キット望遠の一歩先へ!SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMの魅力を語ってみる。


ついに念願のフルサイズ・D750を手にした私。D5500の頃から引き継いだレンズ資産を合わせて標準ズームレンズ・超広角・魚眼とまでは揃っているんですが、望遠レンズがまだでした。

D5500を使っていた時はキット望遠レンズを使っていたんですが、フルサイズを手にしたら使ってみたいと思っていた望遠レンズがありました。それがナナニッパです。

というわけで、今回は私がD750のために選んだ望遠レンズ・SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMの魅力を語ってみたいと思います(*’▽’)

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMの魅力を語ってみる!

 SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMってどんなレンズ?
DSC_4373
いきなりですがでっけーーーーーーーーー!!!!!!!!

この記事の主役、SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMです。

もう一度このデカさを確認してみましょうか。我が家にある今の私がメインで使っている機材と一緒に並べてみます。

DSC_0023-2
でっけーーーーーーーーー!!!!!!!!(二回目)

フード無しの長さは197.6mm、重量は1430gです。でっけー!(三回目)

世の中にはいろんなレンズがありますが、そのうちにF2.8通しのズームレンズは大三元レンズなんて呼ばれます。14-24mm F2.8や24-70mm F2.8、そして今回紹介する70-200mm F2.8なんかが大三元レンズに該当します。ちなみに70-200mm F2.8は数字の一部をとってナナニッパ(7・2・8)なんて呼んだりします。

Nikon・タムロン・シグマがそれぞれNikon用のナナニッパを出しているんですが、私が選んだのはシグマのナナニッパでした(*’▽’)

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMのここが良い!

オートフォーカスが優秀!

私がナナニッパで撮りたいものは色々あったんですが、その中で特に撮りたかったのがディズニーショーパレードでした。

大勢のダンサーさんやキャラクタがステージ上にいる中、常に動き回るお目当てのキャラクターをバッチリ捉えるためには、レンズのオートフォーカス性能はかなり重要。

ただ正直に言うと、サードパーティーレンズにあまりオートフォーカスの性能が良いというイメージを持っていなかった私。このレンズを選ぶときに最も心配だったのはオートフォーカスでした


実際に使ってみると、私の心配を華麗に裏切る速さと正確さ。疑ってごめんと思わず謝りたくなりました。

今まで肝心な時にピントが迷ったり、思ったところに合わなくて密かに涙したことが何度もありました。

でも、このレンズで撮り始めてからはそういったことがほとんどなくなり、撮りたい瞬間をしっかりとらえてくれる信頼できるオートフォーカスだと感じます。動作音が静かなのも撮っていて快適です(*’▽’)
明るいレンズならではの柔らかな背景ボケ

背景がふわっとボケた写真にときめくのがオトメゴコロというもの。思いっきり背景をボカすことができるのは明るいレンズの特権です。

また、焦点距離が長ければよりボケやすくなるので、ナナニッパを使ったらどんなボケが得られるのかというのも私が楽しみにしていたことのひとつだったんですが、期待を裏切らない柔らかいボケ感ですっごく私好み。


またこのレンズは円形絞りを採用しているので、イルミネーションや木漏れ日などを背景にすると円形のボケを得ることが可能。

上の写真はF3.5で撮影したものなんですが、レッサーパンダさんの後ろのボケが綺麗な丸になっているのがお分かりいただけると思います(*’▽’)
それでいてキレのある描写

背景ボケの美しさだけじゃなくて、ピントが合った部分や絞った時の描写のキレもかなり大切。このレンズはその部分においても妥協しない、気持ちのいい写りを魅せてくれます。

写真にのめり込むと単焦点のキレとズームレンズの便利さ・機動性の中で揺れ動くこともあるんですが、このレンズは『やっぱりズームレンズはなぁ…』なんて思わせる余地を与えない写りだと感じています。

開放でも絞ってでもなんでもいける、人物・風景・動体など何でも撮れる万能レンズだと思います。
逆光にもしっかり強い

朝日や夕日、夏の眩しい日差しなど太陽を取り入れた写真が好きなので、レンズの逆光耐性は結構気になる私。このレンズはかなり逆光に強いレンズだと感じています。

全くフレアやゴーストが出ないというわけではないんですが、出たとしても『味』として活かすことができたり、Lightroomなどの現像ソフトでちょちょいと修正できる程度なので、ためらうことなくガンガン逆光の写真にトライできます。
手持ち撮影に頼もしい手ブレ補正

焦点距離が長くなればなるほど手ブレにはシビアになりますし、気を抜いていると家に帰って写真を見返してみたらブレていた…なんてこともしばしば。

そんな望遠レンズユーザーの悩みを頼もしく支えてくれるのが手ブレ補正です。

このレンズはOS(Optical Stabilizer)機構というものが搭載されており、撮影者をしっかりサポートし、手ブレを防いでくれます。


そして肝心の手ブレ補正の効き。手ブレ補正の中にはお気持ち程度にしか働かないものもあると聞きますし、実際どれくらい効果があるのかは多くの方が気になるポイントだと思います。

