一眼レフ・ミラーレス・コンデジ…理想の旅カメラはどれ?


旅先の思い出・風景を綺麗に残したい、旅のお供になるカメラが欲しい。でもカメラっていろんな種類があって分からない。

私自身写真を趣味にしてからいろんなところを旅しているんですが、カメラを持ってから本当に旅が楽しくなりましたし、写真と旅は最高のカップルだと思っています。

というわけで、今回は私なりの視点で理想の旅カメラについて考えてみたいと思います(*’▽’)

理想の『旅カメラ』を探そう!

カメラごとのメリット・デメリットを整理しよう

カメラは大きく一眼レフミラーレス一眼コンデジの3種類に分けられ、それぞれにいいところ・気になるところがあります。ちょっと簡単に見ていくことにしましょう(*’▽’)
一眼レフ
DSC_0073-4
『カメラと言えば一眼レフ』というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

一眼レフのいいところは、交換レンズのバリエーションが豊富なこと

旅行でレンズ交換って面倒じゃない?と思われるかもしれないんですが、交換レンズがあるからこそ気付ける旅先の魅力ってたくさんあります。なのでレンズのバリエーションが多いことは旅カメラとしてかなり嬉しいポイントなんですね。

デメリットは、大きくて重いこと

最近では随分小型化が進んでいるとはいえ、それでも重い・大きいと感じる人はまだまだ多いはず。旅行ではなるべく荷物は少なく身軽にしたいですし、この点は悩みどころだと思います。
ミラーレス一眼
DSC_6154-2
最近急発展しているミラーレス一眼。私が最初に手にしたカメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL6でした。

ミラーレスのメリットは、なんといっても一眼レフに比べて小型で軽量であること。荷物を少なくしたい旅行において、軽い・小さいは大正義です。

一方、ミラーレスのデメリットとして挙げられるのが、電池持ちの悪さ

一眼レフはミラーという部品で作られた光学ファインダーを覗いて撮影するんですが、ミラーレスはそのミラーを省くことで小型軽量化に成功しているため、常に液晶画面を用いて撮影することになるため電池消耗はかなり早く、交換バッテリーは必須です。
コンパクトデジタルカメラ
Compact, Camera
コンパクトデジタルカメラ、通称コンデジ

旅カメラとしてのコンデジのメリットは、なんといっても小さくて軽いこと。レンズ交換式のためどうしてもかさばりがちな一眼レフとミラーレスと比べて格段にコンパクトです。

ただ、レンズ交換ができないことはデメリットといえそうです。

結局どれを選べばいいの?

その人の撮りたい写真・旅行のスタイルによって『理想の旅カメラ』は違いますし、旅カメラは絶対これ!と断言することは難しいもの。

ただ、私が『旅行のためのカメラを買いたい!』と相談されたときに、まず勧めるのは間違いなくミラーレス一眼です。ここからはその理由を掘り下げて書いていきますね(*’▽’)
旅カメラはレンズ交換ができた方が良い

せっかくカメラを持って行くなら、その場所でしか撮れない写真を撮るのもまた旅の楽しみのひとつだと思いますし、カメラはただ思い出を綺麗に残すだけではなく、旅そのものを楽しくしてくれるアイテム

カメラがあるだけでも旅は十分楽しくなるんですが、レンズを変えるとまた違ったその場所の魅力に気付くこともたくさんあるんです。


せっかくなので具体例を挙げてみると、例えば人間の視野よりも広い範囲を写すことができる超広角レンズ

一見使いにくそうに思えるかもしれないんですが、カメラのボディと一緒に買った標準ズームレンズと同じくらい出番の多いレンズ。旅行のマストアイテムと自信を持って言える1本です。
写真の幅が広がる1本!超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!
一眼レフの醍醐味といえば、レンズ交換。レンズを変えると撮れる写真は大きく変わりますし、写真がますます楽しくなります。望遠・単焦点・魚眼などなど色んな種類がある交換レンズの中で、私が『写...
この他にも、背景をボカしたり暗い場所でも手ブレせずに明るく撮れる単焦点レンズや、近くのものから遠くのものまで幅広く1本で対応できる高倍率ズームなどなど、いろんなレンズがありますし、レンズによって撮れる写真は全然違う。

交換レンズがあると旅の楽しさはグッと広がる。これが私が『旅カメラはレンズ交換ができた方がいい』と考える理由です(*’▽’)
小さくて軽いはやっぱり正義

私は一眼レフをメインに使っているんですが、慣れていてもやっぱり一眼レフは大きい・重いと感じるのが本音です。

旅行のときにだけ持ち出すカメラが欲しいという方もいると思うんですが、その場合、旅行のときだけ一眼レフを持って行くというのは結構負担に感じられると思いますし、やっぱり小さくて軽いは正義

小型軽量の実現のために液晶画面を使って撮影するため、電池消耗はかなり激しいのは事実なんですが、交換バッテリーを持ち歩けば解決しますし、そんなに荷物になるものでもないですしね(*’▽’)
ミラーレスだって交換レンズはしっかり揃っている

