ミラーレスにピッタリな万能単焦点レンズ!M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8の魅力を語ってみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オリンパスのミラーレスでカメラライフを楽しむみなさん、どうもこんにちは。

普段のこのブログはNikon記事ばかりなのですが、私が最初に買ったカメラは実はオリンパスのミラーレス一眼でした。

小さくて軽いは正義!OLYMPUS PEN Liteの魅力を語ってみる!
スマホのカメラがどんどん進化して、SNSに写真を投稿することも増えて、より写真にこだわりたくなってカメラが欲しい!と思い始める方も多...
サブ機として使うようになった今でも、軽くて小型で綺麗な写真が撮れるOLYMPUS PEN Liteが大好きです。

そんなこんなで、今回は私がミラーレスで愛用している単焦点レンズ・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8について紹介してみたいと思います(*’▽’)

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8ってどんなレンズ?



DSC_6136-3
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8は、マイクロフォーサーズに対応した単焦点レンズ。マイクロフォーサーズなので、35mm換算すると焦点距離34mmのレンズになります。

レンズの高さは35.5mmとかなり小さめ。隣にいるダンボーの身長が約8cmなので、このレンズの小ささが伝わると思います。

また、重さも120gと本当にコンパクト。キットレンズとは違った金属素材が使われていて、高級感のある質感。私が愛用しているOLYMPUS PEN Lite E-PL6に着けるとしっくり馴染みますね。


余談ですが、この高級感ある金属素材のせいなのか、このレンズは着脱がめちゃくちゃ固いです(笑)キットレンズが『スルッ』と装着できるのに対して、このレンズは『ぐぎぎ…』って感じです。決して壊れませんので、力任せに着脱してあげてくださいw

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8で撮ってみる!

あまり文字ばかりで説明していてもどんなレンズか全く伝わらないので、実際に私が撮ったものを載せていきながら、このレンズの魅力を語っていこうと思います(*’▽’)
しっかりボケる!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS PENシリーズのキットレンズの多くは14-42mm F3.5-5.6だと思うのですが、アレ思っているよりもボケないんですよね(´・ω・)

背景をボカすために必要となるのが明るいレンズ。ここでいう『明るい』とは、簡単に言うとF値の小ささを指します。F値が小さければ小さいほどボケやすいってことですね。

そしてこのレンズの開放値はF1.8、しっかりボケてくれます。
日常のひとコマを魅力的に写してくれるレンズ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
焦点距離34mmで撮れる世界は、人がボーっと何かを見ている時の視野とほぼ同じと言われます。つまり、目の前にあるものをそのまま切り取れるんですね。

日常の何気ない一コマや、食べたものを綺麗に印象的に撮りたい!とミラーレスを購入された方も多いと思うのですが、このレンズはまさにそんな願いを叶えてくれる1本だと思います。


単焦点レンズは背景をボカしやすいだけでなく、その焦点距離に適した最適な構造で作られているので、ズームレンズよりも描写力が高いんです。お肉も美味しそうに撮れてますよね(*’▽’)

単焦点レンズはズームが出来ない分、思い通りの構図で撮るには位置を変えたり体制を変えたりしないといけないことも多いのですが、34mmという焦点距離なら、目の前のものや光景をサクサクと美しく切り取ることができます。
明るいレンズは正義!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小型できれいな写真が撮れるとあって、旅行の写真を撮るためにミラーレスを買ったという人も少なくないと思うんですが、このレンズは旅行にも最適な1本なんです。

ここまで『背景をボカしやすい』『描写力が高い』という明るいレンズの利点を挙げてきましたが、忘れてはいけないもうひとつのメリットがシャッタースピードを稼げること

F値が小さいと、一瞬でより多くの光をカメラに取り込むことができるので、短いシャッタースピードでも明るく夜景を撮ることができるんです。


以前E-PL6に17mm F1.8を着けてフランス・パリに行ったんですが、この組み合わせにはほんと助けられっぱなしで。

夜の街並みや、手ブレしやすい室内での撮影でも、難なく手持ちで綺麗に撮ることができました(*’▽’)
ミラーレスにピッタリな万能単焦点
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お散歩や観光なら、目の前に広がる景色を見たまま切り取れる。被写体に近づけば、背景ボケを活かした印象的な一枚が撮れる。

F1.8の明るいレンズだから、背景ボケは勿論、夜間などの暗い場面での撮影もグッと快適に。

普段使いは便利なズームレンズで、『ここぞ!』という時のレンズとしてカバンに忍ばせておけるくらいの本当に小さなレンズですし、勿論着けっぱなしの単焦点としてもOK。私もそうしてますしね(*’▽’)見たままを思い通りに切り取れる。

このレンズは本当に万能に使える1本だと思います。

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8のここが気になる

とにかく万能で、手軽にかつ美しく残すミラーレスにはピッタリの1本であるこの17mm。

ただ、使っていていくつか気になる点があるのも事実。これから購入を考える方にとってはプラス面と同じくらいマイナス面の情報も大事だと思うので、ちょっと色々書いていきますね。
もう少し寄りたい!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オリンパスのキットレンズであるM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 EZ。

