単焦点に望遠…レンズはどんな順番で揃えればいいのか考えてみた!


一眼レフ・ミラーレスの醍醐味は、なんといってもレンズ交換。標準に望遠に高倍率、単焦点に超広角などなど、世の中には本当にたくさんのレンズがあります。

キットレンズを使い続けてきたけど、他のレンズにも興味が出てきた。でもどれを買い足せばいいのか分からない・買ったとしても使いこなせるか分からないという方もいるはず。

私自身もそのことで悩んでいましたし、レンズはどんな順番で買い足せばいいんだろうなんて疑問に思っていた時期がありました。

レンズはどんな順番で買い足せばいいのか、私の経験から考えてみた!



というわけで、まず私が実際に買い足したレンズを順番に紹介してみたいと思います(*’▽’)
1本目:単焦点レンズ
DSC_0080-3
レンズの買い足しに調べているとあちこちで勧められるであろうものが単焦点レンズ。そして、私がはじめて買い足したのもまさしくこの単焦点レンズでした。

単焦点レンズとは、ズームができないレンズのこと。ここだけ聞くと初心者には扱いが難しそうに聞こえるかもしれないんですが、ズームレンズでは撮れない写真が楽しめるレンズなんです。

DSC_7339-2
単焦点レンズはズームができない分、その焦点距離に特化した作りになっているので、ズームレンズではなかなか難しいF値の小さなレンズを作ることができます。

今まで使っていたキットズームレンズよりもF値が小さいということは、単焦点レンズなら背景を今まで以上にボカすことができる。これが単焦点レンズの最大の魅力です。


また、その焦点距離に特化した構造になっていることから、ズームレンズよりもさらに高い描写力を発揮できるのも単焦点レンズの魅力。

ズームレンズってすごく便利なんですが、どうしても画質は犠牲になりがち。単焦点レンズで撮るとその隅々までビシッと写すその描写力に『私のカメラってこんなに綺麗に撮れたのか!』と感動する人も多いと思います(*’▽’)
2本目:超広角レンズ

単焦点レンズのおかげで写真の楽しさにグッと惹き込まれた私が次に買い足したのが超広角レンズ。名前の通り、人間の視野を超える広い範囲を写すことができるレンズです。

超広角レンズを手にするまでの私は、超広角レンズ=広大な風景を写すレンズだと思っていて、正直買ってもそんなに使いどころはないんじゃないかと思っていましたし、初心者の私に使いこなせるのだろうかという疑問もありました。

でも、実際に手にしてみてその出番の多さにびっくりしたんです。


キットレンズしか選択肢がなかった頃は『人間の視野以上に広く写る』という感覚を知らなかったので狭いと感じたことがなかったんですが、超広角レンズを手にしてからは写真の幅も自分の視野も広がったように感じられて。もっと早くに超広角の世界を知っておけばよかったとちょっと後悔したほどです。

レンズを変えると写真が変わる。レンズを変えると見えるものが変わる超広角レンズは一眼ならではの楽しみが詰まった1本だと思います。
3本目:魚眼レンズ
DSC_6599-5
私が3番目に買い足したのは、人間の視野よりも遥かに広い範囲を写すだけでなく、そこに強烈な歪みが加わる魚眼レンズ

かなり変わった写り方をするレンズなので、使いどころがかなり限られそうなイメージのあるレンズですが、実際に使ってみるとこれまた予想以上に使いどころが多く、今ではすっかり『魚眼はいいぞ』が口癖になっています。


超広角レンズでは『ただ広いだけの印象に残らない写真』になってしまう場面って結構あって、そういった場面で魚眼レンズがあるとその丸い歪みが強烈な個性となって、インパクトのある1枚が撮れる。

魚眼レンズにしか撮れない写真って実は身近なところにたくさんあったりしますし、写真をさらに楽しくしてくれる大好きなレンズです(*’▽’)
4本目:望遠レンズ

カメラのボディをダブルズームキットで購入したんですが、キット望遠レンズの他にもう一本望遠レンズを買い足している私。

キットレンズを選ぶ時に望遠レンズは必要なのか悩んだ人も多いはず。私自身何度か相談を受けて、以前ひとつの記事にまとめていました。
標準?望遠?高倍率?私が考える『キットレンズの選び方』
右も左も分からないはじめてのカメラ選び。メーカーやボディもたくさん選択肢があって迷われる方が多いと思うんですが、キットレンズも悩めるポイントだと思います。というわけで!今回はキットレン...

