よくある質問

『ディズニーで撮るときどのレンズ使ってますか?』とよく聞かれるのでまとめてみる

ディズニーでの撮影に特化した情報がまだまだ少ないこともあり、今までいろんなご質問をいただいてきたのですが、中でも多いのが『ディズニーで撮るときどのレンズ使ってますか?』という内容。

以前『ディズニーで使うレンズを買うならどのように選べばいいか』という視点の記事は書いたのですが、私が普段ディズニーを撮り歩く時に、手持ちのレンズから何を持っていくのかをどのように選んでいるのかは書いたことがないので、ちょっとまとめてみたいと思います(*’▽’)

『ディズニーで撮るときどのレンズ使ってますか?』とよく聞かれるのでまとめてみる

私のレンズの選び方

パークに行く目的や撮りたいものによって持って行くレンズを変えていて、ざっくり分けて

  • TDLでパレードを撮る
  • TDSでハーバーショーを撮る
  • ナイトエンターテイメントを撮る
  • 風景・夜景のみを撮る

の4つの場合で、それぞれ持って行くレンズを変えています。

なお、手持ちのレンズは

  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
  • AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
  • SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
  • SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

で、特筆しない限りカメラはNikon D750を使用しています(*’▽’)

①TDLでショーパレードを撮る

キャラをアップで写すのも好きなんですが、どちらかというとフロート全体を写す方が好きな私。

フロートの頭から爪先まで写そうと思うと最前であることが理想なのですが、そんな元気がないことも多い(というかないことの方が多い)ので、元気とやる気に合わせて持って行くレンズを変えています。

具体的には、

  • 最前ポジる元気がある→20mm&24-70mm
  • 最前でなくても普通にポジる→70-200mm
  • ポジる元気はないが適当な場所からワンチャン狙う→D5500&55-300mm

とこんな感じです(*’▽’)

ショーパレードを撮り始めて間もない頃は、望遠で撮る時も超広角で撮る時も、フロートやキャラクターが自分の真正面に来た時にシャッターを押すことがほとんどだったんですが、少し離れている状態でズームした方が撮りやすいことに気が付いて。

なので、最前でフロート全体を撮る場合も、しっかりズームを使うために標準ズームを使うことが多いです。

最前の場合キャラクターやフロートとの距離が近いので、望遠だと寄りすぎになっちゃいますしね。

パレードルート沿いの座り見エリアで撮影する場合、思いの外フロートやキャラとの距離が近いこともあり、『遠目でフロート正面を撮る・近くでフロートを横から撮る』の両方に対応したいので、TDLでショーパレを撮る時は望遠ではなく標準ズーム(24-70mm)を使うことの方が多いです。

超広角レンズを使う場面は、自分の真正面にきたフロートを真横から全体を写したい場合のみ。

ただ、正直真横から全体を収めたい場面では、私が持っている超広角レンズは20mm単焦点では広角が足りないと感じることが圧倒的に多いので、真正面でフロート全体を撮りたい場合は14mm-16mmはじまりくらいの超広角レンズが必要だと思います。

ただ、最前確保する元気とやる気があることの方が少ないので、適当に座り見でポジることがほとんどなのが現実。

TDLの座り見からパレードルートを狙う場合は200mmあれば足りることがほとんどなので、『とりあえずどっかポジって見よ』くらいのときは70-200mmを持っていきます。

一方立ち見だと200mmでも足りないことも少なくないので、『適当に立ち見で良いからパレードが見たい、ワンチャンあれば撮りたい』という時はD5500と55-300mmで換算82.5-450mmを持っていきます。

D750用の望遠レンズとして150-600mmを買うかTwitterで定期的に悩んでいるんですが、先ほどお話ししたようにやっぱり広角で撮る方が好きなので、200mm以上の望遠が必要なときはD5500で対応しています。

②TDSでショーパレードを撮る

ポジるのに一苦労なことが多く、最近めっきり撮る機会が減ってしまったTDSのハーバーショー。

それでも撮りたいときは撮りたいので、下のような基準で持って行く機材を変えています。どん!

  • 前方をポジる戦闘力がある→70-200mm
  • 座り見に入る体力がギリギリあるかないか→D5500×55-300mm

リドアイルの座り見で上陸しているキャラを撮る場合であれば70-200mmで足りるのですが、ミキ広は座り見でもステージがかなり遠いのでD5500で対応しています。

③ナイトエンターテイメントを撮る

エレクトリカルパレードをはじめとするナイトショーにおいては、TDL・TDS問わずD5500は基本的に用いず、最低でもF2.8の明るさがあるレンズを使っています。

以前エレクトリカルパレードの撮影設定の解説記事でも述べましたが、55-300mmでズームして撮影すると、ISO感度があっという間に4000-5000くらいまで上がってしまうので、明るいレンズがあるのとないのとでは撮りやすさが大きく変わると思います。

エレクトリカルパレードを綺麗に撮るための設定と5つのポイント!

余談ですが『暗いところで動くキャラクターを撮る』という点はディナーショーでも同じ。

F2.8に設定してもミキカンなどで被写体ブレの心配なく撮ろうと思うと、なんだかんだISO4000くらい必要になってしまいますしね。

④風景・夜景のみ撮る

風景・夜景を撮り歩く場合、24-70mm・20mm・15mmの3本をフル持参できるのが理想なのですが、望遠レンズを持っていく場合体力的に難しいので、実際はこの3つから1,2本選んで持って行くことがほとんどです。

また『手っ取り早く良い写真を撮る』ことを何よりもモットーとしている私は、パークで撮りたいイメージをある程度決めた上でインすることが多いので、『こういう構図ならこのレンズっしょ!』とヤマを張った上で持参してます。そしてたまに読みをハズして泣きます。

ちなみに、レンズ1本でパークを回るとしたら、私が選ぶのは標準レンズである24-70mm F2.8ではなく20mm F1.8だったり。

というのも、これまた時と場合による話ではあるのですが、パーク内はとにかく人が多いため、標準域で撮ろうとすると圧迫感というか窮屈感のある1枚になってしまうことがしばしばあって。

なので、せめて画角だけでも広くして写真に開放感を出すというアプローチで構図を考えることも多いです。

あと単純に20mmというレンズがお気に入りなのも理由のひとつですね(*’▽’)20mm F1.8はいいぞ

軽くて使える超広角単焦点!AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの魅力を語ってみる。

おわりに

正直なところレンズ選びはノリと感覚で決めている部分が大きく、記事にまとめても参考にならないだろうと思って今まで書いてこなかったんですが、書いてみたら想定以上に楽しかったです(*’▽’)

この記事が皆さんのカメラライフにとって何か少しでもヒントになれば幸いです♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
単焦点・望遠・超広角に魚眼まで!ディズニーのレンズ選び全部まとめてみた! ディズニーで綺麗な夜景を撮るためのポイント全部まとめてみた! ディズニー好きが考える!ディズニーのためのカメラの選び方 軽くて使える超広角単焦点!AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの魅力を語ってみる。