よくある質問

『スマホがあれば一眼はいらないのか問題』について真剣に考えてみた

スマホカメラの進化がめまぐるしい今日この頃。

新しい機種が発表されるたびに『もうこれ一眼いらないな』という声をあちらこちらで耳にします。

かくいう私も以前iPhone XSが発売された直後に

なんて言ってた人です。

『カメラを買うか迷っている』という人の中には『スマホで十分かも…』と悩んでいる方も少なくないはず。

というわけで!今回は普段一眼であれこれ撮り歩いているカメラ女子(仮)の私の目線で『スマホカメラがあれば一眼いらない説』について考えをまとめてみたいと思います(*’▽’)

『スマホがあれば一眼はいらないのか問題』について真剣に考えてみた

いきなり結論になるんですが、スマホの弱点が気になる人にとっては一眼は必要というのが私の答えです。

スマホカメラに弱点があって、一眼がその弱点をものともしない場合『一眼は必要ない』とは言えなくなりますからね。

というわけで、まずはスマホカメラの強みと弱みについて整理していきたいと思います(*’▽’)

スマホカメラの強みと弱み

表にまとめるとこんな感じ。

『設定が勝手に最適なものになる』『見たままの明るさ・色味で撮れる』の2点に関しては、以前iPhone XSのカメラのすごさを語った記事で詳しく述べてます。

一眼で写真を楽しむ私がiPhoneXSのカメラの凄さを語ってみる@TDR

読んでいない方のために簡単にまとめると、スマホは設定を考えなくても綺麗に撮れる・一眼は設定を考える必要があるからスマホカメラすごいという話です。

あと、ほんの少し前まで『スマホは背景がボケない・一眼はボケる』と言われていましたが、もうこれは最近弱みではなくなったと言っていいように思います。

ちなみに上の写真はiPhone XSで撮ったものですが、自然に綺麗にボケていますし、今後このポイントはさらに進化していくと思ってます(*’▽’)

『スマホの弱み』を一眼でカバーすると写真はどう変わる?

ここまでスマホカメラの強みについて触れてきましたが、ここからはスマホカメラの弱みを掘り下げていきます。

もう一度整理すると、スマホカメラには

  • ノイズ耐性に欠ける
  • レタッチ耐性に欠ける
  • レンズ交換ができない

という3つの弱みがあります。

これらの弱点は一眼で全て克服することができるんですが、ここで気になるのがこれらの弱点を一眼でカバーすることで、写真のクオリティはどれくらい変わるのかということ。

もし写真のクオリティが見違えるくらい変わるなら『スマホカメラが進化してもやっぱり一眼は必要』と言えますし、逆にあまり変化がないなら『一眼はいらない』と言えます。

というわけで、ここからは3つそれぞれの弱点と一眼との違いをひとつずつじっくり比べていきたいと思います(*’▽’)

スマホカメラの弱点①ノイズ耐性に欠ける

画質劣化の大きな原因のひとつであるノイズ。

ノイズがどれくらい発生するかは一眼の機種によって結構大きな差があるんですが、スマホカメラより一眼の方がノイズをコントロールしやすいんです。

というのも、どの程度ノイズが発生するかはISO感度という設定項目によって決まるんですが、一眼なら設定の工夫次第で極力ノイズが出ないようこのISO感度を低く設定することが可能なんです。

スマホにも設定をコントロールできるアプリがあるにはあるんですが、同じ設定でもスマホよりも大きなセンサーを搭載できる一眼の方がノイズは発生しにくいです。

また、このすぐ後に述べるんですが、一眼では撮影後に画像処理がしやすいフォーマットで記録することができ、それを活用することで撮影後にノイズを綺麗に除去することも可能。

上の写真は左がノイズ除去前・右がノイズ除去後の写真を拡大したものです。真ん中の白いバーを左右に動かして見比べてみてください。(※スマホの小さい画面だと違いがわかりにくいかもしれません)

