D750を手にして1年が経ったので、思いっきり愛を語ってみる!


突然ですが、この記事の投稿日3月21日が何の日かご存知ですか?じ・つ・は、私がD750を手にした記念日なんです(*’▽’)ぱちぱちぱちぱちー!

割と記念日を大切にするオトメな女子大生なので、この日に合わせてD750の記事を書こうと思い立ったんですが、D750の詳しいレビュー記事は既に数多くありますし、どうせなら私にしか書けない記事が書きたいな…と考えた結果、今回はひたすら『愛』を語ることに決めました。愛です、LOVEです、らぶゆ~。

というわけで!今回はこの1年晴れの日も雨の日も寄り添ってきた相棒・Nikon D750の魅力を語っていきたいと思います(*’▽’)

D750を手にして1年が経ったので、思いっきり愛を語ってみる!

『今私フルサイズで撮ってるんだ』と感じられる一台


ずっとAPS-Cの一眼レフを使ってきた私にとって、未知の存在かつ憧れでもあったフルサイズ。画質高感度ノイズ耐性ダイナミックレンジなどなど、どんな変化が現れるんだろうとワクワクしながらD750の箱を開封しました。

あくまでカメラは写真を撮る『道具』であって、実際に構図を決めたり設定を考えるのは私自身。今までよりも高くて性能の良いカメラを持ったからといって、必ずしも良い写真が撮れるようになるとは限りません。

だから正直なことを言うと、D750を持ってすぐ、すべての変化が『APS-Cの時とはぜんっぜん違う!!!』と思えるような劇的なものだったわけではありませんでした。D750を買った当初は今以上に写真下手でしたしね。

でも、そんな私にもひしひしと『やっぱりフルサイズって違う』と感じさせてくるのがD750のすごいところなんです。


私がD750で撮っていて『やっぱりフルサイズは違うな』と感じる一番のポイントは、写真の空気感

写真に空気感なんてあるの?と思われるかもしれないんですが、私が撮っているときには気付かなかったような細やかな階調までもを写し取れる高い描写力を持つD750は、その場所の空気感までもを写してくれるように感じられるんです。


それゆえ、撮っているときは『この写真ちょっとイマイチかも…』と思っていても、家に帰って改めて見返したり、RAW現像してみると『すっごい良い写真が撮れてた』と気付くことも頻繁にあるほど。

その度に『やっぱりフルサイズは違う、D750ってすごい』とひしひし感じ、撮れば撮るほどフルサイズを使っている実感が湧いてくる一台です。

フルサイズを買ってよかったと心から感じられる高感度耐性


私が『フルサイズを買おう!』と思った理由はいくつかあったんですが、一番の理由はノイズを恐れずに高感度撮影がしたかったからでした。

ディズニーであったり旅先であったり、三脚が使えない・使う余裕のない場所で撮ることが多い私にとって、高感度性能はかなり重要なポイント。手持ちで夜景を撮るとなると、明るいレンズを使っていてもISO3200-4000くらいまではあっという間に上がってしまいますし、その度にノイズに悩まされてきました。


だからNikon D750の高感度耐性には相当期待していたんですが、このカメラは私の期待をはるかに超えてきたんです。

ISO感度をかなり上げなければならないシチュエーションでもノイズを気にすることが本当に減りましたし、使い始めて1年が経った今でも『ノイズ全然出てない!すごい!』と定期的に驚いているくらいです。


今まではノイズを恐れてなかなかISO感度を上げることができなかったり、設定を思い悩んだり、時には撮ることを躊躇したり諦めてしまうことも多々あったんですが、D750を使うようになってからはそんなことが一切なくなったおかげで撮ることが楽しくなって。

D750の高感度耐性は、フルサイズに憧れる全ての人の期待に応える・フルサイズを買ってよかったと心から思わせてくれるものだと感じています。

表現の幅が広がるダイナミックレンジ


D750を使うようになってから変わったことはいくつかあるんですが、中でも大きな変化が撮る写真の幅と好みです。

思い通りの写真に仕上げるために欠かせないプロセスであるRAW現像。後から明るさやホワイトバランスなどを自由に変えられる!とよく言われますが、もちろん変えられる幅には限界があります。その『限界』を決める要因のひとつが、ダイナミックレンジなんです。


ダイナミックレンジとは、写真の一番明るい部分と一番暗い部分の幅のことなんですが、この幅が狭いとRAW現像でいじれる幅も狭くなり、シャッターボタンを押すだけでは上手く写せなかったシャドウ部分を持ち上げようとすると不自然なノイズが出てしまったりすることも。

ダイナミックレンジが広いと言われることが多いフルサイズですが、画素数やそのほかの要素によって同じフルサイズでも差があります。その中でもD750はダイナミックレンジの広さに定評がある一台で、私自身この点に関しては本当にAPS-Cとの違いをハッキリ感じています。


ダイナミックレンジが広いD750を使うようになってからRAW現像・レタッチが本当にやりやすくなって、そのおかげで写真の幅・表現の幅がぐっと広がったのを感じていて。

以前まではRAW現像がただただ下手だったこともあり、彩度マシマシコントラストタカメのワンパターン写真しか生み出してこなかった私ですが、D750を使い始めてからはいろんなテイストの写真に挑戦できるようになりました。