撮影しているとググッと引かれるというか『今補正されてるな~』という感覚があるこの手ブレ補正。

上の写真は82mmでSS1/15秒という手ブレのリスクが高い設定で撮ったものなんですが、手ブレすることなく撮ることができたので、このレンズの手ブレ補正はしっかりその効果を発揮してくれていると感じます。
『F2.8通し』という抜群の安心感

このレンズを使い始めて、明るいズームレンズは正義だとしみじみと感じます。

私が好きなディズニーのショーパレード撮影においては、キャラクター達の動きを止めようと思うと1/800秒くらいのシャッタースピードが必要。

ただ、今まで使っていたD5500のキットレンズ(AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRⅡ)だと、ズームすると開放でもF5.6になってしまうため、曇り空だったり夕方だったりするとあっという間にISO800くらいまで上がってしまっていましたし、夜の撮影はかなり厳しいものがありました。


でも全域F2.8の明るさがあれば、曇り空でも夜の手持ち撮影でも、なんなら夜の動体撮影でもなんでも難なく撮れる。手ブレやノイズへの心配を限りなく小さくしてくれる明るいズームレンズは本当に正義だと感じます。

開放からしっかり使える描写力、安心感のある手ブレ補正もありますし、もうこのレンズを使い始めてから『これはちょっと上手く撮れないかも』と思う場面がほとんどなくなりました。

D750の高感度性能と組み合わせれば撮れないものはないんじゃないかと思えてくるほど、写真の幅を大きく広げてくれる1本だと感じます。
コスパと機動性に優れた素晴らしすぎる1本

ここまでこのレンズの魅力をあれこれ述べてきましたが、このレンズの一番すごいところはやっぱりそのコストパフォーマンスだと思います。

フルサイズ対応ってだけで値段は一気に跳ね上がりますし、明るいレンズとなるともっと高くなる。F2.8通しのズームレンズとなればもうとんでもないお値段になります。

実際、Nikon純正のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR27万円弱ですし、旧型のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡでも22万円ちょっとする中、このSIGMAのナナニッパは純正の半額以下の10万円ちょっと。

10万円が安いかと言われるとまた別の問題なんですが、純正と同じ焦点距離域と明るさ、手ブレ補正などの機能を持って、その半額以下とあれば安いと言っていいと思います。


ただ同じ70-200mm F2.8というレンズであっても、やっぱり違いはありますし、半額以下で純正と全く同じ性能・描写が手に入るというわけではありません。

レビュー等を拝見すると、純正ナナニッパの評判は本当に高いですし、やっぱりオートフォーカスや描写のキレ具合など細かい部分にお値段の差は表れるとは思います。

でも正直、私自身純正の半額以下でこんな素晴らしい性能と描写を楽しめるなんて夢にも思っていなかったので、このレンズには本当に驚かされました。


そもそも私がこのレンズを選んだのは、ナナニッパに憧れるけれど純正は高すぎるし、望遠レンズの使用頻度を考えてもそこまでお金をかけられなかったことがきっかけ。

その中で、シグマのレンズはNikon純正とズームリングの回転方向が逆だから使いやすいのはタムロンか?いやでもシグマのあっさりとした描写は結構好きなんだよなぁ…なんて色々悩む日々が続きました。

レビュー等も色々見て、最終的には外観がシグマの方がシュッとしてて好みだったという理由でこのレンズに決めました。適当に決めたような感じが否めませんが、でもこういう直感とか感性って結構大切な気がします。


こんな感じで『純正が買えないから』ということからスタートしたので、F2.8通しであること以外の描写力やオートフォーカスなどにはあまり期待していませんでしたし、『安かろう悪かろう』くらいに考えていました。

でも、ここまで見てきた通りこのレンズは本当に優秀コストパフォーマンスに優れまくったレンズだと使えば使うほど感じます。


また、冒頭で三回くらい『でっけーーー!!!』と叫んだんですが、このレンズはコスパだけでなく機動性にも優れているむしろコンパクトなレンズだと思います。

というのも、そもそもフルサイズ対応のレンズって大型になりがちで、さらに望遠というのもレンズを大きく重くする要素のひとつ。加えて全域F2.8通しを実現するためにはレンズの大型化はどうしても避けられません。

そんなレンズを大きくする原因が三拍子揃った条件で、1430gという重さに抑えられてるのって本当にすごいことなんですね。

遠い存在である大三元レンズを私たちにとって手の届きやすい存在にしてくれて、写真の幅を大きく広げてくれる本当に素晴らしいレンズ。このレンズを選んで本当によかったと思っています(*’▽’)
おわりに
DSC_0001
最後に叫んでいいですか。でっけーーーーーーーーー!!!!!!!!(四回目)

D750を手にしたら使ってみたいと思っていた大三元レンズ。70-200mm F2.8で撮る世界は今まで私がキット望遠レンズで撮ってきた世界とはひと味もふた味も違って、このレンズのおかげで一歩先の写真の楽しさを知ることができました。

言葉足らずな部分や、知識に乏しい部分もあったと思いますが、実際に私がこのレンズで撮った写真と、文章に込めた私の愛でSIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMの魅力が皆さんに少しでも伝わっていれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!