三脚が使えない時に!手持ちで綺麗に夜景を撮るコツをまとめてみた


一眼レフを持ったら誰もが撮りたいもの、それは夜景

一眼レフなら夜景が簡単に綺麗に撮れる!と思って購入された方も少なくはないと思うのですが、綺麗な夜景を撮るためには三脚が必須

ただ、三脚の使用が禁止されている場所や、旅行などで荷物を最小限にするために三脚を持って行けない場合など、いつでも三脚を使えるとは限りません。

でもそういう状況でも綺麗な夜景撮影をあきらめたくない。分かります、その気持ち。

というわけで、手持ちで綺麗に夜景を撮るコツを私なりにまとめてみたいと思います(*’▽’)

手持ちで綺麗な夜景を撮るコツをまとめてみる!

最初に

これから紹介するのは、あくまでも三脚が使いたくても使えない場合の応急措置的な撮り方になります。

ここから手持ちでの夜景の撮り方をまとめていきますが、三脚を使った方が夜景の仕上がりは格段に綺麗です。

応急措置的な撮り方ではなく、三脚を使った撮り方も下の記事にまとめているので、こちらもチェックしてみてくださいね(*’▽’)
スマホで撮れない写真を楽しもう!私の夜景の撮り方をまとめてみる!
カメラを買った人の多くが一度は撮ってみたいと思うもの、それは夜景。でも夜景撮影って難しそう…と躊躇されている方も多いかもしれません。...

私の考える『綺麗な夜景』のポイントは3つ!

手持ち夜景撮影のコツの解説に入る前に、私が思う綺麗な夜景写真のポイントを書き出してみます(*’▽’)
手ブレしていない

ブレは綺麗な写真の天敵

手ブレしないためにはシャッタースピードを速くする必要があるんですが、夜景は暗い被写体なのでカメラとしては出来る限りシャッタースピードを遅くして、沢山の光を取り込みたい。

三脚を使える場面であればいくらでもシャッタースピードを長くすることができますが、手持ちだとどう頑張っても撮影者の手は動いてしまうので、シャッタースピードを伸ばせる範囲に限界があります

よって、手持ち夜景撮影において一番大事なのは、シャッタースピードのコントロールなんですね。
写真全体が明るい

夜景の華やかさ・鮮やかさを伝えるには明るい写真であることも必須。

ただ、シャッタースピードを長くして明るく写そうと思うと確実に手ブレしてしまいますし、でも速いシャッタースピードで撮ると、今度は写真が暗くなってしまう。この点も手持ち夜景の難しいポイントのひとつといえます。
ノイズが少ない

手ブレせず、かつ明るく写すためにはシャッタースピードを長くして光を多く取り込む以外に、カメラの感度を上げて明るく写すというアプローチがあります。

カメラにはISO感度という項目があり、これを上げるとカメラの光を感じ取る部品の感度が上がるので、小さな光にも敏感になり、夜間の手持ち撮影においてもブレなく明るく写すことができるようになります。

それならISO感度バンバン上げれば手持ち夜景なんて楽勝でしょ!といいたいところなんですが、ISO感度は上げすぎるとノイズが発生していまい、ザラザラとした画質の悪い写真になっていまいます。

明るく写っていてもノイズまみれだと綺麗とは言えなくなってしまうので、ノイズを極力少なくすることも綺麗な夜景を撮るための大事なポイントです。

手持ちで綺麗な夜景を撮ろう!

私が綺麗だと思う夜景写真のポイントを押さえたところで、いよいよ手持ち夜景撮影にチャレンジです(*’▽’)

なお今回はNikon D5500と、そのキットレンズであるAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRを使用し、補足されていないものは全て撮って出し(無加工)で載せています。
絞り優先モードだとどうなる?