このキットレンズの最短撮影距離は0.2mなんですが、17mm単焦点の最短撮影距離は0.25mとあって、キットレンズよりちょっと被写体に近づけないんですね。

近付けないと言っても良識の範囲内ですし、手に持ったものを背景と一緒に無理なく撮ることもできます。また食べ物を撮る際にも、背景をぼかして写し、テーブル全体の雰囲気を切り取るのも不便ないんですが、でももう少し寄れたらよかったなぁと思う部分があります。
お値段が気になる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この記事を書いている6月15日の時点で、お値段45000円のこのレンズ。

オリンパスの単焦点の中で特に安い単焦点が45mm F1.8で、お値段約25000円なので、そう比べるとちょっと高めのレンズになります。ただ、このレンズは換算90mmとかなり長いレンズなので被写体も限られますし、良いレンズなんですが初心者向きの単焦点とはいえません。

NikonやCanonの一眼レフ(APS-C)用の単焦点を見ていても、換算35mmになる単焦点ってどれも高いので、構造上作りにくいのかな…と勝手に思ったりしています(´・ω・)

ちなみにNikonのエントリー一眼レフで換算約35mmになるF1.8の単焦点レンズ(AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED)は約7万円なので、そう考えるとOLYMPUSのこの17mm F1.8はお値段的な意味でもすごく頑張っているレンズなのかなと思います。使える幅もかなり広いですし、お値段以上の活躍を見せてくれますからね(*’▽’)

私がどうして17mmを選んだのか

大きな一眼レフを使いつつも、ここ最近定期的にまた使うようになった17mm F1.8。

何を隠そうこのレンズが人生初の交換レンズ購入だったので、結構迷いました。その迷った相手が25mm F1.8だったんですね。

というわけで、最後に私がこのレンズの購入に至るまでのあれこれを書いていこうと思いますので、お時間ある方はお付き合いください(*’▽’)
25mm F1.8ってどうなの?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オリンパスのミラーレスのうち、値段も安価で売れ筋なのが25mm F1.8

『レンズは50mmが標準』と聞いたことがあるし、換算50mmになる25mm F1.8の方が良いのか迷う…という方もいると思うのですが、私としては25mm F1.8は撮りたいものをしっかり考えてから買うべき1本だと思うんです。
50mmって思っているより狭い
以前このブログでこんな記事を書きました。
万能な35mmかスタンダードな50mm。単焦点好きの私が1本だけ選ぶならどっち?
単焦点レンズを見ながらご飯3杯はイケちゃう皆さん、どうもこんにちは。単焦点のメジャーな焦点距離としてよく挙げられる35mmと...
この記事では50mmの方が写す被写体の取捨選択ができ、自分の意思で風景を切り取ることができるため、より『作品』が撮りやすいと書きまして、その考えは今も変わっていません。

ただ、これ一眼レフとミラーレスでは少し話が変わってくるかなと思うんです。その理由はファインダーにあります。
一眼レフでの50mmよりミラーレスでの50mmは狭く感じる
Camera, Small
一眼レフで写真を撮る時、多くの人はファインダーを覗いて撮影されると思うのですが、その時カメラは顔とくっついているはず。

そうやって撮っている時、レンズは目の延長という感じになります。


対してミラーレスはファインダーがなく、別売りのEVFファインダー(電子ファインダー)を持っていない場合、液晶画面を用いて撮影される方が大半だと思います。

液晶画面を使って撮る場合、カメラは体から離れていますし、レンズは目の延長ではありません。また、腕の伸ばし具合によってカメラの位置も大きく変わるので、焦点距離の感覚が掴みにくくなります。だから、一眼レフで使う時よりもミラーレスで使う時の方が体感的な焦点距離が長くなるように思うんですね。
ボケにこだわるなら25mm F1.8を選ぶべき
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まず、一般的に焦点距離の長いレンズの方がボケが得やすいと言われています。

換算34mmとなる17mmでボカしても上の一枚のようにしっかりとボケは得られるのですが、より長い25mmの方がもっとよくボケることは間違いありません。


また、背景ボケに関して、レンズの明るさと焦点距離の他に重要となってくるのがセンサーサイズ

オリンパスのミラーレスに採用されているフォーサーズというセンサーは、エントリー一眼レフに採用されているAPS-Cに比べてサイズが小さいので、ちょっとボケにくいという特徴もあります。

なので、とにかく背景がボケた写真が撮りたい!という方は、より背景をボカすのに適した25mm F1.8を選んだ方がより写真が楽しくなると思います(*’▽’)
まとめ

まとめてみると、キットレンズにはない明るさ・描写力を用いて、背景のボケた写真から日常の何気ないひとコマまで万能に写せるレンズが欲しいという方は17mmを。とにかく背景をもっともっとボカしてみたい!という方は25mmを選ぶと後悔しないのかなと思います。一番良いのはどっちも買っちゃうことですよ。

おわりに

せっかくレンズ交換式のカメラを手にしたなら、やっぱり手にしておきたい明るい単焦点レンズ。これがあるだけで写真は大きく変わります。

自分の撮りたい1枚、撮影スタイルに合わせた素敵な1本に巡り合ってくださいね(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!