単焦点・望遠・超広角に魚眼まで!ディズニーのレンズ選び全部まとめてみた!

DSC_5957-6
思い出を綺麗に残したい!大好きなディズニーの四季を撮りたい!とディズニーにカメラを持って行く理由は様々だと思いますが、誰にとっても悩ましいのがレンズ選び

今回は単焦点望遠超広角から魚眼まで、ディズニーで写真を楽しむためのレンズ選びについてまとめていこうと思います。

ディズニーに持って行くレンズを選ぼう!

単焦点レンズ

ズームができない代わりに抜群の描写力と明るさを持ち、ボケの表現も楽しめる単焦点レンズ

せっかくなら単焦点レンズでディズニーを撮ってみたいと思う方も少なくないと思うのですが、ディズニーでの単焦点レンズ選びはちょっと難しいと感じているんです。

50mmはディズニーでは使い勝手があまりよくない

dsc_2225
単焦点レンズの『標準』と言われる50mm

人が何か見つめている時の視野に近く、無駄なものが写り込まないことから『作品』としての写真が撮りやすく、このブログでも以前『標準』と位置付けました。
口癖が『単焦点レンズ欲しい』の皆さん、どうもこんにちは。単焦点レンズ欲しい。 世の中には色んな単焦点レンズがありますが、その中で特にメジャーなのが...
私自身50mmは大好きな画角なので、何度か撮り歩いたんですが、毎回ディズニーではちょっと使い勝手が悪いと感じるんです。

DSC_9412-2
というのも、まずディズニーの建物って思っている以上に大きく、全体を写そうと思うと50mmでは狭すぎる点。

50mm単焦点で撮り歩こうと思うと、建物全体を写すというよりは一部を切り取る感じになるため、パッとみてディズニーと分かりにくい写真になってしまう可能性が高いです。

dsc_9346
また、50mmで作品を撮ろうと思うと被写体と少し距離を取ることが必要。

ただ、パーク内の通路は決して広いとは言えませんし、その通路には多くのゲストが行き交っているので、距離を取ろうと思っても後ろに下がりにくいことが結構あるんですね。

そして下がれたとしても、被写体と自分との間を絶え間なくゲストが通っていきますし、構図を取ってもなかなかシャッターが切れない…なんてこともしばしば。これが私がディズニーで50mmは使いにくいと考える理由です。

既に単焦点を持っているのであれば、持って行くと安心


とはいえ、やっぱり明るいレンズは正義

夜の撮影では大変有利ですし、特に夜間撮影×手持ち撮影×動体というかなりシビアな被写体であるエレクトリカルパレードなどでは明るいレンズがあると本当に助かりますし、私もEパレを撮影するときはF2.8のレンズを使用しています。

ディズニーに単焦点レンズを持って行くかどうかは、
  • その単焦点レンズで撮りたい写真のイメージがあるなら持って行く
  • 既に単焦点をお持ちで大きさ・重さが気にならないなら持って行くと安心
という感じかなと考えています。

ただ、ディズニーで写真を撮るのが趣味で、ディズニーのために明るいレンズを買おうと検討中の方には、単焦点よりも明るいズームレンズの方が何かと便利かもしれません。

『明るいズームレンズ』という選択肢


単焦点レンズで撮り歩くのは写真の良い練習になりますし、せっかく良いカメラがあるんだから明るいレンズならではの背景ボケも楽しみたいところ。

ただディズニーというちょっと特殊な環境を撮り歩く上においては、単焦点レンズよりも明るいズームレンズを買う方が良いと思うんです。ちょっと2本ほど紹介してみますね(*’▽’)
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552


35mm換算で26-75mmまでの範囲を全域F2.8の明るさでカバーできるこのレンズ。

3万円を切る手頃な価格帯で手ブレ補正まで付いている、シグマさんのサービス精神全開のコスパに優れた1本。

『F1.8の方がボケそうだし、F2.8だと物足りなさそう…』と思われるかもしれませんが、F1.8のレンズをF1.8で使った時のピントの合う範囲ってめちゃくちゃ狭くて、ピントが合ってほしいところもボケてしまう…なんてこともしばしば。