F値を撮影者が決めたら、カメラ側がシャッタースピードを決めてくれる絞り優先モード。普段はいつもこのモードで撮っているという方も多いはず。

ただ、冒頭に述べたように手持ち夜景撮影においてはシャッタースピードのコントロールが一番のカギ。ISO感度とF値を撮影者が決めて、いざ撮ってみるとブレてしまうなんてことは日常茶飯事です。

よって、手持ちで夜景を撮る時には絞り優先は使えません
シャッター優先モードだとどうなる?

それならシャッタースピードを自分で決めてF値をカメラ任せにするシャッター優先モードならどうでしょうか?

…とその前に、ここで手ブレしないシャッタースピードの基準について書いておこうと思います。

一般的に、1/焦点距離(APS-Cの場合は1.5倍)であれば手ブレしないと言われています。ここテストに出ますよ!!!

今回全て35mmで撮影しているのですが、APS-C機の場合は焦点距離が表示の1.5倍に換算されるので、この時は35×1.5=52.5ということで、1/50秒が手ブレを起こさないシャッタースピードになります。

というわけで、シャッター優先で1/50秒に設定して撮ってみると…

DSC_0041
手ブレはしてないけど暗いですね(´・ω・`)この時ISO1600に固定、カメラが自動で決めてくれたF値はF4.5でした。

手持ち夜景はマニュアル撮影で綺麗に!

カメラ側に設定をある程度委ねてしまうとどうしても綺麗に撮れない手持ち夜景。綺麗に撮るためのカギはマニュアルで撮影することです。

『マニュアルって難しそう…』と思われるかもしれないのですが、実は夜景の場合は基準さえ覚えれば全く難しいことはありません。ひとつひとつ書いていきますので、ゆっくりついてきてくださいね(*’▽’)
手持ちで夜景を撮る時の設定

ISO感度

カメラにはそれぞれISO感度の上限が設けられているんですが、その上限までめいっぱい上げてしまうとノイズが大変なことになってしまうので、ノイズの許容範囲を決めておくと設定するときに便利。

同じISO感度でもカメラによってノイズの発生具合は異なるんですが、私が使っているNikon D5500では1600以上にするとノイズや画質が気になるように感じるので、ここではISO1600で固定します。
ノイズを気にせず綺麗に撮りたい!適切なISO感度ってどれくらい?
写真を始めて新しく知る用語はいくつもあります。ISO感度もそのひとつ。ISO感度について調べていくと、どうやらノイズが出るか...

F値

F値は小さいほど光を取り込む量が増えるため、短いシャッタースピードでより明るい写真が撮れるのですが、ピントの合う範囲が狭くなってしまいます。

せっかく撮るならパキッとした1枚が撮りたいですし、ここも自分でコントロールしたいポイントのひとつです。

三脚を使ってじっくりと撮る時はF8くらいまで大きくして画面全体にピントを合わせるんですが、これで手持ちで撮ろうとすると確実に手ブレしてしまう。

ただ、少し絞った方がレンズの描写力が上がるので、一番小さい数字ではなく気持ち大きくするくらい、今回のキットレンズの場合は開放値がF3.5なのでとりあえずF5.6くらいにセットしてみます。

シャッタースピード

先ほど述べた『1/焦点距離秒』ルールに従い一度設定し、ここから何度か撮ってシャッタースピードを段階的に遅くしていきます

というのも、あくまで『1/焦点距離』はひとつの基準であり、手ブレ補正が搭載されているレンズだと、これよりもグッと遅いシャッタースピードでもブレなく撮れることも。この記事で使用しているキットレンズも手ブレ補正付きです。

文字で書いていてもイマイチ分からないと思いますので、何パターンかに分けて実験してみましょう(*’▽’)
ISO1600 F5.6 SS1/50秒
DSC_0041
絶対ブレないシャッタースピード、『1/焦点距離秒』からスタート。

先程のシャッタースピード優先とほぼ同じ設定なので、まだ暗いですね。実際に撮ってみると思っているよりもシャッタースピードが速くて、もっと下げれそうな気がします。

というわけでここから段階的にシャッタースピードを遅くしていきます(*’▽’)
ISO1600 F5.6 SS1/25秒
DSC_0047
1/50秒から1/25秒まで一気にシャッタースピードを落としてみます。

