RAWとJPEG、レタッチするとどれくらい差が出るのか私なりに比較してみた!

Photo
写真は本当に奥が深いもの。少し慣れてくると、始めた頃とはまた違ったいろんな疑問が湧いてきます。

写真歴丸1年を迎えた私にも、またひとつ疑問を抱えていました。それがRAWとJPEGのレタッチ耐性の差です。

RAWとJPEG、レタッチするとどれくらい差が出るのか私なりに考えてみた!

その前に『RAW』って何?
Photograph
本題に入る前にサクッとRAWの説明を。知ってるよ!という方はちょっと飛ばしてください(*’▽’)

RAWとは、写真の保存形式の一種

RAWは英語で『生(ナマ)』という意味なんですが、写真を撮った時にイメージセンサーが感知した光の情報をそのまんま持って帰ってきたデータがRAWデータなんです。

…とこんな感じで『生のデータ』とか『光の情報』なんて言われてもピンときませんよね。
RAWはまだ『写真』ではない

普段あまり意識しないと思うんですが、光がなければ写真を撮ることができません。

なので、まず第一段階として、カメラのシャッターを押した時、カメラ内部の光を感じ取る部分(センサー)が、レンズの向こう側にある景色のあらゆる光の情報を集めます。これがRAWデータ。

ただ、このRAWデータはあくまでも『光の情報』にすぎず、『写真』ではありません。ここもいまいちピンとこないかもしれないんですが、RAWデータって専用のソフトを使わないとパソコンで見ることができないんです。なぜならRAWは情報にすぎないから。

そこで第二段階として、それらRAWという『光の情報』が処理されて、ここで初めて私たちが慣れ親しんでいる『写真』が完成します。この処理のことをRAW現像というんですね(*’▽’)
JPEGはカメラ内部でRAW現像が成された、完成形のデータ

RAWって何?と思って今この記事を読んでいる方は、普段写真をJPEGという形式で扱っています。JPEGとは、RAWという光の情報が処理された後のデータのことです。

実は、先ほど述べた『RAWが処理されて写真ができあがる』という過程は、私たちがシャッターを切るたびにカメラ内部で行われています。ここテストに出ますよ(*’▽’)

『情報が処理された後』と言うだけあって、JPEGにおいては不必要な情報は全てカットされています。つまり、JPEGをさらに編集しようとしても使える情報が限られているので、無理に編集しようとすると不自然になることがあるんです。

一方、RAWデータはカメラの中で処理されて写真になる前の、光の情報をとりあえず全部持って帰ってきたもの。RAW現像とは、普段カメラがやっている画像処理を撮影者自身が行うことなので、撮影後に編集しても違和感なく自然に仕上げられるというわけなんですね(*’▽’)

JPEGをいじっちゃだめなの?


…と、こんな感じでRAWとJPEGについてざっくり説明してみたんですが、ちょっと思いません?実際RAWとJPEGにそこまで差があるの?JPEGいじっても実はそんなに問題ないんじゃないの?って。

正直RAW現像って面倒くさそうですし、JPEGと差がかなりあるならやってみてもいいけど、スマホ等でサクッと編集する方が楽だし、大差がないならわざわざやらなくてもなーなんて思う方もいるはず。はい、私ですね(*’▽’)
RAWとJPEG、同じように編集したらどれくらい差が出るのか比較してみる!

今回の比較方法は以下の通りです。
  1. RAWとJPEGの2通りで保存した同じ写真を用意
  2. RAWをAdobe Lightroomで現像
  3. 2と同じような見た目になるよう、JPEGをAdobe Lightroomで編集
  4. 違いを比べてみる
なお、RAWで現像したときの設定をJPEGにコピペという方法を取らなかったのは、RAWとJPEGではデータ形式の違いから編集するときの数値が異なるため、コピペしても同じような見た目にならなかったからです。

このあたりは、このブログのタイトルである『ゆるカメライフ』というこのブログのタイトル通り、ゆるーく比べていきたいと思います(*’▽’)

DSC_7373-4
まずは『ちょっと編集したいな』と思うような写真から。

上の写真が元画像、いわゆる撮って出しです。なんかスッピン披露してるみたいでちょっと恥ずかしいですね。

DSC_7373-5
そしてこれがRAW現像したもの。

ハイライトを下げてより青空を強調したのと、影になっていた部分を軽く持ち上げてみました。

DSC_7373-2-2
これがJPEGを編集したもの。どうでしょう?違い感じます…?