私自身普段単焦点を使う時、開放値F1.8であってもF2.2-2.8まで絞るのが一般的ですし、F2.8で十分だと思います。

dsc_4564-2
F2.8の明るさでズームを使うことで、ボケの度合いや雰囲気も変わるので、写真の幅と楽しさがグッと広がると思います。人が多いパークでの『足を使って構図が取りにくい』という部分をそっと支えてくれますしね(*’▽’)

下手に単焦点レンズに手を出して『思ったよりも使い勝手が悪かった…』と後悔するくらいなら、このレンズを買う方が良いと思います。

また単焦点といっても本当にバリエーション豊富で、最初の1本で『これ!』と思う単焦点に出会うのはかなり難しいこと。このレンズを使い倒してから、最高の単焦点を選ぶ方が後悔も無駄もないレンズ買い足しができるように思います(*’▽’)
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
81qcnapfy8l-_sl1500_
もうひとつ紹介したいのが、換算27-52.5mmの範囲を全域F1.8の明るさでカバーできるシグマの変態レンズ。F1.8通しのズームレンズはこれが世界初なのだとか。

レビューを見ていても18mmから35mmの単焦点が1本に詰まっているようなレンズ。しびれる…!

18-55mmというキットレンズに見慣れているとちょっとズーム域が短いように感じられますが、パークで使うのであれば52.5mmまであれば標準域は十分ですし、お値段がネックではありますが候補に入れて損のない1本だと思います。

望遠レンズ

dsc_0354
ショーやパレードで好きなキャラクターの可愛い・かっこいい瞬間を綺麗に撮りたい!という方は多いはず。そこで必須アイテムと言えるのが望遠レンズです。

望遠レンズといってもいろんな種類がありますし、ショーパレード撮影にはどれくらいの長さが必要かということは気になるポイントだと思います。
あくまで私が撮っている感覚でのお話ですが、ステージもしくはパレードのフロートにいるキャラクターの全身〜上半身をアップで写したい場合、55-250mm55-300mmなどのキット望遠レンズがあれば大丈夫です。

ただ、例外的にディズニーシーのハーバーショーにおいて
  • ミッキー広場の座り見後方各エリアの立ち見後方からの撮影
  • ハーバーに登場するバージ(船)の上にいるキャラクターをアップで撮影
の場合は、かなりステージが遠くなってしまい、場所によっては換算450mmではキャラクターをアップで写すのは足りない可能性があるため注意が必要。

とはいえ、換算400-450mmあれば、ほとんどの場合問題なくショー撮影を楽しむことができると思います(*’▽’)

望遠レンズを買い足すとすれば?


キャラクター・ダンサー撮影を趣味にしているという人にとっては、望遠レンズは大事な相棒ですし、こだわりたいポイントだと思います。

レンズを変えるとオートフォーカスの速さや精度が大きく変わって撮影がグッと快適になることもあるので、いくつか選択肢を紹介してみたいと思います(*’▽’)

70-200mm F2.8


まず最初に紹介するのは、70mmから200mmまでを全域F2.8の明るさでカバーできる望遠レンズ。『7・2・8=ナナニッパ』なんて呼ばれたりすることもあり、APS-Cで使うと換算約105-300mmになります。私がキット望遠レンズの次に買い足したのがこのナナニッパでした。

パークでは三脚が使えませんし、夜のパレードやショーの場合は動体なのでシャッタースピードを上げなければなりません。すると、どんどんISO感度が上がって気付けばノイズでザラッザラ…なんてことも今まで何度もありました。

多くのキット望遠レンズの場合はズームすると開放値(一番小さい数字)でもF5.6とかになってしまい、ISO感度に頼るしかなくなってしまうんですが、ズーム全域F2.8始まりのこのレンズならノイズを最小限に抑えて撮影することができるんですね。


私が使っているナナニッパはシグマのAPO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMのニコン用なんですが、オートフォーカスの速さや正確さがキット望遠レンズに比べて格段に優秀で、撮影がかなり快適になりました。

これまでディズニーでいろんなレンズを使ってきましたが、明るさという恩恵と、より高いオートフォーカス性能という2点から『ディズニーで使ってよかった』と思うレンズとしては堂々1位になりそうなレンズだったりします。


