基礎から解説!初心者のためのディズニーショーパレード設定マニュアル


ディズニーのショーパレードでキャラクターを素敵に撮りたい!とりあえず撮ってみたけどなんかうまくいかない。私自身長い間ずっと悩んでいました。

というわけで、今回は昼のショーパレード撮影の設定について私なりにまとめてみたいと思います(*’▽’)

なお、エレクトリカルパレードの撮影設定はまた別になりますので以下の記事をどうぞ!

→ エレクトリカルパレードを綺麗に撮るための設定と5つのポイント! | ゆるカメライフ

基礎から解説!初心者のためのディズニーショーパレード設定マニュアル

昼のショーパレードの設定


いきなりですが私の普段の設定を言ってしまいましょう!どん!!!
  • モード:マニュアル
  • F値:開放(もしくは少し絞る)
  • シャッタースピード:1/800秒
  • ISO感度:自動制御
本記事中に載せているショーパレード写真は全てこの設定で撮っています。なお、撮影者が設定を決めることができるカメラであれば、一眼レフでもミラーレスでもコンデジでもなんでもオッケーです。

もしかしたら見慣れない設定方法かもしれませんし、『マニュアルってなんだか難しそう』と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はいたってシンプル。

というわけで!この設定をより皆さんのものにしてもらえるように、この設定の中身についてちょっと詳しく書いてみようと思います(*’▽’)がんばるぞい!
『露出』のイメージをつかもう

露出とは、写真を撮る時に取り込まれる光の量を指します。『露出=写真の明るさ』と言い換えるとイメージしやすいはず。そして、明るすぎず暗すぎず適切な明るさになることを適正露出と言います。

さて、この露出は絞りシャッタースピードISO感度という3つの要素によって決まります。

この部分はショーパレード撮影の設定だけでなく、これから色んな写真を楽しむために絶対に覚えておくべき知識なので、バケツに水を溜めることに例えてもう少しかみ砕いて書いてみましょう(*’▽’)

sony_rosyutu 【引用:露出と露出補正 | デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ | SONY

『ここまでちょうだい!』というラインまでカメラが光を取り込むことで、写真は適正露出になります。

上の図で考えてみると、絞り値とは、蛇口の開き具合。この図では『水=光』だと考えてくださいね。

この数字が小さいと蛇口が広く開かれるので、水はジャバーッと一度にたくさん出ます。逆に大きくなればなるほど、水はちょろちょろと少しずつしか出なくなります。

次にシャッタースピードは、水を出す時間のこと。蛇口が広く開かれていれば、水を出す時間は短くてもすぐバケツに水が溜まる。蛇口がちょっとしか開いてなかったら、水を出す時間を長くしないと一定ラインまで水が溜まってくれません。

つまり、カメラの用語に言い換えると、絞り値を小さくするとシャッタースピードを速くできるというわけです(*’▽’)

Bucket, Water
そして最後のISO感度は、水の勢いに例えることができます。蛇口の開き具合・水を出す時間が同じでも、水の勢いがあった方がより早くバケツに水を溜めることができますよね。

もうこれ以上蛇口が開けない、もうこれ以上水を出す時間を長くできない、でもこのままだと一定ラインまで水を溜めることができない…という場面でISO感度を上げると、水の勢いがよくなってしっかり水を溜めることができるんですね。

こんな感じで蛇口の開き具合=F値、水を出す時間=シャッタースピード、水の勢い=ISO感度の3つの要素がそれぞれ補い合って、バケツに水が溜まる。このイメージでなんとなく掴めていれば大丈夫です(*’▽’)
ショーパレード撮影では自分でコントロールしたい要素が2つある!

人によって『撮りたいショーパレード写真』は様々だと思うのですが、私は
  • キャラクターの動きを服の裾までしっかり止めること
  • キャラクターが引き立つように背景をボカすこと 
の2点を重視しています。

そのためにはシャッタースピードを一定以上の速さに保つこと、そしてF値を小さくすることが必要。つまり、私の理想のショーパレード写真を撮るためには、シャッタースピードとF値の両方を自分でコントロールする必要があるんですね。


また、お昼のショーパレードでは太陽の角度や雲のかかり具合などによって明るさが微妙に変化します。

人間の目には些細な違いであっても、カメラにとってはその違いはかなり大きいので、設定を完全に固定にしてしまうと、その些細な明るさの変化によって写真の明るさがバラバラになる可能性が高い。

だからISO感度だけはオートでカメラ任せにすることで一定の明るさで撮れるようにする、そして冒頭の設定ができあがるというわけです(*’▽’)
絞り優先・シャッタースピード優先ではダメなの?

絞り優先やシャッタースピード優先ではダメなの?』をいう疑問を持ちながらここまで読んでくださった方もいらっしゃるはず。このことについても触れておきましょう(*’▽’)

絞り優先モードは、F値を撮影者が決め、シャッタースピードをカメラ任せにする撮影モードのこと。

勘の良い方はピンときたかもしれませんが、シャッタースピードをカメラ任せにするとキャラクターがブレる可能性が高いため、ショーパレード撮影に限らず、動体撮影には絞り優先は不向きです。

(※なお、ISOオートではシャッタースピードの下限を決めることもできるので、それを応用すれば絞り優先でもOKですが、ちょっと遠回りなので私は使っていません。このあたりは皆さんの好みで設定に手を加えていただけたらと思います


シャッタースピード優先は、シャッタースピードを撮影者が決め、F値をカメラ任せにする撮影モードのこと。これを使ってシャッタースピードを速く固定しておけば、キャラクターがブレる心配はなくなります。

