ディズニー好きが考える!ディズニーのためのカメラの選び方


ディズニーが好き、キャラクターやパークの風景を綺麗に撮りたい、カメラが欲しい。でも、どれがディズニーでの撮影に向いているのか分からないですよね。

というわけで!今回はディズニー好きが考えるディズニー好きのためのカメラの選び方をまとめてみようと思います(*’▽’)

この記事は『ディズニーで使うためのカメラが欲しい!』ディズニーメインで写真を趣味にしたい!』という人向けです。

ディズニー好きが考える『ディズニーで使うカメラの選び方』

一眼レフとミラーレス、どっちを選ぶ?


『カメラを買おう!』と思い立ってまず最初に悩むのは一眼レフとミラーレスどっちを選ぶかということ。ディズニーのためのカメラ選びもやっぱりここから始まります。

細かいことを述べるよりも先に結論から言ってしまうと、
  • ショーパレード撮影がメインなら一眼レフを積極的に視野に
  • ミラーレスを選ぶ場合はファインダーセンサーサイズに注目
です。というわけで、早速詳しく説明していきますね(*’▽’)!

ショーパレード撮影がメインなら一眼レフを積極的に視野に


突然ですが、一眼レフとミラーレスの違いってしっかり理解できていますか?

『一眼レフは大きくて重いけど画質が良い』『ミラーレスは小さくて軽いけど一眼レフには劣る』といったざっくりとしたイメージだけで選ぼうとすると失敗するかもしれないので、ここでちゃんと押さえておきましょう(*’▽’)

一眼レフとミラーレスの違いは、ミラーがあるかないかただそれだけ。ミラーという部品を省くことにより一眼レフよりも小型軽量化に成功したのがミラーレスです。

じゃあそのミラーってなんのためにあるの?って話になるんですが、ファインダーを作るために必要なものなんです。


一眼レフとミラーレスの違いは『ミラーがあるかないか』でしたよね。このミラーの有無によって、上の図のようにファインダーの作りが変わります。

一眼レフの光学ファインダーは、ミラーが目の前の光景を反射したものをファインダー越しに見て撮影します。この表現だとピンとこないかもしれないんですが、目の前の光景をただ反射しただけなので、ファインダーを覗いたときの見え方は肉眼で見るのと差がありません

一方、ミラーレスの電子ファインダーは、ミラーがないので反射できません。よって、目の前の光景を映した映像をファインダーの奥にある液晶画面に表示します。つまり、私たちはファインダー越しに映像を見ながら撮影することになります。


この『映像』というのがキーワードで、電子ファインダーの場合、カメラによっては映像特有のカクカク感・チカチカ感映像に変換・表示されるまでの微妙なタイムラグがちょっと気になる場合があります。

タイムラグといってもぱっと見分からないレベルのものですし、最新機種が発売されるたびにどんどん進化しています。

なので、風景や食べ物などの静物を撮る場合はさほど気にならないんですが、ショーパレードは動体。小さなラグがあるかないかで撮影の快適度は大きく変わってきます。

対して、一眼レフの光学ファインダーの場合は、ただ反射されたものを見ているだけなのでそういったことは一切ないので、激しく動き回るキャラクター・ダンサーの動きが追いやすく捉えやすい

これが私がショーパレード撮影をメインに考えておられるのであれば一眼レフを積極的にオススメしたいひとつめの理由なんですね。


ショーパレード撮影メインでお考えの方に一眼レフを積極的に検討してほしいもうひとつの理由がレンズのバリエーション

私自身カメラを手にするまでは『画質やオートフォーカス性能などはボディで決まる』と思い込んでいたんですが、実はレンズの力がかなり大きく、高くて良いカメラ(ボディ)を持っていても、レンズがイマイチだと撮りやすさや写真のクオリティもイマイチになりがちなんですね。


