新コーナー『この写真どうやって撮ってるKnow?』はじめました!

一眼レフ・ミラーレス・コンデジ…理想の旅カメラはどれ?

『旅のお供になるカメラが欲しい!』が口癖のみなさん、どうもこんにちは。

私は旅行が好きで『旅先の風景を綺麗に撮りたい』という思いから写真を趣味にし始めたカメラ女子(仮)なんですが、初めてのカメラ選びはとにかく種類がありすぎてどれを選べば良いのか本当に右も左も分からなかったのを今でも覚えています。

というわけで!今回はそんな私なりの視点で理想の旅カメラについて考えてみたいと思います(*’▽’)

一眼レフ・ミラーレス・コンデジ…理想の旅カメラはどれ?

カメラごとのメリット・デメリットを整理しよう

カメラは大きく一眼レフミラーレス一眼コンデジの3種類に分けられます。上の表では『旅行のためのカメラ選び』において重要になるポイントについて3つのカメラを比較してみました。

もちろん一眼レフの中にも比較的軽いモデルもありますし、一眼レフよりも重いミラーレスもあるんですが、今の段階ではざっくりと全体的な特徴を押さえておけばOKです(*’▽’)

理想の旅カメラはどれ?

さてさて、それぞれのカメラの特徴を整理したところで、いよいよ本格的に旅カメラ選びに入っていきましょう。

その人の撮りたい写真・旅行のスタイルによって『理想の旅カメラ』は異なるんですが、『旅行のためのカメラを買いたい!』と相談されたときに、私がまず勧めるのは間違いなくミラーレス一眼です。

旅カメラはレンズ交換ができた方が絶対に良い

旅行とカメラ・写真は最高のカップル。

カメラを持って旅することで、ただ歩いているだけでは気付かなかったようなその場所の魅力を見つけられたことも私自身今まで何度もありましたし、カメラは旅の記録を綺麗に残すためだけのものではなく、旅そのものを楽しくしてくれるアイテムだと感じています。

カメラを手に旅するだけで十分楽しいんですが、その楽しさをもっともっと広げてくれるのが交換レンズなんです。

例えば、私が旅先で最もよく使うのが、人間の視野よりも広い範囲を写すことができる超広角レンズ

旅先で見る景色って想像していた何倍も大きく広く感じることが多くて、カメラを買ったときに付属している標準レンズでは見たままの感動を1枚に収めきれないこともしばしばあって。

一見使いにくそうに思われがちなんですが、今までいろんなところを旅してきて、標準ズームレンズと同じくらい出番が多いので、旅行のマストアイテムだと思っています。

写真の幅が広がる1本!超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!

他にも、背景を綺麗にボカすことができる単焦点レンズや、強烈な歪みが特徴の魚眼レンズなど、撮れる写真の幅を広げてくれる交換レンズはたくさんあります。

レンズを変えると写真が変わる、見える世界が変わる。レンズを変えてファインダーを覗いたからこそ気づけたその場所の魅力に今までたくさん出会ってきました。

交換レンズがあると撮れる写真の幅だけでなく、旅の楽しさがグッと広がる。これが私が旅カメラはレンズ交換ができた方がいいと考える1つ目の理由です(*’▽’)

ミラーレスは『長く使える旅カメラ』

また、買った当初は『これだけズームできたら十分だろう』と思っていても、あれこれ撮るうちにもっと望遠が欲しい、逆にもっと広さが欲しいと感じる可能性もあります。

実際、私も最初は『交換レンズなんて荷物になりそうだし…』と買う気なんて全くなかったんですが、いろんなところで撮っていてもっと広さが欲しいと思う場面が多々あったことがきっかけで超広角レンズを買い足しました。

レンズ交換のできないカメラを選ぶと、ズーム域を変えるためにはカメラ本体を買い替えるしか選択肢がないんですが、旅行のためのカメラってそう何度も買い換えられるものでもないと思いますし、一度買ったらそのカメラを長く使いたいはず。

それに旅先に持って行くカメラはできる限り使い慣れたものの方がいいですし、買い換えたら一から操作を覚えなければならないという点でも面倒です。

でも、レンズ交換式のカメラなら、撮りたいものや旅のスタイルが変わっても、レンズを変えればボディはそのままで『自分好みの旅カメラ』にカスタマイズすることができる。

実際交換レンズには、さっき紹介した撮れる写真をガラッと変えるもの以外に、広角から望遠まで1本でカバーできる高倍率ズームなどの写真撮影をよりラクに・簡単にしてくれるレンズもあるので、旅先や旅のスタイルに応じてそういったものに変えるという選択肢もあるわけです。

このようにどんな写真が撮りたくなってもそのボディを長く使い続けられるという点も、レンズ交換ができた方が良いと考える理由のひとつです(*’▽’)

『小さくて軽い』はやっぱり正義

『旅カメラとしてまずオススメするのはミラーレス一眼!』と書いておいてアレなんですが、実は今メインで使っているカメラは一眼レフなんです。その理由はこのすぐ後にお話ししますね(*’▽’)

