写真の幅が広がる1本!超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!


一眼レフの醍醐味といえば、レンズ交換。

レンズによって写真は画質、写る範囲、そして撮る楽しさまで驚くほど変わります。

数ある交換レンズの中で、撮る楽しさを特に高めてくれると私が思っているのが超広角レンズ

というわけで、今回は超広角レンズの魅力を思う存分語ってみたいと思います(*’▽’)

あなたの知らない超広角レンズの世界!


超広角レンズって何?
明確な基準は無いそうですが、一般的に24mm以下のレンズが超広角レンズと呼ばれます。APS-C機の場合だと16mm以下のレンズが超広角に分類されます。

超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!

広大な風景を、広大なままに。
DSC_7595-3
超広角レンズは名の通り超『広角』。人間の視野を超える範囲を写し、広大な風景のインパクトをそのまま1枚に切り取ってくれます。

DSC_3644-2
標準レンズだと入りきらない、目の前に広がる大きな風景も超広角レンズがあれば難なく切り取れる。旅行の時には必ず持って行きたいレンズです。
写したいものを、写したいものと。
DSC_3592-6
水面に映る色とりどりの光。これも夜景をさらに美しく見せる大事な要素ですし、セットで写したいもの。でもこれって標準レンズだと入りきらないんですよね。

そんなときも超広角なら余裕を持って、写したいものとそれに花を添えるリフレクションまでしっかり1枚に収めることが出来ます。

DSC_6703-2
水面に写った姿を『逆さ○○』って言ったりすると思うんですが、上のようなまるで城が2つあるかのような1枚が撮れるのも超広角だからこそ。

DSC_7622-2
あんなに近くに太陽があるように見えるのに、カメラを構えるとこれも入らない。こんな時にも超広角が活躍します。

DSC_6569-2
超広角というと広大な風景を収めるためのレンズと思われがちですし、私も実際そういうイメージを持っていましたし、使いどころが少ないと思っていました。

でも私たちが思っているよりも、私たちが見ている景色は遥かに広いんですね。
パースを使って被写体に存在感を。
DSC_5957-6
超広角レンズの特性として挙げられるのが、パース

写真は端から真ん中にかけて、すぼむように収束していきます。これがパース。この収束する効果は広角になればなるほど顕著に表れます。

上の写真のシンデレラ城も、まっすぐ建っているはずなのに、ちょっと中央寄りに曲がって見えますよね?DSC_7492-2
被写体を下から煽るように撮ることでさらにパースが強くなり、標準レンズには入りきらないような大きくそびえたつ被写体を、その存在感をさらに強める形でフレームに収めることができます。

DSC_3145-14
奥に吸い込まれるように感じられるのもまたパースの効果。

この効果が楽しくて、超広角を着けるとついついしゃがんで下から煽るように撮ってしまう自分がいます。
街並みを、空気感ごと切り取る。
DSC_6693-2
写る範囲がこれだけ広いと、思いがけぬメリットがあります。それが人が小さく写ること

写真としては人が写っていない方が見栄えが良いのですが、観光地などには当然ながら人が大勢いますし、写り込むことが避けられない場面も多々あります。

DSC_7464-2
超広角の場合、写り込んだとしても標準レンズより小さく写るので、うまく切り取ればその場所の賑わいなどの空気感まで1枚に閉じ込めることができます。
一歩引く方が、いい時もある。
DSC_7373-2-2
超広角レンズを着けてファインダーを覗くと、『被写体遠っ!』と感じることが多々あります。

でもその『一歩引いてる感じ』が時に良い写真を生み出してくれるんです。

DSC_4724-3
シャッターを切る時、色んな構図で撮ろうと思っていてもついつい『一歩後ろに下がる』ことは見落としがち。でも一歩後ろに下がって撮った方が写真に『ヌケ感』が出て、ちょっと上手な写真に見えることも。

DSC_7800-2
『超広角レンズは広い景色を写すためのもの』ですし、どうしても手が出しにくい1本であることは事実。でも実は広いものを広いまま写すだけでなく、色んな使い方があるのが超広角。

一眼レフを持ったなら是非手にしてほしい、そんな楽しいレンズだと思います。

私が使っている超広角レンズ

DSC_6379
私が使っているのはAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED。超広角単焦点というちょっと珍しい1本です。今まで載せてきた写真は全てこのレンズとNikon D750で撮影しました。

超広角で単焦点って使い勝手が悪そうに思われるかもしれませんが、実はとっても優等生なレンズ。どこへ行くのも欠かせない1本です。
軽くて使える超広角単焦点!AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの魅力を語ってみる。|ゆるカメライフ

APS-Cユーザーにおすすめの超広角レンズ

センサーサイズの関係上、広角にあまり強くないAPS-C機。しっかり超広角の世界を楽しむならAPS-C専用の超広角レンズがおすすめです。
TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII
aDSC_2635
私がAPS-C機(Nikon D5500)をメインで使っている時に愛用していた、タムロンの超広角ズームレンズ

超広角の中でもかなりお値段控えめ。軽く小型で、レンズも突出していないためプロテクターなどのフィルターが着けられるのも、超広角初心者にとっては嬉しいポイント。

DSC_0747-2-2
四隅の流れは気になるかもしれませんが、お値段以上の働きをしてくれるこのレンズ。

お値段は勿論、携帯性や使いやすさなど総合的に考えると、『はじめての超広角』に最適な1本のように感じます。
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
8_16_45_56_mainimg
先程紹介したタムロンよりさらに2mm焦点距離が短いレンズ。『たかが2mmの違いでしょ?』と思われるかもしれませんが、超広角の世界では1mmはかなり大きな違いをもたらします。

TAMRONに比べてレンズの大きさや重さも増し、レンズは出目金と呼ばれる前に飛び出しているタイプ。初心者にとって少し扱いにくそうに見えるレンズですが、超広角の世界を思いっきり楽しみたいなら、思い切ってこのレンズを選択するのも賢い選択だと思います。

おわりに

DSC_3627-5
『使いこなしが難しい』と言われる超広角レンズ。想像を超える広い範囲が写ってしまうので、ちゃんと考えずに撮ると何を写したいのか分からない1枚になってしまうことも事実。

でも超広角で写す世界ってすごく『一眼レフらしい』んですよね。だから使っていて楽しいし、人にも使ってみて!と勧めたくなる。

DSC_7771-2
正直なくても困らないけど、でもあると確実に楽しくて『持っててよかった!』と心から思えるのが超広角レンズ

少しでもこの記事を通して超広角の世界の魅力が伝われば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!