれば、開放すなわちF値は一番小さく設定して良いと思います(*’▽’)

というのも、この記事を見て下さっている方の中にはキットの望遠レンズである55-300mm F4.5-5.655-250mm F4-5.6を使っている方も多いと思うんですが、これらのレンズはF値が大きな『暗いレンズ』と呼ばれます。


F値が小さいと、さっきのバケツに水を溜める図を思い出すと、蛇口をより広く開くことができる、つまりより多くの光を取り込むことができます。逆にF値が大きいと蛇口の開き具合が狭くなるので、光を取り込める量が少なくなりますよね。

ということは、シャッタースピードを速く保ったまま適正露出にしようと思うとISO感度を上げなければいけません

でもさっき述べたように、ISO感度は上げすぎるとノイズが発生してしまう。ノイズはないほうが写真はやっぱり綺麗です。私としては、絞ることにこだわりすぎるよりも、迷わず開放にしてできる限り低いISO感度で撮ったノイズレスな写真の方が綺麗かなと思うんですね。

なので、晴れている日は写りにこだわってちょっと絞って(F5.6とかF6)、曇りの日や日陰での撮影ではISOの上がり過ぎを防ぐために開放に設定するなど、そのあたりもご自身で調整なさってください。露出のイメージを理解していれば、このあたりの微調整もスムーズにできるはずです(*’▽’)


シャッタースピードについて

私がいつも設定している1/800秒というシャッタースピードは、経験と感覚で私基準で決めたものです。





1/500秒だと手や衣装がたまにブレる、1/640秒でも大体の場合は止まる。でも心配性だからもう一段スピード速くして、バシッと止めたい!と…こんな感じで決まってます。実際1/800秒なら衣装の裾までちゃんと止めて写すことができてます(*’▽’)

ただ、シャッタースピードに関しては頭の片隅に置いておきたい注意点があるので、そのあたりにも触れておきたいと思います。

露出過多と露出不足




そこまで頻繁に起こるとは考えにくいんですが、それでも考えておかなければならないのがのが露出過度露出不足です。

露出過多とは、さっきの図でいうとバケツから水があふれた状態で、カメラが光を取り込み過ぎて写真が真っ白になってしまうこと。露出不足はその反対で、写真がかなり暗くなってしまうことを指します。

ショーパレード撮影の場合、めちゃくちゃお天気のいい日には露出過多が、かなり厚い雲に覆われた曇りの日の夕方などに露出不足が起こる可能性があります。

私自身色々撮ってきてこういった場面に遭遇したことはほとんどないんですが、念のため対処法はしっかり押さえておきましょう(*’▽’)
露出過多の場合



露出過多の場合、取り込む光の量が多すぎる状態なので、1/1000~1/1250秒を目安にシャッタースピードを上げます。ちなみに私が今まで撮ってきて一番速いシャッタースピードは1/1250秒です。

露出過度で真っ白になった場合、後で画像処理しようと思っても白飛びを起こして修復不可能になってしまいます。

雲ひとつなく光がすごく強い日は、あらかじめ1/1000秒くらいの少し早いシャッタースピードに設定しておく方が安全かもしれません。もし雲が出てきたら、その時はISO感度が助けてくれますからね(*’▽’)
露出不足の場合



露出不足の場合、あるいはISO感度が常に高くて気になる場合、取り込む光の量を少しでも多くしてあげるために、シャッタースピードをちょっと遅くし、1/640~1/500秒に設定してみてください。

望遠レンズの中でも特に望遠側で、全身~バストアップで撮る場合、キャラクターの動きによっては1/500秒だとブレてしまう可能性も否定できませんが、露出不足で真っ暗になるよりは絶対にマシだと思います。

なお、キャラクターを2人以上写すような少し引いて撮る場合、被写体ブレが起こっても写真に写りにくいというちょっとした利点があります。この場合なら1/500秒やもう少し遅くても大丈夫かなと思っています(*’▽’)


必ず試し撮りを!


夢中で撮っていざデータを見てみたら白飛びが…ノイズが…と後悔しないためにも試し撮りはすごく大切。

『この設定ならどんな場面でも絶対に完璧に撮れる!』というものはないので、ショーパレードの待ち時間に一度は試し撮りをして、微調整を加え、ショーも撮影も満喫してくださいね(*’▽’)


おわりに





長かったー!ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます(*’▽’)

理想的な1枚を撮るには、知識や良い機材よりも撮影を繰り返し、試行錯誤することが大事だと思っています。

そうは言っても試行錯誤するためには基礎知識が必要ですし、あれこれ変えて挑戦するには変更を加える元となる基礎設定が必要です。

そういう考えから、私の設定がこれからディズニーで一眼レフを楽しもうとされている方の設定の土台になればいいなと思い、今回このような記事を書いてみました(*’▽’)説明下手だったかもしれませんが、この記事がみなさんのディズニーでのカメラライフを少しでも楽しくできるきっかけになれば幸いです。





もしこの記事をきっかけに自分好みの設定を見つけて、こっちの方が綺麗だよ!ということがあれば是非是非教えてくださいね。全力でパクりに行きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!