『写ルンです』で東京ディズニーリゾートを撮り歩いてみたら予想以上に楽しかった話


誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる時代だからこそ見えてくる、アナログの魅力がある。

デジタルで撮った鮮明な写真をフィルム風に加工するアプリなども数多くありますが、せっかくならフィルムで撮ってみたい。そんな願いを手軽に叶えてくれるのが『写ルンです』です。

今回は私の大好きな場所・東京ディズニーリゾートを『写ルンです』片手に撮り歩いてきました(*’▽’)

『写ルンです』片手に東京ディズニーリゾートを撮り歩いてきた!

写ルンですってどんなカメラ?


今このブログを読んでくださっている方の中には、写ルンですを使ったことがない・存在すら知らないというナウくてヤングなみなさんもいらっしゃるかもしれないので、簡単に紹介しておきましょう(*’▽’)

『写ルンです』は1986年に富士フィルムから発売された使い捨てカメラ。フィルムにレンズと外箱が付いた構造で、リサイクルもされていて使い捨てられているわけではないことから正式には『レンズ付きフィルム』と呼ぶのだとか。ちなみに私はデジカメ持参が禁止されていた小学校の校外学習や修学旅行で何回か使ったことがあります。なつかしやー。

今回は写ルンですのスタンダードモデルであるシンプルエースを持ってパークを撮り歩いてきました(*’▽’)

ノイズや逆光への弱さが『いつもと違う1枚』に


現代のスマホカメラや一眼は、暗いところで撮影してもノイズが極力出ないような優れた高感度性能を持っていますし、多くのレンズは逆光対策がしっかりとなされているので、盛大にフレアやゴーストが起きることもほとんどありません。

『写ルンです』はそんな現代のカメラで撮る写真とは異なり、ザラザラとしたノイズはがっつり出ますし、逆光にはかなり弱い。でも、だからこそ『いつもと違う1枚』が撮れるんです。


私自身トイカメラ風やフィルム風の加工は今まで何度もしたことがあるんですが、加工でそれっぽく仕上げたものと、実際にフィルムで撮ったものではやっぱり違うなぁと仕上がった写真を見てひしひしと感じました。

上の写真はまさに私が『写ルンですで撮りたかった1枚』で、見ているとなんだかタイムスリップしたかのような気分になってきます。


普段私はデジタル一眼レフで風景や夜景を撮っていて、ザラザラのノイズは敵のような存在なんですが、写ルンですで撮った写真はそのノイズすらも愛おしく感じられるから不思議。

現代のスマホカメラや一眼のように、ノイズが出なかったり逆光に強い方が『思い通りの1枚』は撮りやすいんですが、それがないからこそ『いつもと違う写真』が撮れるのが写ルンですの新鮮で楽しいところだと感じます。

デジタルとは一味違う色味とパークの景色は相性抜群


勝手に『写ルンですをはじめとするフィルムカメラは色が鮮やかに写らない』というイメージを持っていた私。『フィルム=色褪せている』という考えが頭のどこかにありました。

でも、実際に仕上がったものを見てみると、デジタルで撮影した色とはまた違った鮮やかな写真がたくさん撮れていました。

伝わるかどうか分からないんですが、私としては『色が濃い』というよりは『色が明るい』という印象で、ポップな色味はパークの景色と相性抜群。現像してみたら予想以上に可愛い写真が撮れていてびっくりしました。


お馴染みのお昼のパレード『ハピネス・イズ・ヒア』も写ルンですで撮ってみると全く印象が変わって。

デジタル写真の目で見たままの鮮やかな色も素敵ですが、ノイズと合わさって少し色褪せたような、でもポップで軽やかな色味は賑やかなパークの景色と相性抜群でした。

撮った写真をすぐには確認できないからこその楽しさ


スマホやデジカメでは撮った写真をすぐに確認できますし、失敗したと思ったらそれを削除して何度でも撮り直すことができますが、写ルンですは現像してみないとどんな写真が撮れているのか分かりません

なので、初めは『撮り直しできないし、失敗写真を量産したくないからシャッターを押すのが怖いかも…』と思っていました。


でも実際に撮り始めてみると『どんな写真が撮れるかが分からないこそ楽しい』と感じられて、『これを写ルンですで撮ったらどんな写真になるんだろう?』と普段はカメラを向けないような場所でワクワクしながらシャッターを押している自分がいて。

