旅行に最適なレンズはどれ?私のカメラバッグの中身を晒してみる!


旅にカメラ、それは最高の組み合わせ。

旅先の魅力をバッチリ切り取りたいけど、できる限り身軽に旅を楽しみたい。だからこそ旅のカメラやレンズ選びはすごく悩むと思います。この記事を書き始めたとき、イタリア旅行を目の前に控えていた私もそのひとりです。

というわけで、今回は私のカメラバッグの中身を晒してみるとともに、実際持って行ってそれを使ったのかという振り返りまで含めてまとめてみたいと思います。国内海外問わず、旅行のカメラ選び・レンズ選びのヒントになれば幸いです(*’▽’)

これが旅するカメラ女子のカメラバッグだ!

カメラ:Nikon D750

今回私が旅カメラとして持って行くのは、Nikon D750というフルサイズ一眼レフ。

本体だけで750gと大きいカメラなんですが、『このカメラならなんだって撮れる!』と思わせてくれる一台です。
理想の旅カメラはどれ?

この記事を読んでくださっている方の中には、既にカメラを持っていて後は持って行くレンズを決めるだけ!という方もいれば、これから旅用のカメラを買うという方もいらっしゃるはず。

私は一眼レフを使っている身ですが、旅に持って行くとなるとやっぱり小型軽量のミラーレスも良いなあと感じます。このあたりをまとめた記事もあるので、もしまだどのカメラにするか迷っているという方がいればぜひぜひ目を通してみてくださいね(*’▽’)
一眼レフ・ミラーレス・コンデジ…理想の旅カメラはどれ?
旅先の思い出・風景を綺麗に残したい、旅のお供になるカメラが欲しい。でもカメラっていろんな種類があって分からない。私自身写真を...
標準ズームレンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

標準レンズはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED24mmから70mmまでを全域F2.8通しでカバーできる素敵レンズです。

レンズだけで900gとかなりの重力級なので、正直持って行くかちょっと悩みましたし、もっと小型軽量の標準ズームを買い足すことも検討したんですが、旅先だからこそ使い慣れている機材の方が良いだろうということで、いつも通りの組み合わせに。
海外旅行に望遠レンズは必要?

今回私は望遠レンズは持って行きませんし、今までも大きな旅行に望遠を持って行ったことはありません。ただ、せっかくの旅行だし後悔したくないし、やっぱり持って行っといた方がいいのかな…と悩まれる方も少なくないと思います。

個人的には、国内海外問わず旅先で望遠レンズの必要性を感じたことが今のところほとんどなくて、Nikon D5500とキットレンズ・18-55mmをメインで使っている頃から、55mm(35mm換算で82.5mm)あれば全く不足ありませんでした。

普段から望遠域での撮影が多いという方は持って行った方が後悔がないと思いますが、そうでない場合は無理して持って行く必要はないように思います(*’▽’)
持って行ってどうだった?

結構ズームする機会は予想よりも多かったんですが、70mmあれば十分と思う場面がほとんどでした。

ただ、私自身広角めで撮る方が好きなタイプなのと、それでも何度か『もうちょっとズームできたらな…』と感じた場面はあったので、APS-C機のキットレンズなどをはじめとした換算80mmから105mm程度ある標準ズームであれば間違いないかなと思います。
高倍率ズームってどうなの?

『海外旅行 レンズ』などで検索をかけると、『旅行のためにレンズを買い足そうと思っている』という質問を見かけます。そこでよく候補として挙がっているのが高倍率ズーム。そう、こういうレンズです。普段から中望遠〜望遠で撮ることが多い方には、標準と望遠を兼ねられる便利ズームはかなり良い選択肢です。

ただ、そうで無い場合、高倍率を持って行っても旅先で望遠側をそんなに使わないんじゃないかなと思うのと、高倍率ズームは重さや大きさがあるレンズが多いので、『高倍率の方が便利そうだしラクそうだし…』となんとなく買い足すと、かえって負担になってしまう可能性も否めません。

個人的には、旅行のためにレンズを買い足すのなら下に述べる広角レンズをおすすめしたいです(*’▽’)
超広角レンズ:AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
DSC_6379
私のカメラライフに欠かせないアイテム・超広角レンズ。私がいつも旅のお供として連れて行くのは、軽くて万能な超広角単焦点・AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDです。

ちなみに、D5500をメインで使っていた頃はTAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 Dillという超広角レンズを持って行ってました(*’▽’)
海外旅行に交換レンズは必要?

