【Pickup!】ゆるカメライフの殿堂入り記事7選

ディズニーで綺麗な夜景を撮るためのポイント全部まとめてみた!

アトラクション、ショー、キャラクターなど東京ディズニーリゾートにはいろんな魅力的なものがありますが、夢の国ならではの幻想的な夜景もそのひとつ。

ただ、三脚が使えないパーク内での夜景撮影に苦手意識を持っておられる方も少なくないと思います。でもいくつかのポイントを押さえて設定すれば全然難しくないですし、私自身今までパークでいろんな夜景撮影を楽しんできました。

というわけで!今回はディズニーでの夜景撮影のポイントについてまとめてみたいと思います(*’▽’)

ディズニーで綺麗な夜景を撮るためのポイント全部まとめてみた!

ディズニーでの夜景撮影設定はコレ!

早速ですが、設定の紹介に入りましょう!どん!

  • 撮影モード:マニュアル
  • シャッタースピード:1/焦点距離秒から撮りたい明るさに徐々に合わせて徐々に遅く
  • F値:できるだけ小さく
  • ISO感度:許容範囲まで上げる
『え…なんか難しそう…』とブラウザの戻るボタンを押そうとしている人もいらっしゃるかもしれないんですが、ポイントさえ押さえれば上の設定はすごくシンプルなので、ぜひここからの解説を一読していただければと思います。

また、『この設定にしてシャッターを押せば綺麗に撮れる!』というのを探してこの記事を開いてくださった方もいるかもしれないんですが、本来夜景は三脚を使って撮影するものなので、手持ちで綺麗に撮るには設定にちょっと一工夫することが必要。

今回の記事では設定のヒントになればと思い、作例と共に実際の設定も載せていますので、それと合わせて参考にしていただれば幸いです(*’▽’)それでは早速いってみよー!

実際に設定してみよう!

F4 SS1/25秒 ISO2000 27mm

というわけで、具体的に設定の手順を見ていきながら解説していきたいと思います。

私がパークで夜景を撮る時の設定手順はこんな感じ。

  1. シャッタースピードを1/焦点距離秒
  2. F値は一番小さい数字
  3. 夜景の明るさに応じてISO1000-1600もしくはISO2000-3200程度に設定

ひとつずつまとめていきますね(*’▽’)

1.シャッタースピードを『1/焦点距離秒』に設定する

F4.0 1/20秒 ISO3200 15mm

突然ですが、みなさん綺麗な夜景写真の条件ってなんだと思いますか?人によって答えは様々だと思うんですが、私は

  • 手ブレしていない
  • 明るく撮れている
  • ノイズが少ない
の3つだと思っています。

そして、この中で手持ち夜景で一番大切だと思っているのが手ブレしないこと。どれだけノイズが少なく明るく撮れていても、手ブレしてしまっていてはせっかくの写真が台無しになってしまうからです。

F6.3 1/15秒 ISO2000 15mm

一般的な夜景撮影では三脚を使って手ブレを防ぐんですが、三脚の使用が禁止されているパークにおいてはシャッタースピードで手ブレを防ぐ必要があります。

じゃあそのためには具体的にどんなシャッタースピードにすればいいの?という話なんですが、これには次のようなシンプルな基準があります。

  • 手ブレしないシャッタースピードの基準=1/焦点距離秒
例えば、換算50mmで撮りたい場合は1/50秒が手ブレしない基準。これよりも遅くなると手ブレするリスクが高くなるんです。便利な基準なのでこの際覚えちゃいましょう(*’▽’)

ということで、撮りたい夜景と構図が決まったらまず

  • 何mmで撮ろうとしているのか確認
  • その後にシャッタースピードを1/焦点距離秒にセット
します。

2.F値は一番小さな数字に

F2.8 1/30秒 ISO2000 32mm

お次はF値

私が写真を趣味にして初めて知ったカメラの知識は『F値を小さくすると背景がボケる』で、それ以来『F値=ボケをコントロールするもの』というイメージしかなかったんですが、実はそうじゃないんです。