スクロールしてさっきの写真と見比べてみると、少し明るく写っているのが分かるかと思います。
ISO1600 F7.1 1/15秒
DSC_0054
シャッタースピードはさらに遅くして1/15秒

手ブレ補正の性能はレンズによって異なるため、ある程度シャッタースピードが遅くなってきたら、撮影後液晶を拡大してブレていないか確認するようにしましょう。

また、上の写真では実験的にF7.1まで上げ、より画面全体にピントが合うように試みたんですが、正直スマホなどの小さな画面で見る限り、そんなに違いが感じられないと思います。

個人的には手持ち夜景は少しでも明るく写したいので、あまりF値を上げることにこだわりすぎず、気持ち絞るくらいで十分だと思います(*’▽’)
ISO1600 F5.6 SS1/8秒
DSC_0059-3
ここまで段階的にシャッタースピードを遅くしてきましたが、今回は1/8秒が限界でした。でもこれは『夜景写真』として十分合格ラインの明るさで撮れているように思います(*’▽’)

手持ちで夜景を撮る時のポイントは、マニュアルに設定してシャッタースピードを段階的に下げることです。ここテストに出ますよ!
シャッタースピードを限界まで下げてもなお暗い場合

今回私が撮った夜景は上のような設定で明るく撮ることができましたが、夜景によってはこの設定でもまだ暗いというものもあると思います。

その場合は、まずF値を一番小さくしてさらに明るさを稼ぎ、それでもまだ暗い場合はISO感度を上げてください。

私の手持ち夜景撮影における優先順位は、①手ブレしない②ノイズが極力少ない③絞れてるという順番なので、ISO感度を上げるのは最終手段と考えています。


なお、画質やレンズの描写力はそこまで意識しない方や、サクサク撮りたい方は最初からF値を一番小さくして全然大丈夫です。

旅行や人混みなど、何度も撮り直せないような場所もあるでしょうし、その場合は最初からISO感度をもう少し大きく設定する・F値を最初から一番小さくしておくなど、みなさんの好みで工夫していただければと思います(*’▽’)

もっと綺麗に手持ち夜景写真を仕上げるポイント

手持ち夜景撮影の手順はここまで述べてきた通りなんですが、設定以外にも手持ち夜景をより綺麗に撮るためのポイントがいくつかあるので、書き出してみたいと思います(*’▽’)
広角の方がブレにくい
DSC_6766-3
この記事で既に何度も書いていますが、『1/焦点距離秒』が手ブレしないシャッタースピードということは、焦点距離が長くなればなるほど分母が大きくなるので、より速いシャッタースピードが必要になってきます。

今まで載せてきた神戸の夜景は全て換算52.5mmで撮影していたので、ブレないシャッタースピードは1/50秒でしたが、例えば20mmなどの超広角レンズであれば1/20秒まで遅くしてもブレないことになりますよね。

望遠になればなるほど手ブレにはシビアになるので、手持ちで夜景を撮る場合は広角で撮る方がブレの心配なく撮りやすいかと思います(*’▽’)
手すりや壁を探してカメラを固定する
DSC_2550
完全な手持ち撮影ではやっぱりできることに限りがありますし、出せるシャッタースピードにも限界があります。そこで手すりや壁などにカメラを押し付けて固定するのもコツの一つ。

三脚が無いけれどこの夜景を収めたい!という時には、何かカメラを支えられる場所が無いか探してみてください(*’▽’)
脇を締める・連続でシャッターを切る
DSC_0489-2
いくら手ブレ補正が優秀でも、撮影者の手や体がブレるとすぐにブレてしまうので、手持ち夜景撮影においては、カメラを構えるときにいつもより脇をぎゅっと締めることを心がけましょう(*’▽’)