また、ショーパレード撮影には望遠レンズが必須アイテム。この望遠レンズにも本当にいろんな種類がありますし、レンズによって画質やオートフォーカスの速さ・正確さが大きく変わるんです

より写真にこだわりたくなったときにまず最初に検討するのは実はレンズだったりするんですね。


ここで一眼レフとミラーレスの違いの話に戻るんですが、現状としては一眼レフの方がレンズのバリエーションが豊富です。

というのも、ミラーレスはここ最近で急成長しているカメラ。一通りはレンズが揃っていますが、キヤノンやニコンなどの昔からあるような一眼レフに比べると選択肢はまだまだ少ないのが現状。

レンズの選択肢が多くしっかりこだわれることも、ショーパレードに一眼レフをオススメできる理由です(*’▽’)

ミラーレスを選ぶ場合はファインダーとセンサーサイズに注目


ショーパレード撮影をメインにするなら一眼レフがオススメという理由は分かったけれど、一眼レフは大きさや重さが気になるという方も少なくないはず。

ディズニーで使うカメラとしてミラーレスを選択される場合、注目しておきたいポイントが2つあります。


一眼レフとミラーレスの違いのおさらいになりますが、ミラーレスにはファインダーがあるモデルとないモデルがあります。

私はOLYMPUS PEN Lite E-PL6→Nikon D5500→Nikon D750という流れでカメラを使っていて、最初に手にしたOLYMPUSのミラーレスは液晶画面を使って撮るタイプだったんですが、その経験を踏まえてファインダーがある方がショーパレードは撮りやすいと思っています。


写真を撮るようになるまでは『ファインダー=カメラに付いてる覗き穴』としか思っていませんでしたし、あってもなくてもどっちでもいいと思っていたんですが、実はファインダーには次のようなメリットがあるんです。
  • カメラを構えるときに自然と脇が締まるため手ブレしにくい
  • 余計な視覚情報が入ってこないため被写体に集中しやすい・構図が決めやすい
特に私がファインダーって大事だなと感じる理由は、2つ目のメリット。

ショーパレードでは、お目当てのキャラクターやダンサー以外にも大勢の出演者がいます。液晶画面で撮る場合、どれだけ液晶に集中していてもカメラの周りの景色もぼんやりと視界に入ってしまう。そのため、目に入ってくる情報が多すぎてキャラクターを見失ってしまったり、構図が微妙になってしまうことがあったんです。

ショーパレードでのシャッターチャンスは一瞬ですし、被写体に集中してシャッターチャンスを逃さないためにはファインダー付きの方がディズニーでの撮影には合っているかなと考えています。


もう一点注目しておきたい大事なポイントが、センサーサイズの大きさ

センサーとは、カメラ内部の光を感じ取る部品のことで、センサーのサイズが大きいと、
  • より高い画質
  • より大きな背景ボケ
  • より高い高感度性能
が期待できます。

カメラを買ってエレクトリカルパレードを綺麗に撮りたい!とお考えの方も多いと思うんですが、夜間の動体というかなりシビアな被写体であるエレクトリカルパレードを綺麗に撮るにはできる限り良い高感度性能がある方が良い

これがディズニー向けのミラーレスを選ぶならセンサーサイズの大きなものをオススメする理由なんですね。


上の表はいくつかカメラをピックアップしてセンサーサイズごとに分類したもの。センサーサイズの大きさはフォーサーズ<APS-C<フルサイズです。一眼レフと同じセンサーサイズを持つミラーレスってたくさんありますよね。

カメラにかける予算はそれぞれだと思いますが、フルサイズとなるとかなりお値段も上がってしまうので、エントリー一眼レフと同じAPS-Cを搭載するミラーレスがディズニー向けカメラとしてオススメかなと思います(*’▽’)

ディズニーのためのカメラ選びのポイント!

