ミラーレスにピッタリな万能単焦点レンズ!M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8の魅力を語ってみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オリンパスのミラーレスでカメラライフを楽しむみなさん、どうもこんにちは。

普段のこのブログはNikon記事ばかりなのですが、私が生まれて初めて手にしたカメラはオリンパスのミラーレス一眼でした。

小さくて軽いは正義!OLYMPUS PEN Liteシリーズの魅力を語ってみる!
スマホのカメラがどんどん進化して、SNSに写真を投稿することも増えて、より写真にこだわりたくなってカメラが欲しい!と思い始める方も多いように感じるここ最近。そんな方のカメラデビュー候補...
最初はキットレンズで楽しんでいたんですが、『他のレンズも使ってみたい!もっと背景をボカしてみたい!』と思い始め、選んだのがM.ZUKIO DIGITAL 17mm F1.8だったんです。


M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8の魅力を語ってみる!

コンパクトで高級感のある外観
DSC_6136-3
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8は、フォーサーズに対応した単焦点レンズ。35mm換算で焦点距離34mmのレンズになります。

レンズの高さは35.5mmで、重さは120g。隣にいるダンボーの身長が約8cmなので、このレンズの小ささが伝わると思います。

また、キットレンズとは異なる金属素材が使われているので、コンパクトでありながら高級感もあります。
しっかりボケる!

キットレンズを使っていて『思っていたよりもボケないな…』と感じた方は少なくないように思います。かくいう私もその一人。

背景をボケるかどうかは色んな要素が関わってくるんですが、背景をボカすのに一番手っ取り早い方法がF値の小さな明るいレンズを使うこと。そしてズームという便利さを犠牲にした代わりにその焦点距離に特化した作りになっている単焦点レンズなら、キットレンズでは難しいF1.8なんていう明るさも確保できてしまうんですね。

上の写真は私がM.ZUIKO DIZITAL 17mm F1.8を手にして初めて撮った写真なんですが、めちゃくちゃボケる。今見返すとどこにピントが合ってるのかいまいちよくわからないくらいボケてます(*’▽’)
万能で使いやすい換算34mm
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
焦点距離34mmで撮れる世界は、人がボーっと何かを見ている時の視野とほぼ同じと言われています。つまり、目の前に広がる光景を見たままに切り取れる

単焦点レンズが気になるけれど、ズームができないのは不便そう…と購入を躊躇われる方も少なくないと思うんですが、このレンズは狭すぎず広すぎず、肉眼で見ているのと違和感のない広さを写し取ってくれるので、非常に使い勝手が良いんです。

単焦点レンズといっても本当に色んな種類がありますが、テーブルフォトから風景、スナップや人物写真まで、これほどなんでも使える万能な単焦点レンズはなかなかないように思います(*’▽’)
ちょっと上手くなったように思えるような写り

単焦点レンズは背景がボカしやすいだけでなく、その焦点距離に特化した高い描写力を楽しむことができるのも醍醐味のひとつ。

写真についてそんなに詳しくない私でも『キットレンズとなんだか違う!』とハッキリと感じられる、そんな写りを魅せてくれます。

ボカしたいところはふわふわとボケて、ピントを合わせた主役はその質感が写真から伝わってくるくらいに美しく立体的に写してくれる。ちょっと写真上手くなったかも?と錯覚してしまうほどです。


カメラを手にして設定のことを勉強し始めて、多くの人が最初に覚えるのが『F値を小さくすると背景がボケる・F値を大きくすると全体的にピントが合う』ということだと思います。

ということは、F1.8で風景とかを撮ったらなんとなくぼやけた写真になっちゃうんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれないんですが、このレンズはそんな心配が一切ない頼もしい写り。

上の写真はF1.8でシャープネスなども特にかけていないもの。実はこれを撮った時まだ写真の設定についての知識が曖昧だったので、なんでもかんでもF1.8で撮っていたんですが、今見返して『え、これ開放(一番小さいF値)で撮ってたの!?』とビックリしました。
明るいレンズは正義!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
旅行のお供としてオリンパスのミラーレスを選んだ方も多いと思うんですが、このレンズは旅行にも最適な1本なんです。

明るい単焦点レンズの利点は、これまで述べてきた背景をボカしやすいこと、そして描写力が高いことの他にもうひとつあります。それがシャッタースピードを稼げること

F値が小さくできるとよりシャッタースピードが短くても明るく撮影できるんですが、オリンパスのミラーレスを使っていると明るいレンズがあるのとないのとでは撮影の快適さが全く変わってくるんです。


というのも、オリンパスのミラーレスの中でも私が選んだOLYMPUS PEN Liteシリーズってお世辞にもそんなに高感度性能に優れているとはいえません。

もちろん感度に頼って手持ちで夜景撮影することはできるんですが、割とノイズもがっつり出ますし、ボディ内手ブレ補正が付いているからと油断していると家に帰って見返してみたらブレていた…なんてこともしばしば。

