▶︎ ゆるカメライフの殿堂入り&人気記事

スマホで撮れない写真を楽しもう!私の夜景の撮り方をまとめてみる!

カメラを買った人の多くが一度は撮ってみたいと思うもの、それは夜景。でも夜景撮影って難しそう…と躊躇されている方も多いかもしれません。

私もその一人だったんですが、実際に撮ってみると夜景って全然難しくなくて、それもすっごく楽しくて。夜景を綺麗に撮れたことが私が今こうやって写真を楽しんでいることの原点なんです。

というわけで!今回は私の夜景撮影の設定やポイントをじっくりとまとめてみたいと思います(*’▽’)

夜景撮影の設定やポイントを全部まとめてみる!

必要なもの

  • カメラ
  • 三脚
  • レリーズ(あれば)
カメラは自分で設定が変更できるものであれば、ミラーレス・一眼レフ・コンデジなんでもOK。

また、以前三脚を使わず手持ちで夜景を撮る方法をまとめた記事をまとめた記事を書いたんですが、あれはあくまでもやむを得ない場合の対処法。綺麗な夜景を撮るためには三脚はマストアイテムです。

ちなみに、私が初めて夜景を撮った時に使ったのはこのAmazonで買った激安の三脚。とりあえずお試しで夜景を撮ってみたい!という方なら最初はこれでもいいかもしれません。

なお、レリーズについてはちょっと後に説明しますね(*’▽’)

夜景撮影のポイントは『設定は絞り優先でカメラに聞く』

必要なものが揃ったらいよいよ夜景撮影に挑戦です。

夜景の撮り方にはいろんなアプローチがあると思うんですが撮影の手順は人によって様々だと思いますし、どれが正解とか間違ってるとかはないと思います。

この記事では、私が自分なりにあれこれ試行錯誤して、私が最も撮りやすいと感じている設定を紹介してみたいと思います(*’▽’)

①絞り優先モードで『F8・ISO100・露出補正±0』に

まずは撮影モードを絞り優先に設定します。SDカードの残り枚数がなぜか40枚しかないのはスルーしてください_(:3 」∠)_

絞り優先とは、撮影者が決めたF値に応じて、カメラが自動的にシャッタースピードを決めてくれる撮影モードのこと。設定の中身をもうちょっと詳しく見ていきましょう(*’▽’)

F値(絞り値)→F8

F値絞りの開き具合を数値化したもので、大きくしたり小さくしたりすることで

  • レンズの光の通り道
  • ピントの合う範囲

が変わります。

今の段階で押さえておいてほしいポイントは、F値を小さくするとピントが合う範囲が狭くなり、逆に大きくすると画面全体にピントが合うようになるということ。

ってことは、ピントをビシッと合わせたいならF値を一番大きくすればいい!…と言いたいところですが、F値を大きくしすぎると回折現象というなんか難しそうな現象が起きて画質が劣化してしまうことも。

なので、画面全体にピントを合わせて撮りたい場合はF8程度を基準にするのが一般的です。

ISO感度→ISO100

次はISO感度。これはカメラ内部にある光を感じ取る部品の感度を数値化したもの。

これを大きくすると、暗い場所でも手持ちで明るく撮ることができるんですが、上げすぎるとノイズでザラザラとした写真になってしまうというデメリットがあります。

今回は三脚を使用して、ISO感度ではなくシャッタースピードを使ってノイズのないツルツルで繊細な夜景を撮ることが目標なので、ISO100に設定します。

もし普段ISO感度の自動制御を設定されている方は解除してくださいね(*’▽’)

露出補正

写真の明るさ・暗さを調整することができる露出補正ですが、今回はこれとは違ったアプローチで明るさの調整を行うので露出補正は使用しません。

というわけで、ここは±0に設定しておきます(*’▽’)

手ブレ補正を切る

ここは見落としがちなポイント。

暗い場所での手持ち撮影の強い味方である手ブレ補正なんですが、三脚に固定している時に手ブレ補正をオンにしているとかえって写真がブレてしまうんです。

手ブレ補正を搭載しているキットレンズも数多くあるので、ご自身のボディ・レンズを確認し、三脚を使うときは必ず手ブレ補正をオフにするのを忘れないようにしましょう(*’▽’)

レリーズがない場合は2秒セルフタイマーに

最後は説明を後回しにしていたレリーズについて。

三脚にカメラを取り付けてシャッターボタンを押すと、その押した時のわずかな揺れで写真がブレてしまうことがあります。だからレリーズというカメラアクセサリを使うんですね。

ただ、初めての夜景撮影でレリーズを持っていない・新たに買い足すのは面倒という方は、カメラで2秒セルフタイマーを設定しておくとブレる心配がなくなります(*’▽’)

設定ができたら一回撮ってみよう!

