キット望遠の一歩先へ!SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMの魅力を語ってみる。


望遠レンズ愛好家の皆さん、どうもこんにちは。

D5500からD750に乗り換える際、APS-C用レンズが使えなくなるのでイチから揃え直すことになった私。

標準ズーム・魚眼・広角とまでは揃ったのですが、まだ足りないものがありました。そう、望遠レンズです。

今回は私がD750のために選んだ望遠レンズ、SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMの魅力を語ってみたいと思います(*’▽’)

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMの魅力を語ってみる!



DSC_4373
でっけーーーーーーーーー!!!!!!!!

この記事の主役、SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMです。

もう一度このデカさを確認してみましょうか。我が家にある今の私がメインで使っている機材と一緒に並べてみます。

DSC_0023-2
でっけーーーーーーーーー!!!!!!!!(二回目)

フード無しの長さは197.6mm、重量は1430gです。でっけー!(三回目)
ナナニッパの選択肢は3つ
70-200mm F2.8はナナニッパと呼ばれることが多いんですが、ナナニッパは今回選んだシグマだけでなく、純正タムロンのものもあります。

この3つの選択肢を悩みに悩んだ結果、今回はシグマを選んだ私。ちょっと1つずつ見ていくことにしましょう。
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ
安心と信頼のNikon純正。このレンズの特徴としては、まずそのお値段。レンズもデカければお値段もデカい。

ただ勿論このお値段は伊達ではなく、このレンズのオートフォーカス(AF)の爆速っぷりはもう凄まじいんだとか。動体撮りにとってはこれ以上に嬉しいことはないですよね。

product_01-4
ちなみに70-200mm F2.8は14-24mm F2.8・24-70mm F2.8と並んで大三元レンズと呼ばれているNikon看板レンズ。

私はVR(手ブレ補正)なしの旧型24-70mm F2.8を持っていて、その爆速AFに今でも感動しているのですが、純正ナナニッパはこれよりも速いらしい。もはやバケモノです。

70-200mmという焦点距離を普段からよく使う方にとっては、お値段などを考えて下手にサードパーティを選ぶよりも最初からこの純正に手を出す方が近道だと思います。
TAMRON SP AF70-200mm F2.8 Di VC USD
純正同様70-200mm全域をF2.8という明るさでカバーし、純正同様手ブレ補正(タムロン表記ではVC)が付き、お値段は純正の半額以下!ひょー!

後に書きますが、シグマのレンズはズームリングの回転方向がNikon純正と逆で少し使いづらいんです。

その点タムロンのこのレンズはNikon純正レンズとズームリングの回転方向が同じなので、操作性に関してはシグマより勝ると言えます。


ただ、気になったのがそのAF性能

私がナナニッパで撮影したいのは90%動体。AF性能は極めて重要なポイントなのですが、ちょっと評判がよろしくなかったんですね(´・ω・)

あまり動体を撮らない方や、ズームリングの回転方向に不安がある方は間違いなくこっちを選ぶべきだと思います。

私はAF性能の可能性とズームリングの回転方向を天秤にかけ、今回はSIGMAのナナニッパを選んでみました(*’▽’)

SIGMAのナナニッパで撮ってみる!

というわけで、お値段・AF性能・見た目の3点を重視して選んだSIGMA APO 70-200mm EX DG OS HSM

ここからは実際に私が撮ったものを載せながら、使用感などあれこれ書いていきましょう(*’▽’)
明るいレンズはやっぱり素敵!

私が望遠レンズを使って撮るもののメインが、ディズニーのショーパレード

キャラの動きを止めるにはSS1/800秒ほど必要なんですが、キットレンズ(55-300mm F4.5-5.6)で撮ろうと思うと、曇り空だったり夕方だったりするとISO800くらいまで上げる必要がありました。

dsc_9599
でもF2.8まで明るさがあると、ISOを上げずにシャッタースピードを上げることが出来る。嗚呼、明るいって素敵。

F2.8で撮る70-200mmの世界ってどんなものなんだろうとワクワクしながらこのレンズを手にしたんですが、キットレンズとは一味も二味も違う立体感に思わずドキッとしました。
肝心のオートフォーカスの速さは?
aDSC_3842
オートフォーカスは、爆速ではないが十分速いという感想。

爆速じゃないと私が思ってしまうのは、純正24-70mm F2.8のオートフォーカスに慣れているのが原因だと思いますし、あれと比べても大きな差がないということは十分速いと言って問題ないと思います。

もっぱら動体撮影で使っていますが、狙いに向かってスッと合ってくれます。

DX用のキットレンズの時によくあった『ピントを合わせるために何度もリングが回転する』なんてこともなく、シャッタースピードを逃さないレンズ

dsc_5607
このレンズを使い始めて5ヶ月ほど経ちましたが、AFの速さに不満を感じたことはありませんし、そこは安心して大丈夫だと思います(*’▽’)サードパーティーレンズはこの点結構心配だったりしますしね

ただ、レビューサイトを回っていてよく見られるコメントなのですが、オートフォーカスにこだわる方は間違いなく純正を買う方が後悔しないと思います。でも私は十分満足。ホックホクやで。
手ブレ補正がとっても優秀!
dsc_2190
このレンズで期待以上だったのがなんといっても手ブレ補正