旅行にはレンズ1本だけでいい!という意見も見られるのですが、私は旅行だからこそ交換レンズを持って行くべきだと思います。

その場所でしか撮れない写真を撮るというのもまた旅の楽しみのひとつだと思いますし、標準レンズだけでは写せない魅力もたくさんある。そこでオススメなのが、人間の視野よりも広い範囲を写すことができる超広角レンズなんです。


超広角レンズ=広大な風景というイメージを持っている方も少なくないと思うんですが、街並みや屋内などかなり使いどころの多いレンズ。旅行に限らずせっかくレンズが交換できるカメラを持っているなら使わなきゃ損だと思っています。

いろんな旅先で使いどころが多いと感じるので、旅行にためにレンズを買い足すとすれば、私は全力で超広角を推します(*’▽’)
持って行ってどうだった?

普段から超広角レンズの出番が多いので、旅先でも良く使うだろうなと思っていたんですが、イタリアでは半分近くの写真を広角域で撮っていました。

もちろん個人の好みもありますが、イタリアに限らずいろんなところで『これは超広角じゃないと撮れないな…!』と思う場所に出会うので、超広角レンズは旅好きのマストアイテムと言っていいと思います(*’▽’)
写真の幅が広がる1本!超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!
一眼レフの醍醐味といえば、レンズ交換。レンズを変えると撮れる写真は大きく変わりますし、写真がますます楽しくなります。望遠・単...
単焦点レンズ:Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLⅡ N
DSC_7858-2
持って行くかギリギリまで悩んだんですが、『持って行かなかったレンズに限って現地で使いたくなる』とこともないとは言えないので、何かあった時のお守りとして58mmの単焦点レンズも忍ばせておくことに。正直使うかはわかりません(;・∀・)
旅行に単焦点レンズは必要?

旅行に単焦点レンズを持って行くべきかということもこれまた悩ましい問題。

単焦点があれば、背景をボカしたり、その明るさを活かして手持ちで夜景を撮る時にシャッタースピードを稼ぐことも出来る。でもズームができない

実際、以前D550035mm F1.8(換算52.5mm)の組み合わせでベトナムに行ったんですが、ベトナムでは50mmは狭くて使い勝手があまりよくなく、結局ほとんど使わず帰ってきた経験があります。

旅行に単焦点レンズを持って行く時の焦点距離選びは本当に難しいと思います。


ただ、暗いズームレンズがあるよりも明るい単焦点レンズの方がかえって使いやすいという意見もあって、それに対してもすごく理解できます。なんだかんだ言って明るいは正義

でも使うかわからないレンズのために荷物の重さを増やすのも…なんて風にも思えてきて、ああ悩ましい。

個人的には、既に使い慣れている単焦点があって、それが荷物の負担にならないのであれば鞄に忍ばせておくという位置づけで良いかなと思っていたりします。旅行のために単焦点を買い足したり、無理して持って行く必要はないように思います。
持って行ってどうだった?

イタリアでは結局一度も使いませんでした(*’▽’)

交換レンズがあると旅が楽しくなるのは間違い無いんですが、レンズ交換にばかり気を取られるのも避けたかったのと、単にあまりボケボケに背景をボカしたい場面がなかったこともあり、全てズームレンズで対応していました。

ただ、色んな方の旅行記等拝見すると、やっぱり単焦点で撮った旅写真も良いなあと思うんですよね。そのレンズでしか撮れない写真ってありますし。

個人的には、そのレンズで撮りたい写真がイメージできているなら単焦点レンズも持って行くべきなのかなと思います。私はしばらくは旅先ではズームオンリーな気がします(*’▽’)
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
DSC_7695
最後はちょっと斜め上のチョイス。そう、魚眼レンズです。実は私、口癖が『魚眼はいいぞ』になってしまったほど魚眼の世界が大好きなんです。

自分が心から好きなレンズは荷物の重い・大きいに関わらず持って行くべきだと考えているので、使いどころがどれだけあるか分かりませんがこれは迷わず持って行きます(*’▽’)
持って行ってどうだった?

出番は限られていましたが、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂で何枚か使いました(*’▽’)こういう高い天井の建物と魚眼は最高の組み合わせです。魚眼はいいぞ。

旅レンズとしてみんなにオススメ!というようなタイプのレンズでありませんが、ここだ!という場面でピタッとハマるとすごく気持ちが良いですし、宝物の1枚になる。

好きなカメラ・好きなレンズと一緒に歩くと、旅ってこんなに楽しくなるんだなあと改めて感じました。写真を趣味にして本当によかったです(*’▽’)
撮るのが楽しくなる1本!魚眼レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!
一眼レフを楽しむには欠かせない存在、レンズ。その種類は本当に様々で、中にはどこで使うのか見当もつかないレンズ、面白そうだけど使いどこ...
カメラバッグ
DSC_0008-2
最後はこれらの機材を入れるカメラバッグ

私はOUTDOORのショルダーバッグの中にカメラ用のソフトケースをはめ込んで使っています。

色んなカメラバッグを見てみたものの、デザインや機能性が好みに合わなかったり、旅行は普段使い慣れている鞄で行きたいという方も多いはず。そんな時に使えるのが、カメラ用のインナーソフトケースなんです。