今まで一眼レフと一緒に国内海外ともにいろんなところを旅してきたんですが、これだけ使い慣れていても定期的に一眼レフは大きい・重いと感じるのが本音です。

旅のお供になるカメラをお探しの方の中には、『カメラを買ったら旅行以外にも持っていくつもり』という方もいれば、『旅行の時だけ使うつもり』という方もいると思うんですが、後者の場合、旅行のときだけ一眼レフを持って行くというのは結構負担に感じられると思います。

一眼レフを使っているからこそ、やっぱり小さくて軽いは正義だとひしひしと感じているのも、私がミラーレス一眼をオススメする理由です。

…と言われてもやっぱり一眼レフと迷う

旅カメラはレンズ交換ができた方がいいことも、小さくて軽いはやっぱり正義だということもよく分かった。でもやっぱり一眼レフも気になる。分かる、めっちゃ分かるぞその気持ち。

中には『ミラーレスよりも一眼レフの方が画質良いみたいだし、そう考えるとやっぱり一眼レフかなぁ。』といった感じで悩まれている方もいるはず。

私も初めてのカメラ選びのときに、全く同じ理由で一眼レフにするかミラーレスにするか悩んでいたんですが、実はカメラ選びを失敗しかねないくらいのとんでもなく大きな誤解をしていたことに後から気が付いたんです。

一眼レフとミラーレスの違いを正しく理解しよう!

さて突然ですが、みなさん一眼レフとミラーレスの違いって聞かれたらちゃんと答えられますか?

一眼レフとミラーレスの違いは、ミラーという部品があるかないかただそれだけ。

ミラーとは、一眼レフのファインダーを作るために必要なんですが、これが結構大きくて重い部品。そんなミラーをなくすことでカメラ本体の小型軽量化に成功したのがミラーレス一眼なんです。

余談ですが、鏡って反射することができますよね。一眼レフのファインダーでレンズの向こう側の景色を見ることができるのは、ミラーがレンズの向こう側にある景色を反射してくれているからなんです。

一方、ミラーレス一眼は先ほど説明したようにミラーがないので、反射する構造を持ちません

ここで勘の良い方は『あ!』ってなると思うんですが、『反射』って英語でレフ(reflex)と言います。そう、『一眼レフ』は言うのに『ミラーレス一眼レフ』とは言わないのは、ミラーレスがレフ(反射)しないカメラだからなんです。

つまり『ミラーレス一眼レフ』という言い方は間違い。ここテストに出ますよ(*’▽’)

画質って何で決まるの?

さてさて、本題に戻りましょう。

大事なことなのでもう一度復習しておくと、一眼レフとミラーレスの違いは、ミラーがあるかないか

そしてミラーの有無によって、上の図のようにファインダーの構造が変わるんでしたね。くどいようですが、一眼レフかミラーレスかという違いで変わるのはファインダーの構造だけです。

何が言いたいかというと、一眼レフかミラーレスかという違いによって画質は変わらないんです。ここ!テストに!出ます!!!

私自身長い間ここをずっと誤解していましたし、質問してくださる方の中にもここを勘違いされている方はほんとーーーーーーに多いです。

一眼レフの方が黒くて大きいし、なんかプロっぽいしすごい写真が撮れそう。それに比べるとミラーレスは小型軽量でデザイン重視だから一眼レフほどは画質よくないでしょ?というイメージで誤解しがちなんですが、一眼レフかミラーレスかという違いで画質は変わりません。大事なことなので二回言いました。

キーワードは『センサーサイズ』

じゃあカメラの画質って何で決まるの?という話なんですが、センサーというカメラの光を感じ取る部分の大きさで決まります。

ここでは難しいことは省略して、一眼レフ・ミラーレスでメジャーなセンサーサイズはフォーサーズ・APS-C・フルサイズの3種類だということを押さえておけばOK。

そして、センサーの大きさは『フォーサーズ<APS-C<フルサイズ』で、センサーが大きいほどより高い画質が期待できます。

それを踏まえて、上の表を見てみましょう。

今発売されているカメラの一部抜粋し、センサーサイズごとに分類したものなんですが、一眼レフと同じセンサーサイズを持っているミラーレスってかなりたくさんあるんです。

つまり、一眼レフと同じセンサーサイズのミラーレスを選べば、一眼レフよりも小型軽量のカメラで、一眼レフと同等の画質の写真を楽しめるというわけなんですね(*’▽’)

一眼レフかミラーレスで迷ったら『ファインダーの見え方』で決めよう!

