レンズフードに防湿庫…一眼初心者の『アレって必要?』をまとめてみた!

Camera
ピカピカの一眼初心者のみなさん、どうもこんにちは。

悩みに悩んでボディ・レンズを選んで、これでいよいよカメラデビュー!と思っていたら、なにやら他にも色々と必要なものがあるらしい。ただ、中には『本当に必要なのかな?』と疑問に思うものもあるかもしれません。

というわけで、今回は一眼初心者が『アレって必要?』と思いそうなものを私の経験も踏まえながら、必要かどうなのか考えていきたいと思います(*’▽’)

一眼初心者の『アレって必要?』をまとめてみた!

私が『これって必要なのかな』と思ったことがあるアイテム5つ
DSC_6154-2
私自身カメラを手にして間もない頃、右も左も分からなくて『とりあえずカメラに付属していたから』『お店やネットで勧められていたから』という理由でなんとなく買ったり使ったりしていたものがありました。

その中で私が『これって本当に必要なのかな・買った方が良いのかな』と思ったことがあるものの中で、同じように疑問を感じる人が多そうなアイテムを5つピックアップしてみました。どん!
  • レンズフード
  • 防湿庫
  • プロテクター(保護フィルター)
  • メンテナンスアイテム(ブロアー・レンズペン)
  • カメラバッグ
早速ひとつずつ見ていきましょう(*’▽’)
レンズフード

私の勝手な予想では、ピックアップした5つのアイテムのうち最も『これって必要なの?』と思う人が多そうなアイテムなのがレンズフード。必要でないならば着けたくないという方もいらっしゃるかもしれません。

レンズフードの役割は主に2つ。まずひとつはフレアやゴーストを防ぐこと。上の写真にあるような、肉眼では見られない光の輪や点のことです。

場面によっては、これらは写真の『味』として活きることもあるんですが、出て欲しくないときにこれらが発生すると結構厄介。レンズフードはフレアやゴーストの原因となりうる不要な光をカットする役割を持っているんです。

ただ、私自身正直なところレンズフードを着けることで本当にフレア・ゴースト防げてる?と疑問に感じることはあります。レンズの逆光耐性はレンズそのものの作りやコーティングも関係するので、フードだけで防げるものではありません。

でも、それでも私はレンズフードは絶対に必要だと思っています。その理由は、レンズフードの2つ目の役割である、レンズの保護です。


レンズの保護というと、この後に出てきますが、レンズ表面に取り付けるプロテクター(保護フィルター)を思い浮かべる方が多いと思うんですが、実はレンズフードもレンズ保護の役割があります。そして私は大切なレンズをフードに守られたことがあるんです。

恥ずかしい話なんですが、以前カメラを首から提げて歩いているとき、バランスを崩して転んだことがありまして。レンズの先が思いっきり地面に叩きつけられてしまったんですが、このときフードを着けていたおかげでレンズ本体は無傷だったんです。

フードを着けていなかったらレンズ表面はプロテクターで守れていたとしても、レンズ本体の外観には思いっきりキズが付いていたと思います。それに関する修理費用も高く付いたと思うんですが、フードの買い替えだけで済みましたしね。

本当にレンズフードを着けていてよかったとひしひしと感じましたし、この経験から私はレンズフードは必ず着けておくべきだと思います。着けている方がボディとバランスも良いですしね(*’▽’)
防湿庫
Moisture
『カメラ・レンズは湿度に弱いから』という理由でお店やネットで勧められたけど、実際家の湿度がそこまで高いように感じられないから、本当に必要なのか分からない…と思われがちなのが防湿庫

恥ずかしながら私自身防湿庫を買ったのはカメラ購入後から結構日が経ってからのことだったんですが、早めに買っておきましょう

自分もなかなか買ってなかったくせに!と言われそうなんですが、なぜ私が防湿庫は早めに買うべきだと思うようになったかというと、レンズにカビが生えたときの修理費用が高いことを知ったからなんです。


メーカーの公式HPから修理費用の見積もりが出せるので、ふと思い立ってキットレンズのカビ除去での見積もりを出してみたんです。

お見積り料金の確認・修理のお申し込み|株式会社ニコン

そしたら、18-55mmが7905円・55-300mmが10700円とか出てきちゃって。D5500のファインダーにカビが生えたときの修理費も出してみたんですが、こっちは16500円めっちゃ高い。びっくりした。

この修理費用を知った上で、防湿庫を調べてみると、乾燥剤を入れるタイプのドライボックスなら1000円ちょっとで手に入るんですよね。

湿気対策をしてないと本当にカビが生えるのかどうかは分からないけど、でも万が一のときにさっき調べたような高額の修理費用を払わなければいけないことを考えると、『保険』としては安いものだと思います。

幸い私の持っているカメラやレンズは今までカビが生えたことはないのですが、『カメラ カビ』なんかで検索してみると実際にカビが生えてしまった事例が出てきます。おー、こわいこわい。

備えあれば憂いなし、ということで防湿庫は保険として早めに買っておいた方が安心だと思います(*’▽’)
プロテクター
DSC_6136-3
レンズとセットで買うことが多い、レンズ表面を守るためのプロテクター

レンズがそのままむき出しなのが危険なのはなんとなく分かるから必要なんだろうなと思いつつも、本当に必要なのか疑問に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

プロテクターが必要か不要かということは結構議論されていることみたいで、『レンズに何かあったときのことを考えると着けておく方が安心』という理由で必要という人もいれば、フレア・ゴーストの原因になるなど、写真に影響が出るから不要という人もいます。

