私の失敗から学べ!初心者が絞り優先を使う時に気をつけたい5つのこと


カメラを手にして『もっと自分で設定して撮りたい!』と思った時、多くの人がまず最初に試す撮影モードが絞り優先なのではないでしょうか。

自分でボケ具合を調節して撮るのは本当に楽しいですし、初心者でも扱いやすい撮影モードなんですが、思い通りの1枚を撮るためにはいくつか気を付けるべきポイントがあります。

というわけで!今回は初心者が絞り優先を使う時に気をつけたいことを、私の失敗を基にあれこれまとめてみたいと思います(*’▽’)

絞り優先を使う時に気を付けたい4つのこと!

1.手ブレ


私の絞り優先を使い始めた頃の失敗で一番多かったのはこれ、手ブレです。

私たちがF値を決めると、そのF値で目の前の光景を明るく綺麗に写すために必要なシャッタースピードをカメラが決めてくれるのでとっても便利。

ですが、そのシャッタースピードが手持ち撮影に適したシャッタースピードとは限らないので、特に夜景などを絞り優先で撮るときは手ブレのリスクが高くなります。ちょっと具体例を見てみましょう(*’▽’)


上の写真は、私がカメラを持って間もない頃に手持ちで撮った夜景を拡大したもの。

このとき私は絞り優先でF3.5・ISO400に設定し、カメラは1/8秒というシャッタースピードを設定してくれたんですが、見ての通りブレてますよね。

普段昼間に絞り優先を使っているときはシャッタースピードがどれくらいかってあまり意識しない人がほとんどだと思うんですが、室内や夜間などの暗い場所での撮影で絞り優先を使うときは、F値だけでなくシャッタースピードもしっかりとチェックしておかないとブレブレの写真を量産してしまうことになります。

私自身このことに気付いたのがカメラを手にしてしばらく経ってからだったので、昔の写真を見返すとブレてる写真がめちゃくちゃ多くて。『このときもっとちゃんと設定しておけばよかったな…』と後悔しないためにも、絞り優先で撮っているからこそシャッタースピードもしっかり意識するように心がけましょう(*’▽’)
絞り優先で手ブレしないためには?

絞り優先で手ブレしないためのポイントは、シャッタースピードが1/焦点距離秒を下回っていないかをチェックすること。

1/焦点距離秒は、手ブレしないシャッタースピードの基準と言われていて、これよりも遅くなると手ブレのリスクが高くなります。

例えば、換算50mmで撮りたいときに手ブレせず撮るために必要なシャッタースピードは1/50秒以上というわけです。

さっきの私の失敗写真は換算15mmで撮影していたので、手ブレしないためには1/15秒以上のシャッタースピードが必要だったのにも関わらず、1/8秒で撮ってしまったので手ブレしてしまったんですね。


絞り優先でも手ブレなく撮るためには、
  • 自分が今何mmで撮ろうとしているのか確認する
  • カメラが決めてくれたシャッタースピードが1/焦点距離秒を大きく下回っていないか確認する
ことが大切。もしシャッタースピードが遅すぎる場合は、ISO感度を上げるF値を小さくしてカメラ側が決めてくれるシャッタースピードを速くしてもらいましょう(*’▽’)

2.写真が思い通りの明るさにならない

絞り優先でF値をあれこれ変えて撮っているけれど、イマイチ思っているような明るさの写真が撮れない。それもそのはず、F値を弄るだけでは写真の明るさは変わりません。

絞り優先で撮影するときに写真の明るさを変える方法は大きく2つあります。ひとつずつみていきましょう(*’▽’)
露出補正を使う

おそらくこの記事を読んでくださっている方の中にも使っている方が多いであろう露出補正

設定画面に『+0.3』などど表示されているもので、これをプラスに振ると明るく・マイナスに振ると暗く写すことができます。

この露出補正を変えた時に何が起こっているかというと、カメラが設定してくれるシャッタースピードが変わります

つまり、露出補正をプラスにすると、明るく写すためにはより多くの光を取り込む必要があるので、シャッタースピードは遅くなります。暗く写すためには光の量を少なくする必要があるので、シャッタースピードは速くなるというわけです。


余談ですが、暗い場所で手持ちで絞り優先を使って撮ろうとしたとき、あまり明るく写らなかったから露出補正を上げるとシャッタースピードが遅くなるので、この記事の最初で紹介した手ブレのリスクが高くなります。

絞り優先で手ブレを起こしてしまう場合は、露出補正が大きくプラスになっていないかも確認する必要があるということですね(*’▽’)
RAW現像する

露出補正で変えられる明るさの幅には限界があり、細かく明るさ変更するのは難しいもの。

絞り優先に限らず、カメラの設定ひとつだけで自分の思っている写真の明るさドンピシャにできることなんて正直滅多にないと言っていいと思います。

思い通りの明るさに仕上げるためには、RAW現像を使うのがベスト。RAWってなにそれ美味しいの?という方は、ここで説明しようと思うと記事のボリュームがとんでもないことになるのでこちらの記事を参考にしていただければと思います(*’▽’)
F値を見直す

これはちょっと特殊な例なんですが、単焦点レンズなどのF値の小さなレンズを使っていると、露出過多という現象によって写真が不自然に明るくなってしまうことがあります。

上の写真がまさにその例なんですが、このとき私は絞り優先でF1.8に設定して背景をボカそうとしていました。

ただ、このカメラのシャッタースピードの上限がは1/4000秒。F1.8という小さなF値で適切な明るさで撮るためには1/4000秒よりも速いシャッタースピードが必要で、速さが足りず不自然な明るさの1枚になってしまったというわけなんですね。