ノイズは画質にダイレクトに影響を与えるので、それを考えるとノイズ耐性が強い一眼のメリットはしっかり感じられるように思います。

スマホカメラの弱点②レタッチ耐性に欠ける

アプリなどで写真の加工を楽しまれている方も多いはず。

思っていたよりも暗く写ってしまった写真を明るくしたり、色味を変更したりする中で、画質の劣化や色味の変化を経験された方もいらっしゃると思います。

スマホカメラで撮れる写真のフォーマットはJPEG・PNG・HEICあたりがメジャーなんですが、これらの画像形式は撮影後の加工・レタッチにあまり強くないんです。 

この点において、一眼は撮影後に写真の明るさや色味の調整がしやすいRAWというフォーマットで撮影が可能。このフォーマットの写真を専用ソフトで編集することをRAW現像と言います。

上の写真は、思っていたよりもかなり暗く・また見たままとは異なる色味で写ってしまった夜景写真をRAW現像したもの。左がビフォー・右がアフターです。

あたかもそのときその場で適切な設定で撮影したかのように綺麗に編集できていますよね(*’▽’)

ちなみに、上の例はスマホカメラと同様のJPEGで保存したものを同じように編集したもの。

ブログ用に画像圧縮していることもあって分かりにくいかもなんですが、編集後の写真(右)の左上が編集に耐えきれず画像が乱れてしまっています。

実はスマホでもLightroomというアプリを使えばRAWで撮影・編集できるんですが、スマホカメラと一眼では搭載しているセンサーが異なるため、一眼で撮影したRAWデータの方がより柔軟な編集が可能

写真を細かく編集し、より思い通りの1枚をゲットするのはスマホカメラよりも一眼が有利と言えます(*’▽’)

【夜景編】RAW現像って何ができるの?実例で解説してみる!【Lightroom】

スマホカメラの弱点③レンズ交換ができない

スマホカメラのレンズそのものを交換することはできませんが、その上からクリップレンズを挟むことで、超広角・望遠・魚眼などにカスタマイズできるアイテムが数多く発売されています。

以前気になってスマホ用広角レンズを試してみたことがあるんですが、確かにいつもより広い範囲が写るようにはなったものの、綺麗な写真を撮るのに使えるかと聞かれると正直かなり微妙だったんです。

上の写真がまさにその作例なのですが、写真の四隅の画質が劣化しているのがお判りいただけるかと思います。

なぜこういったことが起こってしまうかというと、スマホ用のレンズは既にスマホカメラに搭載されているレンズを無理やり写る範囲を変えようとするからなんです。

この点において、一眼はレンズそのものを交換できる。よって、画質劣化を気にせず写る範囲を変えることが可能です。

スマホで撮れる写真の幅を広げたくてスマホ用広角レンズを試してみた話

スマホカメラがあってもこういう人には一眼が必要

さてさて、あれこれ述べてきましたがいかかでしょうか?感じ方は人それぞれだと思うのですが、私としては結構大きな違いがあるように感じます。

皆さんご存知のように、最近のスマホカメラは優秀。スマホカメラには一眼にはない強みがいくつもあります。

だからこそ『一眼買うか迷ってるけどスマホで良い気がする』という悩んでいる方が多いわけですし、実際私自身今まで何度もそういったご相談を受けてきました。

でも、ここまで見てきたようにスマホカメラにも弱点はありますし、一眼にも一眼ならではの強みがある。

それらを踏まえて、私が考えるスマホカメラがあっても一眼が必要なタイプはこんな感じです。どん!

  • レタッチがしたい
  • レンズ交換がしたい

ここまで整理してきたように、『スマホでできなくて一眼でできる』という意味での一眼の強みは主に上の2点だと感じていて。

なので私としては、レタッチやレンズ交換の必要性がない場合は、無理してまで一眼を買う必要はないと考えています。

スマホカメラってすごいなと思いながらも私が一眼を使い続けているのは、レンズ交換とレタッチが好きだからなんですね(*’▽’)

ここで誤解してほしくないのが、レタッチやレンズ交換に興味がないなら一眼は必要ない・買わない方が良いという意味では断じてないこと。

最後にまとめると、私がこの記事で伝えたかったことは2つあります。もうちょっとだけお付き合いくださいね(*’▽’)

『スマホより一眼の方が良い写真が撮れるはず』はちょっと待った!