設定ができたらとりあえず一回撮ってみます。どんな感じで撮れましたか?もしかしたら思っていたよりも暗かったり明るかったりしたかもしれません。

上の夜景スポットで絞り優先・F8・ISO100・露出補正±0で設定してみたところ、カメラが決めてくれたシャッタースピードは5秒だったんですが、ちょっと思ったよりも暗かったですね(´・ω・`)

というわけで、ここからが第二ステップ。今度はマニュアルで明るさを調整していきます。

マニュアルってなんだか難しそうと思われるかもしれないんですが、夜景のマニュアル撮影はとっても簡単。なぜなら、絞り優先で撮ったときにカメラがシャッタースピードの基準を決めてくれているから。

F値やISO感度は絞り優先で決めた設定のままなので、マニュアルといってもシャッタースピードを速くするか遅くするかだけなんです。めっちゃシンプル。

もちろん露出補正を使って明るさを調節してもいいんですが、カメラの露出補正ってプラスにしたのに全然明るくならなかったり、想定以上に明るさが不自然に変わったりと、扱いにくいことも多くて。

夜景撮影においては、マニュアルでちょちょいっと調節した方が格段に思い通りに、ラクに明るさを調節できるので早速やってみましょう(*’▽’)

マニュアルモードでさっきの設定をそのまま入力

撮影モードを絞り優先からマニュアルに切り替えたら、

  • F8
  • ISO100
  • さっき絞り優先で撮ったときにカメラが決めてくれたシャッタースピード
を入れます。

さてさて、上の写真は、絞り優先で撮ってF8・ISO100・シャッタースピード5秒だったんですが、私には少し暗く感じられます。

ここから思い通りの明るさで撮るためにはこんな感じで設定を変えます。どん!

  • 写真を明るくしたい→シャッタースピードを長くする
  • 写真を暗くしたい→シャッタースピードを短くする
文字だけで説明していてもピンとこないと思うので、実際にやってみましょう(*’▽’)

まずはシャッタースピードを5秒から10秒にしてみました。白いバーを左右に動かしてみてください。

気持ち明るくなったと思うんですが、これでもまだ暗いですね。もう少しシャッタースピードを伸ばしてみましょう。

というわけで、10秒からさらに15秒にまで伸ばしてみました。

ここで最初に撮った5秒のもの(左)と、15秒で撮ったもの(右)を比べてみると、随分明るくなりました。私はこれくらいの明るさが好みかなー(*’▽’)

せっかくなのでもうちょっと撮り進めてみましょう。15秒から今度は20秒です。

微妙に明るくなったかな?程度にしか感じられないと思うんですが、こういった細かい明るさ調節は露出補正を使ってやるのはかなり難しい。実際こうした調節が必要になる場面もあるので、やっぱりマニュアルで明るさ調節できた方がラクなんですね。

最後は30秒で。

最初に5秒で撮ったものと比べてみると明るさが全然違いますし、シャッタースピードを長くすると明るくなるというイメージが掴みやすくなったと思います。

今回は暗いものを少しずつ明るくする場面を実際に試してみましたが、写真を暗くしたい場合は、これと逆のアプローチ、つまりシャッタースピードを短くしてください(*’▽’)

一度絞り優先で試す理由

ここまで読んでみて、絞り優先からマニュアルと2段階を踏むの面倒くさそうだな…もっとラクな方法ないかな…なんて思われた方もいると思います。

その気持ち分かるんです。分かるんですが、でもこういう設定をしているのには私なりのちゃんとした理由があるんです。

というのも、ひとくちに夜景といっても被写体や明るさは本当に様々だから

5,6秒くらいで十分明るく写るようなまばゆい夜景もあれば、20-30秒それ以上必要な夜景もある。また、肉眼ではすごく明るく見えていても、カメラにとってはすごく暗いなんてことも。

その夜景を綺麗に撮るにはどれくらいのシャッタースピードが必要なのか、その場その場で瞬時に判断するのはかなり難しいんですね。

もしかしたらこの数字にすれば一発で綺麗に撮れる!みたいな設定を求めてこの記事を訪れて下さった方もいるかもしれないんですが、それがないのはこれが理由。

だから、絞り優先でF値や感度を自分好みで設定した上で、目安となるシャッタースピードをまずカメラに教えてもらって、それをヒントにして設定を固めるのが一番の近道というわけです(*’▽’)

応用編:もっといろんな夜景を撮ってみよう!