なお、70-200mmはTDLのパレード撮影にはちょうどいいんですが、TDSのショー撮影の場合は長さが足りないことがほとんどなので、そのあたりは注意が必要。

ただ、ディズニー撮影のために望遠を買い足すとなったら間違いなく候補に入れておくべき1本だと思います(*’▽’)  https://yurucamelife.com/sigma-70-200/

超望遠レンズという選択肢


もう一つ紹介したい望遠レンズが、キットレンズよりもさらにズームが可能な150-600mm200-500mmなどの超望遠レンズ。APS-Cで使うと換算225-900mm/350-750mmですかね、ながーーーーーーーーい!

これだけ望遠があればミキ広後方の立ち見エリアからの撮影にも十分足りますし、夏の散水ショーも、防水対策に気を遣わずとも、水がかからない場所から撮影することも可能。

あいにく私はまだ超望遠を持っていないんですが、夏になると超望遠が欲しくなります。


先ほど紹介した70-200mmと150-600mmどちらにするかについては、
  • 明るさがどれだけ必要か(夜間撮影を行うか)
  • キャラクター・ダンサーのアップの写真をもっと撮りたいか
の2点をよーく考えると選びやすいかなと思います。

私はパーク以外での撮影の方が頻度的には多いので迷わず70-200mmを選びましたが、ズームが足りなかったらどうしよう…と思われる方は超望遠の方が合っているかななんて考えていたりします。

超広角レンズ


単焦点に望遠ときて、お次は超広角レンズ

人間の視野よりも広い範囲を写せることから『広大な風景を写すレンズ』というイメージが強いですが、ディズニーでも結構使いどころの多いレンズだったりします(*’▽’)


また、広い風景を写す以外にも、手元など近くにあるものを余裕を持って写すのにも超広角が大活躍。

家族の記念写真や、パーク内で買った食べ物やお土産などを撮るのにも重宝するので、既に超広角を持っているという方は持って行くとより印象的な一枚が撮れるかもしれません(*’▽’)

DSC_5957-6
なんでもかんでも写ってしまうので、人が多いパーク内ではちょっと取り扱いが難しいときもありますが、ピタッとハマるとかなり良い一枚が撮れるレンズ。

ディズニーに限らず、レンズが交換できるカメラを持っているなら是非手にしておきたい一本です(*’▽’)

一眼レフの醍醐味といえば、レンズ交換。レンズを変えると撮れる写真は大きく変わりますし、写真がますます楽しくなります。 望遠・単焦点・魚眼などなど色...

魚眼レンズ


最後に紹介するのが、独特の歪みで景色を切り取ることができる魚眼レンズ

写真に強烈なインパクトを与える特殊なレンズなので、一見使い道に困りそうに見えるんですが、ディズニーでは意外とピタっとハマることが多い1本なんです。

dsc_2550
標準レンズを着けているときには絶対に足を止めないような場所でも、魚眼レンズ越しに見てみるととても魅力的だった…なんてこともよくありますし、撮影者の予想の一歩先行く1枚を生み出してくれる1本でもあります。


写真に強烈なインパクトを与える反面、どうしてもワンパターンになってしまうと思われがちですが、このレンズでないと撮れない写真があるのも事実。なによりファインダーを覗くこと・撮ることが楽しくなるレンズだと思います。


意外とショーパレードを魚眼レンズで撮るのも面白かったり。

私は普段グリーティングしないんですが、キャラクターを魚眼で撮るのもまた可愛いですし、普段からパークで撮っているという人の買い足しレンズには是非是非候補に入れて欲しい一本です(*’▽’)
一眼レフを楽しむには欠かせない存在、レンズ。その種類は本当に様々で、中にはどこで使うのか見当もつかないレンズ、面白そうだけど使いどころが少なそうなレンズ...

おわりに


レンズを変えて初めて見えてくる夢と魔法、冒険とイマジネーションの世界がある。

拙い作例と文章ではありましたが、そんなことがこの記事を通じてなんとなくでも伝わっていれば嬉しいですし、レンズ選びの参考に少しでも役立てば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!