万能な35mmかスタンダードな50mm。単焦点好きの私が1本だけ選ぶならどっち?


単焦点レンズを見ながらご飯3杯はイケちゃう皆さん、どうもこんにちは。

単焦点のメジャーな焦点距離としてよく挙げられる35mmと50mm。せっかく買うなら使い勝手の良いもの、良い写真が撮れるものを選びたいですし、このあたりはかなり悩むポイントだと思います。

というわけで、今回は35mmと50mmどちらが使い勝手と写真の出来において『標準』なのか、私なりにあれこれ考えてみようと思います。


35mmと50mm、『標準』なのはどっち?


私にとっての『標準』は35mmだった
Nikon
一般的に標準と呼ばれる焦点距離は50mmなのですが、50mmって少し狭いんですね。

『これから単焦点デビューしようと思うけれど、焦点距離と言われてもイマイチ想像ができない』という方によく言うのは、50mm何かを見つめている時の視野35mmボーっと何かを見ている時の視野に近いという話。だから50mmは少し狭いと感じるわけです。

逆にボーっと何かを見ている時の視野ということは、風景も撮れるし人物も撮れるとにかく万能な焦点距離。目の前の世界を見たまま撮ることが出来ます。

ちなみにインスタントカメラの『写ルンです』に使われているレンズも32mm。このことからも、30mm近辺は気軽にスナップを撮るのに最適な焦点距離ということがわかります。
私がはじめて手にしたニコンの単焦点は50mmだった

D5500を使っていた頃、私が最初に手にした単焦点、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ED。35mm換算で52.5mmとなるTHE標準域のレンズです。

その頃は35mm換算だったり、各焦点距離の特性なんかも全く分からなくて、ただ一番売れてるらしいからという理由で購入を決めたのですが、使い始めた頃の感想は思っていたより狭いというものでした。

写る範囲が狭かったり、レンズを覗いて見たら思っていたより被写体に近かったり。キットレンズの18-55mmを使っていた頃とは全く違う不便さに結構戸惑った記憶があります。
50mmは狭いからという理由で買い足した30mm
52.5mmを使い続けるうちに、私には程よく広い焦点距離の方が合っているのではないかと感じ始めた私。

程よく広く、風景からスナップまで対応できるという意味で、私の理想の単焦点は35mm近辺なのではないかと思い始め、そして悩んだ末に買い足したのがAF-S NIKKOR 20mm F/1.8G

D5500に着けると35mm換算で30mm、まさにこの時の私にとって理想の焦点距離です。

DSC_0464-2

30mm(AF-S NIKKOR 20mm f1.8を35mm換算)



ちょうどこれを買い足してすぐにフロリダのウォルトディズニーワールドに行くことが決まっていて、この20mmを標準としてカメラに着けっぱなしにしていました。

実際にあれこれ撮ってみて、パーク風景を1枚におさめる時も、ちょっとした小物を写すときも、そして記念撮影するときも本当に使いやすくて、30mm近辺の万能さをひしひしと感じました。

aDSC_0854

30mm(AF-S NIKKOR 20mm f1.8を35mm換算)



夜景を撮るにしても切り取れる幅が広すぎず狭すぎず絶妙で、自分の脚を少し動かしてやれば理想の範囲を切り取れる

やっぱり30mm近辺が最高!私の中での標準の焦点距離は50mmじゃない!と確信していました。そう、この頃は。

24-70mmを使い始めて知った、真の『私がよく使う焦点距離』


D5500を使っていた頃はもっぱら単焦点ラブを貫いており、超広角ズームを除いてほぼ単焦点縛りで撮り歩いていたのですが、そんな私に転機が訪れます。それがフルサイズデビューです。

フルサイズ機を買うにあたって自分の撮影スタイルを見直そうということになり、今まで以上にシャッターチャンスに食らいつくため『この1本があれば何でも撮れる』というレンズを探してAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDに辿りつきました。そしてこれを使っていくうちに、私の中でしっくりくる写真は実は35mmよりも50mm近辺で撮られていることの方が遥かに多かったことに気が付いたんです。
35mmは万能ゆえに平凡な印象になりがちだった

35mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8)



風景にも人物にも使えて、ボーっと何かを見ている時の広めの視野が写しとれる35mm。

適度に何でも写せるというメリットは、何を写しても平凡になるというデメリットでもあることに気が付いたんです。

dsc_3564-2

30mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8)



ピタッと35mmの画角の中に収めたい被写体がハマれば素晴らしい1枚になるのですが、思っている以上に写る範囲が広いので要らないものまで写り込んでしまうため、『作品』のような1枚は撮りにくい

考えず撮るとすぐに『記念写真』になってしまうのが35mmの難しい点といえます。
初心者でも『作品』が撮れる50mm
dsc_9412-2

58mm(NOKTON 58mm F1.4 SLⅡ)



写真は引き算という言葉を聞いたことはありませんか?