設定をちょっと失敗したかなと思った1枚や、後からもっとこういう設定で撮っておけばよかったと後悔することもありますし、時には頭の中にあるイメージを写真に再現すべく大胆なRAW現像・レタッチに挑戦してみたくなる時もあります。

そんな私のワガママをD750が撮る写真は全部叶えてくれる。D750が持つ広いダイナミックレンジは表現の幅を広げるだけでなく、私に新しい写真の魅力・写真の世界を見せてくれているように感じます。

どこへだって連れていける、気張らないフルサイズ


ここまでD750で撮れる写真の魅力についてお話ししてきましたが、カメラは撮れる写真だけでなく持ち運びやすさや使い勝手のよさも大切なポイント。D750はその点も満足させてくれるからすごいんです。

一眼レフってだけで大きい・重いというイメージがあるのに、フルサイズとなるともうヤバいんじゃないかと思っている人も多いはず。どこにでも気軽に持ち出すことは難しいだろうし、小型軽量のサブ機を使いながらになるのかななんて考えたりもしていたくらいでした。


でもD750はそんな私の『フルサイズ=大きい・重い・気軽に持ち出せない』というイメージをぶっ壊したんです。

重さが何gとか書いてもいまいちピンとこないと思うんですが、D750はフルサイズ一眼レフとしてはかなりの小型軽量。それだけでも十分すごいことなんですが、グリップ部分が従来のニコンのフルサイズに比べて深く掘られているのが最大の特徴。

このグリップのおかげでカメラをしっかりと握ることができるので、構えた時に感じる重さが実際の重さよりも軽く感じられるんです。


せっかく良いカメラを買ったならいろんなところに持ち出したいはず。でもその大きくて重いイメージから持ち出せる気がしなくて、買っても持ち出せないなら…とフルサイズの購入を躊躇している方もいらっしゃると思います。

その点において気軽に軽快に持ち出せるフルサイズであるD750は本当に魅力的だと思いますし、いろんな場所にカメラを持っていきたい私にとってピッタリだなと感じています(*’▽’)

一言で表すなら『バランス型』


以前D610・D750・D810の選択肢からD750を選んだ理由について記事をひとつ書いたんですが、それを読むと分かる通りD750を買う!と決めるまでかなり迷いに迷いまくっていた私。

せっかくフルサイズを買うなら、今まで使っていたカメラとは違う高画素を持つD810も魅力的だなあと思って本当に悩みまくっていたんですが、今となってはD750ほど私に合っているカメラはないと確信しています。

いろんなメーカーからいろんなフルサイズが発売されていますし、SONYのフルサイズミラーレスもアツい今日この頃。一台一台それぞれに個性があると思うんですが、正直D750はこれといった個性はあまり感じられないんです。


画素数が飛び抜けて高いわけでもないし、最高ISO感度がずば抜けているいうわけでもない。

でも、その飛び抜けたものがないからこそ安定感のある描写・高感度性能・ダイナミックレンジを持ち、その上でフルサイズ一眼レフとしては十分すぎるほどの小型軽量ボディ。おまけに今はもう必需品となりつつあるスマホに直接写真を転送できる内蔵Wi-Fiに、あると何かと便利な可動式液晶も持っている。

『個性がない』というとマイナスイメージを持たれるかもしれないんですが、個性がないカメラは言い換えると使う人を選ばないカメラ

D750は誰にとっても使いやすい・撮るものを選ばないバランス型の一台だと思いますし、『フルサイズ使ってみたいんだよね…』と言われたら『D750使いやすいよ!』と自信を持って勧められる一台です。

1年前の今日、D750を選んでよかった


D750を手にした頃の私は今以上に下手くそで、正直宝の持ち腐れというか、フルサイズを買うにはちょっと早かったかなと感じたこともありました。

でも、私が思っていたよりも少しよく写っていたり、高感度に頼ってもノイズが全然出てなかったり、RAW現像がすごくやりやすかったりとD750の恩恵を感じるうちに自然と『このカメラの性能をもっと活かせるようにうまくなりたい』と考えるようになって。

まだまだ下手ではありますが、D750を手にしたことで色々勉強する機会も増えましたし、D750と寄り添ったこの1年間で少しは上達できたと思っています。たぶんね。


生まれてはじめて買ったカメラですら高いと感じたのに、フルサイズなんてもう清水の舞台どころかスカイツリーのてっぺんから飛び降りるくらいに勇気のいる買い物だったんですが、1年前の今日D750を選んで本当によかったと思っています。

このカメラとならなんだって撮れる、このカメラで撮れないものはない。そんな安心感や信頼感、そして自信を私にくれた一台。

これからもっともっとこのカメラの持つ性能や良さを完璧に活かせるように精進したいですし、いろんな場所・いろんな場面・いろんな時間をこのカメラと過ごすのが楽しみです(*’▽’)次はどこに行こうかな!

おわりに


さてさて、あれこれ書いてみましたがいかがでしたでしょうか?私のD750への愛が少しでも伝わっていれば幸いです。

今となってはD750のない生活なんて考えられませんし、私のカメラライフをより充実させてくれたのはもちろんのこと、このブログがここまで続いているのもこのカメラのおかげです。

これからもこの愛するパートナーとともに、もっともっと写真を楽しみたいと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!