色んなサイズがあるので、鞄やカメラの大きさに合わせたものを選ぶことができますし、今使っている鞄が簡単にカメラバッグに変身する優れものです(*’▽’)
リュックタイプもアリかも

イタリアはスリの危険性が高いと聞いていたので、常に荷物に目が届くショルダーバッグを選んだんですが、何事もなく無事にカメラと一緒に帰ってきました(*’▽’)

ただ、結構カメラやレンズが重くて、ショルダーバッグだとかなり片方の肩や腰に負担があったので、帰国後リュックタイプのカメラバッグを購入しました。

両手が空いてる方が良いという方は多いと思いますし、次の旅行ではリュックもありかもと考えていたりします(*’▽’)
やっと出会えた理想のカメラバッグ!『offtoco』がコスパ抜群な件
写真を趣味にする上で意外と悩ましいカメラバッグ選び。デザイン・機能性・お値段の全てにおいて自分に合うものってなかなか無いんですよね。...

カメラアクセサリ編

カメラやレンズだけでなく、その周辺アイテムも忘れてはいけません。このあたりもまとめていきますね(*’▽’)
SDカード(64GB)

旅先では大量に写真を撮るはずですし、帰ってきてからその写真をより良い1枚に仕上げるためにもやっぱりRAWで撮っておきたいもの。

旅行中に写真を消したり選別することに時間を割かなくていいように、大容量のSDカードがあると安心です。私はSanDiskの64GBを使っています(*’▽’)
予備バッテリー
最近カメラは電池持ちが良くなってきているとはいえ、やっぱり予備バッテリーは必需品。特にミラーレスを使っている方は、予備バッテリーは絶対に必要です。

バッテリーの充電にもまた時間がかかりますし、カメラ以外にもスマホなどでコンセントを使うと思うので、私がOLYMPUS PEN Lite E-PL6を使っていたときは、カメラに入れているもの以外に2個交換バッテリーを用意していました。

なお、カメラや携帯のバッテリーは飛行機の預け荷物に入れられないので注意が必要。必ず機内持ち込みの荷物に入れてくださいね(*’▽’)
メンテナンスアイテム

フィルターを綺麗にできる便利アイテム・レンズペン。フィルターが汚れていてはせっかくの写真が台無しですし、かさばるものでもないので私はいつもカメラバッグに入れっぱなしです。

レンズペンと並ぶメンテアイテムであるブロアーですが、こちらは結構かさばるので旅行のときはカメラバッグには入れず、キャリーケースに忍ばせて何かあった時にホテルなどでメンテナンスできるようにしています(*’▽’)

海外旅行に一眼レフを持って行くときの注意点

海外旅行に一眼レフを持って行くのは危険?
Camera, Girl
今まで書いてきたことをひっくり返すような見出しですが(笑)、旅行は旅行でも特に海外旅行の場合、一眼レフを首から提げていても大丈夫?という質問をよく見かけます。カメラが『観光客アピール』になるように気がしますもんね。

実際旅先に行くとカメラをただ、首から提げているのが怖いからと、何度もカバンから一眼レフを出し入れしている方がかえって危険だと思います。

というのも、その出し入れの隙をスリが狙っている可能性があるから。一眼レフを持って行くときは首から提げっぱなしにして、鞄の開け閉めは最小限にする方が安全だと思っています。

Nikon
また、カフェやレストランに入った時に、つい日本のノリで携帯やカメラをテーブルの上に置きっぱなしにしそうになりますが、これは『盗んでください』と言っているようなもの。

料理など撮りたいものを撮ったらカメラは鞄に一度しまって、目の届く場所に置いておきましょう。スマホも同じです」。

また、満員電車や都市間を移動する長距離列車に乗る場合は鞄に入れておく方が安心かなと思いますし、『ここは日本ではない』という意識を持つことが一番の防犯だと思います。
カメラそのものではなく『カメラを持っている人の私物』が狙われているという意識が大切
Luggage
よほど治安の悪い国だと一眼レフの強奪などもある可能性がありますが、ヨーロッパなどの人気観光地によくいる『スリ』は、強奪というよりも気付かぬうちに盗むタイプが多い傾向にあるとよく耳にします。

つまり彼らはカメラを持っているから『観光客だ!』と狙うというよりは、カメラや写真に夢中になっている人の鞄やポケットの中身を狙っている可能性の方が高いと言えるわけです。

観光地のスリはプロなので、スキのある人間を見分けて狙います。スキを見せないよう、写真を撮る時はポケットに貴重品を入れたままにしない鞄はちゃんと閉める周りをしっかり見るなどのことを普段より少し注意深く心がけるだけでも十分な対策になると思います(*’▽’)

おわりに

DSC_0019
旅と写真は最高のカップル。旅先の写真は新鮮さに溢れていて何を撮っても楽しいですし、かけがえのない宝物になります。

旅にカメラを持って行こう!と思っている方にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!Have a nice trip!