写真の幅が広がる1本!超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!


一眼レフの醍醐味といえば、レンズ交換。レンズを変えると撮れる写真は大きく変わりますし、写真がますます楽しくなります。

望遠・単焦点・魚眼などなど色んな種類がある交換レンズの中で、私が『写真って楽しい!』と心から感じるきっかけとなったのが超広角レンズなんです。

というわけで、今回は超広角レンズの魅力を思う存分語ってみたいと思います(*’▽’)作例マシマシでいきますよー!

あなたの知らない超広角レンズの世界!

超広角レンズって何?
明確な基準は無いそうですが、一般的に24mm以下のレンズが超広角レンズと呼ばれます。APS-C機の場合だと16mm以下のレンズが超広角に分類されます。

超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!

広大な風景を、広大なままに切り取る
DSC_7595-3
超広角レンズは名の通り超『広角』。

人間の視野よりも広い範囲を写すことができるので、広大な風景のインパクトをそのまま1枚に切り取ることができます。


超広角=風景写真というイメージを持っておられる方も多いと思いますし、私自身もそう思ってこのレンズを手にしました。

超広角で撮る風景はただ広いだけでなく、その風景を目にしたときの感動まで写真に収められるような、そんなダイナミックさがあります。


超広角を使い始めてから撮るのが楽しくなったのが

今までは青空と曇り空くらいしか気にとめたことがありませんでしたが、雲の形や量・流れる速さなどによって空の表情って全然違うことを、このレンズを使うようになってから知りました。
屋内をより広く見せる

『超広角=風景を撮るレンズ』と思われている方も多いと思うんですが、人間の視野よりも広い範囲を写すことができる超広角レンズは屋内をより広く見せる1枚を撮るのにも大活躍

私たちの目にはそんなに狭く感じられなくても、いざ標準レンズで構えてみると狭い。窮屈感・圧迫感が出る。室内の撮影では結構よくあることだったりするんですが、超広角があれば室内を広々と見せる1枚を撮ることもできます。


一見超広角で撮ったように見えないかもしれないんですが、こういった1枚はこのレンズだからこそ撮れるもの。

超広角は外の広大な風景を撮るためだけのレンズじゃないんですね(*’▽’)


旅行に行ったとき、滞在先のホテルもまた思い出のひとつ。

部屋の内装を撮っておくという方も多いと思うんですが、意外と標準レンズだと一番広角側にしても部屋全体って収まりきらないことがほとんど。こんなときも超広角の出番です。

旅先の風景は勿論、こういった場面でも使えるので、旅好きなら絶対に持っておきたい1本だと思います(*’▽’)
リフレクション

水面に映るもうひとつの世界。なかなかお目にかかる機会は少ないように思いますが、リフレクション写真は一度は撮ってみたいと思っている方も多いはず。私も大好きです(*’▽’)

ただ、現実世界と水面に映る世界の両方を1枚に写そうと思うと、意外と標準レンズだと入りきらないことが多い。ここも超広角が活躍するシチュエーションなんです。

DSC_6703-2
水面に写った姿を『逆さ○○』って呼んだりしますよね。

上の写真はUSJの逆さホグワーツ城なんですが、これが頭から先っぽまでしっかり収められるのも超広角だからこそ。


神戸を彩る光の彫刻ルミナリエと、水たまりに映るもうひとつのルミナリエ。

リフレクション写真もまた、標準レンズでは撮ることができない新しい世界だと思います(*’▽’)
パースを使って被写体に存在感を。
DSC_5957-6
超広角レンズの特性として挙げられるのが、パース

写真は端から真ん中にかけて、すぼむように収束していきます。これがパース。この収束する効果は広角になればなるほど顕著に表れます。

上の写真のシンデレラ城も、まっすぐ建っているはずなのに、ちょっと中央寄りに曲がって見えますよね?


パースは下から煽るように撮ってあげるとよりその効果が強くあらわれます。

上手く使いこなせば、標準レンズには入りきらないような大きくそびえたつ被写体の存在感を思いっきり強調した面白い一枚が撮れることも。

超広角=視界全体に広がる風景を撮るレンズと思っていましたが、被写体に近寄って撮るのにも使えるんですね(*’▽’)
私たちが思っている以上に、この世界は広い

標準レンズで撮れない写真が撮りたいと思い、手にした超広角レンズ。でも正直初めは使いこなせる気はしませんでしたし、そんなに出番の多くないレンズだと思っていました。

でも使い始めてみると、思っていた以上に超広角の出番って多い

私が思っていたよりも、この世界は標準レンズで収まりきらないくらいずっと広かったんだと気付きました。


『これは標準レンズで入るでしょ!』と思ってカメラを構えてみると収まりきらないことって本当に多くて。

標準レンズしか持っていなかった頃は、これ以上に広く写る世界を知らなかったので『狭い』『もっと広く写したい』といった不便を感じたことはほとんどなかったんですが、超広角の世界を知ってからは私自身の視野もちょっと広くなったように感じて、今では超広角は私のカメラライフに欠かせないメインレンズになっています。


