【Pickup!】ゆるカメライフの殿堂入り記事7選

三脚が使えない時に!手持ちで綺麗に夜景を撮るコツをまとめてみた

いいカメラを買ったら一度は撮ってみたいのが綺麗な夜景

綺麗な夜景を撮るための必需品といえば三脚ですが、使用が禁止されている場所や、旅行などで荷物を最小限にするために三脚を持って行けない場合などもあります。でもそういう場面でも綺麗な夜景を撮りたいですよね。

というわけで、手持ちで綺麗に夜景を撮るコツを私なりにまとめてみたいと思います(*’▽’)

三脚が使えない時に!手持ちで綺麗に夜景を撮るコツをまとめてみた

ポイントを押さえれば手持ちで綺麗に夜景が撮れるよ!

早速ですが、設定を紹介しちゃいましょう!どん!

  • 撮影モード:マニュアル
  • シャッタースピード:1/焦点距離秒から徐々に遅く
  • F値:一番小さい数字
  • ISO感度:許容範囲まで上げる
もしかしたら『この設定に決めたら後はシャッターを切れば綺麗に撮れる!』という設定を探してこの記事を開いてくださった方もいるかもしれないんですが、夜景にもいろんな明るさのものがありますし、それぞれベストな設定は異なります

でも、いくつかのポイントを押さえれば誰でも簡単に綺麗な手持ち夜景が撮れるようになります。できる限り分かりやすく書けるよう頑張るので、ゆっくり付いてきてくださいね(*’▽’)

MEMO
なお、ここで紹介している設定は、あくまでも三脚が使いたくても使えない場合の応急措置的な撮り方です。三脚を使った夜景の撮り方こちらをどうぞ!

設定のポイントは『優先順位を決めること』

突然ですが、綺麗な夜景写真の条件ってなんだと思いますか?人によってそれぞれ答えは異なるかもしれないんですが、私は

  • 手ブレしていないこと
  • しっかりと明るく写せていること
  • ノイズが少ないこと
の3つだと思っています。

これらは三脚が使えれば簡単に満たすことができるんですが、そうでない場面では明るく写そうとシャッタースピードを長くすると手ブレしてしまうし、感度を上げるとノイズが大量に出てしまったりとなかなか難しい。

そんなシビアな場面で綺麗な夜景を撮るための設定を決めるポイントは、設定に優先順位を付けることなんです。

綺麗な手持ち夜景のカギは『手ブレ』と『ノイズ』

手持ちで夜景を撮る時に私が最優先したいのが、手ブレしないこと。どれだけ明るくノイズも少なく写っていても、手ブレしてしまっていてはせっかくの写真が台無しです。

2番目に大切にしたいのが、ノイズができる限り乗っていないこと

その理由は、今のカメラは本当に優秀でISO12800くらいまで上げることができるものも多いんですが、感度を上げすぎるとザラザラとした画質の悪い写真になってしまうからです。

というわけで、私はいつも手ブレしないシャッタースピードと、できる限りISO感度を上げないことを優先した設定にしています(*’▽’)

実際に設定してみる

ここまで述べてきた優先順位を基に、私が設定するときの手順はこんな感じです。どん!

  • シャッタースピード1/焦点距離秒に設定
  • F値は一番小さい数字
  • 夜景の明るさに応じてISO1600-2000前後に設定
早速詳しく書いていきますね(*’▽’)

『手ブレしないシャッタースピードの基準』を押さえよう!

まず、シャッタースピードには手ブレしない基準があって、それが1/焦点距離秒

なんだか聞き慣れないワードなので難しそうに見えるかもしれないんですが、具体例で考えるとめちゃくちゃ単純で、

  • 50mmで撮るとき→1/50秒より速ければ手ブレしない
  • 100mmで撮るとき→1/100秒より速ければ手ブレしない

というこれだけの話(*’▽’)シンプルでしょ?

この基準を下回ると必ずブレるというわけではないんですが、先程述べた通りまずは手ブレしないことが最優先。

撮りたい構図が決まったらまずは何mmで撮ろうとしているのかレンズを確認し、1/焦点距離秒にセットしましょう。

ISO感度

綺麗な手持ち夜景を撮る上で、設定の大きなカギを握るのが適度にISO感度を上げること。

じゃあその適度って具体的にどれくらい?という話になるんですが、以前このブログでノイズが気にならないISO感度について色々実験しました。

ノイズを気にせず綺麗に撮りたい!適切なISO感度ってどれくらい?

