撮るのが楽しくなる1本!魚眼レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!


一眼レフを楽しむには欠かせない存在、レンズ

その種類は本当に様々で、中にはどこで使うのか見当もつかないレンズ、面白そうだけど使いどころが少なそうなレンズもあります。多くの人にとって、魚眼レンズもそういったレンズのひとつではないでしょうか。

今回は魚眼をこよなく愛する『魚眼愛好家』として、魚眼レンズの魅力を思う存分書いてみようと思います(*’▽’)

あなたの知らない魚眼レンズの世界!


魚眼レンズって何?
dsc_3978
魚が水の下から水の上の世界を見上げる時、水の屈折の関係で水の上の風景は円形に広がって見えるのだとか。この魚の眼が見ている景色を表現できるのが魚眼レンズなんです。

…といってもピンときませんよね。写真を丸みを帯びた強烈な歪みを加えることで、インパクトある1枚を叶えるレンズ、それが魚眼レンズです。

魚眼レンズがあると、こんな写真が撮れるよ!

単調な風景にスパイスを
DSC_7633-3
『ここすごく素敵!』と思ってカメラを構えていざ撮ってみると、なんか味気ない。何かが足りないってことがよくあります。そんな時魚眼レンズを使ってみると写真が劇的に変わるんです。

DSC_3641-2
標準レンズだと写しきれない、超広角レンズだとだだっ広いだけの写真になってしまう場面は、魚眼レンズが大の得意とするところ。

魚眼特有の歪みが空が大きく広く丸く写してくれるので、ただ広いだけでなく奥行きや立体感のある1枚になってくれます。

dsc_3540-2
標準ズームの広角側や、超広角レンズなどでただ広く写すだけでは単調になりがちな風景に、ひとつ隠し味のようなスパイスを加えてくれるのが魚眼の魅力のひとつです。
写真に迫力を
DSC_6599-5
画面真ん中にあるものを極端に大きく写すことができる魚眼レンズ。

そんな魚眼ならではの効果を活かすと、今にも写真から被写体が飛び出してきそうなほどの迫力のある1枚が撮れることも。

dsc_5601-2
DSC_2401-7
使う場面は難しいですが、難しいからこそ撮れた時の感動は増しますし、その1枚が宝物になります。

『人とは違う迫力ある1枚』への可能性を秘めたレンズとも言えますね(*’▽’)
フレームに入りきらない大きな被写体も、迫力を残したまま1枚に
DSC_0394-6
普通のレンズだとフレームに入りきらない大きな被写体も、魚眼レンズならこの通り。

歪み効果でフロートの存在感はそのままに、むしろより存在感を強める形で、端から端まですっぽりと1枚に収めることが出来ます。

aDSC_3639
東京スカイツリーも、魚眼レンズなら周りの建物も一緒に写した上で、先っぽまでこの通り。

魚眼の面白さ、少しでも伝わっているでしょうか?まだまだ行きますよ(*’▽’)!
狭い室内を広く見せる!
DSC_6272-2
ここまでは屋外での魚眼写真を紹介してきましたが、魚眼は屋内でもかなり活躍するレンズだったりします。

というのも、魚眼特有の歪みが狭い場所を広く見せてくれるからなんです。

DSC_1313
撮る機会がなかなかないですが、ヨーロッパなどの教会との相性は抜群。高い天井がさらに高く見え、より奥行きのある室内に見えますよね。

DSC_6523-2
今まで横構図ばかり載せてきましたが、縦構図で使ってもまた面白い。上の写真はUSJのホグワーツ城で撮ったものなんですが、予想以上に奥行きや高さが感じられる1枚が撮れてびっくりした記憶があります(*’▽’)

撮影者が予期しないような、ハッとする1枚を生み出してくれるのも魚眼レンズの魅力の一つです。
広い景色をまぁるくまとめるレンズ
DSC_5979-11
人間の視野よりも広い範囲を写すためのレンズとしてメジャーなのが超広角レンズ

