【Pickup!】ゆるカメライフの殿堂入り記事7選

【夜景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】

【前回(風景編)のあらすじ】

私、megu!どこにでもいる普通の女子大生!

写真にハマるうちにRAW現像の存在を知ったんだけど、何ができるのかよく分かんなくて、イマイチやる気になれなかった私。でもひょんなことからRAW現像を試してみたらビックリ!なんでもっと早く始めなかったんだろうって思ったんだ!

昔の私と同じようにRAW現像にとっつきにくさを感じている人も少なくないはず。私はそんな誰かのきっかけになりたくて記事を書き始めたんだけど…大変!文才がない!私これからどうなっちゃうのー><!?

・・・

という茶番はこの辺にして、今回は夜景を現像してみたいと思います。今見たものは忘れてください(*’▽’)いやもうほんとすみません

RAW現像ってどう使うの?何ができるの?実例使って解説してみる!【夜景編】

今回の記事で使うもの

今回この記事で実際に現像するのは、クリスマスシーズンの東京ディズニーシーで撮影した上の写真。なんでこれをチョイスしたのかはすぐ後に述べますね(*’▽’)

風景編同様、今回は『RAW現像を使うと何ができるのか・写真がどう変わるのか』がテーマなので、RAWに関する細かい説明は省略し、以前書いた記事に任せますが、この記事を読むにあたってはあまり細かい知識は必要なく、

  • RAW写真が写真になる一歩前のデータ
  • RAW現像カメラが写真を処理するプロセスを自分でやっちゃうこと
くらいのイメージで問題ないかなと思います。とりあえずまずはRAW現像に興味を持つことが大事なのです。

なお、写真編集にはRAW現像とレタッチという単語があって、意味がちょっと異なるみたいなんですが、この記事では現像ソフト・Adobe Photoshop Lightroomで写真の編集をすることRAW現像と呼ぶことにします(*’▽’)

RAW現像をやってみよう!

夜景を綺麗に撮りたくてカメラを買ったという方は多いはず。

三脚を使えば簡単に綺麗に撮れるんですが、三脚の使用が禁止されている場所や、旅行などで三脚を持って行く余裕がないときなど、手持ちで夜景を撮らざるを得ない場面もありますよね。

ただ、設定をちゃんと考えないとすぐ手ブレしてしまうし、手ブレしないように気をつけたら真っ暗になったり。さらにはISO感度の上げすぎでノイズでザラザラになってしまうなどなど、とにかく失敗しやすい手持ち夜景。上の写真がまさにその例で、

  • 明るいイルミネーションが白飛びしないように・手ブレとノイズを防ぐことを意識して設定したら写真が暗くなりすぎた
  • 周りが暗いことでいつもより液晶画面が明るく見えるため、撮っているときはそれなりに明るく撮れたと思っていたけど、普通の明るさの部屋で見返したら想像以上に暗かった
という『手持ち夜景あるある』をやっちゃっています。

カメラの設定で対応できることにかなり限界がある手持ち夜景写真。これらはRAW現像で補ってあげればいいのです。というわけでレッツ現像(*’▽’)!

露光量を調節する

とにかくまずはこの暗さを何とかしてからでないと始まらないので、露光量という項目をプラスに振って写真をしっかり明るくします。

真ん中の白いバーが動かせるので比べてみてください。左がビフォー、右がアフターです。

その場でこの明るさで撮ったように見えるくらい結構綺麗に持ち上げることができました。

これぞまさにRAWの強みなんですが、この話は後にしてまずはサクサク現像進めていきますね(*’▽’)

バーが動かしにくい・画面や写真が小さくて分かりにくい場合は、一時的に横画面表示にしていただくと見やすくなるかと思います(*’▽’)

ホワイトバランスを調節する

曇天蛍光灯など、カメラ側の設定で変更できるホワイトバランスがいくつか用意されてますよね。

それらを適用すると写真の雰囲気はガラッと変わる反面、なかなかドンピシャの色味になることが少ないのでどこか不自然な色味になりがち。なので、私はホワイトバランスはオートで撮ることがほとんどです。

ただ、上の写真もWBオートで撮っていたんですが、実際に目で見るよりも紫というかピンクっぽい色が強くなってしまっています。

カメラ側で細かくホワイトバランスを指定することも一応可能なんですが、毎回毎回そんなことをするのは現実的ではありません。

でも、RAWで撮っておけばこの段階ではまだ『データ』なので、まだホワイトバランスは確定していないため、撮影後に細かく色味を調節できる。これもRAWの強みなんですね(*’▽’)

というわけで調節したのがこちら。

紫を見た後だと補正後がだいぶ緑が強く感じられてしまうとは思うんですが、最後に微調整すればいいのでひとまずこれでいきましょう(*’▽’)