その内容を簡単にまとめると、カメラのモデルにもよるんですが、だいたいISO1600-2500くらいまではノイズが気にならずに使えるように感じました。ということで、

  • 撮りたい夜景が比較的明るい→ISO1000-1600
  • 撮りたい夜景が暗め→ISO1600-2500

に設定します。最初はざっくり決めちゃって大丈夫です(*’▽’)

F値

私の場合は、手ブレしないシャッタースピードとできる限り少ないノイズを重視した上で明るい夜景が撮りたいので、まずはF値は一番小さな数字に設定します。

『少し絞った方が描写力が上がる』と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれないんですが、特にこだわりのない方や手持ち夜景にまだあまり慣れていないという方は、一番小さな数字にしておくのが私のオススメ。

このあたりは撮り進める中でみなさんの好みに合わせて設定をカスタマイズしていただければと思います(*’▽’)

実際に撮ってみよう!

設定ができたらまずは1枚撮ってみます。もしかしたら思っていたよりもちょっと暗いかもしれません。

『優先順位に従って設定したら一発で綺麗に撮れるんとちゃうんかい!』と怒られそうですが、実はこの試し撮りが綺麗に撮るために最も大切なカギ。

ここからササッと設定を手直しすることで理想の1枚をゲットすることができます。

設定を直すなんてまた難しそうな…と思われてしまうかもなんですが、これもすっごくシンプルで簡単なのでここまで読んできた皆さんなら絶対に大丈夫。

というわけで!ここからは実例を使いながら説明していきますね(*’▽’)

ISO1600 F4.5 SS1/50秒

DSC_0041

上の写真はキットレンズ18-55mm f/3.5-5.6を使って換算52.5mmで撮ったもの。

カメラの設定はこれまで述べてきた手順で、

  • シャッタースピードを1/焦点距離秒
  • 肉眼で見ても少し暗く感じられる夜景だったのでISO1600
といった流れで設定したんですが、まだこれだと夜景写真と呼ぶにはまだちょっと暗いですよね。

ということで、次のように設定を調整していきます。どん!

  • シャッタースピードを少し遅くする
  • F値を小さくする(※最初に一番小さな数字にしていなかった場合)
  • ISO感度を上げる
実際にやってみましょう(*’▽’)

ISO1600 F4.5 SS1/25秒

DSC_0047

『えっ、シャッタースピードは死守するんじゃないの!?』と思われたかもしれませんが、さっきもちらっと触れましたが1/焦点距離秒はひとつの基準に過ぎず、これより遅くても案外手ブレしなかったりします。

今回はISO感度を既にある程度上げた状態からスタートしているので、まずはシャッタースピードを段階的に遅くしていきます。

今回使っているキットレンズは手ブレ補正を搭載しているのと、記事のボリュームの関係上ちょっと段階を踏まずに1/50秒→1/25秒まで落としてみました。

優秀な補正のおかげもあって、手ブレもしていませんし、前の写真と見比べると明るく写っているのがわかると思います(*’▽’)

ISO1600 F4.5 SS1/8秒

手ブレ補正の性能はレンズによっても異なるんですが、今回はギリギリ1/8秒まで耐えることができました。おそるべしキットレンズ。

左が最初の設定で撮ったもので、右が手直しした設定で撮ったもの。白いバーを左右に動かして見比べてみると、設定手直し後の写真がしっかり明るく写せているのが一目瞭然だと思います(*’▽’)

(※2枚とも手持ち撮影のため角度がズレているのは大目に見てください!)

なお、人間には感じられないような非常に小さなブレでも写真のクオリティには大きく影響することも。

手持ち夜景というシビアな場面だからこそ、段階的にシャッタースピードを下げていくのが綺麗に撮るためのポイントだと思います。ここテストに出ますよ(*’▽’)

シャッタースピードを限界まで下げてもなお暗い場合

先程の神戸の夜景はシャッタースピードを少し遅くするだけで明るく綺麗に写すことができましたが、もっと暗い夜景だとシャッタースピードの調整だけでは明るく撮れない場合もよくあります。

そういった場面では、以下のように設定を調整します。どん!