でも、F1.8の明るさがあればボディ内手ブレ補正とカメラの高感度性能で明るく綺麗に撮ることができますし、明るさを活かせばISO感度をできる限り上げることなく、ノイズのない綺麗な写真を撮ることができます。

コンパクトなサイズ感と見たままを写せる画角、そしてF1.8という明るさを兼ね備えるこのレンズは旅行にも最適な1本だと思います(*’▽’)
ミラーレスにピッタリな万能単焦点

ちょっとしたお出かけでも旅行でも活躍し、見たままの景色を切り取ったり、被写体に近づいて背景ボケを活かした1枚を撮ったりととにかく万能に使えることがこのレンズの魅力

これ一本で撮り歩くのも楽しいかもしれませんし、すっごくコンパクトでカバンに忍ばせておけるので、ズームレンズと組み合わせて使えば写真の幅がグッと広がると思います(*’▽’)

私がM.ZUIKO DIZITAL 17mm F1.8を選んだ理由

さて、何を隠そう人生初の交換レンズ選びでしたし、色んな選択肢の中からこのレンズを買う!と決めるまで本当に迷いに迷いました。もしかしたら今この記事を読んでくださっている方の中にも『レンズ選びは初めて!』という方もいらっしゃるかもしれません。

というわけで、ここからは私がM.ZUIKO DIZITAL 17mm F1.8を選んだ理由を書いてみたいと思います(*’▽’)
25mm F1.8ってどうなの?
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV
数あるオリンパスの単焦点レンズの中で、最もメジャーな選択肢のひとつがM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

標準レンズは50mm』といったような言葉を耳に挟んだ気もするし、換算50mmになるこのレンズはまさにドストライクな選択肢。お値段も他のレンズと比べるとお手頃ですし、私が『単焦点レンズを買うぞ!』と思い立って最初に候補に挙がったのがこのレンズでした。
50mmって思っているより狭い

ただ、換算〇〇mmとか言われても、写真もまだまだ初心者だしレンズ選びなんてしたこともない私にとってはなんだかイマイチしっくりこなくて。

レンズは高い買い物ですし、せっかく買うなら使い勝手の良いものが欲しい。

『50mmは標準』と言うけれど本当に使い勝手っていいのかな?と疑問に思い始めた私は、このレンズで実際に撮られた作例をたくさん見てみることに。そこで50mmの世界って結構狭いように感じられ、これがきっかけで25mmよりもちょっと広めの17mm F1.8が候補に入ってきたんです。


以前このブログで『35mmと50mm、私にとって標準なのはどっち?』というテーマで記事を書いたんですが、その中で『50mmって思っているよりも狭い』と述べました。なぜなら50mmは何かを一点を見つめている時の視野と同じくらいの範囲が写るから

50mmでしか撮れない絵もあるし、35mmでしか撮れない絵もあるので、どちらの方が絶対に良い!と決めることはできないんですが、『背景をボカせて色んな場面で使えるレンズが欲しい』と考えていた私にとってはちょっと広い17mm F1.8の方が合っているような気がして。

また作例も私の撮りたい写真に近いものが多かったので、この17mm F1.8を選びました(*’▽’)
ボケにこだわるなら25mm F1.8を選ぶべき

換算50mmは少し狭いように感じられたという理由で、25mm F1.8ではなく17mm F1.8を選んだ私。お値段は25mmに比べてちょっと高かったんですが、心からこのレンズを買ってよかったと思っています(*’▽’)

ただ、背景を思いっきりボカしたいという方は25mm F1.8を選んだ方が良いと思います。というのも、焦点距離の長いレンズの方が背景をボカしやすいから。

17mm F1.8でも背景ボケを楽しむことはもちろんできますが、フォーサーズというセンサーサイズの都合上オリンパスのミラーレスは背景がちょっとボケにくいんですね。

それなら25mm以上の長い単焦点の方がいいんじゃ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、長すぎると被写体との距離感を掴むことが難しくなってきますし、人間の視野に近く使い勝手が良く、かつ背景をボカしやすいレンズとしては換算50mmが一番バランスが良いと思います(*’▽’) 


背景もそこそこボカせて、あらゆる場面で使いやすい万能な明るい単焦点レンズをお探しの方にはこの記事で紹介したM.ZUIKO 17mm F1.8は最適な選択肢だと思います。

OLYMPUS PEN Liteのようなファインダーが付いていないミラーレスの場合、自分の目とカメラが結構離れているので、一眼レフのようなファインダーを使って撮るときの50mmよりも長く感じられますし、人によってはその長さ・狭さが使い勝手が悪く感じられる可能性もあります。

とはいっても25mmも17mmも良いレンズなので『どっちもゲットしちゃいましょう!』とか言いたくなってしまうのが本音だったりします(*’▽’)
おわりに
悩みに悩んで手にした初めての単焦点レンズ。このレンズを選んで本当によかったと思っています。

この記事を通じてM.ZUIKO 17mm F1.8の魅力が少しでも伝われば、そしてみなさんのレンズ選びの少しでもヒントになっていれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!