過去記事でも何度かお話ししていますが、ただ撮るだけならスマホも一眼も写真のクオリティにおいてそこまで差はありません。むしろ、最新機種だと下手したらスマホの方が見たまま撮れるケースもあります。

そんなすごいスマホカメラを一眼が超えるカギとなるのが、先ほど述べたレタッチとレンズ交換

これらを活用することで初めて『スマホでは撮れない写真』を一眼で撮れるようになると言って良いと思っています。

以前比較した記事にも述べたように、一眼写真とスマホ写真ってスマホで見る分には画質の違いってほとんど感じられません

それに、印象的な良い写真を撮るためには『撮る機材が一眼かスマホか』という違いって実は関係なかったりします。ほんとに。

一眼で写真を楽しむ私がスマホで綺麗に撮る方法本気出して考えてみた

なので『一眼の方が良い写真が撮れますよね?』という問いには、間違いなく『No!』と答えますし、『良い写真が撮りたいから一眼』と考えで買ってしまうと、期待はずれで『別に一眼いらなかったな…』となりかねないように思います。実際私の周りにも数人います。

『カメラへの憧れ』があるなら一眼は必要

もしかしたらここまで読んで『レンズ交換とかレタッチとかするか分からない一眼買うのやめとこう…』と思われた方もいらっしゃるかもしれないんですが、私はそれ以上に大事なことがあると思っていて。それが『カメラへの憧れ』です。

『レタッチとレンズ交換がしたい人には一眼が必要・そうでないなら無理に買わなくて良いと思う』なんてドヤ顔で言っておきながら非常にアレなんですが、私自身カメラを買った当初は、レタッチやRAW現像という単語を耳にしたことすらありませんでした。

現実的に、一眼を買う前の人が『こういうレンズ構成にしたい』とか『こういうレタッチを極めたい!』という考えが出来上がってることの方が稀だと思います。

実際私も最初『オリンパスのミラーレスを首から提げれば私も宮崎あおいになれるかもしれない』という考えで一眼を買った人。なれませんでしたが。

先に述べたように、『一眼の方がスマホよりも綺麗な写真が撮れる』という時代は終わりましたし、一眼が万人にとって必要かと言われたらそうではありません。

でも、一眼でしか撮れない写真がある。一眼だけでしか味わえない写真撮影の楽しさがある。

実際スマホではなく『カメラを構える・シャッターを押す』という違いだけで世界の見え方や感じ方がガラッと変わるんです。経験者は語る。

あれこれ述べてきましたが、『カメラへの憧れ』があるなら、あなたには間違いなく一眼は必要だと思います(*’▽’)

おわりに

『一眼を買うか迷っているんですが、スマホカメラで十分な気もして…』といったお悩みを今まで何度か受けてきて、他にも同じお悩みを抱えている方がいらっしゃるように思ったので、考えを記事にまとめてみました。

もしこの記事を読んでみて『一眼買おう!』と思われた方がいらっしゃったら、カメラ選びや写真の撮り方についての記事もあれこれ書いているので、また遊びに来ていただけると幸いです(*’▽’)まってまーす!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
スマホと一眼ってどれくらい違う?私なりの視点で考えてみた! 一眼で写真を楽しむ私がスマホで綺麗に撮る方法本気出して考えてみた スマホで撮れる写真の幅を広げたくてスマホ用広角レンズを試してみた話 勘違いしてない?一眼レフとミラーレスにまつわる5つの誤解 『カメラを買おうか迷っている』という人に現役カメラ女子の私が伝えたいこと