私がダブルズームキットを選んだ理由は、ディズニーのショーパレードを撮りたかったから。その後フルサイズに移行したのをきっかけに、新たにフルサイズ対応の望遠レンズを買い足しました。

特に遠くのものを撮る予定がないから望遠レンズを買うべきか悩む。でも望遠レンズを使ってみたい』という方も多いはず。でも、私自身写真を始めるまで知らなかったんですが、実は望遠レンズには遠くのものを大きく写す以外にもいろんな使い方ができるんです。


先ほど、背景をボカしやすいレンズとして単焦点を紹介したんですが、望遠レンズもまたボケを生み出すことができるんです。

上の写真は望遠レンズで目一杯ズームして撮ったものなんですが、玉ボケひとつひとつが大きくて華やかですよね(*’▽’)


また、背景がとろけたようなボケを楽しむことができるのも望遠レンズならでは。

ほかにも圧縮効果という望遠レンズならではの写し方もありますし、思っていた以上に使いどころの多いレンズだと感じている1本です(*’▽’)

レンズはどんな順番で買い足せば良いのか考えてみる!


さてさて、ここまで私が買い足したレンズを順番に紹介してみました。

ここでいよいよレンズはどんな順番で買い足せばいいのかという話になるんですが、結論から先に言ってしまうと、欲しいと思ったときがそのレンズの買い時だと思っています。

『こうやって買い足せば失敗しない!』という答えを探してこの記事に辿りついた方もいらっしゃるかもしれないんですが、『初心者はこの順番でレンズを買い足すべき!』みたいな正解はないと思うんです。いやもう、ほんとに。


今まで『使いこなせるか不安』『このレンズって私が買ってもいいと思いますか』といった相談を受けたことが何度かあったんですが、そのあたりは一切気にしなくて良いと思いますし、初心者だから使っちゃダメなカメラやレンズなんてものはありません。

それに、初めから完璧にあらゆるカメラやレンズを使いこなして、完璧な写真が撮れる人なんてほとんどいませんし、それらを使っていくうちに少しずつ上達し、使いこなせるようになるもの。そのためにはまずはそのレンズを手にしないと始まらない。だから、レンズ選びは『使ってみたい』と思った気持ちに素直に従うのが一番だと思うんです。

ただ、そうは言うもののこうやって買い足した方がいいんじゃないかと思う部分はいくつかあるので、ここからは私が考えるレンズ買い足し・レンズ選びのポイントをまとめていきたいと思います(*’▽’)
『初心者に単焦点レンズ』は間違いないと思う

『初心者には単焦点レンズがおすすめ!』というサイトをいくつも見かけ、カメラやレンズについて今以上に知識がなかったため『みんな勧めるなら…』という感じで手にした単焦点レンズ。

実際単焦点レンズを使ってみると、背景をボカすのが本当に楽しくて。背景をボカすだけでちょっと写真が上手くなったように見えるし、シャッターを切るのが今まで以上に楽しくなる。写真が上手くなるためにはまず写真を撮ることが大切ですし、単焦点レンズはそのきっかけになってくれる1本。

キットレンズ以外で撮ってみたいけど、明確にこれが欲しい!というものはないという方は単焦点レンズを選んで間違いないと思います(*’▽’)
超広角レンズは旅好きのマストアイテム

撮れる写真の範囲を一気に広げてくれる超広角レンズ。

先に述べた通り、思っている以上に使いどころの多い1本ですし、『これぞ一眼!』と思える写真がたくさん撮れるレンズ。一眼を持っているならいつかは必ず手にしたい1本です。

特に旅行が好きで、旅先の景色や思い出を綺麗に撮りたくてカメラを買ったという私と同じような人は、国内海外問わず旅先での超広角の出番ってすっごく多いのでマストアイテムと言って良いと思います(*’▽’)
魚眼レンズは超広角レンズに慣れた後の方がいいかも

『買い足しの順番に正解なんてないよ!』と述べたんですが、強いて言うなら魚眼レンズに関しては超広角レンズに慣れてからの方がより使いこなしやすいように思います。

変わった写り方をするだけあって、単焦点や超広角と比べると使いこなしが難しいのは事実。

歪んでいるから関係ないと思われがちなんですが、魚眼で撮るときはいつも以上に水平や角度が重要になる場面が多く、その歪みゆえにトリミングなどを用いて後から上手く修正できないこともしばしばあります。


