思いがけない落とし穴!Nikonユーザーなら知っておきたい『AFモーター』の話。


ニコンの一眼レフでカメラライフを満喫中のみなさん、どうもこんにちは。

絞り・ISO感度・35mm換算などなど、カメラを手にしてから学ぶことってたくさんあるんですが、ニコンのエントリー一眼レフを使っている人にとって、知らなくても困らないかもしれないけど知っておいた方が良いことがひとつあります。それがこの記事のテーマであるAFモーターです。

AFモーターって何?

写真を撮る時に欠かせないオートフォーカス。シャッターボタンを半押しするだけでピントが合わせられる本当に便利な機能です。

マニュアルフォーカスでしか撮れなかった時代は、ピントリングを手で回して調節してたんですが、オートフォーカスができるレンズでは、ピントリングが自動で動きます。そして、このピントリングを自動で動かすために必要なのがAFモーターなんです。

なお、AFカプラーと呼ばれることも多いんですが、筆者が『カプラー』という単語に馴染みがないので、この記事ではAFモーターで統一して書いていきます(*’▽’)
AFモーターには2つの種類がある

このAFモーターには、ボディ内AFモーターレンズ内モーターの2つの種類があります。

ボディ内にAFモーターがある場合、カメラに搭載されているモーターを使って、オートフォーカスを作動させることができます。

ボディ内にAFモーターがない場合、オートフォーカスレンズであっても、そのレンズの中にAFモーターが搭載されていないと、オートフォーカスを使って撮影することができません
D3000&D5000シリーズはボディ内にAFモーターがない

ここからニコンの話になっていくんですが、D3000およびD5000シリーズの一眼レフは、ボディ内にAFモーターを持っていないんです。

同じニコンのAPS-Cの一眼レフでもD7000シリーズはボディにAFモーターを搭載していますし、フルサイズ一眼レフも同様にボディ内AFモーターを採用しています。

D3000・D5000シリーズは『一眼レフははじめて』という人にとっても手を伸ばしやすいエントリー一眼レフという位置付けで、小型軽量化に努めているゆえにボディ内にAFモーターがないのかなあと個人的には考えていたりします。
ニコンのレンズには、レンズ内にAFモーターがないものがある

とはいっても、『ボディ内AFモーターがないなら、レンズ内AFモーターを使えばいいじゃない』という話になります。先ほどの内容を復習すると、レンズ内モーターを搭載しているレンズであれば、ボディがAFモーターを持っていようがなかろうが、オートフォーカスを使って撮影することができますよね。

ただ、ニコンのレンズにはレンズ内にAFモーターがないモデルがいくつかあるんです。

つまり、D3000・D5500シリーズの一眼レフを使っている場合、オートフォーカスレンズとされていてもオートフォーカスを使うことができないレンズがあるということなんですね。ややこしやー。
余談:キヤノンはレンズ内AFモーターで統一されてるみたい
一眼レフの二大メーカーといえば、キヤノンとニコン。

ここでちょっと気になるのがキヤノンの一眼レフのAFモーター事情だと思うんですが、キヤノンのレンズ(EFレンズ)はレンズ内AFモーターで統一されているため、キヤノンの一眼レフボディ内にはAFモーターがないんだそうです。こっちの方が楽ですよね。ちょっと羨ましい。
レンズ内AFモーターがないのは一部の古いレンズだけ

ここまで読んでくださった方の中には『ニコンのエントリー一眼レフを使ってるとレンズ選びややこしそう…』と思われた方もいるかもしれないんですが、実はそんなに心配するようなことではないんです。なぜなら、最近発売されたニコンのレンズは、そのほぼ全てがレンズ内にAFモーターを搭載しているから。

ただ、シグマやタムロンなどのサードパーティ製においては、その全てがレンズ内AFモーターを採用しているとは限りませんし、新しいレンズを買い足して、いざ撮ろうとしたらAFが使えなかったとなる可能性もゼロではありません。

ちなみに、私がこの記事を書こうと思ったきっかけも、とあるレンズを買ってD5500で使ってみようとしたところオートフォーカスが動かなかったからでした。

レンズ内AFモーターの有無はどこで判断すればいいの?

