よくある質問

私がα7Ⅱと16-35mm F4を手放すことにした2つの理由

現在長年愛用してきたNikon D750から機材軽量化計画を立てている私。

そのため我が家にある全機材を大幅に整理することになり、検討の末SONY α7ⅡとVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを手放すことに決めました。

フルサイズ一眼レフからの機材軽量化で真っ先に候補に上がると言っても過言ではないSONY αシリーズ。今回はどうして手放すことにしたのかまとめていきたいと思います。

ついにZ?D750から機材を軽量化したいので構成考えてみる!

私がSONY α7Ⅱと16-35mm F4を手放すことにした2つの理由

SONY α7ⅱを購入した経緯

このブログをいつも読んでくださっている方にとっては、『えっ、いつの間にSONY持ってたの』と思われた方もいらっしゃるかもしれないので、先にどうしてSONY α7ⅱを買ったのか簡単にお話しようと思います。

さて、3年前にこんな記事を書きました。

NikonユーザーだけどSONYのフルサイズミラーレスが気になってしょうがない件

『D750が重たいからSONY軽くていいな〜』というのを延々書いているだけの記事なのですが、実はこれを投稿した数ヶ月後、同じく写真を趣味にしている我が夫氏がSONY α7ⅱを買いました。

理由は単純で、彼が中古で購入したNikon D7000を使っていて、そろそろ買い換えたいと思っていたから。

『仮に私がD750の重さに限界を感じたら、その時は機材トレードできるし』という流れと、ちょうどキャッシュバックキャンペーンが実施中だったことが決め手でした。

我が家が揃って広角大好きマンであることから、標準ズームのような位置付けでVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSも合わせて購入。ズームが必要な場面ではD750やD7000を使っていました。

D750の一番広いレンズが20mmなので、それよりさらに広い1枚が撮りたいときなどは私もα7Ⅱをフル活用していました。

手放すことにした理由は2つ

今回の機材軽量化計画の発端はまさに『私がD750の重さに限界を感じたから』なので、今がその時でしょ!と思いますよね。

でもそうならなかった理由は、操作性と高感度耐性が求めていたものと少し違ったからでした。

①操作性

これに関しては使いこなせていなかっただけなので、『α7Ⅱの悪いところ』ではなく、むしろ私自身の反省です。

ミラーレス一眼はボディが小さくなる以上、どうしてもボタンも小さく浅くなってしまうものですが、ずっとNikon D750という大きな一眼レフ機を使い続けてきていたことから、この小さいボタンがいつまでたっても手に馴染まなくて。

2年ほど使ったのですが、ファインダーを覗きながらボタンを見ずに設定を変えるのが、私にとってはかなり難しかったんです。

『ファインダー覗きながらだとボタンわかんない』→『ライブビューで変えよう』→ファインダーと液晶画面の表示切り替え時の僅かなラグでもたつく、という感じで撮ることに集中できていない自分に気がつきました。でもこれは私が悪い。

当時はとにかく『今より軽くてセンサーサイズがフルサイズ』という理由だけで購入を決めたのですが、そこまでフルサイズにこだわるって結構写真への熱量があるわけじゃないですか。

それなら尚更軽さ・小ささだけでなく、それが自分にとって使い勝手がよいかどうか徹底的に検討すべきだったと反省しました。これは今回の機材軽量化でかなり活かされています。

②高感度耐性

フルサイズを使いたい理由は人それぞれだと思いますが、私の場合は『より繊細な写真が撮りたいから』『ノイズを恐れなくていいくらいの高感度耐性が欲しいから』の2つ。

すぐ後に述べますが、16-35mm F4が優秀だったこともあって、描写については十分満たされていました。が、後者の高感度耐性については結構不満が強かったんです。

ISO2500

ボディにはISO感度上限がありますが、極端な話ISO51200とかまで上げてしまうと、撮れはするもののノイズだらけで画質の悪い写真になってしまうため、『数値的なISO感度の上限』と『実用的なISO感度の上限』は全く別物です。

よって、ISO感度にしっかり頼りつつ綺麗な写真を撮るためには、『これくらいならノイズが気にならない・レタッチで修正できる』というボーダーを自分なりに決めておく必要があります。

ノイズを気にせず綺麗に撮りたい!適切なISO感度ってどれくらい?