印象的な1枚を撮るために必要なのは、何を写し何を写さないかを考えて引き算すること。余計なものを写さず主題をハッキリさせることで、より印象的な写真になります。

さっきから50mmはちょっと狭いと何度も書いていますが、そのちょっと狭いおかげで無駄なモノが写らないんですね。

dsc_3224-2

50mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)



初心者が50mmという焦点距離を使うことで、引き算の練習になる。つまり写真の上達に繋がる

無駄なモノが写らないと写真がスマートになるし何が写したいかが明確になるので、初心者でも簡単に『作品』が撮れるんですね(*’▽’)
35mmは目の前の世界を閉じ込める、50mmは目の前の景色を切り取れる
DSC_9888

35mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)



ズームレンズでじっくり撮り歩き、各焦点距離ごとの自分の写真と向き合ってみて改めて思うのが、35mmは目の前の世界を閉じ込める要素が強い画角であるということ。

目の前の世界を閉じ込めるということは、目の前にあるもの全てを写してしまうということ。だから『記念写真になってしまうし、何も考えずに撮ると何が主題なのか何が撮りたかったのかさっぱりわからない平凡な1枚になってしまう。

DSC_6054

50mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)



それに対して50mmは目の前の風景を『切り取る』という要素が強い焦点距離だと感じます。

目の前に広がる世界のうち、自分が『ここがいい!』と思った部分だけをピックアップして切り取って撮ることができる。適度に副題も取り入れつつ、主題をガッツリ引き立たせられるバランスの良い焦点距離がまさしく50mmだと思います。

dsc_2883

50mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)



写真をある程度続けてみて、自分なりの視点をもって自分なりにその景色を切り取るからこそ写真は楽しいものだと感じます。

こう考えると写真を楽しみ上達させ、作品を撮るための『標準』と呼ぶには35mmは広すぎる

35mmも50mmもどちらも捨てがたいのですが、もし1本だけ単焦点を選ぶとしたら、今の私は間違いなく50mmを選択します。

私が気になる50mm単焦点レンズはこれだ!

そんなこんなで『35mmが標準』と思っていたけれど、ようやく50mmの良さに気付いた私。この記事を通して50mmの良さが伝わっていれば嬉しいです(*’▽’)

さて、最後はこの記事の内容を踏まえて、私が選ぶオススメの50mm単焦点をいくつかピックアップしたいと思います。
NikonのAPS-C向け50mm単焦点
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G
センサーサイズの関係上、焦点距離が1.5倍になるAPS-C機。エントリーモデル等お使いの場合は、50mm単焦点を手にするためには35mmを購入する必要があります。35mm×1.5=52.5mmですからね。ややこしやー。

そしてニコンユーザーにはAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gというドンピシャのレンズがあります。こちらのレンズはAPS-C機専用。初心者のための単焦点レンズともいえます。

52.5mm(AF-S DX NIKKOR 35mm f1.8×D5500)

52.5mm(AF-S DX NIKKOR 35mm f1.8×D5500)



私がニコンを使い始めて初めて買った単焦点レンズがこれだったんですが、とにかくよくボケる。背景ボケは一眼レフの醍醐味の一つですよね。

お値段も手頃で、写りは値段以上と言っても過言ではないこの1本。世界を自分の感性と足を使って切り取る楽しさを味わうなら、ニコンユーザーなら持っていて絶対に損のない1本だと思います。
CanonのAPS-Cの場合
Canon
またキヤノンをお使いの場合、EF 50mm F1.8EF-S 24mm F2.8がお手頃単焦点としてよく挙げられると思うんですが、前者は35mm換算で75mm、後者は38mmになります。

