RAWとJPEG、レタッチするとどれくらい差が出るのか私なりに比較してみた!

Photo
写真は本当に奥が深いもの。少し慣れてくると、始めた頃とはまた違ったいろんな疑問が湧いてきます。

写真歴丸1年を迎えた私にも、またひとつ疑問が舞い降りてました。そう、それを解決してその過程を記録しておくのが『ゆるカメライフ』の目的。今回はRAWとJPEGのレタッチ耐性の差です。

RAWとJPEG、レタッチしたら結構差が出るものなの?


その前に『RAW』って何?
Photograph
本題に入る前にサクッとRAWの説明を。知ってるよ!という方はちょっと飛ばしてください(*’▽’)

RAWとは、写真の保存形式の一種です。

RAWは英語で『生(ナマ)』という意味で、RAWデータは『生のデータ』とも言われます。写真を撮る時にイメージセンサーが感知した光の情報をそのまんまデータとして持って帰ってきてるのがRAWデータです。
JPEGはカメラ内部でRAW現像が成された、完成形のデータ

RAWって何?と思って今この記事を読んでいる方の普段の撮影形式はJPEGというもの。

実は私たちが写真を撮ってる時、カメラ内部ではRAW現像がおこなわれています。JPEGはシャッターを切り、イメージセンサーが感知したあらゆる光の情報をカメラ内部で瞬時にまとめあげて、現像処理を済ませた状態で出されるデータがJPEGというわけです。

こんな風に書くと頭がこんがらがりそうですが、JPEG撮影はカメラに現像を任せる、RAW撮影は本来カメラがおこなう過程を自分でやり、JPEGにするという撮影手法というわけです(*’▽’)
RAW撮影すると何ができるの?

突然ですが、みなさんカレーライスを作ったことはありますか。材料切って、ルーやスパイス、隠し味なんかを入れて煮込みますよね。私が使う隠し味は醤油とウスターソース、はちみつです。

RAWはカレー作りで言うなら材料を切った状態。この後のスパイスの入れ方、煮込み方、隠し味などの工程で自由にカレーを作ることができます。

一方JPEGお店で出てきたカレーライス。福神漬けとか生卵とかを足すことはできても、そのカレー自体を自由に変えることはこの段階では既に不可能ですよね。

RAW撮影・RAW現像ってそういうことで、RAWは材料。JPEGで撮影したときよりも、自由にその写真に味付けし、完成形を自分の思い通りに自由に変えることができるというわけですね。

JPEGをいじっちゃだめなの?


先程RAWデータは『光の情報』と書きました。私が普段扱っているRAWデータは26,7MBはある非常に大きいもの。それに対してJPEGは8,9MBくらいなので、この数字を見ているだけでも1つの写真につき乗っけているデータの大きさや多さはRAWとJPEGの間で全然違うんだろうなということは想像できます。

でも思いません?実際JPEGいじっても問題なさそうじゃない?と。『写真を後処理するならRAWでないと!』って言われるけど、実際RAWとJPEGにそこまで差があるの?と。

meguさん気になっちゃったので、ちょっと色々実験して比較してみました(*’▽’)
RAWとJPEG、同じようにレタッチしたら差が出るのか試してみる!
RAWデータJPEG(画質はFINE)の2通りで保存した同じ写真を用意して、まずRAWデータの方を私の思うようにAdobe Lightroomで現像し、それと同じように今度はJPEGをレタッチして、違いを比べるという感じで進めていきます。

Lightroomの設定ペーストを使えば?と言われそうなのですが、RAWで設定した数値をJPEGに反映するととんでもなく色が濃くなることが判明したので、今回はJPEGとRAWを全く同じ設定で比較するのではなく、JPEGをRAWで現像したものに限りなく近づけるように私の感覚を信じてレタッチしています(*’▽’)あくまで参考程度に。
RAWとJPEGを比較してみる!
DSC_7373-4
あえて上のが元画像、いわゆる撮って出しです。なんかスッピン披露してるみたいで恥ずかしくなってきましたね。

DSC_7373-5
そしてこれがRAWデータを現像したもの。私の目に写った光景を再現してみました。

DSC_7373-2-2
これがJPEGをレタッチしたもの。どうでしょう?違い感じます…?

ブログ用に圧縮しているので見えにくい可能性は大なのですが、やってる本人としてはJPEGでも問題をあまり感じません

ただ、あれこれいじっている感覚としては明らかにRAWの方が細かく弄りやすいという違いは感じられます。この写真で見る分には私の感覚としてはスマホで写真を見たり、SNSに載せたりする分にはJPEGでも問題なさそうですよね。
白飛びした写真で比較してみる
DSC_3643-2-3
前の日の夜景撮影でのISO感度そのままで撮った恥ずかしすぎるミスショット。なぜ残っていたのか心の底から謎ですし、まさかこんなところで役に立つとはこのデータも思ってもみなかったことでしょう。

でもここまではいかなくても白飛びって結構ありますよね。JPEGは対応しきれるんでしょうか。

DSC_3643
上の1枚はRAWデータを現像したもの。Lightroomで露光量を-1.17EVまで下げてるんですが、白飛びがなかったかのように仕上がってません?

DSC_3643-2
そしてこちらがJPEGをレタッチしたもの

ああやっぱりJPEGいじってもそんな変わらな…ん?写真の右上をちょっと切り出してみます。

DSC_3643
DSC_3643-2
上がRAW、下がJPEGです。JPEGの方、地図の等高線みたいな変な模様が出ているのが分かるでしょうか?

