【Pickup!】ゆるカメライフの殿堂入り記事7選

現役大学生が考える!大学生の趣味に写真をおすすめしたい4つの理由

Hobby

大学生になって時間に余裕ができたから、何か打ち込める趣味が欲しい。そう考えている方も多いはず。

私は大学2年の時にカメラを買って写真を始めた現在大学3年(記事執筆時)なんですが、数ある趣味の中で写真は特に大学生になじみやすい趣味だと感じているんです。

というわけで今回は大学生の目線で考える大学生の趣味に写真がオススメな4つの理由を、私が写真を趣味にしてよかったと思う理由とともにまとめてみたいと思います(*’▽’)

現役大学生が考える!大学生の趣味に写真をおすすめしたい4つの理由

1.今の大学生にとって写真は最も身近な存在だから

Instagram

新機種が出るたびにどんどん進化するスマホのカメラ

今やひとり一台しっかり撮れるカメラを常日頃持ち歩いているようなものですし、『これ撮っとこう』と気軽に写真を撮れる時代。写真はここ最近で急激に私たちの生活にとって身近な存在になったように感じます。

また、私たちと写真の距離をさらに縮めるきっかけとなっているのがSNS

TwitterInstagramの流行によって、写真を載せる機会・他人の写真を見る機会が随分増えました。

せっかくSNSに載せるならカッコイイ1枚が良い!オシャレな写真を載せてみたい!と思ったことがある方も少なくないと思います。

ここまでの話をまとめると、スマホの進化によって写真を撮ることへのハードルは下がっている一方で、『良い写真』のハードルは上がっている。言い換えると、写真は私たちにとってとても身近な存在で、それでいて奥の深い存在だと思うんです。

せっかく趣味にするなら、年に数回楽しめるものも特別感があって良いけれど、毎日のように楽しめるものも趣味に選ぶと日々が楽しくなるはず毎日がエブリデイ。

時間に余裕のある大学生活においてたくさん楽しめるものを趣味にしたい。そんな人にとって写真は最適な選択肢のひとつだと思います(*’▽’)

2.他の趣味と組み合わせやすいから

いざ趣味を見つけたとしても、それだけをずっと続けるのは意外と難しいもの。その点写真は他の趣味に取り入れやすいので、細く長く続けやすい趣味でもあると思うんです。

料理が趣味ならテーブルフォトに凝ってみたり、カフェ巡りでインスタ映えしそうな写真を研究してみたり、旅の思い出をより綺麗に印象的に残してみたり、お気に入りの自転車やバイクなどを被写体にしてみたり。

既存の趣味があれば、その趣味に写真をプラスすることでより充実することもありますし、写真を趣味にすることで新しい趣味が見つかることもあったり。

私自身元々旅行が好きだったんですが、カメラ片手に歩くようになってから旅がずっとずっと楽しくなりましたし、写真からこのブログという趣味を見つけましたしね(*’▽’)

3.写真は自由度が高い趣味だから

私自信実際に写真を趣味にしてから気付いたことなんですが、『写真を趣味にする』という言葉が表す意味って実はものすごく広いんです。

例えば、ひとことに『写真が趣味』といっても、プロ顔負けの機材でガッツリじっくり撮るのが好きな人もいれば、日常の何気ない一コマを気軽に撮るのが好きな人・食べものを撮るのが好きな人・友達や家族・ペットを撮るのが好きな人・旅写真が好きな人…などなど、本当にタイプが様々。

ちなみに私は一番最後の『旅写真が好きな人』に近いです(*’▽’)

また、休みには決まってがっつり撮りに行く!という人もいれば、常日頃からカメラを持ち歩く人、あるいは旅行など大きなイベントの時だけカメラを持ち出す人もいる。

さらにいえば、カメラの機能を用いてオシャレな写真を撮っている人もいれば、スマホに画像を転送して加工して仕上げる人もいますし、PCで細かく本格的に編集している人だっている。