私自身はニコンユーザーなのでこの2本とも未使用なのですが、APS-Cで換算75mmになる50mm F1.8はかなり狭く、この記事で書いた目の前の風景を切り取るという要素がかなり強くなり、初心者にとっては何でも写ってしまう35mmとはまた違った使いにくさがあると思います。

dsc_3381

70mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)



普段キットの18-55mmのズームレンズで50mm近辺をよく使う方であれば問題ないですが、そうでないと近すぎて使いにくいと感じる可能性が高いので、『安いからとりあえず買い!』とはなかなか言いにくいレンズなように思います(´・ω・)

ef-s-24mm-f-2-8-stm-default_tcm14-1180890
また、24mm F2.8に関してはこの記事で作品を撮るのが難しいとした換算35mmに近いもの。とはいえ、こちらはかなり薄型軽量のパンケーキレンズであり、携帯性は抜群。

開放値F2.8なので背景のトロットロなボケは味わいにくいですが、お値段的にも画角的にも入門単焦点としては50mmよりもこちらの方がオススメ

DSC_5990-2

50mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)



ただ、やっぱり換算50mmで単焦点ライフを楽しみたい!という方には、少々お値段が張りますが安心と信頼のフルサイズにも対応しているEF-S35mm F2や、SIGMAというメーカーが作っている、少しお値段控えめの30mm F1.4も選択肢に入れて損はないと思います(*’▽’)
フルサイズ向け50mm単焦点
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
hotarunrunrun-3
Nikonが送る最もシンプルな50mm単焦点。185gというのは驚異的な軽さはなんといっても魅力的です。

私がこのレンズを手にしたきっかけはヒメボタルの撮影だったんですが、この時も広すぎずでも主題を明確にしてくれる50mmという画角に非常に助けられました。

お値段も手頃ですし、フルサイズ向けの50mm単焦点として手にしておいて間違いがない1本です。
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
41n4518awal


50mm F1.8というスペックは写真を楽しむうえで、そしてその写真を『作品』として仕上げる上で最もスタンダードなもの。でもちょっと優等生過ぎて面白くないなと思ってしまったワタシ。そんな時目に入ったのが58mm F1.4というレンズ。

何も知らなかったワタシは『58mmって中途半端!』と思ってしまったんですが、F1.4という驚異的な明るさを叩き出すのに最も無理のない設計が58mmだったんだとか。

sample_l
またこのレンズは『三次元の被写体を、写真という二次元のフィールドに、より自然な三次元の像として再現する』ことを目的とした三次元ハイファイという設計思想に基づき作られたレンズで、その描写力やボケ感は圧巻の一言なんだとか。うーん、ご飯何杯でもイケそう。

お値段も20万円オーバーとかなりヘビーなんですが、『作品』としての50mmレンズの最高峰。一度味わってみたいものです(*’▽’)
Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLⅡ
DSC_0073-4
50mm F1.8の優等生感にもう一味欲しくなり、でも純正58mm F1.4は高すぎて手が出せない私が最終的に選んだ標準単焦点フォクトレンダーの58mm F1.4

こちらは今まで挙げてきたレンズとは異なり、オートフォーカスが使えないモデルなんですが、50mm近辺で作品をじっくり撮るならマニュアルフォーカスも味があって良いだろうということで、値段の手頃感もあり購入しました。

DSC_8087
絞りによって写りの印象を変えてくるレンズで、たまに撮ってる本人が思ってもいないような、ドキッとする1枚を叩き出してくれることもあるレンズ。その写りの変化があまりに楽しいのでつい何気ないものにもカメラを向けたくなる1本です。

フルサイズユーザーさんであれば、58mmと標準単焦点として検討するのもかなりアリな選択だと思います(*’▽’)
おわりに
DSC_0090
一眼レフを持ったら誰もが良い写真を撮りたい!と思うはず。

『35mmが標準』という考えから始まり、大三元レンズで単焦点にこだわらないカメラライフを経て、随分遠回りしてみて言えることは、良い写真を撮るのに、もっと言えば作品を撮るのに最も適した単焦点はやっぱり50mmだということ。世間一般で『標準』と言われている理由が良く分かりました。

初心者が最も作品を撮りやすく、写真を知り上達させるために最も適しているのも50mm。

単焦点レンズがあると写真はもっともっと楽しくなります。この記事が皆さんの単焦点レンズ選びに少しでも参考になれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!