やっと出会えた理想のカメラバッグ!『offtoco』がコスパ抜群な件


写真を趣味にする上で意外と悩ましいカメラバッグ選び。デザイン・機能性・お値段の全てにおいて自分に合うものってなかなか無いんですよね。

私自身も写真を始めて以来ずっと探し続けていたんですが、ついにしっくりくるものを見つけました!

というわけで!今回は男女問わずオシャレに使えるコスパ抜群のカメラバッグ『offtoco』の魅力を語ってみたいと思います(*’▽’)

『offtoco』の魅力を語ってみる!

『offtoco』ってどんなカメラバッグ?

『offtoco』とはELECOMが発売しているカメラバッグシリーズ。リュックとメッセンジャー・ショルダーバッグを展開しています。ELECOMっていうとイヤホンとかマウスの印象が強かったんですが、バッグも作ってるんですね(*’▽’)

今回私が選んだのはリュックタイプ

リュックの中にも色んな種類があって、一番小さくレンズの取り出しやすさに特化した『023』、カメラボックスとしても持ち運べる『029』、一番大きく機能性も抜群な『028』という3タイプがあります。色はそれぞれ黒・グレー・ネイビーの3色展開です。

今回は私が選んだのは『023』という小さめサイズ、また彼さんが大きめサイズの『028』を買ったので、それぞれの魅力をじっくり語っていきたいと思います(*’▽’)
そもそも私の”理想のカメラバッグ”って?

記事タイトルに『理想のカメラバッグ!』と書いたんですが、そもそも私の理想のカメラバッグってどんなものなのかをちょっとまとめてみたいと思います。その方がこのバッグの魅力がより伝わりやすい気がしますしね(*’▽’)

さて、写真を始めてからずっとカメラバッグを探してたんですが、デザインが好みじゃなかったり、大きさが合わなかったりとなかなか思うようなものが見つからず、OUTDOORのショルダーバッグに別売りのインナーケースをはめ込んでカメラバッグとして使用していました。

パッと見カメラバッグに見えないし、思っていたよりは使いやすかったんですが、それでも使い続けるにつれて3つくらい悩みが出てきたんです。

1.片方の肩にすごく負担がかかる

ショルダーバッグあるあるなんですが、カメラやらレンズやら色んなものを入れてたすき掛けにして持ち歩いてたら、片方の肩だけにものすごく負担がかかってすぐ疲れてしまいます。

2.レンズが取り出しにくい


ショルダーバッグの利点としてよく挙げられるのが、荷物の取り出しやすさ。リュックと違ってすぐ体の前にバッグを持ってこれますからね。

また、このバッグには前掛けがあるんですが、これをレンズ交換の度にいちいちめくらないといけないので、少し邪魔に感じることもありました。

ただ、黒いバッグに黒いインナーボックスを入れていたせいで、仕切りが分かりにくく、カバンの中がすぐぐちゃぐちゃになってしまうことも。ササッとレンズ交換したい場面でもたつくことがしばしばありました。

3.カメラやレンズ以外のものを入れるスペースが少ない


私が今まで使っていたショルダーバッグは、収納スペースすべてにカメラやレンズを入れられる反面、カメラやレンズ以外のものを入れられるスペースが少ないのも悩みでした。

小物類はポケットがあれば結構収納できるんですが、お茶や財布・ポーチなどを入れるスペースには困ることが多かったです。
この悩みを踏まえた私の”理想のカメラバッグ”は?
これら3点を踏まえて、私の欲しいカメラバッグの条件はこんな感じになりました。どん!
  • 肩の負担が少ない→リュックタイプ
  • レンズが取り出しやすい
  • カメラやレンズ以外のものを入れるスペースがそこそこ充実
  • 色んな服に合わせやすいデザイン
こういうワガママ極まりない理想を胸に色々探していて、手にしたのが『offtoco』だったというわけです(*’▽’)

『offtoco』のここが好き!