最初に述べた通り、一眼レフに比べるとミラーレスはまだまだ歴史の浅いこともあって、交換レンズのバリエーションは確かに少なめ。ただ、必要となるラインナップは一通り揃っているメーカーがほとんどです。

キヤノンやニコンなどの一眼レフの場合、メーカー純正レンズ以外に、シグマやタムロンというサードパーティと呼ばれる純正以外のメーカー製レンズも使えることが多いので、レンズの選択肢は豊富なんですが、選択肢が多いからといってその全てが自分の好みや用途に合ったレンズとは限りませんし、ミラーレスも旅先に合わせたレンズ選びは十分可能です(*’▽’)
ミラーレスは『長く使える旅カメラ』だと思う

また、カメラは高い買い物ですし、旅行用に一台買ったらそれを長く使いたいもの。

ただ、買った当初は『これだけズームできたら十分だろう』と思っていても、そのカメラと一緒にいろんなところに行くうちにもっと望遠が欲しくなってきたり、逆にもっと広さが欲しいと感じる可能性は大いにあります。

レンズ交換のできないカメラを選ぶと、ズーム域を変えるためにはカメラ本体を買い替えるしか選択肢がありませんし、ミラーレスのようなレンズ交換式のカメラなら、レンズを変えることでそのカメラを自分好みにカスタマイズすることができる

ミラーレスはレンズ次第でどんなカメラにもなれる。撮りたい写真が変わってもそれ一台で対応できる長く使える旅カメラだと思います。
カメラ選びのポイントは『持ち歩きたくなるかどうか』

あれこれ述べてきましたが、カメラは写真を撮る道具であると同時に、旅を楽しむパートナー。一番大切なのは、そのスペックや性能ではなく、そのカメラを持って歩きたくなるかどうかだと思います。

持ち歩くたくなるかどうかのカギとなる要素としては、まずデザイン

一眼レフよりもミラーレスの方がファッション性が高いデザインのものが多いですし、同じミラーレスでもメーカーや型番によって結構違いがあります。おしゃれな旅でおしゃれな写真を楽しみたいなら欠かせないポイントです。


また、旅に持って行くカメラとなるとできる限り小さい方が良いと思ってしまうんですが、あまり小さすぎるとかえってカメラが構えにくいことがあります。

ボディの大きさはカメラの操作性にも大きく影響しますし、カメラは小さければ小さいほど良いというわけではないんですね。

ただ小さいだけでなく、自分の手の大きさにしっくりくるかどうかも、旅のお供になるカメラ選びにおいてすごく大切です。


また、液晶画面を使ってスマホのように写真を撮る方が好きな方もいれば、ファインダーを覗いて撮る方が好きという人も一定数いるはず。私自身ファインダーを覗いて撮る方が『カメラで撮ってる感』があって好きです(*’▽’)

ミラーレスにもファインダー付きのモデルもいくつかあるんですが、ミラーという部品を用いる一眼レフのファインダーと、それがないミラーレスのファインダーでは構造も見え方が全然違います

ファインダーの有無や見え方によって写真撮影の楽しさは大きく変わるものなので、この点も大切なポイントのひとつです。

その他にも『このカメラと一緒に旅したい!』と感じるポイントは人それぞれ色々あると思いますが、持ち歩きたくなるかどうかはネットで調べてみてもいまいちわかりにくいもの。

長い付き合いになる一台ですし、お店で実機をしっかり触って選ぶのが理想の一台に巡り会える一番の近道だと思います(*’▽’)
一眼レフかミラーレスか迷ったら

旅カメラはレンズ交換ができた方がいい、そして『小型軽量は正義』ということでミラーレスをオススメしていますが、考えてみるとやっぱり一眼レフも気になる…と迷う人も多いと思います。分かるぞ、その気持ち。

一眼レフかミラーレスにするか迷ったとき、私は一眼レフのファインダーを覗きたいかどうかがひとつのポイントになるかなと思っていたりします。

小型軽量のミラーレスという選択肢がありながらも、大きくて重い一眼レフを選ぶことの大きなメリットのひとつは、光学ファインダーを使って撮れること。

さっきも触れましたが、ミラーレスと一眼レフのファインダーは実際に覗いてみると見え方が全然違いますし、このあたりはかなり好みが分かれます。

逆に一眼レフのファインダーにそこまでときめかないなら無理に一眼を選ぶよりも軽さを選んだ方がいろんな場所に持ち出せるように思います。もちろん一眼レフが気に入っているならぜひその直感の方を信じてあげてくださいね(*’▽’)


また、旅カメラの購入を機に写真そのものを趣味にしてみたい!という方も一眼レフを検討してみるのも良いと思います。

こう書くと『ミラーレスでは写真を趣味にできないのか!』と言われてしまいそうなんですが、決してそういう意味ではありません。

ただ、写真を趣味にしていくとレンズにこだわりたくなる人は多いですし、私もその一人。そんなときサードパーティ含めてレンズの選択肢が多いのはやっぱりありがたいんですよね。

一眼レフかミラーレスか迷ったら、まずは一眼レフのファインダーを使って撮りたいかどうか、次に写真そのものを趣味にしてみたいかどうかを考えてみると答えが見えてくるかもしれませんよ(*’▽’)

私が選ぶおすすめの旅カメラはこれ!