私は三脚が使えない東京ディズニーリゾートで夜景を撮るのが好きなんですが、連続でシャッターを切ることも手ブレのリスクを小さくするのに有効だと感じています。

1回だけ気合を入れて手持ちでシャッターを切るよりも、脇を締めて勢いで2,3回連続でシャッターを切る。撮ったら必ず拡大して確認する。

これらのことを気を付けるだけで、家に帰ってから『ブレてた…』と涙することがなくなると思います(*’▽’)
単焦点レンズを使う

多くのキットレンズのF値はF3.5-5.6だと思うのですが、中にはF1.8まで下げられるレンズがあります。

こういったF値の小さいレンズのことを明るいレンズと言うんですが、これを使うとF値を小さくすると光の通り道を広くすることができる。つまり、より短いシャッタースピードで明るく写すことができるというわけです。このことを『シャッタースピードを稼ぐ』なんて言ったりします。

よって、明るいレンズは手持ち夜景の強い味方なんですね(*’▽’)

DSC_0046-2
上の1枚はF1.8まで小さくすることができるレンズで撮影したもの。

ISO1600・絞り優先で撮影しましたが、この時はシャッタースピードが1/30秒になり、手ブレもしていませんし、しっかり明るく写せていますよね。

DSC_6723-2
手持ち夜景撮影の説明の際に、少し絞ってあげ(F値を気持ち大きく)た方が、レンズの描写力が上がると述べましたが、F1.8という明るいレンズだと、気持ち絞ってあげたとしてもF2.8とかF3とか、キットレンズよりも小さなF値で撮影することができるのでとても有利。

ただ、注意点としてはF1.8やF2.8といった小さなF値を持つレンズの多くは、単焦点レンズというズームができないタイプのレンズであること。

ズームができないと聞くと、構図を決めるときなどでちょっと不便そうなイメージもあるかもしれませんが、明るいだけでなく、その焦点距離に特化した設計になっているので描写力もキットレンズに比べて格段に上がります

また、F値を小さくすることでシャッタースピードを稼げるだけでなく、背景を綺麗にボカすこともできるので、写真を趣味にするのならマストアイテムなレンズです(*’▽’)
万能な35mmかスタンダードな50mm。単焦点好きの私が1本だけ選ぶならどっち?
単焦点レンズを見ながらご飯3杯はイケちゃう皆さん、どうもこんにちは。単焦点のメジャーな焦点距離としてよく挙げられる35mmと...
RAWで撮影して現像する!

広角で撮影して、手すりなどの使えるものでカメラを軽く固定してシャッタースピードを少しでも遅くして…とあれこれしてみても、綺麗さは三脚を用いて撮ったものにはかなり劣ります。

なので、三脚を使ってバッチリ撮ってあげられない分、RAWで撮って現像してあげることが、手持ち夜景を綺麗に撮るための一番のカギだと思います。

RAWって何それおいしいの?という方にはこちらの記事を読んでいただければと思うんですが、簡単に言うと、撮影後に明るさやホワイトバランスなど細かい部分を調整することができるのがRAW現像です。

RAWという単語を初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょうし、知らない単語を効くと難しそう…となってしまうものですが、実際にやってみると全然難しくないですし、手持ち夜景に限らずすべての写真を綺麗に完璧に仕上げるためにはRAW現像は必須です。

チャレンジしたことがないという方はぜひぜひこれを機にチャレンジしてみてくださいね(*’▽’)
おわりに
DSC_0067
最後は三脚を立てて撮った神戸の夜景を。やっぱり手持ちとは全然違いますね(*’▽’)

この記事はあくまでも『三脚が使えないやむを得ない状況において、綺麗に夜景を撮る』ための記事であって、『夜景は三脚なしでも綺麗に撮れるから三脚はいらない!』というものではありません

ただ、三脚が使えない場所・場面では使えないなりにどうにかするしかない。そんな時に少しでもヒントになればいいなと思い、今回いろいろまとめてみました。

この記事が皆さんのカメラライフの少しでも参考になれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!