ハイライト・白レベルを調節する

さて、露光量をプラスにして写真全体を明るくしたところ、写真の中で既に十分明るく写っている部分が白く飛んだようになってしまっています。

私自身写真を初めて間もない頃は『カメラの設定をマスターすればすごい写真が撮れるはず!』と思っていたんですが、設定で変えられるのは基本的に写真全体の明るさだけ。

なので、写真全体を明るくしようとすると写真の中で特に明るい部分は白く飛んだように不自然な明るさになってしまうし、逆に白飛びしないようにと思うと写真全体が暗くなったり、黒つぶれが起こったりしてしまう。

こういった細かい明るさ調節はRAW現像で行うのがベストだと思っています(*’▽’)

写真の中の明るい部分の明るさを調節できる項目がハイライト白レベル。この2つの違いを私なりの言葉で表すと、

  • ハイライト写真の明るい部分
  • 白レベル写真の明るい部分の一番明るい部分
を調節できるというイメージ。実際にやってみましょう(*’▽’)

というわけで、ハイライトをマイナスに振ってみたんですが、不自然に明るくなりすぎていた部分が落ち着いているのが一目瞭然だと思います。明るさが抑えられたことでイルミネーションの色がしっかりと蘇っていますよね(*’▽’)

とりあえず一旦がっつりハイライトを落としてみましたが、ちょっとフラットになりすぎているかなという気がするのと、白飛びさせない程度にもう少しイルミネーションの主張を強くしてあげたいので、ハイライトを調節しながら気持ち白レベルを足してみました。

画面中央に注目するとイルミネーションが少し強調されたのに気づくと思います(*’▽’)だいぶ綺麗になりましたね!

コントラストを調節する

明るさ調節がいい感じになってきたところで、次はコントラストという項目を使って写真全体の雰囲気を調節します。

コントラストとは、明るい部分と暗い部分の差のことで

  • コントラストをプラスに→明るい部分はより明るく・暗い部分はより暗く
  • コントラストをマイナスに→明るい部分と暗い部分の差が小さく
なります。

私のイメージとしては、コントラストを高くするとメリハリの強い1枚になり、コントラストを低くするとフラットで繊細な印象の1枚になるように感じています。

試しにコントラストを高くしてみたんですが、比べてみると暗い部分はより暗く・明るい部分はより明るくなっていますよね。

前まではコントラストを高くすることが多かったんですが、明暗差が大きくなる分黒潰れや白飛びなど不自然に明るく・暗くなってしまう部分が発生しやすいので、最近はコントラストはそのままかマイナスに振ることが多いです。

ここも好みですが、今回もマイナスにしてみました(*’▽’)

シャドウ・黒レベルを調節する

先ほどハイライトと白レベルを使って『写真の中の明るい部分』の明るさを調節しましたが、『写真の中の暗い部分』の明るさシャドウ・黒レベルという項目で調節することができます。

勘の良い人はこの時点でお気付きかもしれないんですが、この2つの違いは

  • シャドウ写真の中の暗い部分
  • 黒レベル写真の中の暗い部分で最も暗い部分
の明るさを調節することができるというイメージです。

コントラストの調整が終わった段階の写真を見てみると、夜景なのに暗くなるべきところが暗くなっていないように感じられます。

明るい写真を撮るのはもちろんなんですが、暗い部分はしっかり暗くなっているからこそ明るい部分が際立つはず。ただ、暗くしすぎてしまうとまた振り出しに戻ってしまうので、黒レベルを調節して写真の一番暗い部分の明るさだけ落としてみます。

どうでしょう、ちょっと引き締まった感じありませんか(*’▽’)?しっかりと暗い部分を作った上で、写真の暗い部分の明るさ=シャドウを調節してみると…

ブログ用の小さい写真だとかなり分かりにくいんですが、少し影がかかっていた白い建物や背景の火山の部分が明るくなっています。ちなみに調整する順番ですが、私は感覚とノリで決めているので深い意味はありません(*’▽’)

トーンカーブで最後の微調整!

さて、ここまででもう9割方仕上がってるんですが、Lightroomには他にもいろんな調整項目があり、トーンカーブもそのひとつ。風景編では記事のボリュームの都合でカットしたんですが、今回はまだ少し余裕があるので触れておきましょう(*’▽’)

トーンカーブは簡単に言うと写真の明るさやコントラストを変えられる魔法のような線で、これを制するものは現像を制すなんて言うとか言わないとか。

私自身Photoshopを使う場合はトーンカーブメインで調節することが多いんですが、Lightroomはここまで触れてきたような便利な調整項目がいっぱいあるので、トーンカーブは最後の仕上げ・見直しみたいな感じで使っています。位置も基本項目の下にありますからね。

トーンカーブは、曲げる部分によって上のように調整できる部分が変わってきます。『写真の明るい部分の一番明るい部分』みたいな単語を思い出してもらえればなんとなくイメージは付くかもしれません。

Photoshopの場合はカーブを動かすポイントから自分で決めるんですが、Lightroomでは上のようにハイライト・ライト・ダーク・シャドウという項目が作られているので、ポイントを自分で決めなくてもトーンカーブを調整することができるんです。

シャドウの数値を調節したらトーンカーブの①の部分が動く、みたいな感じ(*’▽’)

自分の手で動かした方が分かりやすいので、これ以上の細かい説明は省略しますが、トーンカーブをちょこちょこっと調節したのがこちら。雰囲気変わりましたねー(*’▽’)いい感じ!