撮る対象から頻度・写真の仕上げ方まで、とにかく自由で色んな楽しみ方があるのが写真という趣味の魅力だと思っています。

また、せっかく趣味にするならとことん突き詰めてみたい!という人もいるはず。そんな人にも写真は本当にぴったりな趣味だと感じていて。

というのも、写真は突き詰めようと思えばいくらでも突き詰められる、本当に深いものだからです。

分かりやすい例を挙げると、ボディやレンズにこだわってみたり、構図や写真の編集にこだわってみたり、新しい撮り方を考えてみたり。

ひとりひとりの『こんな写真が撮りたい!』の数だけアプローチがありますし、『写真を極めたい!』という人ならもういくらでも極め続けられるようなアプローチもあったりします。実際私の周りにもそういったタイプの方がたくさんいらっしゃいますしね(*’▽’)

浅くても深くても、写真だけを趣味にしても・他の趣味とセットにしても楽しめる写真という趣味。

それに加えて何歳からでも始められるのも写真のいいところだと思うんですが、本格的に写真を本格的に趣味にするなら大学時代が一番のタイミングだと思っていて。

写真ってお金がかかる趣味だというイメージが強いと思うんですが、色んな写真を楽しむためには撮りに行く時間・タイミングだったり、写真の編集にかける時間だったり…と、実はお金よりも時間の方が大切だと感じることが多いんです。

また、新しいことを始めたての頃って、そのことに割ける時間が少ないとすぐ『やーめた』になりがちだったり。

私が『本格的に写真を本格的に趣味にするなら大学時代が一番のタイミング』だと思う理由は、時間に余裕がある大学生と、時間を作れば作るほど楽しくなる写真という趣味の相性が良いと感じるから。

ちなみに、カメラは決して安い買い物ではありませんが、中古だったりメーカーの選び方次第で案外お値段を抑えられたりもしますしね(*’▽’)

4.写真は人生に寄り添い続ける趣味

新しい趣味を始めたい!と思って色々調べてみたものの、『なんだか長続きしなさそうだな』と躊躇してしまうのはよくあること。

私自身もカメラを買って写真を趣味にしてみたい!と思い立ってから実際にカメラを買うまで結構時間がかかりました。せっかく高いカメラを買ったのにすぐに飽きてしまったらもったいないですからね。

あれこれ悩んで思い切って写真を趣味にしてみて、写真は人生に寄り添う趣味だということに気が付いたんです。

『人生に寄り添う趣味』なんて言うとちょっと大げさな表現にも聞こえるかもしれませんが、人生の中で写真を全く撮らなくなるということはおそらくないと思いますし、旅行やイベントさらには家族・友人の晴れ舞台など、生きていれば必ず『綺麗に写真に残しておきたい!』と思う場面や場所に立ち会うことって絶対にある。私たちの人生と写真は常にセットと言っても過言ではないと思います。

もしかしたらカメラを買ったものの、毎週どこかに撮りに行くほどはハマらないかもしれない。でも綺麗に撮りたい瞬間は人生のあらゆるところにある

そんな身近な、人生と常に寄り添うものを趣味にできるので細く長く付き合えるのも写真のいいところだと思います(*’▽’)

私が大学時代に写真を趣味にしてよかったと思う理由

 

さてさて、写真という趣味の魅力についてあれこれ語ってみました。

私自身大学に入ってすぐの頃、強いて言うなら旅行が好きなくらいの趣味とは無縁な人間でした。

でも、なんか打ち込めるものが欲しいと思い始め、『旅行のお供になるカメラが欲しい』と考え始めたことがきっかけでカメラを買うことを検討し始めたんですが、結構な飽き性なのでかなり悩みに悩みました。

でも今は写真を趣味にしてよかったと心から思っていますし、この趣味を大学生のうちに始められたのも本当によかったと思っています。

というわけで!最後に私が大学時代に写真を趣味にしてよかったと思う理由をちょっと書き出してみたいと思います(*’▽’)