超広角レンズの特徴は『とにかく広く写すこと』、それに対して魚眼レンズの特徴は『広く写し、それをまぁるくまとめることだと思っています。

dsc_2550
もちろん超広角の方が適している場面も沢山ありますし、いつでも魚眼の世界がピタっとハマるとは限りません。

でも、ただ広いだけでなくまぁるくまとめてくれる方が、写真が『締まって』見えることも多々あるんです。

DSC_3031-4
dsc_3359
魚眼レンズはその強烈で特殊な効果ゆえに「何を撮っても『魚眼』でワンパターン」と言われることもしばしば。

でも魚眼にしか撮れない写真がたくさんありますし、使う場面や撮り方ひとつでいつものマンネリな魚眼写真から雰囲気をガラッと変えることもできますし、1本あると写真の幅がぐっと広がります。

DSC_6286-2
色々書いてきましたが、私の思う魚眼レンズの一番の魅力は、純粋にファインダーを覗くのが楽しくなることだと思っています。

自分が今見ている世界とは全く違う世界がファインダー越しに広がっている。そんなワクワクを与えてくれるのが魚眼レンズです。

私が使っている魚眼レンズ(フルサイズ対応)

DSC_7695
私が使っているのはSIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE。ここに載せている写真は全てこの魚眼レンズとNikon D750の組み合わせで撮影しています。

お値段控えめでありながら逆光にも強く、光芒を活かした表現も楽しめます。シグマらしいカリカリの描写は本当に私好み。コスパの良い、心からおすすめできる1本です(*’▽’)
フルサイズ魚眼ならこれ!SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEの魅力を語ってみる
普段写真を撮っていて楽しいけれど、何かもうひとつスパイスが欲しい。そんな時に選択肢として上がってくるのが魚眼レンズではないでしょうか...

APS-Cユーザー向け魚眼レンズ

フルサイズ対応の魚眼レンズをAPS-Cに装着することはできますが、センサーサイズの関係上、広角に弱いAPS-C機ではせっかくの魚眼ならではの効果が薄れてしまいます。

魚眼の効果を思いっきり楽しむなら、APS-C機にはAPS-C用の魚眼レンズがおすすめです。
SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
私が使っているシグマ魚眼のAPS-C専用バージョン。

ニコンの話になってしまいますが、ニコンの魚眼レンズは基本レンズにAFモーターを内蔵していないので、APS-C機でオートフォーカスで撮影できる魚眼レンズは実質この一択。

AFモーターについてはこちらの記事にまとめているので、よろしければ参考にしてみてください(*’▽’)

描写やお値段の面を考えても、ニコンに限らずAPS-Cで魚眼を楽しむなら、これがベストな選択かなと思います。
TOKINA AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5
DSC_7696
魚眼のズームレンズという珍しい1本。APS-C専用で、キヤノン・ニコン・ペンタックス用が発売されています。なお、このレンズはAFモーター非搭載のため、NikonD5000・3000系ではオートフォーカスが使えません。

このニコン用を持っている人が近くにいるので、ちょっと借りてきて試し撮りしてきました。

DSC_0031
実際に使っている人のコメントや、レビューサイトを見ていても比較的評判の高いこのレンズ。使ってみると写真のクオリティも悪くないし、何よりファインダーを覗くのが楽しくなるレンズ

もうひとつ着目したいのが、上の写真に写っている星のように見える光。これを光芒というんですが、こんな星みたいな形になるレンズって珍しいんですね。6枚絞りのこのレンズならではの楽しいポイントの一つです。

おわりに



DSC_1347
ちょっととっつきにくいイメージのある魚眼レンズ。私も手にした当初はこんなにハマるとは思っていませんでしたし、こんなにいろんな場面で使えるレンズだとは思っていませんでした。

今ではカメラバッグに入れてないと落ち着かない、そんな大切な存在です。

この記事を通して少しでも魚眼レンズの魅力が伝わり、一人でも多くの人が『魚眼っていいな』と感じてくださったら幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!