それに、何でもかんでも写り込んでしまうだけでなく歪みも加わるので、超広角以上に何が撮りたいのかわからない写真を連発してしまうことも否定できません。私自身、魚眼を使い始めてからしばらく経った今でもよくありますからね。

どちらも同じ人間の視野よりも広く写るレンズですが、超広角レンズの方がはるかに出番が多いですし、個人的にはまず超広角レンズを使ってから魚眼レンズを試すのがおすすめ。

とはいっても、気になった時が買い時ですし、いきなり魚眼レンズで挑戦されるのもすごくいいと思いますよーう(*’▽’)
望遠レンズとして高倍率レンズを買うという選択肢

ダブルズームキットでボディを買わなかった場合、望遠レンズが買い足し候補に挙がる人も多いと思います。

ただ、望遠を買ったところでそんなに使うことあるのかなーなんて思う人もいるはず。実際私自身、望遠はいつも持ち出しているわけではないので、そう悩まれる気持ちはすごく分かります。望遠レンズって重いですしね。

『望遠で撮りたい写真がある』という人は間違いなく望遠レンズを買うべきだと思うんですが、『たまに望遠を使いたい』という方は高倍率ズームレンズを望遠レンズとして使うのが良いかもしれないと思ってたりします。


例えば、D5500のキット望遠レンズ・55-300mmとほぼ同じくらいまでズームが伸ばせる18-270mmというお手頃高倍率ズーム。望遠レンズを買ってしまうと、そのレンズは望遠レンズとしてしか使うことができませんが、望遠レンズと同じくらい伸ばせる高倍率ズームを選べば、望遠レンズとして使いたいときは思いっきりズームして、それ以外の場面では便利レンズとして…という使い方ができるんですね。

よく高倍率ズームは画質が悪いと言われますが、便利さに勝るものはないですし、持っておいて損なものでは絶対にないと思います。望遠レンズを買い足す時のひとつの選択肢として頭の片隅に置いておいてもらえれば幸いです(*’▽’)
レンズ選びのポイントは『実際に触る』『撮られた写真を見る』

最後にもう一点、レンズ選び全体について私が大切だと思っていることを書き留めておきたいと思います。

私自身最初はどう選べば良いか右も左も分からず、あれこれレビューや紹介記事を漁っては悩み…を繰り返していました。

レンズについて感じることは人それぞれですし、良いレンズだと思う人もいればこれはちょっと…と思う人もいます。もちろんそれらのレビュー・意見はすっごく貴重で参考になるんですが、文章で書かれた紹介だけでなく、そのレンズで実際に撮られた写真をたくさん見るということもすごく大事だと思うんです。


SNSで検索したり、Photoyodobashiなどの作例中心にレンズを紹介してくれるサイト、そしてこの『ゆるカメライフ』のような個人ブログなど、実際に撮られた写真を見れる場所ってたくさんあります。便利な世の中になったものですね。

写真のことは写真に聞くのが一番だと思いますし、『こんな写真を撮りたい!』と思える作例に出会ったレンズを選ぶのが一番の近道だと思います。


あと、私自身レンズ選びに慣れない頃見落としていたことなんですが、そのレンズのスペック・撮れる写真だけでなくレンズそのものの重さもしっかりと考えて選ぶのがおすすめ。

D5500などのエントリー一眼レフの多くは小型軽量なので、重さのあるレンズを装着するとボディとレンズのバランスが不安定になり、カメラを提げたときに首に強い負担がかかることがあります。

写真を楽しむためには機材の大きさ・重さが自分に合っているかどうかもすごく大切なポイントなので、できる限りお店で一度触ってみることをおすすめします(*’▽’)
おわりに

さてさて色々とまとめてきましたが、『レンズは欲しいと思ったときが買い時』ということだけでも伝わっていれば本当に嬉しいです。

これまで何度もレンズ選びに迷いまくってきたんですが、長い間悩んだ末に買った後『あの場面でもこのレンズ使いたかったな』『もっと早く買っておけばよかった』と思うことが結構あったので、この記事を読んでくださったみなさんには、あまり深く考えすぎずにレンズ選びそしてカメラライフを楽しんでもらいたいなと思っています。

このブログでもみなさんのレンズ選びに役立つような記事をもっともっと増やせるように頑張りたいと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!