写真を通じて色んな世界を知ることができた

時間のある大学生のうちにいろんなところに行ってみたいと考えている人は多いはず。私も大学生になったらできる限りいっぱい旅行に行こうと考えていました。

でも、なにかきっかけがないと行きたい場所って意外と見つからなかったり、その場所は知っていても『行こう!』とはならなかったり。気付けば大学に入る前に思っていたほど色んな場所に行っていない自分がいました。

そんな私にとって写真はその『きっかけ』になってくれて、写真を始めてから色んな場所や世界の魅力に気づくことができました

トンネル越しに見る桜が美しいこと、秋の風景は紅葉だけでなくススキも美しいこと。今まで知らなかった・気付かなかったような日本の四季の美しさを写真という趣味が教えてくれました。

日本だけでなく、世界にも私たちが知らないような景色がたくさんあることも写真を通じて知ることができて、決して大げさな表現ではなく、写真を趣味にし始めてから『世界が広がった』とハッキリと感じます。

大学時代という自分の世界を広げるのに最適なタイミングでこのような趣味を持つことができて本当によかったと思っています(*’▽’)

『趣味がある』って素晴らしい

こんなにも長く楽しんでいる趣味は写真が初めてなんですが、大学に入ってすぐの頃これといった趣味がない生活を送っていたからこそ、趣味があることって本当に素晴らしいことだと感じています。

正直、趣味がなくても色々とやることがありますし、充実した大学生活を送ることはできると思います。

でも、趣味があると『ただなんとなく過ごす時間』が少なくなったように感じて、趣味をやっていなかった頃に比べて楽しい思い出が劇的に増えたのをハッキリと感じるんです。

実際に写真を撮るのも楽しいんですが、それ以外の時間も趣味のおかげで少し変わって、ちょっとした隙間時間に今までなら適当にネットサーフィンしていたところを、次何を撮ろうかあれこれ調べて計画を立ててワクワクする時間にできたり。

4年間という長い時間だからこそできる限り無駄にせず有意義に過ごしたいと考えている人は多いと思いますし、私も入学当初からそう思っていたんですが、頭ではそう考えていても何か具体的な目標とか目的がないとなかなか難しかったりするような気がします。

この記事を通して一番伝えたかったことは実は『大学生の趣味には写真がおすすめだよ!』ということよりも『大学時代に何か趣味を見つけよう!』ということでした。

何か一つ好きなことがあるだけで日々が充実するだけでなく、面倒なことを乗り越える原動力にもなると思いますし、大学生活のみならず人生すべてにおいて趣味を持つことってすごく大切なのではないかと大学生活の終わりが見え始めた今、ひしひしと感じます。

社会に出てから新しい趣味を見つけることももちろんできますが、自由に時間を使ってあれこれ試すことができるのは大学生の特権。

幅広い楽しみ方ができて人生を常にセットなことが写真のいいところですし、長く付き合える趣味と出会えてよかったと思っています(*’▽’)

おわりに

さてさて、色々書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

一人でも多くの方がこの記事を通じて『趣味っていいかも・写真って面白そうかも』と興味を持ってくださったらもうこの上なく嬉しいです。

このブログでは、カメラの選び方や写真の撮り方などなどあれこれ私なりにまとめて紹介しているので、もしあなたの新しい趣味に『写真』が選ばれたらまた遊びに来てくださいね(*’▽’)『ゆるカメライフ』覚えて帰ってください!待ってます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
ミラーレス?一眼レフ?現役カメラ女子が考える『女子のカメラの選び方』 勘違いしてない?一眼レフとミラーレスにまつわる5つの誤解 D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる! 小さくて軽いは正義!OLYMPUS PEN Liteシリーズの魅力を語ってみる! 私がニコンを選んでよかったと思う理由と、メーカー選びのポイントをまとめてみる!