ブログ用に圧縮しているので分かりにくいと思うんですが、比較している本人としては、この写真ではRAW現像したものとJPEG編集したもので大きな違いは感じられませんでした
白飛びした写真で比較してみる
DSC_3643-2-3
さっきは軽い編集だったので、今度はがっつり編集してみましょう。

上の写真は、前の日夜景を撮っていたときのISO感度そのままで撮ってしまったミスショット。空の色が完全に飛んでしまっていますし、不自然に白く明るく写ってしまっています。さててさて、この写真ではRAWとJPEGにどんな差が現れるのでしょうか(*’▽’)

DSC_3643
上の1枚はRAWデータを現像したもの

Lightroomで露光量を-1.17EVまで下げてるんですが、白飛びがなかったかのように綺麗に仕上がっています(*’▽’)

DSC_3643-2
そしてこちらがJPEGを編集したもの

ああやっぱりJPEGいじってもそんな変わらな…ん?写真の右上をちょっと切り出してみます。

DSC_3643
DSC_3643-2
上がRAW、下がJPEGです。JPEGでは何やら不自然な線というか模様が出ているのがお分かりいただけるでしょうか?

DSC_3643-2
写真左上もこんな感じ。結構汚いですよね。

1枚目の比較では『わざわざRAWで撮らなくてもJPEGで良いのかも?』と言えそうだったんですが、今回の比較では『RAWの方が自由かつ自然に編集できる範囲が広い』ということがハッキリわかる結果になったように思います。
暗い写真を明るくしてみる
DSC_0023-2-4
さっきの写真は明るすぎたので、今度は暗すぎる写真で試してみます。

さすがにここまでの暗さになることは稀かもしれませんが、撮っているときは問題ないように見えていたのに、改めて見返してみたら思っていたよりも暗かった…なんてことは日常茶飯事なので、どれくらい明るさやシャドウ部分を持ち上げられるのかは気になるポイント。

まずはRAWデータをLightroomでいじってみましょう(*’▽’)

DSC_0023-4
露光量を+4.15まで思いっきり引き上げるという、かなり無理なことをしたんですが、いかがでしょうか?

私の感覚ではかなり自然に明るく蘇っているように感じます。

DSC_0023-2-5
で、こちらがJPEGで頑張った結果です。

RAWで明るさを引き上げたときとは違う不自然な色になってしまっていますし、拡大してみるとノイズや先ほどの白飛び写真で見られたような変な模様が出ていて、明らかに画質が劣化しているのが分かります。

かなり極端な写真ではありますが、この例でもRAWとJPEGでは自然にいじれる範囲が全く違うのは伝わったかなと思います(*’▽’)

結論:多少ならJPEGをいじっても問題ない?

Photo
普通の写真から極端なものまで、3つほど例を上げてみましたが、ちょっとしたお直しくらいであれば、JPEGをいじっても問題や違和感はないように感じました。ただ、あくまでおおざっぱな性格の私の感覚なので、気になる人からしたら気になるかもしれません。

今はいろんな写真加工ソフトやアプリがありますし、それをフル活用して写真とその編集を楽しまれている方も多いと思います。私自身もカメラを買って写真を初めてしばらくはRAW現像なんて知らなくて、ずっとSnapseedというアプリでJPEGをあれこれ編集していました。
写真初心者にアプリ『Snapseed』をオススメしたい3つの理由
カメラを買って写真を撮り始めたけれど、なんか思ってたような1枚が撮れない。『写真 コツ』なんかで検索してみてもイマイチ分からない。構図や設定などのコツも大事ですが、実はそれらと同じくら...

