万能な35mmかスタンダードな50mm。単焦点好きの私が1本だけ選ぶならどっち?


口癖が『単焦点レンズ欲しい』の皆さん、どうもこんにちは。単焦点レンズ欲しい。

世の中には色んな単焦点レンズがありますが、その中で特にメジャーなのが35mm50mm。そして、そのどちらを選ぶべきか悩んでいるという人もいるはず。かつての私がそうでした。

というわけで!今回は35mmと50mmのうちどちらかひとつだけ選ぶとしたら?というテーマで、私の経験も踏まえてあれこれ考えてみようと思います(*’▽’)

35mmと50mm、ひとつだけ選ぶとしたらどっち?

私が初めて手にしたニコンの単焦点は50mm

ダブルズームキットでNikon D5500を買った私が初めて手にした単焦点は、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G EDでした。35mm換算で52.5mmとなるレンズです。

その頃は35mm換算もイマイチよく分かっていなくて、ただ一番売れてるらしいからという理由で購入を決めたんですが、使い始めてみるとかなり狭いと感じたんです。

ファインダーを覗いてみたら写る範囲が思っていたよりもかなり狭かったり、被写体に近すぎたり。ズームができないことから不便なことは分かっていたつもりでしたが、それでもかなり使い勝手が悪いと感じてしまっていました。
『標準レンズ』ってなんだろう?

私が上のレンズを買った理由は、一番売れていると聞いたからの他にもうひとつあります。それは『50mmは標準レンズ』といわれているから。

標準レンズとは何かということについて考え始めると日が暮れちゃいそうなんですが、個人的には『普段の人間の視野に近い、自然な範囲が写るレンズ』『自然に写るゆえに、使い勝手の良いレンズ』というイメージをしています。

人間が何か一点を見つめているときの視野と同じと言われる50mm。人間の視野より狭すぎるわけでもないけど、広すぎるわけでもないことが50mmが『標準レンズ』と呼ばれることが多い理由なのかなと思っています。

ただ、この『標準』って人それぞれだと思うんです。実際私も52.5mmを使ってかなり狭いと思いましたし、自然でもなければ使い勝手の良いレンズとは感じられなかったわけですしね。
50mmは狭いからという理由で買い足した30mm

せっかく買ったし…としばらくは頑張っていたんですが、どうも50mmが合わなかった私。

単焦点で足を動かして構図を決めたり、明るいレンズならではのボケ感を楽しむのも大好きだったので、もっと広い範囲の写る単焦点が欲しいと思い始め、手にしたのがAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDでした。D5500に着けると換算30mmになるレンズです。


50mmは人が何かを見つめているときの視野なのに対し、35mmは人がぼーっとしているときに見えているときの視野とほぼ同じと言われます。

普段の生活において、何か一点を見つめることよりも、目の前に広がる光景を全体的に見ることの方が多いのではないかと思います。つまり、35mmだと私たちの目に映る景色と、ファインダーを覗いた時に見える景色がほとんど同じ

だからファインダーを覗いた時に『思ってたよりも狭い』などの違和感もありませんし、見たままが写る。風景も街並みも記念写真も、見たままに撮れるからすごく使い勝手が良い。

『標準レンズは50mm』と聞いてたけれど、私にとっての『標準』は35mmなのだと感じ始めました。

ズームレンズを使うようになって知った、真の『私がよく使う焦点距離』


単焦点レンズに魅力されて写真にのめり込んだ私は、D5500ではずっと単焦点ばかりで撮ろうとしていたんですが、ある転機が訪れます。それがフルサイズデビューです。

D750を手にしてから考えがちょっと変わって、単焦点にこだわりすぎず、良いズームレンズを使ってシャッターチャンスを逃さないようにしようと思い始め、標準ズームレンズとしてAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを選びました。ズーム全域F2.8の明るさで撮ることができる、ウワサの大三元レンズです。
私の大切な相棒!AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの魅力を語ってみる
このレンズがもう今までの私のズームレンズのイメージを覆す1本で、このレンズを手にしてから色んな焦点距離で撮るようになった私。

そしてこれで撮っていくうちに、私の中でお気に入りになる写真は実は35mmよりも50mm近辺で撮られていることの方が遥かに多いことに気が付いたんです。
35mmは万能ゆえに平凡な印象になりがちだった

30mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8)