そこまでこだわりがない、またはISO感度自動制御の設定の仕方が分からない場合は、シャッタースピード優先で1/800秒に設定してもらっても問題ありません

じゃあなんであえて最初にマニュアルの設定を説明したの?と言われそうなんですが、私としては『ここは背景をボカしたい!』『ここはステージを広めに写して全体にピントを合わせたい!』などというようにF値もコントロールしたいという完全な個人の好みです。

なので、シャッタースピード優先にしていただいても問題はないんですが、ひとつ大切な注意点があります。
というのも、夕方や曇りの日、鑑賞場所が日陰などの場合、シャッタースピード優先で撮影すると写真が暗くなってしまうことがあります

シャッタースピード優先はF値をカメラ任せにするモード。

カメラにとって暗い場面ではカメラはF値を小さくしようとするんですが、レンズごとにF値の最小値が決まっているので、『これ以上下げられない!』というラインを超えてしまうと、光量不足となり暗い写真を量産してしまうことになるんですね。

せっかく頑張って撮ったのに、見返してみたら写真が真っ暗…というのは悲しすぎるので、シャッタースピード優先で撮影される際は、
  • ISO感度自動制御に設定
  • あらかじめISO感度をある程度上げておく(目安はISO800-1000
のどちらかに設定しておくことを強くオススメします(*’▽’)

理想のショーパレード写真を撮るためのポイント!

ISO感度自動制御の設定方法
DSC_6796
ISO感度自動制御使ったことない!という方もいらっしゃると思うので、設定方法にも触れておきましょう(*’▽’)

私が使っているNikonの一眼レフの場合『メニュー撮影メニューISO感度設定感度自動制御する』で設定できます。Nikon以外のカメラでの設定方法は各自でご確認ください。

またこの機能では、ISO感度の上限を撮影者自身で設定することができるのが嬉しいところ。

ISO感度は上げすぎるとノイズが発生し、ザラザラとした汚い写真になってしまうため、上限を決めておくことはすごく大事です。私は昼のパレード撮影ではISO800‐1000くらいに上限設定しています。
F値

冒頭の設定紹介で『F値:一番小さい数字』と書きましたし、特にこだわりがなければこの設定で問題ないんですが、一つ付け加えると少し絞る(F値を大きくする)のもオススメ。

というのも、レンズはちょっと絞った方が描写力が上がるからで、私もいつも気持ちF値を上げるようにしています。

ただ、キットレンズをお使いの場合、開放値(F値の最小)は標準ズームでF3.5・望遠でF4.5-F5.6などが多いはず。ここからさらに少し絞るとなるとF5.6-F6.3くらいになるんですが、その状態で1/800秒という速いシャッタースピードに設定すると、ISO感度がかなり高くなる可能性があります。

ISO感度が上がるとノイズが発生し、せっかくの良いカメラで撮った写真から繊細さが失われることになってしまうため、可能な限り上げたくないもの。ここも好みではありますが、キットレンズを少し絞って撮影されたい場合は、ISO感度の上がりすぎには十分注意してくださいね(*’▽’)
シャッタースピード

私がいつも設定している1/800秒というシャッタースピードは、経験と感覚で私基準で決めたものです。

1/500秒だと手や衣装がたまにブレる、1/640秒で大体の場合は止まる。でも上半身アップで撮るときは服の裾がブレるときもあるから余裕を見て1/800秒という感じで設定しています。

必ず試し撮りと設定の確認を!

設定についての説明は以上なんですが、カメラに設定を入れたら、パレードが始める前に必ず一度試し撮りを行うようにしてください。

夢中で撮っていていざ見返したら写真が暗すぎる・明るすぎる・ノイズがひどいなんてことになっては悔しいですし、試し撮りをすることでそれらを事前に防ぐことができます。

というわけで!最後は設定に気になるところがあった場合の対処法についてまとめたいと思いますので、もう少しお付き合いください(*’▽’)
写真が明るすぎる・暗すぎる

雲ひとつないお天気の日や、ステージやパレード側に太陽があって逆光となる場合には露出過多といって写真が不自然に明るくなることがあります。そんなときはシャッタースピードを速くするかF値を少し大きくします。

また、先程から何度か述べていましたが、夕方や日陰・曇りの日はカメラにとって光が足りず、写真が暗くなってしまうことも。あるいは、明るさは問題なくてもISO感度が上がりすぎてしまう可能性も考えられます。

その場合は、シャッタースピードを少し遅くする・もしくはF値をより小さくできるのであれば小さくします。


あくまで個人的な感覚ですが、バストアップで撮るなら1/640秒、ステージやフロート全体を写す・キャラクターを2,3人写す場合なら被写体ブレが目立ちにくいので1/500秒以下でも問題ないように思うので、数値の参考になればと思います。

なお、設定を調節しても明るさが一切変わらない場合、もしかしたらカメラの露出補正が著しくプラス・マイナスに振られていることが原因であることが考えられます。その場合は一度絞り優先などのセミオートモードに切り替え、露出補正ダイヤルを±0にして再度お試しください。

私自身色々撮ってきてこういった場面に遭遇したことはそんなにないんですが、念のため対処法はしっかり押さえておいてくださいね(*’▽’)
おわりに

さてさて、あれこれ書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

せっかくパレードを見るし、良いカメラも持ってきたからキャラクターを綺麗に撮ってみたいという方から、キャラクターを撮ることを趣味にしたいという方まで幅広く活用していただけるように頑張って書いてみました。

この記事がみなさんの夢の国での素敵なひとときに少しでも役立てば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!