  • 先程の手順でシャッタースピードを1/焦点距離秒よりも少し遅くする
  • その上でISO感度を段階的に上げていく
綺麗な手持ち夜景を撮るためのカギは、ISO感度に頼ることを最小限にすること。

最初から高感度に頼って撮ってしまうとノイズでザラザラとしたかなり画質の悪い1枚になってしまうので、シャッタースピードとF値でできる限り明るさを確保できるようにした上で『最終兵器』としてISO感度を用いるのがコツだと考えています(*’▽’)

なお、誤解してほしくないのが、ISO感度を高くせずに撮ろうという意味ではないこと。

ノイズを気にしすぎて、ISO感度を上げるのを過度にためらった結果、真っ暗な写真や手ブレした写真を量産してしまったら本末転倒。

頼る部分はしっかりISO感度に頼ることもまた綺麗な夜景写真を撮るための大事なポイントです(*’▽’)

とはいっても、どうしても暗い場面もありますし、何度も何度も試し撮りするのは億劫。

肉眼でも暗いと感じる場所はカメラにとってはかなり暗いので、お好みに合わせて最初からISO2500程度に上げておくのもアリだと思います(*’▽’)

もっと!手持ち夜景写真を綺麗に撮るための4つポイント

設定の手順については以上の通りなんですが、他にも手持ち夜景をより綺麗に撮るためのポイントがあります。

というわけで、最後にその4つのポイントを紹介してこの記事を締めたいと思います(*’▽’)

1.広角の方がブレにくい

『1/焦点距離秒』が手ブレしないシャッタースピードということは、焦点距離が長くなればなるほど分母が大きくなるので、より速いシャッタースピードが必要になる。

つまり、望遠になればなるほど手ブレにはシビアになるので、手持ちで夜景を撮る場合は広角で撮る方がブレの心配なく撮りやすいと言えます。

とはいってもズームして撮りたい夜景もあるはず。その場合は必ず一度拡大してブレていないか確認する習慣を付けておくと、お家に帰ってから後悔することがなくなると思います(*’▽’)

2.手すりなどでカメラを支える

完全な手持ち撮影ではどうしても設定に限界がありますが、三脚はなくても何か少しでもカメラの支えになるものがあるだけでシャッタースピードに余裕が出て、より綺麗な一枚が撮れることも。

上の写真も手すりを活用したことで0.8秒までシャッタースピードを落とすことができました。

手持ちで撮影するときは、手すりなどのカメラを支えられそうなものがないか探してみるのも綺麗に撮るためのポイントだったりします(*’▽’)

3.レンズに頼ろう!

手持ちで夜景を撮影する際、強い味方となるのが明るいレンズ手ブレ補正

F1.8などといった、より小さなF値を実現するレンズを『明るいレンズ』と呼ぶんですが、F値が小さくできるとシャッタースピードが短くても明るく写せますし、ISO感度に頼る機会も少なくできるので、手ブレ補正と合わせて手持ち夜景の強い味方です。

三脚が使えないというシビアな場面だからこそ、しっかりレンズに頼った方が綺麗に撮れますし、快適に写真を楽しめると思います(*’▽’)

4.RAW現像する

三脚が使えないことはやっぱり大きなハンデですし、どう頑張っても手持ちでシャッターを切るだけで完璧な夜景を撮ることはほぼ不可能と言っていいと思います。

そこで最後に紹介したいのがRAW現像

左がただ撮っただけ・右がRAW現像した写真なので、真ん中の白いバーを動かして見比べてみてください。仕上がりが全然違いますよね(*’▽’)

RAW現像とは、ざっくりと説明すると写真の仕上げ処理をカメラ任せにせず自分でやれるツールのこと。

手持ち夜景に限らずRAW現像は写真を思い通りに仕上げるためには必須と言っていいプロセスなので、もしやったことがないという方はぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね(*’▽’)

【夜景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】

おわりに

DSC_0067

最後は三脚を立てて撮った神戸の夜景を。やっぱり手持ちとは全然違いますね(*’▽’)

綺麗な夜景を撮るためには三脚はマストアイテム。でもそれが使えないときでもできる限り綺麗に撮りたい。私自身ディズニーや旅先など三脚が使えない場面で撮る機会が多かったので、何か少しでもヒントになればと思い、今回あれこれまとめてみました。

この記事がみなさんのカメラライフにとって少しでもお役に立てば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
カメラの設定ってどう決めればいいの?私の考え方全部まとめてみる! 写真をもっと思い通りに!初心者こそRAW現像を早く始めるべき3つの理由 【夜景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】 ノイズを気にせず綺麗に撮りたい!適切なISO感度ってどれくらい? スマホで撮れない写真を楽しもう!私の夜景の撮り方をまとめてみる!