写真にのめり込むうちにRAW現像の存在を知ったんですが、パソコンを使わなければいけないのがすごくめんどくさそうに感じられて、JPEGでも問題なく編集できてるから良いじゃん!という感じでなかなか手を出さずにいました。

そんな私もひょんなことがきっかけでRAWで撮るようになって、そこで初めてもっと早くからRAWで撮っておくべきだったと後悔したんです。その理由は、やっぱりJPEGとRAWではいじれる範囲に違いがあったから。

最後に、これまでの比較では触れることができなかった、私が普段RAW現像していて感じるJPEGとRAWの違いを2点書き留めておこうと思います(*’▽’)
JPEGだとホワイトバランスがいじりにくい
DSC_6599-5
写真の印象を決めるホワイトバランス

カメラ任せにすることもできますし、『曇天』や『蛍光灯』など選ぶこともできるんですが、不自然な色味になってしまうこともしばしば。後から細かく編集したくなるのは日常茶飯事です。

何度も書いてきた通り、RAWは光の情報なので、ホワイトバランスはまだ確定していません。つまり、RAWで撮っていればホワイトバランスは撮影後に自由に変更することができるというわけです。

対して、RAWという光の情報が処理された後のJPEGでは、既にホワイトバランスが確定しているので、そこから色味を変えようと思えば変えられるんですが、RAWほど自由には変更できませんし、どうしても上書き感が出てしまうんですね。
写真の繊細さが失われる

JPEGというRAWが処理されて既に完成しているデータを上からいじるとなると、いじれる範囲に限界があるだけでなく、どうしてもどこか上書き感だったり、不自然さが表れることもあります。そして、その上書き感や不自然さが、せっかく良いカメラで撮った写真の繊細さを失わせるように感じられることがあるんです。

また、これまで見てきた通り、JPEGで白飛びやシャドウ部分を編集するのはかなり限界があるんですが、これらはときに写真のクオリティに大きく影響するので、この部分もRAWで自然に編集した方がより繊細な写真に仕上がることが多いです(*’▽’)
『とりあえずRAWで撮っておく』のが私のおすすめ
DSC_1766-4
ここまであれこれ述べてきましたが、RAWの方がJPEGと比べて写真の編集の幅ははるかに広いですし、せっかくRAWで撮れるカメラを持っているなら、RAWで撮らないとちょっと勿体無いかもしれません。それくらい本当に撮影後にできることが多いです。

とはいっても、写真は自分が一番気軽に楽しめる方法で撮るのが一番だと思いますし、『やっぱりJPEG編集の方が気軽だな・楽しいな』と思われるのであれば、無理にRAWで撮る必要はないと思っています。

ちょっとした編集ならRAWもJPEGも大差がないことは、比較からも明らかでしたしね(*’▽’)


ただ、もしかしたらJPEG編集を続けるうちに、編集できる範囲に限界を感じたり、もっとこだわって写真を仕上げたいと思う日が来るかもしれませんし、『ああ、あの写真もRAWで撮っておけばよかった』と思うかもしれません。というか今の私がまさにその状況です(*’▽’)

ここまで読んでくださったらもうすんなり分かると思うんですが、RAWはJPEGになれるけどJPEGはRAWにはなれません

ほとんど一眼レフやミラーレスでは、設定画面の『記録形式』などの項目から簡単にRAWで撮影することができますし、RAWとJPEGの同時記録というのも可能です。

こだわって撮っていきたいのであれば、早い段階からRAWで撮っておく方が後々なにかと役に立ちますし、より写真が楽しくなると思います(*’▽’)
おわりに
さてさて、『RAW』現像という存在は知っていても、どれくらい違いがあるのかよく分からなくてなかなか挑戦できずにいる人が昔の私以外にもいるんじゃないかなと思ってあれこれまとめてみました。

この記事がみなさんのカメラライフにとって、少しでもヒントになれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!