さてさて、一眼レフとミラーレスどちらを買うか決まったら、いよいよ本格的なカメラ選びです。

ここではカメラ選びのカギとなる性能や価格帯メーカー選びレンズ選びの3点についてまとめておきたいと思います(*’▽’)

性能・価格帯


良い写真を撮るにはできる限り高いカメラを買わないと!とお考えの方もいらっしゃるかもしれないんですが、高くて性能の良いカメラを買えば必ず良い写真が撮れる…というわけでは残念ながらありません

ショーパレード撮影といえば動体、動体を撮るということはオートフォーカス性能とか連写性能が重要なイメージがありますよね。まずはこのあたりに触れておきましょう。

まずは連写性能。私がショーパレードを撮っている中でマシンガンのような高速連写は必要と感じたことはないので、そこまで重視しなくても問題ないと思います。


ついでオートフォーカス性能。上位機種の方がより高いオートフォーカス性能を持つことが多いんですが、前半でも触れた通りオートフォーカスの速さ・正確さはレンズの影響をかなり大きく受けます。

なお、画質や背景のボケ具合もレンズによってかなり大きく変化しますし、三脚が使えないパークにおいて夜景撮影が綺麗にできるカメラが欲しいとお考えの方も多いと思うんですが、これもレンズの影響がかなり大きい。写真はレンズによって決まると言っても過言ではないんですね。

カメラを買うにあたって、それぞれ予算を決められていると思うんですが、その予算全てをボディに使うのではなく、レンズの買い足しに少し余裕を持たせるのが私のオススメです。もう少し具体的に考えてみましょう(*’▽’)
一眼レフ

エントリーモデルと呼ばれる手頃なものから、大学の学費1年分払えちゃいそうなくらいお高いものまで、いろんな種類がある一眼レフ。

どれを選べばいいか分からない人も多いと思うんですが、エントリーモデルで十分すぎるほど十分。下のような安価なモデルならレンズにお金を回しやすいかなと思います。

ただ、カメラは高い買い物。一度買ったら長く使いたいし、はじめてのカメラだからこそ少し上の性能を持つ一台が欲しい!という方もいるはず。予算が許すのであれば、上位機種の一世代前のカメラを候補に入れると理想の一台に出会えるかもしれません。

私自身『最新機種の方がいい写真が撮れるんでしょ?』と考えていたんですが、カメラのボディの発売サイクルは結構早く、すぐに旧機種になることも多いので最新機種にこだわる必要はあんまりないんですね。

また、最新機種と一世代前のモデルを比べてみると、あまり劇的な変化が加わっていないことも多く、それでいて旧製品になったことでお値段がこなれているので、予算の範囲内でできる限りいい性能のカメラが買いたい!という方にオススメの選択肢です(*’▽’)  

ちなみに私が初めて手にした一眼レフであるNikon D5500は、はじめての一眼レフとして、そしてディズニー向け一眼レフとしてこれ以上ないくらいピッタリな一台なので、よければこちらの記事も覗いてみてください(*’▽’)
突然ですがこの記事の投稿日である6月20日、何の日かご存知ですか? Wikipediaによると『ペパーミントの日』、そしてMay.Jさんの誕生日だ...
ミラーレス

電子ファインダーとひとことで言っても色んな性能のものがありますし、ラグなどはどんどん改善され、AF精度をはじめとする動体撮影への強さを売りにしているミラーレスも数多くあります。

ただ、ショーパレード撮影の場合、遠くのステージ上で動き回るキャラクター・ダンサーを常に追い続けることになるので、私が撮っている感覚としては、AF精度などよりもファインダーの見やすさの方が撮影しやすさに大きく影響すると感じます。

なので、ミラーレスを選ばれる際はそのカメラの電子ファインダーの見やすさを実際にお店で覗いて確認しましょう(*’▽’)


なお、『一眼レフは大きいし重いし…』というイメージを強くお持ちの方や、カメラは小さくて軽い方がいいと思っていられる方もおられるかもしれないんですが、カメラのボディが小さすぎると操作性が悪くなったりかえって構えにくかったりすることがあります。