詳しい説明は、カメラの設定全般についての考え方をまとめた記事があるのでそちらを読んでいただければと思うんですが、F値とは絞りの開き具合を数値化したもの。

F値を小さくすると、上の図のように光の通り道が広くなり、一度にレンズを通ってくる光の量が多くなります。つまり、シャッタースピードに制限のあるディズニーの夜景撮影では、明るく写すためにはF値をできる限り小さくして、たくさん光を取り込む必要があるんです。

カメラの設定ってどう決めればいいの?私の考え方全部まとめてみる! | ゆるカメライフ

よって、シャッタースピードをさっきのように設定した後は

  • F値を一番小さな数字
設定しましょう(*’▽’)

余談ですが、『少し絞った方が描写力が上がる』と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

F1.8やF2.8などの明るいレンズをお使いの場合は、お好みで調整していただければと思いますが、そうでない場合はまず明るく写すことが先決なので、そこまで考えなくても問題ないと思いますYO(*’▽’)

3.夜景の明るさに応じてISO感度を設定

F4.0 1/6秒 ISO3200 35mm

最後はISO感度

ISO感度を上げることで、暗い場面での手持ち撮影でもブレなく撮ることができるんですが、上げすぎるとノイズが発生し、ザラザラとした画質の悪い写真になってしまうので注意が必要。

カメラにはそれぞれ上げられる上限が決まっていますが、その上限めいっぱい使うと、ノイズが大変なことになってしまいます。つまり、カメラのISO感度上限と実用できる上限は別物なんですね。

F6.3 1/15秒 ISO2000 15mm

以前この実用上限については、いろんなカメラを使って実験したんですが、私はISO3200をノイズが気にならない実用的な上限としています。

これらを踏まえて、次のようにISO感度を設定しています。どん!

  • 撮りたい夜景が比較的明るい→ISO1000-1600
  • 撮りたい夜景が比較的暗い→ISO2000-3200
ディズニー夜景と言っても場所によって明るさが異なるので、暗さに応じて必要最低限のISO感度に設定します(*’▽’)

明るさの調整をしよう!

F5.6 1/40秒 ISO1600 16mm

頑張って設定してみたけど、なんだか思っていたよりもちょっと暗い…なんてこともあると思います。

その場合は設定を簡単に手直しします。ここまでの設定がクリアできているなら簡単にできますし、この一手間が綺麗なディズニー夜景を撮るためのカギなので、せっかくなら100点満点の写真を撮って帰りましょう(*’▽’)

1.シャッタースピードを少し遅くする

F4.0 1/8秒 ISO3200 20mm

『シャッタースピードは死守するんじゃないの?』と思われたかもしれませんが、1/焦点距離秒はひとつの基準で、これより遅くても案外手ブレしなかったりするんです。

ISO感度をある程度上げた状態からスタートしているので、暗かった場合はまずシャッタースピードを調節します。イメージとしては、1/30秒なら1/20秒、1/20秒なら1/15秒…という感じで『気持ち』遅くする感じです。

また、手ブレ補正搭載のボディ・レンズをお使いの場合は、1/30秒→1/15秒みたいにガッツリ下げてもブレなかったりします。なお、シャッタースピードを変えた後は必ず液晶画面で拡大してブレてないかちゃんと確認するようにしましょう(*’▽’)

なお、最初の設定で気持ちF値を絞っていた場合、私はシャッタースピードを少し遅くするのと同時にF値も一番小さく変更します。

2.ISO感度を上げる

F3.5 1/15秒 ISO2000 20mm

それでもまだ暗い場合は、ISO感度を2000→2500→3200と段階的に上げていきましょう。

自分の写真を見返しているとISO2000-3200あたりで撮っているものも多いので、設定変更が面倒な方・ノイズが気にならない方は最初からISO2000-3200くらいで設定しておいても良いと思います(*’▽’)

なお、ここまでは写真が暗い場合の設定手直しの話でしたが、写真が思っていたよりも明るすぎた場合ISO感度を下げるだけでOKです(*’▽’)