レンズが取り出しやすい

リュックというと、荷物を取り出すときにいちいちカバンを一旦降ろさなければいけないことが多く、荷物が取り出しやすいイメージってあまりないと思います。

『offtoco』はリュックの両サイドにレンズの取り出し口が付いているので、いちいちカバンを全部降ろす必要がなく、レンズがすごく取り出しやすいんです。

『offtoco』はニ気室構造になっていて、下半分がレンズを収納できるボックスになっています。収納するときは、上の写真のようにボックスを取り出してレンズを入れます。なお各仕切りはマジックテープで自分で細かく位置や高さを調整することが可能です(*’▽’)

画像元:http://www.elecom.co.jp/pickup/off-toco/bp.php



で、撮っている時にレンズを替えたくなったら、上の写真のようにさっきの取り出し口から簡単かつスムーズにレンズ交換ができるのがすっごく便利。

また、『前のバッグは黒に黒い仕切りが分かりにくかった』と書いてたんですが、『offtoco』の内生地は鮮やかな色になっており、整理しやすく取り出しやすいように工夫されています。ちなみに私が使っているネイビーの内装は黄色、グレーだと水色です(*’▽’)

なお『offtoco』の3タイプのうち、『023』『028』はこの取り出し口が付いていますが、カメラボックスタイプの『029』にはこのポケットが無いので注意してくださいね(*’▽’)
ニ室構造だからカメラ以外のものもしっかり収納!

写真を撮りに行く時って、財布やお茶・予備バッテリーにポーチなど結構必要な多いと思うんですが、『offtoco』は二気室構造なのでカメラやレンズ以外のものを入れるスペースがかなり充実

とりあえず実際に私物を突っ込んでみた図が上の写真なんですが、ポケットも充実しているので、しっかり整理整頓して入れることができます。

二気室に分ける仕切りもかなりしっかりしているので、重さのあるものでも安心して入れられます。ちなみにハイパー適当人間の私は、このスペースはD750(レンズ込み約1.6kg)を突っ込んでることもよくあるんですが何の問題もなく快適に使えてます(*’▽’)
『あると嬉しい!』が満載な機能性

上2つ以外にもまだまだ魅力的な特徴を持つこのバッグ。背面にあるレンズキャップ用ポケットもそのひとつです。

ポケットがない服を着ているとき、外したレンズキャップを適当にしまって後から『あれ、ない!』となることがよくあったので、これはすごく嬉しいポイント。

他の機能もまとめてみると
  • PC用の背面ポケット(『023』は13.3インチ、『028』は15.5インチまで収納可能)
  • 急な雨から機材を守る全面撥水加工
  • 底面に備え付けのレインカバー(『028』のみ)
  • 三脚ホルダー(『028』のみ)
…とこんな感じです(*’▽’)充実!
重さを感じさせないしっかりとした作り

今まで使っていたカメラバッグの最大の難点は、片方の肩に負担がかかりすぎてすぐに疲れてしまうこと。

ただリュックはリュックで選び方を誤ると背負いにくかったり、腰にかなり負担がかかったりすると聞いていたのでちょっと心配だったんですが、『offtoco』はビックリするほど背負いやすい

上の写真から伝わるかどうか自信がないんですが、背負うベルトの部分がかなりふかふかで、前のカメラバッグで感じていた『ベルトが肩に食い込む感じ』がなく、身体への負担がかなり少ない。長時間背負っていても全然疲れなくて本当に助かります。

大きいサイズの『028』には背中部分にもクッションがあり、さらにチェストベルトまで付属しているので、収納面だけでなく持ち歩く人への負担においてもちゃんと考えられたしっかりとした作りになっているなと感じます(*’▽’)
シンプルだけどオシャレ、どんな服にも合わせやすいデザイン

『offtoco』は3デザイン・3カラーでの展開。どれもシンプルなんですが、丸っこいデザインなので、男女問わずどんな服にも合わせやすいデザインだと感じます。

カメラリュックってどうしてもゴツいイメージがありがちなので、ラフで丸っこい親しみやすいデザインなのは嬉しいポイント。

私が愛用しているネイビーは、紺色よりは少し青みがかった明るい印象。グレーもライトグレーに近く、どんな季節・服装にも合わせやすい軽やかなカラーです(*’▽’)
とにかくコスパが優秀すぎる