どの程度なら気にならないかというのは個人の感覚にもよりますが、私が今まで使ってきたカメラでは、

  • D5500:ISO1600がボーダー・ISO3200が限界
  • D750:ISO3200がボーダー・ISO4000が限界

という感触で。体感としては、『D5500のISO6400≒D750のISO3200』くらいで、フルサイズを使う恩恵をかなり感じていました。

そして、SONY α7ⅱはどうだったかというと、ISO1600がボーター・ISO2500が限界だったんです。

ISO3200

ISO1600を超えると細部が潰れはじめ、ISO2500からかなり写真がのっぺりしてしまい、ISO3200になると修正してもかなり厳しい…といった印象。

ノイズの許容範囲はかなり個人差があるので、α7Ⅱは高感度性能が低い!と断言することはできません。

ただ、『できる限り手持ち撮影派』で、ISO感度にガンガン頼って撮りたいタイプである私には、少し物足りなさを感じる高感度耐性であることは確かで。

体感的には、『D750のISO6400≒α7ⅡのISO3200』『D5500のISO1600≒α7ⅡのISO1600』とだったので、期待していたほどの『フルサイズを使っているメリット』を享受できなかったことが今回手放すことを考え始めた最大の理由でした。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSは?

ここまではボディの話でしたが、レンズはどうだったのかというと、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSはすごくお気に入りの1本でした。

『一回はツァイスの名が付いたレンズが使ってみたい』という理由で選んだといっても過言ではないのですが、これはしっかり期待に応えてくれたと感じます。

解像度も高いし、線も私好みの細さでキレもある。うまく言葉で表せないのですが、抜け感というか透明感が感じられるというか。

上の写真はα7Ⅱのデビュー戦だったのですが、帰宅後取り込んで『機材変わったのがすごく分かる』と感じたくらいです。

四隅の流れもかなり抑えられているのも、広角写真大好きマンとしてはとても満足です。

私自身D750で使っている超広角が20mmなので、16mmのダイナミックさはやっぱり魅力的。旅行の際の記念写真・記録写真にもとても重宝しました。

ツァイス独自の『T*(ティースター)コーティング』というのを売りにしているだけあって、逆光耐性も文句ありません。

以前『35mmと50mmどちらが標準なのか』という記事を書いた際、『35mmは肉眼で見たままの視野に近いけれど、写真の主役を明確にするのが難しい。作品というより記念写真になってしまいがち。』と述べました。

万能な35mmかスタンダードな50mm。単焦点好きの私が1本だけ選ぶならどっち?

ただ、趣味として写真を撮っていると、ポジティブな意味で記念写真が撮りたいも多くあります。旅行とか、何気ない日常の一コマとか。

肉眼よりも広いダイナミックな世界から見たままの風景まで、あらゆる場面に対応できる万能さがこのレンズの1番の魅力だと思います。

2020年10月現在、SONY Eマウントの超広角ズームで出目金でないものは、

  • SONY SEL1635GM FE 16-35mm F2.8 GM
  • SONY SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
  • TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD Model A046

の3つ。うち1番目はG masterレンズなので、ちょっと現実的な選択肢からは外れます。

F2.8という明るさのメリットは言うまでもないので、お値段も踏まえると『17-28mmより16-35mmが良い』とは言えません。

ただ、35mm終わりの安心感や万能さってやっぱり大きいと肌で感じたので、初めての広角レンズデビューには自信を持って勧められる1本です。 

α7Ⅲ以降にすれば解決するのだけど…

【画像引用元】α7 III 主な仕様 | デジタル一眼カメラα(アルファ)

ここまで『α7Ⅱの気になった点』として挙げた操作性と高感度耐性、実はα7Ⅲにすれば解決しそうでして。

既に手元に16-35mm F4もあることですし、α7Ⅱを売却してα7Ⅲもしくはそれ以降のモデルに乗り換えるというのも勿論考えました。

実機を触ると、ボタンの押し心地やダイヤル周りもアップデートされていて。こういった細かな違いが、使い勝手の大きな向上に繋がるのは重々承知しています。

【画像引用元】α7 III 特長 : 研ぎ澄まされた描写性能 – ソニーストア

また、α7Ⅱとα7Ⅲの大きな違いのひとつがセンサーの仕様

α7Ⅲは裏面照射型センサーを採用したことで、高感度耐性が大幅に向上しています。

画数の多い漢字が並んでいると脳が受け付けなくなるタイプの私は、カメラの光を感じ取る部分の配置を変えてみたら、光がいっぱい入ってくるようになって暗くても撮りやすくなったお!みたいなイメージで理解しています。