DSC_3643-2
写真左上もこんな感じ。結構汚いですよね。

1枚目の比較で『SNSに載せるくらいならJPEGいじっても』ということを書いたんですが、今はTwitterも最大2048pxまでの画像が載せられるようになり、見る側に『アレ?』と思わせてしまう可能性が大です。

この変な模様を出さないようにJPEGをいじることも可能だとは思うのですが、少なくともこういう写真の場合、RAWと同じようにはJPEGをいじることはできないと言えると思います。
補足:ダイナミックレンジを知って現像をもっと知ろう!
DSC_6723-2
比較例を2つ載せてみたところで、ひとつ説明し忘れていた事項がありました。それがダイナミックレンジです。

1枚の写真には必ず光と影があります。明るい部分と暗い部分が両方ある。

明るい部分が明るすぎると白飛びという現象が起き、その部分は真っ白に飛んでしまい、現像を施しても修復はほとんど不可能になります。暗い部分も暗すぎると黒つぶれという現象が起き、その部分は真っ黒につぶれてしまいます。白飛びや黒つぶれが起きると写真の繊細さは失われてしまいます。

1枚の写真において、白飛びが起きない明るさの限界から、黒つぶれが起きない暗さの限界までの幅(range)をダイナミックレンジと呼ぶんですが、これはカメラによって違うんですね。

一概には言えないそうですが、やっぱり中級機以上の良いカメラはダイナミックレンジが広めのよう。ダイナミックレンジが広いと、一見真っ暗に見えているところにも写真はしっかり明暗を察知してくれるので、より写真の階調表現も豊かになり、さらに現像でいじれる幅も広がると考えられます。

先の2つの例はNikon D750というフルサイズ機で撮ったものだったので、次の比較例はD5500というAPS-C機で撮影した写真を使ってみます(*’▽’)
わざと暗くした写真の暗部を思いっきり持ち上げて比較してみる
DSC_0023-2-4
もうイジメに近い暗さですよね。D5500にキットレンズである18-55mm f3.5-5.6を着けて撮ったものです。

まずはRAWデータをLightroomでいじってみます。

DSC_0023-4
露光量を+4.15まで思いっきり引き上げ、シャドウと白レベルを+40ほどいじりました。ISO100で撮ったのですが、無理やり持ち上げてるのでザラザラ感が出るのは当たり前。でも見たままの色を綺麗に再現できているように感じます。

DSC_0023-2-5
これがJPEGで頑張った結果です。RAWの時は露光量・シャドウ・白レベルの3要素だけで見たままの色や雰囲気に戻すことができたんですが、JPEGはあれこれいじっても私の力では無理でした(´・ω・)

RAWは光の情報、そして光の情報は『色の情報』でもあります。その情報がJPEGだと著しく乏しいのでいじれる範囲には限りがある、ということなんでしょうね。

結論:多少ならJPEGをいじっても問題ない?

Photo
普通の写真から極端な例まで3つほど例を上げてみましたが、ちょっとしたお直しくらいであれば、RAWではなくJPEGをいじっても写真にガタつきや不自然な部分はとくに見当たらないという結果に。あくまでおおざっぱな性格の私の感覚なので、気になる人からしたら気になると思いますが;つД`)

今は写真の加工ソフトやアプリは本当にたくさん出回っていますし、それを使って写真をそしてレタッチを楽しまれている方もいると思うのですが、写真を自分好みに仕上げたい、写真のクオリティをより上げたいのなら、やっぱりJPEGではダメだと今回比較して思いました。
JPEGだとホワイトバランスがいじりにくい
DSC_6599-5
RAWは光の情報ですから、その時の風景の色まで記憶してくれていて、現像ソフトに取り込むと色温度が数字として表示されるんですが、Lightroomの場合JPEGを取り込んでもその写真の色温度は数字で表示されません

写真の印象を決めるホワイトバランス。カメラの設定でホワイトバランスを変えてもいいのですが、色のパターンが限られているため、どうしても不自然な色になりがちなように感じます。

RAWなら色温度の微調整も容易です。これは私の感覚ですが、JPEGでホワイトバランスをいじるとどうしても『上書き感』が否めないように感じられます。JPEGは写真として既に完成形しているので、そこからさらに変更を加えているのだから仕方のないことですよね。
写真の繊細さが失われる
DSC_6272-2
ホワイトバランスしかり、JPEGという完成形を上からいじっていくと、上書きなのでやっぱりどことなく不自然さが表れてきます。この『上書き感』、個人的にはせっかくの写真の繊細な描写を潰しているように感じてしまうんですよね(´・ω・`)

RAWの場合は材料なので、下から組み立てていく段階なので、よほど無理しない限りは破たんすることなく写真の繊細さをしっかりと守った1枚に仕上げることができるように思いました。
こだわれるならRAWにした方がいいと思う!
DSC_1766-4
これらを踏まえるとRAWの方が良いのは明らか。私もちょっと近況報告…という記録写真以外は、しっかりRAWで現像してあげようと思っています。現像楽しいからね!

ただ、写真は自分が一番気軽に写真を楽しめる方法で撮るのが一番だと思うので、PCがない、単に面倒という理由でRAW現像ができない・したくない人はJPEGでもさほど問題ないと思いました。無理してRAW現像する必要もないと思いますし、これがあえて『こだわれるなら』と書いた理由です。

おわりに

Desk
いかがでしたでしょうか?役に立つ情報があったか自信はないのですが、やってる本人(私)が結構知るところが多かったのでこれでいいということで(*’▽’)

今回取り上げた3つの写真例は、完全に気分で選んだものなので、もしかしたらもっといい例があるかもしれませんね!RAWの底力を見せられるような写真があれば、また改めて比較してみたいなと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!