シャッタースピードの上限が1/4000秒の場合、真昼間の明るい時間帯にF1.8やF1.4などの小さなF値で撮ろうとすると露出過多が起こる可能性があるということは頭に入れておいて損はないと思います。

露出補正もプラスにしてないのに不自然に明るくなってしまった場合には、F値を少し大きくして光の取り込む量を調節してあげてくださいね(*’▽’)

3.ノイズが出る

上げることでカメラの光への反応が良くなり、暗い場面でも明るく手ブレなく撮ることができるようになるISO感度。すっごく便利なんですが、上げすぎるとノイズが発生してザラザラとした画質の荒い写真になってしまいます。

せっかくいいカメラで撮ったのに画質の悪い写真になってしまうと残念ですし、絞り優先でできる限りノイズを発生させない方法を考えてみましょう(*’▽’)
F値を小さくする

高感度に頼らずに写真を明るくする方法は、まずカメラの光の通り道を広くして、短い時間でより多くの光を取り込めるようにすること。つまり絞りを開くことです。

絞り優先を使い始めた頃『F8-9くらいに設定すれば全体にピントが合う』と聞いて、風景や夜景を撮る時は頑なにF8を守ろうとするかつての私のような人もいるかもしれないんですが、F8でなくてもパキっとした1枚は撮れますし、ノイズまみれになった時は迷わずF値を小さくしてみましょう(*’▽’)
ISOオートをやめる

ISO感度をカメラ任せにできる便利なISOオート機能

撮影をグッと楽になるので使っている方も多いと思うんですが、カメラ任せにしていると撮影者が思う以上にISO感度が上がってしまっていることもしばしばあります。

ISO感度は写真のクオリティを決める重要な要素のひとつなので、オートではなく自分でしっかりと設定してあげられるようになると写真がもっと楽しく・もっと思い通りになると思います。

ISOが上がりすぎないようにするためには、手ブレしそう・明るさが足りなさそうと思ったら、冒頭に述べたシャッタースピード(1/焦点距離秒)に着目しながら、自分の手でISO感度を調節してみると、より思い通りの写真が撮れると思います。

最初はF値とISO両方自分で決めるなんて…と思われるかもしれませんが、すぐ慣れるものですしね(*’▽’)
自分だけの『ISO上限』を決めておく

カメラにはそれぞれISO感度の上限がありますが、その上限いっぱいまで感度を上げてしまうと、ノイズがとんでもないことになりとても綺麗な写真とは言えなくなってしまいます。

つまり、カメラの性能的に上げられるISO感度の上限と、綺麗な写真を撮る上で使える実用的なISO感度の上限は異なるというわけなんですね。

高感度ノイズ耐性はカメラによって大きく異なりますし、ノイズの感じ方も人それぞれなんですが、これくらいなら上げても大丈夫・ノイズが気にならないといった『自分の中でのISO感度上限』を決めておくと設定がグッと楽になりますし、綺麗な写真が撮りやすくなります。

また、自分の中での上限を決めておくことで、先に述べたISOオート機能を使う時に上限を設定しておけば、カメラ任せにしてもノイズまみれになる心配がなくなるのでおすすめ。ちなみに私が今使っているカメラではISO3200くらいなら大丈夫かなと思いながら設定しています(*’▽’)
ノイズを気にせず綺麗に撮りたい!適切なISO感度ってどれくらい?

4.被写体ブレ


カメラを手にするまでは、『写真のブレ』というと手ブレしか思い付かなかったんですが、実はもうひとつあります。それが被写体ブレ

手ブレはしていなくても、被写体の動きを止めるためにシャッタースピードが追いついていないと、撮影者のカメラを持つ手はブレていなくてもブレた写真になってしまうんですね。

絞り優先はシャッタースピードをカメラに任せる撮影モード。撮りたいものが動体なのかどうかまではカメラは分かりませんし、被写体の動きを止められるシャッタースピードを設定してくれるとも限りません。

私自身、ディズニーのショーパレードで動き回るキャラクターを『背景をボカしたいから』という理由で絞り優先で撮っていた時期があったんですが、もう被写体ブレまくってました_(:3 」∠)_

私のような失敗を起こさないためには、動体撮影では絞り優先を使わず、その被写体に応じたシャッタースピードをシャッター優先で設定・撮影するか、カメラにあるスポーツモード等の機能を使いましょう(*’▽’)

ボケすぎ


これも私がかなり失敗したこと。主に明るい単焦点を使っている場合の話です。

明るいレンズがあると、どうしても開放(一番小さいF値)で撮りたくなるんですが、なんでもかんでも開放で撮っているとなんでもかんでもボケすぎてしまうことがあります。そう、こんな感じで↓


ボケすぎて何が何やらわかんねー/(^o^)\

どうしてもF値を一番小さくして思いっきりボカしたくなってしまうんですが、背景をボカしたい時こそ気持ち少し絞ってあげることを心がけた方が、ボケているところとそうでないところがはっきりとした、メリハリある1枚になってくれると思います。また、少し絞ったくらいの方がレンズの描写力が向上するとも言われていますしね(*’▽’)
おわりに
色々まとめてみましたがいかがだったでしょうか?

初心者でも簡単に使える撮影モードでありながら、意外と奥が深い絞り優先。このモードを思い通りに使いこなせるようになった頃には、マニュアルで設定を決めなければいけない!という場面でも難なく対応できるくらいに設定の知識が身についているはずです。

今回この記事で紹介したポイントをしっかり押さえて、楽しいカメラライフを過ごしてくださいね(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!