風景にも人物にも使えて、ボーっと何かを見ている時の広めの視野が写しとれる35mm。

見たままを写せるから使い勝手が良いのは確かなんですが、目の前の光景をただ切り取るだけになってしまうので、構図を考えて撮らないとただ平凡な写真になってしまいがちだったんです。

『写真は引き算』なんてフレーズがあるんですが、印象的な1枚のためにはなんでもかんでも写すのではなく、写さないということも大切と言われています。そして、その取捨選択をするには35mmではちょっと広すぎるように感じるんです。

見たままを写せて万能なゆえに、考えず撮るとただ撮っただけの雑多な写真になってしまう実は35mmって難しいと思えてきたんですね。
『作品』が撮りやすい50mm

50mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8)



先ほど『写真は引き算』の話をしたんですが、何か一点を見つめている視野とほぼ同じである50mmの場合、写る範囲がちょっと狭いおかげで無駄なモノが写り込まないんです。

カメラを持ってすぐの頃、構図の右も左もわからなくてあれこれ調べたりしていたんですが、今思うと昔の写真はその1枚における『主役』がないものばかりで、引き算が全くできていませんでした。

50mmの場合、意識していなくても無駄なものが写り込まないし、ある程度狭い分その1枚における主役が自然と決まる。だからおのずと何が撮りたいのか明確な、印象的な1枚が撮れるし、初心者でも簡単に『作品』が撮れるというわけです。
35mmは目の前の世界を閉じ込める、50mmは目の前の景色を切り取れる
DSC_9888

35mm(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)



ズームレンズでじっくり撮り歩くようになって、自分の写真を見返してみると、35mmは目の前の世界を閉じ込める画角50mmは目の前の世界を切り取る画角のように感じます。

35mmは自分の目に映るもの全てを1枚に収めることができる、対して、50mmは目の前に広がる世界のうち、自分が『ここがいい!』と思った部分だけを切り取って写すことができる。

自分の感性のままに風景を『切り取る』ことは写真の楽しみの一つと言えますし、私がお気に入りだと感じる写真の多くが50mmで撮られていたのはこれが理由なのかなと思います。

35mmと50mm、どちらかひとつだけ選ぶとしたら?


いやー、35mmも50mmもどっちも良いですね。

両方買えたら良いのになんて思うんですが、単焦点レンズは1本ずつしか買えないと思いますし、そうなるとどちらかをひとつを選ばなければいけません。

というわけで、ここからは『ひとつだけ』と言われたら、私なら35mmと50mmのどちらを選ぶか考えていきたいと思います(*’▽’)
初めての単焦点なら50mmが標準だと思う

私自身初めての単焦点に換算52.5mmのレンズを手にし、思っていたよりも狭いと感じていたんですが、でもやっぱりあれこれ考えて見ると初めての単焦点なら50mmが標準なように思います。その理由は2つあります。

まず、50mmという画角は写真初心者が構図を学ぶのに最適だと思うから。

ズームができない分、足を動かして構図を決めることになるから、自然と構図力が身につくと言われる単焦点レンズ。その中でも、50mmはちょっと狭く余計なものが写り込まない画角なので、被写体を取捨選択する感覚が自然に身につき、どんなレンズでも上手に構図を取れるようになると思うんです。

良い写真には構図も大切ですし、構図のテクニックみたいなものも色々と紹介されていたりするんですが、写すものと写さないものを取捨選択し、余計なものを写さないという構図の基礎がないと、それらのテクニックを実戦で活かすことは難しい。

そして、50mmはその基礎を作ってくれる単焦点だと思います。


また、私が初めての単焦点は50mmが標準だと考えるもうひとつの理由が、背景ボケです。

背景をボカしたくて単焦点レンズが欲しいという方が多いと思うんですが、背景のボケ方は F値の小ささだけでなく焦点距離も関係します。そして、焦点距離の長いレンズの方がより大きく背景をぼかすことができるんです。

背景がボケるとなんだか写真が上手くなったように感じられますし、写真を撮ることが楽しくなる。私自身単焦点で思いっきり背景をボカしたとき、一眼を買ってよかったと心から思いました。スマホだと背景ボケボケは難しいですからね。

せっかく単焦点レンズを買うなら、思いっきり背景をボカすことができるものが良い!と思う方も多いと思いますし、このこともはじめての単焦点なら35mmよりも50mmを選んだ理由です(*’▽’)
買う前にズームレンズで試してみよう!