画質は『一眼レフかミラーレスか』ではなく『センサーサイズ』で決まることはわかった。

でもその上でやっぱり一眼レフも気になる・捨てがたいという方は、是非ファインダーの見え方を比べてみてください。

というのも、一眼レフの光学ファインダーとミラーレスの電子ファインダーって、同じ覗き穴のように見えて実は見え方がかなり違うから。

私が今旅カメラとして一眼レフを使っている大きな理由のひとつは、ミラーレスのファインダーより一眼レフのファインダーの見え方が好きだからなんです。

ファインダーの有無や見え方は写真を撮る楽しさに大きく影響を与えるポイントなので、ミラーレスと一眼レフで迷われている方は一度お店で実際に触って覗いてみるのが一番確実な選び方だと思います(*’▽’)

私の好みで選ぶおすすめの旅カメラはこれ!

ちょっと説明が長くなってしまいましたが、ここからいよいよ具体的なカメラ選び。

色んなメーカーから色んなモデルが発売されていますし、これまた迷いに迷うポイントだと思います。

というわけで!私の好みで選ぶおすすめの旅カメラをいくつかピックアップしてこの記事を締めたいと思います(*’▽’)もう少しお付き合いくださいねー!

OLYMPUS PEN Lite E-PL9

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL9 EZ レンズキット ホワイトミラーレスといえばオリンパス!というイメージを持っている方も少なくないはず。私もその一人で、人生で初めて買ったカメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL6でした。

最初に紹介するのは、その最新モデルであるOLYMPUS PEN E-PL9

カメラからスマホに直接写真を転送することができるWi-FiBluetoothを内蔵、直感的に操作できるタッチパネルに、自撮りもできる可動式液晶、夜の撮影でも安心のボディ内手ブレ補正などなど、旅カメラに欲しい機能が一通り揃っている一台です。

画質を決めるセンサーサイズはフォーサーズなので少し小さめなので、人によっては画質にちょっと物足りなさを感じる可能性も。

ただ、上の写真は私が使っていたE-PL6で撮った写真なんですが、見ての通りすっごく綺麗なのであまり気にしなくてもいいかもしれません。

旅カメラにおいては、画質や性能だけでなく持ち歩きたくなる大きさ・デザインであることもすごく大事なポイントなので、総合的に考えて旅カメラの大本命と言っていいと思っています(*’▽’)

ちなみに、カメラってやっぱり最新機種の方がいいの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるはず。

カメラのボディの発売サイクルはかなり早く、新しいものを買ってもすぐ型落ちになってしまうことから、私は最新機種にこだわる必要はないと思っています。

最新機種と一世代前を比べてみると、実は画素数をはじめとする写真のクオリティに直接影響する部分は変更がほとんどなく、オプション機能が新たに追加されただけだった…なんてこともよくあったり。

最新機種にこだわりすぎず一世代前のモデルとしっかり比較するのが賢い選び方だと思います(*’▽’) 

SONY α6000

次に紹介するのが、画質にしっかりこだわりたいけど大きくて重いカメラはちょっと…というよくばりさんにぴったりなセンサーサイズが大きなミラーレス

センサーサイズが大きいとより高い画質が期待できるんですが、フルサイズになるとお値段がかなり高くなるのと、センサーサイズが大きくなるとカメラやレンズの大きさ・重さが増す傾向にあるので、大きければ大きいほどいいというわけではないんですね。

その上で画質とお値段とボディの大きさと…と総合的に見た時に最もバランスが良いのが、多くの一眼レフに採用されているAPS-C

その中で、私の好みで独断と妄想で選ぶとすると、SONY α6000あたりが結構良いなぁと気になっていたりします。

SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ホワイト

4K動画に対応したα6300や、タッチパネルを採用したα6500などの後継機があり、予算が許すならこれらもすごく良い選択肢なんですが、そういった機能が特に必要ないのであれば、少し発売日から経っていることで値段もこなれてきてるので、コスパという面でα6000はすごく魅力的だと思います。

SONY以外にもAPS-Cを採用しているミラーレスはいくつもあるので、画質にこだわったミラーレスが欲しいという方はぜひAPS-Cというキーワードに着目して探してみてくださいね(*’▽’) 

Nikon D5500

最後は一眼レフ。私が紹介したいのはやっぱりNikon D5500。なぜなら私が初めて手にした一眼レフだからです。

魅力を語り出したらキリがないので詳しいことは過去の記事に任せますが、一眼レフとは思えない小型軽量のボディと、Wi-Fi・タッチパネル・バリアングル液晶…と文句なしの機能性は旅向けの一眼レフとして自信を持ってオススメできる一台です(*’▽’)

D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる!

おわりに

さてさて、あれこれ述べてきましたがいかがでしたでしょうか?

思い出を綺麗に撮るためだけでなく、旅そのものをより楽しくしてくれるカメラ。大切な思い出に寄り添うアイテムだからこそ、後悔のないようにたくさん悩んでじっくり選んでくださいね。

この記事がみなさんの旅カメラ選びにとって、少しでも参考になれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

関連記事
D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる! 勘違いしてない?一眼レフとミラーレスにまつわる5つの誤解 写真の幅が広がる1本!超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ! 小さくて軽いは正義!OLYMPUS PEN Liteシリーズの魅力を語ってみる!