完成!

さてさて、それではいよいよ撮って出しと現像後のビフォーアフターを見比べてみましょう(*’▽’)

 

・・・

な ん と い う こ と で し ょ う 。

風景編同様『劇的ビフォーアフター』のBGMが自然と脳内に流れてきます。

現像の効果が分かりやすそうな写真をチョイスしてはいたんですが、予想以上に劇的に変わりましたね(*’▽’)RAW現像のちからってすげー!

おまけ

今回記事のボリュームの都合や変化が分かりにくかった・風景編で説明したなどの理由でスキップしたプロセスがいくつかあるので、ここで箇条書きでまとめておきたいと思います。

  • レンズ補正ON
  • 周辺減光をプラス
  • ノイズ除去を少しプラス
ここで触れておきたいのが最後に挙げたノイズ除去

今回用いた写真は比較的明るい夜景だったのと、相棒のD750が高感度撮影に強く、ノイズは出ているものの記事上の小さい写真ではかなり分かりにくかったので省略していました。

ただ、手持ちで撮影する場合はISO3200とか下手すれば6400とかそういった高感度で撮影する場合もあると思いますし、手持ち夜景は常にノイズと隣り合わせ。そんな手持ち夜景にとってノイズ除去は強い味方ですし、手持ち夜景を綺麗に撮るための必須アイテムといって過言ではないと思っています。

例えば、USJで手持ちで撮ったこの写真。D750ISO5000で撮った上であれこれRAW現像したものです。

ブログ用に写真を縮小しているので、これだとちょっと分かりにくいかもしれないんですが、結構ひどくノイズが出ていてスマホやPCで見るとザラザラと少し汚く感じられます。

そこでノイズ除去を適用してみるとこんな感じ。拡大するとその効果が一目瞭然だと思います。

やりすぎるとディテールの描写が失われのっぺりとした1枚になってしまうのは注意が必要ですが、手持ち夜景の強い味方なので是非是非紹介しておきたかったのでした(*’▽’)

最後にもう一点。今回行った画像編集はRAWで撮ってないとできないの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

私自身その疑問を持っていた一人で、以前記事であれこれ実験しているので、そちらも合わせて読んでいただければと思うんですが、試しに今回用いた写真のJPEGも同じように編集してみました。左がRAWを編集(現像)右がJPEGを編集したものです。

JPEGの場合、既に処理が終わった写真をさらに編集することからRAWと編集の幅が違うので、色味や明るさ等に多少差異があるのは大目に見てください。

パッと見そんなに違わない?と思われるかもしれないんですが、画面左上に注目してみるとJPEGを編集したものにちょっと違和感があるので拡大してみましょう。

左がRAW現像したもの・右がJPEG編集したもの。

今回RAW現像においてもかなり無茶な明るさの持ち上げをしているのでちゃんと見るとアラがあるものの、ぱっと見自然。一方、JPEGを編集したものは明るさがグラデーションになっておらず、明らかにおかしなことになっています。

こういう例で見ると『RAWの方が編集の幅が広い』『RAWの方が失敗しても取り返せる可能性が高い』こと、そして失敗のリスクがかなり大きい手持ち夜景においてRAW現像が必要不可欠だと私が考えている理由もお分かりいただけるかなと思います(*’▽’)

RAWとJPEG、レタッチするとどれくらい差が出るのか私なりに比較してみた!

おわりに

さてさて、風景編・夜景編と二回に渡ってお届けしてきたRAW現像実際にやってみるぜ企画。写真によって使う項目も全然違いますし、もし風景編を読んでいないという方はそちらも目を通してみるとまた違った発見があるかもしれませんよ(*’▽’)

また、RAW現像そしてLightroomでは1,2個の記事で語り尽くせないくらいいろんなことができますし、十人十色のRAW現像のアプローチがあります。

文章を読むよりも手を動かした方が分かりやすいですし、魅力ももっともっと伝わると思います。この記事で使用した現像ソフト・Lightroomには無料体験版も用意されているので、興味のある方は是非試してみてください。

この記事を通じてRAW現像に少しでも興味を持ってもらえれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

関連記事
私がRAW現像・レタッチをするときに意識している7つのポイント! 【風景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】 【Vol.2】簡単に写真とRAW現像の可能性を広げられる、そうNik Collectionならね