ディズニーでの夜景撮影のコツ・注意点

途中分かりにくいところもあったかもしれないんですが、実際に撮ってみた方が分かりやすいですし簡単なので、載せている作例の設定もヒントにしながらぜひぜひ試してみてください(*’▽’)

ということで設定の話は以上なんですが、最後に私が考えるディズニーでの夜景撮影コツ・注意点をまとめておきたいと思います。

絞り優先は使わない

普段は絞り優先で撮っているという方も多いはず。私もその一人です。

ただ、F値を撮影者が決めてシャッタースピードはカメラ任せにする撮影モードなので、シャッタースピードのコントロールが最重要である手持ちの夜景撮影には絞り優先は適していないので必ず注意しましょう。

レンズに頼ろう!

F2.8 1/60秒 ISO1000 62mm

手持ちで夜景を撮影する際、強い味方となるのが明るいレンズ手ブレ補正

F値をより小さくできた方が、ISO感度を上げなくても手ブレしないシャッタースピードで撮影することができますし、上のような明るいレンズならではの玉ボケを活かした1枚もおしゃれですよね。

また、もしかしたら今まで手ブレ補正の恩恵なんて感じたことないという方もいらっしゃるかもしれないんですが、できる限りシャッタースピードを遅くしたいディズニーでの夜景撮影ではものすごく有利。

エントリー一眼レフのキットレンズには手ブレ補正搭載のものも多いですし、レンズの力には全力で頼っていきましょう(*’▽’)

手すりなどを補助に使う

F8.0 0.8秒 ISO1000 32mm (※手すりの支え有り)

ここまで『完全に手持ちで撮る』ことを前提にお話ししてきたんですが、パーク内にある手すりや柵を支えにすると格段に綺麗に撮れることも。

上の写真はケープコッドの手すりでカメラを支えて撮ったものですが、0.8秒までシャッタースピードを落とすことができました。

手すりの他にもゴミ箱やベンチなども支えとして使えるポイント。なお、その際は一人の立派なカメラマンとして、他のゲストの邪魔になっていないか確認しましょう(*’▽’)

気持ち明るめで撮る

F5.6 1/20秒 ISO2000 20mm

周囲が暗いとモニターの画面がすごく明るく感じられるので明るく撮れているように見えるんですが、次の日普通の明るさの部屋で見たらめちゃくちゃ暗いということはディズニーに限らず夜景を撮っていると非常によくあります。私はそれで何度も頭を抱えてきました_(┐「ε:)_

なので、経験上パークで撮っている段階で『暗いかも…』と思う写真は実際めちゃくちゃ暗いということは頭の片隅においてもらえたらと思います(*’▽’)

RAW現像する

最後に紹介するのが、ディズニー夜景写真を美しい1枚にするために欠かせないプロセスであるRAW現像です。

RAW現像って何それ美味しいの?という方は、こちらの記事を読んでいただけたらと思うんですが、ザックリ言うと写真の仕上げ処理をカメラ任せにせず自分でやれるツールのこと。

上の写真の白いバーが動かせるんですが、左がシャッターを押しただけの写真・右がRAW現像を行った写真です。

三脚を使わず設定の工夫だけでディズニー夜景を完璧に綺麗に撮るのは不可能と言ってもいいくらいなので、是非この機会にRAW現像にもチャレンジしてみてくださいね(*’▽’)
【夜景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】

おわりに

F8 0.8秒 ISO3200 15mm(※手すりの支えあり)

今読み返したら作例が見事にTDSに偏りまくっていることに気付いたんですが、気にせず記事を締めたいと思います_(:3 」∠)_

難しいと思われがちなディズニーでの夜景撮影ですが、押さえるべきポイントさえマスターしておけば簡単なので、この記事をヒントにいろんな写真を楽しんで貰えればと思います。

この記事がみなさんの夢の国でのひとときに少しでもお役に立てば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
基礎から解説!初心者のためのディズニーショーパレード設定マニュアル エレクトリカルパレードを綺麗に撮るための設定と5つのポイント! あなたのディズニー写真がより良くなるかもしれない10個のアイディア! SNS映え抜群!?私の『スマホの画面越し写真』の撮り方をまとめてみる!