D750のボディは750g、このレンズは1930gなので合計2680gとかなりの重量級。カメラ女子が構えるようなレンズではないですね

2680gのカメラとレンズを使って手持ち撮影を行う場合、一番心配なのが手ブレ

『1/焦点距離』が手ブレしないシャッタースピードと言われている望遠レンズはただでさえブレやすいですし、この重さだと長時間構えていたら手がプルプルしてきて手ブレリスクがより高まります。

dsc_2208
でもこの手ブレ補正があれば、手持ち撮影でも全く問題なし

夜間の手持ち撮影で多少シャッタースピードを遅くしたとしても決してブレない、非常に力強い手ブレ補正が搭載されています。

オートフォーカスを合わせると、レンズが『ガシッ!』と私のブレをガッチリ支えてくれている。マジでレンズに引っ張られているような感覚があるんです、ほんとにすごい。シグマのナナニッパみたいな人と付き合いたい
手持ちで軽快に撮り歩けるナナニッパ!
DSC_7585
レンズだけで1930gというとかなり重量級に見えますし、実際かなり重いです。でもフルサイズ対応の望遠レンズであることを考えると十分軽量化がなされていると思います。

ナナニッパ以外に魚眼レンズもシグマ製を使っているんですが、シグマのあっさりとした色味とカリカリとした描写が本当にツボでして。

dsc_2989-4
70-200mmというその場所の空気まで切り取れる画角を、シグマならではのスッキリとした描写で楽しめる。

望遠レンズとしては小型軽量だと思いますし、とはいってもかなり重いんですが信頼・安心できる力強い手ブレ補正のおかげで、手持ちでナナニッパの世界を軽快に撮り歩ける素敵なレンズだと感じます。
ただズームリングの回転方向が逆なのはやっぱりネック
dsc_2758
普段SIGMAのレンズを使っているという方は何の問題もないと思うのですが、今までSIGMAのズームレンズを使ったことがない(魚眼はSIGMAですが単焦点)ので、分かっていてもやっぱりズームリングの回転方向が逆というのは最初はかなり戸惑います。

『ゆーて逆なだけだしワンチャンあるっしょ☆』と軽い気持ちで購入を決めましたが、普段慣れている方向と違うと初めは撮影中にあれ?あれ!?となってしまいます。

が、私は2回使ったら慣れました(*’▽’)案外そんなもん。
サードパーティのナナニッパ、私の考える選び方のポイントは?
dsc_2907-3
純正ナナニッパは高い、でもタムロンとシグマどっちにしたらいいか分からない…という方がいたっしゃったら、まずはナナニッパの使用頻度を基準に考えることをオススメしたいです。

使用頻度が少なく、でもたまに使うし、そういう時に万全の状態で撮影できるようナナニッパが欲しいという方は、ズームリングの回転方向が純正と同じで使いやすさに特化したタムロンだと思います。

ここぞという時にズームに戸惑っていては、せっかくのナナニッパが意味ないですからね(´・ω・)

dsc_9063
逆にそこそこ使用頻度が高く積極的にナナニッパを活用していきたい人は、シグマも積極的に候補に入れていいと思います。

私がナナニッパを使うの頻度は月2-3日程度で、『今日はナナニッパ使って撮るぞ!』という日しか持ち出しません。

頻度の多い少ないはおいといて、定期的にナナニッパを持ち出す人であれば、普段純正レンズに慣れ親しんでいても、このレンズをカメラに装着すると自然とズームリングを逆回しできるように体が覚えるもんなので操作性は気にしなくて問題ないと思います。

dsc_2185
AF性能や手ブレ補正においても、そして肝心の描写においても純正の半額でいいの?と思うくらい優等生なシグマのナナニッパ。

操作性だけ考えて候補から外すのはちょっと勿体ないレンズのように思います。シグマはいいぞ。
フルサイズだけでなくAPS-Cユーザーにも勧めたい1本
dsc_2914-2
作例がディズニーか花となんとも極端なもので、参考になっている自信が全くないのですが、このレンズの魅力が少しでも伝わっていれば幸いです。望遠レンズで花撮るのすごく好きなんですよウフフ。

さて、今回紹介したナナニッパは全てフルサイズ対応であり、APS-C機でもオートフォーカスを用いて撮影ことができます。

個人的にはAPS-Cにナナニッパという組み合わせ、動体を撮る上ですごく良いと思うんです。換算105-300mmですし、300mmあれば大体のものは撮れます。

dsc_2133
子供や電車など動くものが撮りたいと思ってカメラを始め、いつの間にかのめりこんでいた…って人も多いと思うんですが、私としては動体を中心に撮るならボディの買い替えより先にAPS-Cにナナニッパを買い足すのをオススメしたいです。

キット望遠もすごく優秀なんですが、今回ナナニッパで撮ってみて『あ、全然違う』と使ってすぐ感じました。

フルサイズ移行した後も勿論レンズ資産として引き継げますし、是非是非APS-Cユーザーの方もナナニッパ検討してみてくださいね(*’▽’)
おわりに
DSC_0001
最後に叫んでいいですか。でっけーーーーーーーーー!!!!!!!!(四回目)

こんなでっかいボディに、見た目以上のでっかい魅力と可能性を秘めているSIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

せっかくシグマたんがナナニッパでありながらここまで小型軽量に、そして信頼できる手ブレ補正まで付けてくれたわけですし、もっともっと積極的に持ち出して、もっともっとこのレンズと仲良くなりたいと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!