ここで気になるのが、レンズ内AFモーターの有無の見分け方。商品名で簡単に見分けることができるので、早速紹介していきますよーう(*’▽’)
Nikon純正レンズ

Nikon純正レンズでレンズ内モーターが搭載されているものには、商品名の頭にAF-SもしくはAF-PAF-Iと書かれています。わかりやすいですね(*’▽’)

みなさんがキットレンズとして手にしたAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRや、AF-S DX NIKKOR f/4.5-5.6G ED VRもちゃんとAF-Sの文字がありますよね。だからボディ内にAFモーターを持たないエントリー一眼レフでもオートフォーカスを使って撮ることができるんです。

私が持っているNikon純正レンズも全てAF-Sと付いていますし、お店で売られているほとんどのNikonレンズはAF-SもしくはAF-Pだと思うので、それらであれば問題なくオートフォーカスを使うことができます。


なお、Ai AF』『AFと表記されているものはレンズ内にモーターがありません。具体例として挙げられるのが、Nikon純正のAPS-C用魚眼レンズ。商品名の頭が『AF』ですよね。つまり、これはAPS-C専用と言われているものの、D3000・D5000シリーズのAPS-C一眼レフではオートフォーカスを使うことができないので注意が必要というわけです。ややこしやー。
SIGMA

レンズの買い足しを考えるとき、ほとんどの人が純正だけでなくサードパーティ製も検討すると思いますし、シグマのレンズも候補に入ることが多いと思います。

SIGMAのレンズでAFモーターを内蔵しているものには、商品名にHSMと書かれています。Hyper Sonic Motorの略なんだそう。

ちなみに私がD5500でオートフォーカスが使えずに焦りまくり、この記事を書くことになったきっかけでもあるレンズがSIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEというレンズなんですが、『HSM』の文字は商品名のどこにも見当たりません。
タムロン

サードパーティといえばシグマとタムロンという方も多いはず。私もそうです。ただ、タムロンのレンズ内AFモーター有無の見分け方はちょっとややこしいんです。

昔はNIIという表記がレンズ内蔵モーターの目印だったらしいんですが、タムロン公式がこの表記をやめてしまったのだとか。

例えば、私がD5500で使っていたタムロンのAPS-C用超広角ズームレンズ・SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII B001NIIにも『NII』と書かれています。だからD5500でも問題なくオートフォーカスが使えていたんですね。

表記が改められた今は、レンズ内AFモーターを搭載するレンズには商品名にUSDという表記があるそうです。
Tokina

もしかしたら初めて見たという方もいらっしゃるかもしれないんですが、広角レンズが特に豊富なTokinaというサードパーティメーカーがあります。

そのTokinaのレンズの中で、APS-C用の魚眼ズームという尖りまくったAT-X 107 DX Fisheyeというレンズがあります。

APS-Cで魚眼の世界を楽しんでみたい!という方にとってはかなり魅力的な選択肢だと思うんですが、こちらもレンズ内にAFモーターを搭載していないため、D3000・D5000シリーズではオートフォーカスを用いて撮影することができないので注意が必要です。
発売日が古いレンズを検討するときはAFモーターの有無を確認しよう

ここまであれこれ述べてきましたが、レンズの買い足しの度にこれらを逐一チェックする必要はないと思います。実際今お店で売られているレンズのほとんどはレンズ内モーター搭載と言っていいでしょう。

ただ、発売日が古いレンズや、あまりメジャーでないメーカーのレンズを検討する場合は、オートフォーカスで撮りたい人は念のためチェックしておく方がいいと思います。買ってみてオートフォーカスが使えない!と後悔するのは嫌ですしね。

とりあえず『ニコンの一眼レフにはボディにAFモーターがあるものとないものがある』『レンズにはモーターを内蔵しているものとそうでないものがある』ということを頭の片隅に置いておけばそれではなまる満点です(*’▽’)
おわりに
新しいレンズを買ってみて『オートフォーカスレンズって書いてあったのになんで動かないの!?』とパニックになってはじめて知ったAFモーターのこと。私にとってまさに『思いがけない落とし穴』でした。最後の最後でタイトル回収。

知らなくても困らないかもしれないけど、知っておいて損ではないと思いますし、この記事が少しでもみなさんのカメラライフのお役に立てていたら幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!