上の写真がまさにそんな感じで撮った1枚で、逆光で真っ暗あるいは真っ白になるか、それともフレアやゴーストが出るか…と全く予想が付いていなかったんですが、仕上がった写真を見てみると現代のカメラ・レンズでは撮れそうにない1枚がありました。


私みたいに『写ルンですは確認できないから失敗写真を量産しそう…』と思っている方もいらっしゃるかもしれないんですが、実際に撮ってみた感想としては、失敗写真がほとんどなくてびっくりしました。

逆光や日陰ではフラッシュを使うとか、被写体からは1m離れるなど最低限のポイントに気を付けていただけだったんですが、真っ暗とか真っ白とかそういった『どこからどう見ても失敗写真』というのはほとんどなくて。

小学生の頃に使ったことがあるとはいえ、作品として写ルンですで撮ることはほぼ初めてみたいなものなので、当然『想像していたのと違う1枚』もいくつかあったんですが、そのほとんどが『想像していたよりもよく撮れていた』のが驚きでした。

『一枚一枚をゆっくり撮る』という非日常


普段スマホやデジタルカメラだと、撮れた写真の確認も削除も容易なので、『とりあえず撮っておこう』と気軽に撮れる反面、適当に撮ってしまうことも多いように思います。

でも写ルンですは27枚もしくは39枚と撮影枚数がかなり限られているので、自然と一枚一枚丁寧に撮っている自分がいて。

撮るたびにダイヤルをぐるぐる回してフィルムを巻き取って、失敗しないように無駄にしないように一枚一枚ゆっくり撮る。気軽に何枚でも何回でも撮れる現代のカメラを使っていると、これがすっごく新鮮に感じられました。


いたるところに写真を撮りたくなる建物やスポットがあるパーク。写ルンですを持っているといつもとはまた違った目線で歩くことができて、いつも以上にパークを歩くことが楽しく感じられて。

『デジタル一眼レフでは何度も撮り歩いてきたから、ちょっといつもとは違うパークでの一日を過ごしてみたい』と思い立って今回写ルンですを持って行ったんですが、思っていた以上に楽しめて濃くて新鮮な一日を過ごすことができました。

『数日後に自分からのお土産を受け取る』みたいな感覚


写ルンですで撮った写真は現像して初めて確認することができます。

今回この記事で載せている画像も、ヨドバシカメラで現像とデータ化(フジカラーCD)をお願いしたんですが、帰宅翌日にお店に写ルンですを持って行ってから3日後に写真が仕上がりました。

パークでの楽しい時間を終えて数日経ってから、どんな風に撮れているか分からない写真が手元に届く感覚は、ちょっとした自分からのサプライズのお土産を受け取ったような気持ちになったんです。


一緒にパークに行った家族・友人・恋人と写真を見せ合いっこすると、パークでの楽しかった時間がちょっとだけ延長されたような感覚にもなりますし、同じところで撮っていたはずなのに人によって全然印象の違う写真を撮っていたりするのもまた面白かったり。

スマホカメラの進化とSNSの流行で、パークに来たら各々たくさん写真を撮ると思いますし、そこに写ルンですをプラスすればもっともっとパークでのひとときが楽しくなると思います。こういう写真って結構インスタ映えしそうですしね(*’▽’)


ちなみに、今回この記事に載せている写真はヨドバシカメラで現像と写真のデータ化をお願いして、フジカラーCDからパソコンやスマホにデータを保存しました。なお、近くに写真屋さんがないという場合でも、ネットプリントで現像とデータ化をお願いできるみたいです。

また、データの入ったCD-Rを読み込むためのパソコンがない!という場合も、スマホに直接データを転送するサービスや、プリントした写真をスマホで綺麗にスキャンできるアプリを使うといった方法もあるようなので、ご自身の環境に合わせて調べてみてくださいね(*’▽’)

おわりに


さてさて、私としては初の試みでしたがいかがでしたでしょうか?

写ルンですひとつでこんなにディズニーが楽しくなると思っていませんでしたし、他の場所でも写ルンですで撮ってみたくなりました。これからはカメラバッグに常備しておこうかななんて思っていたりします。

今回は色々と不慣れでしたが、次はもう少し上手に撮れる気がするので、次回作にご期待ください(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!