さて、色々書いてきましたがいかがでしたでしょうか?なにかヒントになっていれば幸いです。

ここからいよいよカメラ選びなわけですが、ミラーレスといってもいろんなメーカーからいろんなモデルが発売されていますし、どれを選んで良いか悩むと思います。

というわけで、最後に私が独断と偏見と妄想と経験から選んだおすすめの旅カメラをいくつかピックアップしたいと思います(*’▽’)
OLYMPUS PEN Lite E-PL7
k0000687766
ミラーレスといえばオリンパス!というイメージを持っている方も少なくないはず。私もその一人で、人生で初めて買ったカメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL6でした。

最初に紹介するのは、その一世代後のモデル・OLYMPUS PEN Lite E-PL7

カメラからスマホに直接写真を転送することができるWi-Fi機能、直感的に操作できるタッチパネルに、自分撮りもできる可動式液晶、夜の撮影でも安心のボディ内手ブレ補正などなど旅カメラとして欲しい便利機能が一通り揃っています。

000016268
インスタでよく見かけるような写真を簡単にオシャレにできるアートフィルター14種類とかなり充実しているのもこのカメラの特徴のひとつ。

旅行以外でカメラを持ち出す予定はないけれど、知識や技術・センスがなくても簡単にオシャレに良い写真が撮りたい!という人にはもってこいの機能です。

また、ミラーレスに力を入れているメーカーなので交換レンズのバリエーションも充実しているのも嬉しいポイントです(*’▽’)ちなみに今は動画撮影機能に力を入れた最新機種・E-PL8も発売されており、デザインやカラーもE-PL7とはまた雰囲気の違うテイストになっています。



ちなみに、カメラのボディの発売サイクルは早いので、新しいものを買ってもすぐ型落ちになってしまうことから、あまり最新機種にこだわる必要はないと思います。

予算や必要な機能・デザインの好みを考えつつ、一世代前のカメラを検討するのも理想の一台にめぐりあうためにすごく大事です。



今はサブ機として使っていますが、OLYMPUSのミラーレスは機能面から携帯性・デザイン性までバランスの良い旅カメラの本命候補ともいえる一台だと思います(*’▽’)
APS-Cセンサーを搭載するミラーレス(SONY・FUJIFILMなど)

旅カメラには小型軽量やデザイン性だけでなく、画質もよりこだわりたいと考える人も多いはず。

カメラを買う前は『画質の良さ=画素数』だと思っていたんですが、実は画素数以外にもが実を決める重要な要素がある。それがセンサーです。

センサーとはざっくりいうとカメラの心臓部分。そしてこの心臓にはいろんなサイズがあり、センサーサイズが大きいとより高画質が期待でき、その反面ボディの大きさや重さが増す傾向にあります。

ちなみに、さっき紹介したOLYMPUSやPanasonicのミラーレスは、フォーサーズという少し小さめのセンサーを搭載しているため、とってもコンパクトなボディを実現しています。


一方SONYFUJIFILMCANONといったメーカーのミラーレスは、APS-Cというフォーサーズよりもちょっと大きめのセンサーを採用しています。

なおAPS-Cは、多くのエントリー一眼レフにも採用されているセンサーサイズで、より画質の高い写真や大きな背景ボケが期待できるんですね。


同じAPS-Cミラーレスでもメーカーによって操作性や特化した性能は異なるんですが、私が独断と偏見と妄想で選ぶのであればSONY α6000が良いかなぁと思ったりします。

先ほど紹介したOLYMPUSのミラーレスにはファインダーがなかったんですが、このカメラはファインダー付き

後継機として4K動画に対応したα6300やタッチパネルを採用したα6500も出ているので、予算に余裕があればこちらも視野に入れておきたいところですが、少し発売日から経っていることで値段もこなれてきてるのでα6000も良い選択肢だと思います。

画質にもよりこだわった旅カメラが欲しい方はAPS-Cのミラーレスを是非是非検討してみてくださいね(*’▽’)
Nikon D5500

『やっぱり一眼レフも気になる』というアナタのために、最後に私が愛する一眼レフ・Nikon D5500を紹介してこの記事を締めましょう。

魅力を語り出したらキリがないので詳しいことは過去の記事に任せますが、一眼レフとは思えない小型軽量のボディと、深いグリップWi-Fiタッチパネルバリアングル液晶に…と文句なしの機能性は旅向けの一眼レフとして自信を持ってオススメできる一台です(*’▽’)
D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる!
突然ですがこの記事の投稿日である6月20日、何の日かご存知ですか?Wikipediaによると『ペパーミントの日』、そしてMay.Jさんの誕生日だそうです。レリゴー。しかし!今日...
おわりに

思い出を綺麗に撮るためだけでなく、旅そのものをより楽しくしてくれるカメラ。大切な思い出に寄り添うアイテムだからこそ後悔のないように選びたいものです。

この記事がみなさんの旅カメラ選びの少しでも参考になれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!