私がこのレンズを手にしたのはカメラを買ってから随分後のことだったんですが、超広角で撮れば撮るほど『前に行ったあの場所も超広角で撮ったら面白かったかも』『あの旅行の時に超広角買っとくべきだった…』と後悔しました_(:3 」∠)_


超広角=難しいレンズと思われている方も少なくないと思いますし、私も最初はそんなイメージを持っていました。

でも使ってみるとそんなことは全然なくて、むしろ今までとは全く違う世界がファインダー越しに広がっているのが楽しくて、写真を撮ることが今までよりも格段に楽しく感じられるようになりました。

なので私としては超広角は初心者こそ持つべきレンズなんじゃないかなと思っていたりもします(*’▽’)
使いどころが多い、私にとって欠かせない存在

どこか尖ったイメージ、変わったイメージのある超広角レンズ。

でも、ここまで読んでくださった皆さんにはもう十分すぎるほど伝わっていると思うんですが、本当に使いどころの多いレンズですし、写真を楽しむなら欠かせない存在だと心から思います。


風景はもちろん、夜景に屋内写真・パース表現などなど他にも私の知らない色んな楽しみ方があるはず。

超広角レンズがあると写真の幅はグッと広がりますし、ファインダーを覗くこと・カメラを構えることが楽しくなる・自分の写真が前よりもずっと好きになれるそんなレンズだと感じています。


一眼レフやミラーレスなどは、レンズが交換できることが最大のメリット

せっかく一眼を持っているのに超広角の世界を知らないなんてもったいない。そう言い切ってしまえるくらい写真を楽しくしてくれるレンズだと思います(*’▽’)

私が使っている超広角レンズ


さてさて、いつもより作例マシマシでまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?私の『超広角愛』が少しでも伝わっているでしょうか?

最後に私が使っている・使っていた超広角レンズを紹介してみたいと思います。この記事をきっかけに『超広角っていいかも…』と思ったくださった方のレンズ選びの参考になればうれしいです(*’▽’)
TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII

私が初めて手にしたAPS-C専用の超広角レンズ・TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiⅡ。Nikon D5500にこのレンズを組み合わせて超広角の世界を楽しんでいました。

センサーサイズの関係上、広角にあまり強くないAPS-C機。

しっかり超広角の世界を楽しみたいなら絶対に『APS-C専用』の超広角レンズを選びましょう。そうでないとこれまで述べてきたような超広角ならではの効果を味わうことができませんからね(´・ω・`)


APS-C専用の超広角レンズはいくつかあるんですが、その中でもお値段が控えめなこのタムロンのレンズ。

小型軽量でレンズも突出していないため、プロテクタなどのフィルターも着けられますし取り扱いがしやすいのも嬉しいポイント。『初めての超広角』にはうってつけな1本だと思います。

8_16_45_56_mainimg
これは私が使っていたレンズではないんですが、せっかくなので先程のタムロンのレンズよりもさらに2mm焦点距離が短いシグマの超広角レンズ・SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMも紹介しておきたいと思います(*’▽’)

『たかが2mmの違いでしょ?』と思われるかもしれませんが、超広角の世界では1mmはかなり大きな違いをもたらすもので、このレンズで撮れる世界と先程のタムロン10-24mmで撮れる世界は全然別物。

TAMRONに比べてレンズの大きさや重さも増し、レンズは出目金と呼ばれる前に飛び出しているタイプ。なのでプロテクターなどを装着することはできません。

こんな風に書くと初心者にとって少し扱いにくそうに見えるレンズですが、超広角の世界を思いっきり楽しみたいなら、思い切ってこのレンズを選択するのも賢い選択だと思います(*’▽’)
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
DSC_6379
私が今使っている超広角レンズはAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDという超広角単焦点。

Nikon D750というフルサイズ機をメインで使うようになってからは、このレンズで超広角の世界を楽しんでいます。

超広角で単焦点って使い勝手が悪そうに思われるかもしれませんが、実はとっても優等生なレンズ。どこへ行くのも欠かせない1本です。
軽くて使える超広角単焦点!AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの魅力を語ってみる。
単焦点レンズが好き、その次に超広角レンズと魚眼レンズが好きです。これらを見ながらご飯3杯はイケる系カメラ女子のmeguでございます。...

おわりに


最初は『無くても困らない・あったら嬉しいレンズだろうと思っていたんですが、今となっては無くてはならないレンズだと心から感じます。

レンズ交換ができるカメラを使っているなら絶対に持っておくべきレンズですし、写真という趣味をもっともっと楽しみたいという人や、カメラを買ったもののマンネリ化に悩んでいるという方にも全力でお勧めしたいなと思います。

この記事を通じて超広角の世界の魅力が少しでも伝われば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!