さて!基本となる設定と手順は以上の通りなんですが、さっきも触れたように夜景といってもその種類は様々。中には綺麗に撮るためには設定に一工夫必要なものもあったりします。

というわけで、夜景撮影の設定の応用例を2つほど紹介してみたいと思います(*’▽’)

動く被写体が含まれる夜景

写真における『ブレ』には、撮影者のカメラを持つ手がブレてしまう手ブレと、撮りたい被写体がシャッターを開いている間に動いてしまうことによって起こる被写体ブレの2種類があります。

手ブレは三脚で防げるんですが、手ブレしていなくてもシャッターを開いている間に被写体が動いてしまうと、結果としてブレた写真になってしまうんです。

夜景でよくある被写体ブレの例が

  • 鏡のように映るリフレクション
  • 花のライトアップ
  • 水面に浮かぶボート
など。特にリフレクションとかライトアップなどは綺麗に撮りたい方は多いはず。

これらの共通点は風の影響を受けてすぐ動いてしまう・揺れてしまうこと。

こうした被写体を撮る時にシャッタースピードを長く取ると被写体がブレッブレになることがよくあります。私が何回家に帰ってから後悔したことか_(:3 」∠)_

こういった夜景を撮るときは、

  1. 絞り優先で設定する時にISO感度をある程度上げる(目安400くらい)
  2. 一回撮ってみる→マニュアルに変える
  3. 拡大して確認、被写体ブレしていたらシャッタースピードを速くする
  4. もっと明るく撮りたい場合はISO感度を高くしていく
という流れで設定するのがおすすめ。さっき紹介した撮り方の応用ですね。

もしISO感度は上げたくないという場合は、上の4のプロセスでISO感度を高くするのではなく、F値を小さくしてください。

ちなみに私はISO800を超えてもまだ明るく写らない場合、F値を小さくし始めることが多いです(*’▽’)

水面をより滑らかに写す

川や海があるロケーションでシャッタースピードを長くして水面の動きを流すと、上の写真のように水面がつるつる滑らかに写るんですが、これ私すごく好きなんです(*’▽’)

ただ、風が弱い日など水の流れや動きがあまりない時だと、上手く滑らかに写らないこともしばしば。

また、夜景そのものや周りが明るいと、水面を流そうとシャッタースピードを長くすると写真が不自然に明るくなってしまうなんてこともあります。

水面がつるつるなだけで夜景写真がグッと綺麗に見えることも多いので、ここも少し書き留めておきましょう(*’▽’)

十分明るく写ったけれど、水面がうまくつるつるに写らないときはこんな感じで設定をいじってみます。どん!

  1. シャッタースピードを長くする
  2. F値を大きくする
上の写真は、意図的にISO感度を高くしてシャッタースピードを短めに撮影したんですが、水面がつるつるとは程遠い感じになってますよね。

ということで、まずは単純にシャッタースピードを長くしてみましょう(*’▽’)

こんな感じ。確かに水面はつるつるだけど、ちょっと明るすぎますよね。

できればこの滑らかさを維持したまま、明るさを落としたい。そんなときにF値を大きくしてみます。

さっきの明るすぎたものはF8で撮っていたので、F13までF値を上げてみました。

シャッタースピードは同じ30秒なんですが、つるつるはそのままに明るさだけが落ち着きました(*’▽’)

最初の写真と比べてみると、明るさはほぼ変わらず水面はしっかりつるつるに写っていますよね(*’▽’)

冒頭にもちらっと述べましたが、F値によってピントの合う範囲を決めるためだけでなく、レンズの光の通り道の広さが変わります。

F値を大きくすると光の通り道が狭くなるので、同じシャッタースピードでも光の入ってくる量が少なくなって明るさが押さえられるというわけなんですね。

設定について正しく理解しておこう!

ここまで2つの応用的な夜景の撮り方についてあれこれ述べてきましたが、他にも本当にいろんな夜景がありますし、その場面によって設定に加える工夫も異なってきます。

いろんな夜景をより綺麗に撮れるようになるには、そして夜景のみならず、昼間の風景や動体などなど、あらゆる場面で思い通りに撮れるようになるためにはカメラの設定がどうやって決まっているのかイメージを掴むことはすっごく大事。ほんとーーーーに大事です。

私自身『設定って難しそう…』というイメージが強くてずっと避けていたんですが、実際に勉強してみると『あ、こんなもんだったのか』と拍子抜けしました_(:3 」∠)_

思っているよりも難しくないですし、一度マスターしてしまえば撮るのが本当に楽しくラクになるので、ぜひこの機会にカメラの設定を自分のものにしちゃうことをおすすめします(*’▽’)もしよければ下の記事も参考にしてみてくださいねー!

カメラの設定ってどう決めればいいの?私の考え方全部まとめてみる!

おわりに

さてさて、長々とまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

夜景が綺麗に撮れるようになると自分の写真が好きになりますし、カメラライフがもっともっと楽しくなるので、この記事がその少しでもお手伝いになれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
カメラの設定ってどう決めればいいの?私の考え方全部まとめてみる! 三脚が使えない時に!手持ちで綺麗に夜景を撮るコツをまとめてみた 【夜景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】