そんなこんなで選ばれたのは50mmだったんですが、ただ、『どうしても単焦点1本しか持っていけない』と言われたら正直迷うと思います。35mmの方が風景にスナップ、人物撮影やテーブルフォトなど、どんな場面でも万能に使うことができますからね。

このように、人の好みによって『標準』は異なりますし、一度ズームレンズで焦点距離を固定して試してみることをおすすめします。

普段ズームしてるときと焦点距離を固定している時では、撮り方やファインダーを覗いた時の感じ方も異なりますし、後悔しない単焦点レンズ選びができるはずですよ(*’▽’)

私のおすすめレンズラインナップ!


ここまで読んでくださった方の中には、はじめての単焦点で迷っているという方も多いはず。そして、APS-Cやフォーサーズなどを使っていて『35mm換算』とかいうよくわからないものに悩まされている人もいらっしゃるかもしれません。私もすごく悩まされました。

今回は記事のボリュームの都合上、35mm換算についての説明は省略させていただくんですが、最後に私のオススメの単焦点をいくつかピックアップしておきたいと思います(*’▽’)
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ED(50mm)
Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用
この記事で何度も登場した換算52.5mmになるAPS-C専用レンズ。約200gで小さくて軽く、お値段もかなり手頃な1本。Nikonユーザーで50mm単焦点を探しているなら、これを選べば間違いないと思います。

私がD5500のために買ったレンズと、気になっていたレンズを紹介してみる!
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED(35mm)
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED AFS20 1.8G
この記事で登場したAPS-Cに装着すると換算30mmになるレンズ。フルサイズ対応レンズなのでお値段は高めなんですが、『レンズを変えると写真が変わる』ということを私に教えてくれた、本当に素晴らしい描写力を持つ1本です。

なお、APS-C一眼レフで換算35mmで使える単焦点レンズをお探しの場合は、20mm-24mm(換算36mm)あたりを選んでくださいね(*’▽’)
軽くて使える超広角単焦点!AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの魅力を語ってみる。
SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art(50mm)
SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSM キヤノン用 APS-C専用 301545
CanonにはNikonのような換算約50mmになる安価なAPS-C用の純正レンズがありません。

もちろんフルサイズ対応単焦点ならいくつも選択肢があるんですが、お値段がかなり高いので、私が個人的におすすめしたいのはSIGMA 30mm F1.4というAPS-C専用の単焦点レンズ。換算48mmになります。ほぼ50mmですね。

私自身F1.4の単焦点を1本持っているんですが、ボケ方が異次元。せっかく単焦点を買うならうんとボケるものが良い!という方には是非是非オススメしたい1本です。
EF-S24mm F2.8 STM(35mm)
Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM
Canonには撒き餌レンズなんて呼ばれる、初心者向けの安価な単焦点レンズがいくつかあります。そのひとつがこのEF-S 24mm F2.8STM

とにかく薄くて軽くて機動性バツグン。換算38mmでF2.8なので大きな背景ボケはちょっと期待しづらいですが、万能な単焦点を探しているなら間違いない選択肢だと思います。
M.ZUIKO DIZITAL 25mm F1.8(50mm)
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV
D5500を手にするまでOLYMPUSのミラーレスを使っていた私。単焦点レンズを購入するときにものすごく悩んだのがこの25mm。ジャスト換算50mmになります。

オリンパスのミラーレスが採用しているフォーサーズは、センサーサイズが小さいのでボケが得られにくいなんて言われるんですが、50mm単焦点があればもう思いっきりボカすことができる。

お値段も財布に優しいですし、オリンパスのミラーレスでボケを楽しみたいならこれ一択と言っても過言ではないと思います。 
M.ZUIKO DIZITAL 17mm F1.8(35mm)

25mmもすごく魅力的で迷いに迷ったんですが、私が選んだのは実は17mmでした。換算34mmになります。

このレンズの魅力は下の記事にまとめているので、興味があれば読んでいただければと思うんですが、OLYMPUSのミラーレスには私は17mmの方がしっくりくるように感じましたし、すごくお気に入りの1本です(*’▽’)

ミラーレスにピッタリな万能単焦点レンズ!M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8の魅力を語ってみる
おわりに
あれこれ述べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

はじめての単焦点選びの場合、分からないことや悩んだりすることもあると思います。でもレンズを選んでいる時が一番楽しかったりしますし、この記事がみなさんのレンズ選びの少しでもヒントになれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!