確かに、プロテクターはレンズと被写体の間に異物を挟むことと同じなので、なんらかの影響が出る可能性は否定できないんですが、私はそこは気にしなくて良いかなと思っているタイプで、むしろレンズに何かある方が怖いと感じるのでフィルターは必要だと考えています。

人間いつカメラやレンズを落とすかなんてわかりませんし、すぐに修理に出すことができない旅行先などでレンズそのものが破損してしまったらせっかくの楽しい時間が台無しですからね。


ちなみに、プロテクターにもいろんな種類があって、どれを買えば良いのか・安いものと高いものではどう違うのか気になる方も多いと思います。

私もそこはずっと気になっていて、お手頃のものとちょっと高いものの両方を使ってみたんですが、個人的な感想ですが、高いプロテクタの方がホコリや指紋が付きにくく、付いてしまってもすぐ汚れが落ちるように感じます。

ちなみにあれこれ試してみた結果、今はほとんどのレンズにEXUSというシリーズのプロテクタを使っています(*’▽’)なお、プロテクターを購入される際は、必ずお手持ちのレンズのフィルター径を確認してくださいね!
メンテナンスアイテム(ブロアー・レンズペン
DSC_6166
カメラのメンテナンスアイテムはいろんなものがあるんですが、特にメジャーなのがブロアーレンズペン

ブロアーとは、レンズやボディに付いてしまったゴミを空気で吹き飛ばすためのアイテム。レンズペンは、レンズのフィルターをくるくるとこするとゴミや指紋などを落とすことができるアイテムです

結論を先に言うと、どちらもカメラを持っているのであれば必需品。お値段も高くないので、持っていないという方は早く買っておきましょう。

Canon
先ほど『プロテクターはちゃんと着けておこう!』と述べたんですが、プロテクターの傷は画質に悪影響を及ぼします

私みたいなガサツな人間は、プロテクターを着けている安心感からつい『レンズ表面に触れるわけじゃないし!』と手持ちのタオルなんかで拭いてしまったりするんですが、目には見えない細かいキズがつく可能性もあり、そんな小さなキズも画質劣化の原因になり得ます。

レンズペンはフィルター掃除に適した素材でできていますし、自分の手で拭くよりも隅々まで綺麗に指紋やホコリを取り除けるので、カメラを使っている全ての人にとってマストアイテム

レンズペンにもいろんな種類があるんですが、私はHAKUBAというメーカーのレンズペンを愛用しています(*’▽’)


ブロアーは、ボディやレンズの外観を掃除するのにももちろん使えるんですが、カメラ内部に入ってしまったゴミを吹き飛ばすのにも使います。

レンズ交換の際、どれだけ注意を払っていても、小さなチリやゴミがカメラ内部に入り込んでしまうことがあるんですが、それが原因でファインダーを覗いた時に黒い点がフレーム内に現れることがあります。

その黒い点は写真に写り込まないものの、写真を撮る時に気になってしまうことも多いんですが、ブロアーがあれば空気でカメラ内部のゴミを吹き飛ばして黒い点とおさらばできることが多いんです。

この『ファインダーを覗いた時に黒いゴミが見える』という現象は、レンズ交換しているならいつでも発生しうることなので、自分で対処できるようブロアーも早めに準備しておきましょう(*’▽’)
カメラバッグ

カメラはカメラバッグに入れて持ち歩くべきだろうけど、デザインがもさっとしたものが多くて、自分の好みに合うものが見つからない。カメラバッグって絶対に必要なんだろうかと悩んでいる人は結構多いのではないかと思います。私もそうでしたしね。

そもそもカメラバッグは、傷や衝撃からカメラを守るためのもの

ってことは、傷や衝撃からカメラを守れさえすれば、どんなカバンもカメラバッグになるんじゃないの?なんかそんなアイテムないの?と探していて見つけたのが、カメラ用インナーソフトケースです。


インナーソフトケースは、カメラを守れるクッション素材でできており、このケースを手持ちのカバンに入れれば、手持ちのバッグがカメラバッグに変身するという優れもの。

私自身、なかなか好みに合うカメラバッグを見つけられなかったので、上の写真のように手持ちのOUTDOORのショルダーバッグに、仕切りができるタイプのソフトケースをはめ込んでカメラバッグとして使っていました。黒いカバンに黒いケースというめちゃくちゃ見づらい写真ですみません。


カメラを手にして随分と経ってから、デザイン的にもお値段的にも自分にぴったり合うofftocoというカメラバッグを見つけ、今はそれを愛用しているんですが、カメラバッグは無理して買う必要はないと思っています。
やっと出会えた理想のカメラバッグ!『offtoco』がコスパ抜群な件
カメラはもちろん大切に扱うべきですが、持ち出してあげないと意味がないですし、カメラバッグがないから…という理由で持ち出すのをためらうのは勿体無いと思います。いろんなところでカメラを使わないと写真の上達もできませんしね。

機材が多くなってくると整理整頓のためにもしっかりとしたカメラバッグが必要になってくるとは思いますが、カメラ+レンズ+交換レンズくらいの組み合わせであれば、インナーケースを使って手持ちのカバンで持ち歩くのが良いんじゃないかなと思っています(*’▽’)
おわりに

あれこれまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?ちょっとでも疑問が解決していたら幸いです。

今回ピックアップした5つ以外にも、カメラ周りのアイテムは本当にいろんなものがあります。カメラを扱うなら必需品とされるもの、写真の幅を広げてくれるもの、あると便利なものなどなど。

それらを上手く使うことで写真がもっと楽しくなるので、是非是非いろんなものを試して自分にとって必要なアイテムを揃えていってくださいね(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!