実際に触ってみると一眼レフの方が撮りやすかったという人も周りにいましたし、『大きくて思いカメラはいやだから』イメージだけで最初から候補から外しているとカメラ選びで失敗しがち。

ディズニー向けのカメラ選びの場合は特に、先入観を持たずに一眼レフも合わせて一度触ってみることを強くオススメします(*’▽’)


なお、ここまでショーパレード撮影に重点をおいてお話ししてきましたが、ショーパレード撮影もするけどそこまで重視しないという場合は、ファインダーの性能についてはそこまで意識しなくても問題ないかもしれません。

その場合であっても、センサーサイズに関してはAPS-Cを選んだ方が撮れる写真の幅が広がると思いますし、買ってから『やっぱり一眼レフの方がよかったのかな…』と後悔することがないと思いますよ(*’▽’) 

メーカー選び


次に悩ましいのがメーカー選び

ネットで調べてみると『人を撮るならキヤノン』とか『風景撮るならニコン』とかいろいろ言われてたりするんですが、実はこういう『よく言われるメーカーごとの違い』みたいなものってそんなに重要じゃないんです。

ここで詳しく解説しようとすると記事のボリュームがとんでもないことになるので、このあたりのことは以前書いた記事に任せますが、『こういう写真が撮りたいからこのメーカー』という選び方はちょっと外れていたりします。私が考えるメーカー選びのポイントは、
  • メーカーによって異なるシャッター音質感
  • 周りにそのメーカーを使っている人がいるか
など。ちなみに私がニコンを選んだ理由は『Nikonの赤色の一眼レフがかっこよかったから』でした。ただの面食いです。

また、写真を撮るようになるとレンズや設定などについて疑問が出てくることもしょっちゅうあるので、そんなとき身近に同じメーカーのカメラを使っている人がいれば心強いもの。

周りに写真を趣味にしている人がいないという場合でも、カメラ選びの際に参考にしたサイト・ブログの運営者と同じメーカーにしたりするのも、カメラを買ってからの情報収集が楽になったりするのでいいかもしれません(*’▽’)ちなみに私が使っているのはニコンです(アピール)

一眼レフを買うぞ!と思い立って一番最初にぶち当たる壁、それはメーカー選び。 今回は数あるカメラメーカーの中から私がニコンを選んだ理由と、写真を始め...

キットレンズ


最後はキットレンズ選び

ショーパレードの撮影をお考えの場合は望遠レンズは必須アイテムなので、標準ズームと望遠レンズがセットになったダブルズームキットにするか、1本で標準域から望遠域まで撮影することができる高倍率ズームにするかが悩みどころかなと思います。

これも詳しくまとめた記事があるんですが、ディズニーのためのカメラ選びであることを考えると
  • 高倍率ズーム便利さの代わりに画質やオートフォーカスを犠牲にしてしまう
  • 高倍率ズームは1本で全部カバーできる分レンズ本体が重いため、軽いボディとはアンバランスになりがち
  • 小さくて軽い標準ズームは持っておいて絶対に損がない
という理由から、私はディズニー向けのキットレンズはダブルズームキットが良いと考えています。私自身ミラーレス・一眼レフともにダブルズームキットで買いました(*’▽’)
右も左も分からないはじめてのカメラ選び。メーカーやボディもたくさん選択肢があって迷われる方が多いと思うんですが、キットレンズも悩めるポイントだと思います...

おわりに

随分と長い記事になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?この記事一つでできる限り多くのヒントが得られるよう内容盛り沢山にまとめてみたので、少しでも皆さんのカメラ選びの参考になれば幸いです。

ショーパレや夜景の撮影設定などの記事も書いていたりするので、カメラを手にされたらまたこのブログに遊びに来てくださいね(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

気に入ったらこの記事をシェアしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク