写真初心者にアプリ『Snapseed』をオススメしたい3つの理由


カメラを買って写真を撮り始めたけれど、なんか思ってたような1枚が撮れない。『写真 コツ』なんかで検索してみてもイマイチ分からない。

構図や設定などのコツも大事ですが、実はそれらと同じくらい、いやそれら以上に写真には編集も大事なんです。

というわけで!今回は私が一眼を持ち始めた頃にすごくお世話になったGoogle画像編集アプリ・Snapseedを紹介したいと思います(*’▽’)

一眼レフ・ミラーレスで綺麗な写真が撮りたい!

DSC_0467
一眼などのカメラを手にした時って『一眼で撮れば簡単に綺麗な写真が撮れる』と思いますよね。

確かにスマホで撮ったものと比べると画質も良いし、そういった意味では簡単に綺麗な写真が撮れている、でもなんか違う。何も知らなかった頃の私はそう感じてました。

いくら高性能のカメラであっても、ただシャッターを切っただけではハッとするような綺麗な写真って撮れないんです。
写真にはいくつか弱点がある
Camera, Girl
しばらく写真を続けていくうちに、その理由が写真そしてカメラにいくつか弱点があるからだと知りました。

まず写真とは光と影がないと成り立ちません。ですが、光と影の最も明るい部分と最も暗い部分を両方とも完璧に写すことはカメラにとってすごく難しいことなんです。

だから、影になっているところにカメラを向けると黒くつぶれてしまったり、光が強いところを撮るとボヤけたり白く飛んだりしてしまうんですね。

DSC_7595-3
すっごく鮮やかだなと思って撮ってた空も、光の加減によって目で見たほどにまで鮮やかに写し取れないこともあります。撮った写真を見て『思っていたのと違う』と感じてしまう理由はこれです。

これらの弱点は撮影者が後から補ってあげる必要があり、世の中の『すごい!』と思う写真の多くはRAW現像という手法を使ってこれらが補われたものなんですね。

DSC_5957-6
一眼で撮ったらすぐパンフレットみたいな写真が撮れるんじゃなかったの!?編集とか加工してたら『写真』じゃないんじゃ…と思う方もいるかもしれません。

ただ実は写真って編集しないと『写真』になれないんです。

写真は『真を写す』と書きますが、先に述べたカメラの弱点を見てたら、ただ撮っただけでは真が写せてないですよね。

その弱点を私たち撮影者が補ってあげて、その時撮影者が実際に見て感じた『真』の姿に戻してあげる。それがあってはじめて『写真』になるんです。

DSC_2401-7
この真の姿を再現してあげる過程が現像(編集)であり、写真ってただ撮るだけじゃだめなんですね。
カメラで撮った写真の編集の基本は『RAW現像』…なのだけど
Desk
さて、さっきから何度か出てきているRAW現像という言葉。

RAWという特殊なデータで撮影し、それを専用のソフト現像する写真の編集手法のことで、これについては以前詳しく記事にまとめてみました。

早く始めるとメリットいっぱい!初心者こそRAW現像すべき2つの理由

でも写真を始めたての頃って『RAW』がいまいちピンと来ないのと、PCを使うのがちょっと面倒くさそうだなと思ってしまいがち(´・ω・)実は私がそうでした。
今はカメラから直接スマホに写真を転送する時代
Nikon
RAW現像が取っつきにくい原因の一つは、最近のカメラがWi-Fiを内蔵しているからだと思うんです。カメラから直接スマホに写真を転送できることをカメラ選びの条件にした人も多いはず。

パソコンを使わずに写真管理ができるからカメラを手にした、という人にとってパソコンで現像するのは面倒なイメージが湧いて当たり前だと思うんです。

ただ、現像という編集ができるのはRAWというデータ、Wi-Fiから転送できる写真はJPEGといい、現像はできません
JPEGを編集するのってどうなの?
ここでJPEGは編集しちゃダメなの?という疑問が生まれますよね。

以前JPEGとRAWの違いについて私なりに比較した記事を書いたんですが、編集できる幅はRAWに比べて劣るものの、JPEGも十分編集することができました

RAWとJPEG、レタッチするとどれくらい差が出るのか私なりに比較してみた!

せっかくWi-Fiの普及のおかげで一眼やミラーレスで撮った写真がここまで身近になったのだから、身近なデータを身近なツールで自由に編集していいと思うんです(*’▽’)

スマホで写真を管理する時代にスマホでRAW現像に近い編集が出来る、それを叶えてくれるのがSnapseedなんですね。

Snapseedってどんなアプリ?



前置きが長かったですが、ようやく本題。SnapseedとはGoogleが出している無料アプリ。

色んな画像編集アプリがある中で、このアプリを写真初心者にオススメしたい理由は3つあります。
1.一般的な現像ソフトとできることが似てる!

私が普段使っている現像ソフトAdobe Photoshop Lightroomの基本的な調整項目は『ホワイトバランス・露光量・コントラスト・ハイライト・シャドウ・白レベル・黒レベル・明瞭度・彩度』の9項目

対してSnapseedは『明るさ・コントラスト・彩度・アンビアンス・ハイライト・シャドウ・色温度』の7項目で、内容がすごく似ているんですね。
2.細かい箇所までしっかりと調整できる!
img_4482
このアプリがすごいと思うポイントが、なんといっても編集ツールの多さ

上に述べた画像調整の項目の充実度だけでも十分すごいと思うんですが、それ以外にも写真を始めたての頃に見落としがちな細かい部分を調整できるツールがいくつもあるんです。

例えば、『ここだけ明るくしたい!』『ここだけ彩度を控えめにしたい!』という箇所がある時、指でその箇所を塗るだけで補正ができるブラシツール

レンズやセンサーに付いていたゴミが写り込んでいた場合、それを簡単に消せるシミ除去や、写真をよりシャープに見せることができるディテールなどなど。

これだけ出来て無料って、やっぱすげーよGoogle先生。
3.写真が楽しくなる、写真が上手くなる
Camera
思い通りの1枚が撮れるから写真は楽しい。思ったようなものが撮れないと写真はつまらない。

ここまで読んできてくださった方には、編集という過程が「写真を写真にするため」にすごく重要なものだということが伝わっているはず。

この後実際にSnapseedでの画像編集をするんですが、自分の写真が自分の思い描いていた通りになっていくのってすっごく楽しい

自分の写真ってこんなに綺麗だったのか!写真ってこんなに楽しかったんだ!と気付かせてくれるアプリでもあります。

DSC_0386
また画像を編集している時は、自然と自分の写真と真剣に向き合えるんですね。

いろいろといじっているうちに『もっとこうやって撮っておけばよかった』と気付くこともしばしば。これを繰り返しているうちにおのずと写真の腕も上がってきます

余談ですが、固定の数種類のフィルターを当てはめてハイ終わりというものが多いんですが、それはそれでカワイイ写真ができるんですが、わざわざカメラで撮った意味は全くなくなると思うんです。

せっかく良いカメラで撮った写真を編集するなら、一項目ずつ細かく編集できるものが理想。Snapseedがあれば他のアプリはいらないですよ(*’▽’)

実際にSnapseedを使って画像編集してみる!

さて、文章であれこれ書いててもうまく伝わりませんよね。

ここからはSnapseedを使って実際に写真をレタッチしていきたいと思います。
写真を用意する
img_4483
まず編集したい画像を開き、『画像調整』という項目を選択します。

なおSnapseedは縦画面で操作するのが普通ですが、この記事では読みやすさを考慮して横画面で操作しています。

img_4484
画面の任意の場所をタッチして上下にスライドすると、こんな感じで変更できる項目が表示されます。

せっかくなので各項目の働きを軽く説明しながらレタッチを進めていくことにしましょう(*’▽’)

img_4508
これを撮影した時、雲のモコモコ感に心惹かれてシャッターを押したので、空の中で雲がしっかりと浮き上がるようにハイライトマイナスに持っていきます。

写真の中には必ず一番明るい部分一番暗い部分が存在するんですが、一番明るい部分は白飛びといって明るすぎるがゆえに細かい表現が失われがち。

ハイライトを調節してあげると、一番明るい部分の細かい描写をクッキリ再現してあげることができます。

img_4509
一番明るい部分は先に述べたハイライトで、一番暗い部分シャドウで対応が可能。

シャドウをプラスに持ち上げてあげることで暗い部分の細部表現を蘇らせることができます。

img_4510
次にアンビアンス。これは現像ソフトには無いSnapseedオリジナルの項目。Snapseed公式HPによると

アンビアンス:特別な種類のコントラスト補正機能で、写真の光のバランスをコントロールします。逆光の写真の調整に使用するほか、写真全体のコントラストを強調するために使用できます。被写体が背景より暗い場合は、右にスワイプします。

とのことなんですが、私の言葉で表してみると彩度とコントラストを同時に変更し、写真に立体感を与えるという感じ。

ちょっとクセのある項目ですが、上手に使うと写真がグッと魅力的になります。だいぶあの時見た空と建物の鮮やかさが再現できてきました(*’▽’)

img_4486
明るさコントラストおよび彩度に関してはそのままなので説明は省略。

今回は水彩画のような淡い印象の1枚にしたかったのでコントラストはマイナスにしています。

img_4487
最後に色温度。これはホワイトバランスと似たような機能。写真全体の色味を寒色もしくは暖色にすることができます。

ホワイトバランス:オートで撮影していたんですが、ちょっと画面全体が青いように感じたので少しだけ暖色に振りました。

完成!
dsc_9920-4
まずは元画像。これをSnapseedでレタッチしたものがこちらです、どん!

Processed with Snapseed.
変わりましたねー!あの時見た青い空とモコモコの雲、それに映えるカラフルな街並みが上手く再現できました(*’▽’)

JPEGをレタッチしたものですが、携帯やPCで見る限り違和感なく仕上がっています。

DSC_9920-2
ちなみに上がRAWデータをLightroomという現像ソフトで編集したもの。改めて見比べてみるとSnapseedの凄さを感じますよね(*’▽’)
Snapseedは『現像入門編』
DSC_0090-2
私自身、初めての一眼であるD5500を持ってしばらくして、ひょんなことからSnapseedの存在を知り、数カ月間はこのアプリで写真を編集してました。

そしたらすっかりハマってしまって、それと同時にもっと編集してみたくなって、今まで単語は知ってたけれど面倒そうで遠ざかっていたRAW現像を真剣に始めようと思えるようになったんです。

Snapseedは私が写真にのめり込み、さらに写真を楽しむためのキッカケを与えてくれたんですね。

Camera, Small
先に述べたようにSnapseedの画像編集の項目は一般的な現像ソフトにある項目とほぼ一致しているので、『現像入門編』と呼べるアプリだと思います。

実際私もSnapseedの編集過程に慣れていたおかげで、PC現像をスムーズに進められましたし、試してみて損は絶対にないと思います。アプリですし始めるのも気軽ですからね(*’▽’)

Photo
JPEGを編集するのはNG、RAWでないと!という意見はごもっともですし、私も早くRAW始めよう!という記事を書いています。

でも『RAWじゃないと!』と言えるのは既にある程度知識と経験があるからであって、カメラを持ってすぐに『RAW現像しよう!』という記事を読んでも『ふーん…』としか思えないもんです。私がそうでした。

でも画像編集の楽しさを知った上で、改めてRAW現像で出来ることを聞くと『やってみたい、やってみよう!』と思えてくるもの。

まずは難しいこと考えずにSnapseedで気軽に編集の楽しさを知るのが、回り道のように見えて実は一番近道なように思います。

DSC_6200-3
ただ、JPEGとRAWでは破綻することなく編集できる幅が全く違うのは事実。

Snapseedが楽しいなと思えて来たら、ぜひぜひ積極的にRAW現像にトライしてみてください。ますます写真が楽しくなること間違いなしですよ(*’▽’)
おわりに
写真ってどうしても小難しいことが多い。F値とかISOとか設定に関することも単語がいちいちややこしいし、RAWに至っては『生のデータ』ってなんやねんって感じですよね。

その小難しい世界を私たちにとって少し身近な存在にしてくれるのがSnapseedだと感じています。今ここまで写真にのめり込めているのはこのアプリのおかげです。

知らなかったという人も、RAWでもJPEGでも写真を細かく編集したことがないという方はぜひぜひ試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!