比較しているサイトたくさんあるのですが、どの作例を見ても違いがハッキリ分かるくらいで。

イマドキのカメラってもう技術がカンストしているというか、新型が出てもあまり大幅な違いが感じられないことも少なくないのですが、α7Ⅱとα7Ⅲはそうではなさそう。

調べれば調べるほどメリットは大きそうだったのですが、でもやっぱり私の結論は『α7Ⅱと16-35 F4の両方を手放す』でした。その理由は3つあります。

①24-70mm F4がビビッとこない

今回の機材軽量化計画では、ボディ・レンズの重さだけでなく、標準ズームレンズの性能で選ぼうと思っていて。

これまでを振り返ってみて、D750で長く写真が楽しめたのは、24-70mm F2.8が私にとって最適な標準ズームだったからだと思っていて。重くて大きく、でも求めている画が1本で完結する本当に”理想”でした。

レンズが増えてしまうとせっかくボディやレンズを軽量化しても意味がなくなるという意味でも、標準ズームでできる限り思い通りの写真が撮れることが、私のカメラライフにとってかなり重要なんですね。

【画像引用元】SEL2470Z | デジタル一眼カメラα(アルファ)

軽さと描写力の両立と、まず候補に上がるのはF4通しのいわゆる小三元なのですが、SONY純正の24-70mm F4があまりビビッとこなくて

ネガティブなことを言及するのは、実際に買って使ってからにすべきですが、『解像感がない』というレビューが並んでいるのを見るとちょっと…となってしまうのが正直なところで。作例を見ると、皆さんが言わんとしていることも分かります。

私がフルサイズを使う理由のひとつが『より精細な1枚が撮りたいから』であることを踏まえると、これはかなりネックになってきます。

②劇的には軽くならない

α7Ⅲは650g・16-35mm F4は518gなので、合計1168g

今のD750+24-70 F2.8の1740gと比べたら、ペットボトル1本分くらい軽いのですが、現在私が軽量化候補として考えている機材の重さをまとめた表を踏まえると、私が『軽量化にならない』と見出しをつけた意味が伝わるかなと思います。

D750からの軽量化というと順当に考えればNikon Zなのですが、それですら重さを理由に躊躇しているくらいですしね。

また先程、『SONY純正の2470F4がちょっと…』と述べましたが、24-105 F4は私としては結構好印象です。しかし、レンズ単体663g・合計1313gとかなり重くなるため、やはり軽量化として選ぶのは無理を感じます。

③お値段

色々御託を並べてきましたが、まあ一番はお財布事情です。とほほ。

ボディだけなのですが、この記事を書いている約2ヶ月前に発売されたばかりのフルサイズミラーレス・Nikon Z5のレンズキットより高いんです。

とはいえ、『Zにするなら24-70mm F4』と決めているので、そうなると総額α7Ⅲの方が安い(※約28万円)ということになるのですが、でもまあボディだけのお値段と考えると高いなと感じます。

おわり

比較的古い型とはいえ、ご愛用されている方も多い一台なので書くかどうか悩んでいたのですが、こんな感じの流れで機材整理を行うことになりました。

今回は『Nikon D750からの軽量化』という軸で考えていたため、ネガティヴな内容にはなってしまったのですが、『これからフルサイズ』という方にとっては、SONYすっごくいい選択肢だと思います。

少し寂しさはありますが、これを踏まえて今の私にぴったり合う1台を引き続き探していこうと思います(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
ついにZ?D750から機材を軽量化したいので構成考えてみる!ノイズを気にせず綺麗に撮りたい!適切なISO感度ってどれくらい?万能な35mmかスタンダードな50mm。単焦点好きの私が1本だけ選ぶならどっち?