私自身ずっとカメラバッグを探しながらもなかなか購入に踏み切れなかった理由は値段でした。

カメラバッグってしっかりした作りが求められる分、どうしてもお値段が普通のバッグよりも高めになってしまいがち。『安いな』と思ったら機能性がイマイチだったり、『デザイン素敵だな』と思ったら2-3万円超え…というのがいつものパターンでした。


その点『offtoco』は抜群の機能性を持ちながら、小さいサイズはAmazonだと4500円ちょっと。大きめで機能マシマシの『028』でも7000円ちょっとと、コスパがおそろしく優秀。ずっと購入を渋ってきた私にとっても、手が伸ばしやすいカメラバッグだったんです。

私自身お値段的に正直そこまで期待してなかったんですが、実際に届いてみて触った時の感想は『えっ、この値段でこの作りってすごくね』でした。ほんとしっかりしてます。

『offtoco』の一番の魅力はやっぱりこのコストパフォーマンスだと思います(*’▽’)

offtocoを選ぶときのポイント

さて、『offtoco』について色々語ってみましたが、少しでもこの魅力伝わっているでしょうか(*’▽’)?

もしかしたら『offtoco』に興味を持ったという方もいらっしゃるかもしれないので、最後に私が実際に使ってみて気付いた『offtoco』を選ぶ上でのポイントをまとめておきたいと思います(*’▽’)
入れられるカメラ・レンズの数

カメラバッグ選びにおいて最も大切なポイント。

下のボックスにカメラとレンズ両方を収納する場合、ボディ1台と交換レンズ1-2本程度であれば問題なく入れることができます。上の写真では、標準ズームを装着したD5500・望遠レンズ(55-300mm)と小型の単焦点レンズの3点を入れてみました。

なお比較的ゆとりのある収納スペースになっていますが、13cm以上の長さがあるレンズは縦向きでは収納できないのでちょっと注意が必要。キット望遠が123mmなのでそれを基準に考えておきましょう(*’▽’)

もちろん上のフリースペースを活用すれば、より多くのレンズを収納することも可能です。


ちなみに私はD750をメインで使っていて、左右2つの取り出し口のすぐ近くに交換レンズ(超広角&魚眼)を入れています。

さすがに24-70mmを着けたD750は下のボックスに入れることができないので、ボディを鞄の中にしまいたい時は、下のボックスではなく上のスペースにそのまんま突っ込むカタチで使っています。

私は写真を撮る時は基本ずっとカメラは首に提げっぱなしなのと、大型一眼レフボディを入れるスペースがしっかりとあるカメラリュックはどれも大きすぎて体型に合わないので、リュックの大きさ重視で選びました。これでも全く問題なく使えていますが、フルサイズの装備をしっかり入れる用のカメラバッグではないと思います_(:3 」∠)_
リュックのサイズ感について

画像元:http://www2.elecom.co.jp/products/DGB-S023NV.html



最後にサイズ感。公式サイトに寸法が書いてあるんですが、ネットで購入する場合その数字だけ見てもイマイチピンとことも多いですよね。

私は身長162cmの(一応)女なんですが、『023』は全く違和感なく体にフィットする感じで快適に背負えています。

一方『028』はかなり大きくて背負うとゴワつくというか、まるで私がリュックに背負われているようになってしまいました(;・∀・)

画像元:http://www2.elecom.co.jp/products/DGB-S028BK.html



『023』『029』は男女問わず使えるサイズ感『028』は公式サイトで男性のモデルさんが背負っている点からも男性向きなのかなと思ったりします。あくまで個人の感想ではありますが、サイズ選びの参考になれば幸いです(*’▽’)
おわりに
『offtoco』の魅力についてあれこれ語ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

私自身気に入らないバッグを買ってカメラを持ち出さなくなるくらいなら、無理してカメラバッグを買う必要もないんじゃない?と考えているタイプなんですが、『offtoco』はデザインと機能性、そしてコスパの面において『とりあえず持ってみる』のに最適な選択肢だと思いますし、もっと早くに出会いたかったなあと思った本当に素敵なバッグです。

この記事がみなさんのカメラバッグ選びのヒントに少しでもなれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!



off toco – エレコム株式会社