スマホと一眼ってどれくらい違う?私なりの視点で考えてみた!


SNSに写真を載せるようになって、もっと写真にこだわってみたい!と思うようになり、ミラーレス一眼や一眼レフが気になり始めたという人も少なくないはず。

でもそこで気になるのが、実際のところスマホで撮る写真と一眼で撮る写真ってどれくらい違うのかということ。

というわけで!今回はミラーレスや一眼レフで写真を楽しんできた私なりの視点で、スマホと一眼の違いを考えてみたいと思います(*’▽’)

スマホの写真と一眼の写真ってどれくらい違う?

この記事で使うスマホとカメラ
今回はiPhone7Nikon D5500という一眼レフを使って比べてみます。この記事でいう『一眼』とは、私が今まで使ってきた一眼レフやミラーレス一眼などのレンズ交換式カメラのことを指します。

なお、ほとんどの写真を手持ちで撮影しているのと、iPhoneとD5500では写真の縦横比が異なることなどから、どう頑張っても構図や角度などのズレや、明るさ・ホワイトバランスの違いが生じます。

あくまで私の目線でゆるーく比べる記事なので、そのあたりは大目に見てゆるーく読んでいただけると嬉しいです(*’▽’)
画質
一眼はスマホより画質が良いというイメージを持っている方は多いと思います。私もそうでした(*’▽’)

画質は画素数やセンサーサイズ、さらにはレンズの性能などなど、色んな要素によって決まるんですが、その辺の難しい話は今回は置いといて、とりあえず写真を見比べてみることにします。
左がiPhone7で、右が一眼レフ・D5500で撮影したもの。真ん中のバーが動かせるので左右にスライドして見比べてみてください(*’▽’)

色味や明るさ、構図の違いはほんと雑ですみませんって感じなんですが、ブログの都合上画像が圧縮されていることもあって、画質という点においては正直あんまり違いが無いように感じられる気がするんですが、どうでしょうか?

ただ、SNSに投稿する写真も圧縮されることがほとんどですし、メモリの圧迫を防ぐために端末に保存する時も縮小したものを扱うことの方が多いので、スマホなどの小さい画面で見る分にはスマホの写真も一眼の写真もぱっと見は違いが分からないように思います。
さっきの写真を拡大してみるとこんな感じ。同じく左がiPhone、右がD5500です。

明るさがちょっと違ってしまっているので分かりにくいんですが、iPhoneで撮ったものはガビガビ感・ノイズ感があるのに対し、D5500で撮ったものではそんなに感じられないように思います。
望遠・ズーム性能

次はズームしたときの画質について比べてみます。

実はズームにはデジタルズーム光学ズームという2つの種類があります。

デジタルズームとは、レンズ自体を動かさず写真の一部を切り取る形で被写体を拡大するズームの方式のこと。それに対して光学ズームは、レンズを動かして焦点距離を変えることで被写体を拡大して写すんですね。

私が使っているiPhone7デジタルズームD5500光学ズームです。なお、iPhone7plusなど一部最新機種ではスマホでも光学ズームを採用しているものもあるようです。

画像を拡大するとどうしても画質は落ちてしまいますよね。つまり、デジタルズームだとズームして撮ると画質が悪くなってしまうことになります。ちょっと実際に見比べてみましょう。
左がiPhone、右がD5500です。

私自身この記事のために撮り比べるまで『ズームはさすがに一眼の圧勝だろうな』と思っていたんですが、めっちゃ優秀じゃないですかデジタルズーム
ただ、ズームで撮った写真をさらに拡大してみると、一眼の光学ズームで撮った方が綺麗かなと思います。画素数とかがやっぱり違いますしね。

また、一眼の場合は望遠レンズに付け替えることで、スマホよりもさらに遠くのものを、画質の劣化なく大きく写すことができるので、この点は一眼の方が有利と言えそうです(*’▽’)
背景ボケ
一眼っぽい写真』と聞いてこれを連想する方も多いのではないでしょうか。この部分も撮り比べてみます。

上の写真ではダンボーにピントを合わせて、後ろの写真立てをボカしてみました。左がiPhone7、右側がNikon D5500にキットレンズ(18-55mm f/3.5-5.6)で撮ったものです。私としては結構差が出ているように感じるんですが、いかがでしょうか?

背景がどのくらいボケるかということも色んな要素によって決まるんですが、レンズもそのひとつで、ボケやすいレンズがあるんです。というわけで、さっきのダンボーをAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDというボケやすいレンズで撮ってみると…


ああ、なんか一眼っぽい!(語彙力)顔にピントを合わせたら身体がボケてしまうほどボケボケです。

背景ボケにおいては、キットレンズとは別の交換レンズを使うと、スマホと一眼にかなり違いを感じられるように思います(*’▽’)
夜景
夜景を綺麗に撮りたくて良いカメラが欲しくなったという方も多いはず。早速比べていきましょう。

左がiPhone7で、右がD5500で手持ちで撮影したものです。

夜景を手ブレなくかつ明るく写すためにはカメラの設定が大切な要素。一部の機種やアプリを使うと、スマホでも設定の変更ができるんですが、よりカスタマイズ性が高いのは一眼のように思います。

また、カメラの高感度性能はカメラが搭載するセンサーによって大きく左右されるんですが、これも大きな一眼の方がより有利です。


ちなみにD5500で三脚を使って撮影するとこんな感じ。こうやって撮るとスマホよりも綺麗だなと多くの人が感じると思います(*’▽’)
写真のカスタマイズ性

写真を撮ったら加工・編集しているという方もかなり多いはず。シャッターを押すだけで撮れる写真のクオリティだけでなく、撮った後のカスタマイズ性も重要なポイントだと思います。

スマホでの写真加工ツールといえばやっぱりアプリ

簡単に写真の色味や雰囲気を変えることができるフィルター加工アプリから、以前このブログで紹介したSnapseedのような、項目をかなり細かく変更することができるものなど、本当に多くのアプリがリリースされています。


一方、一眼で撮った写真のカスタマイズは、まず一眼で撮った写真を内蔵Wi-Fiでスマホに転送し、上に述べたようなスマホアプリで加工・編集するという方法、そしてRAW現像という2つの方法があります。

カメラはレンズを通ってきた光を収集して、情報として処理して写真として仕上げてくれてるんですが、RAW現像という工程では、光を収集した段階のデータ・カメラの処理によって『写真』になる一歩手前のデータを扱うことができ、より柔軟かつ手の込んだ画像編集が可能になるんです。

今のスマホにはこの光の情報=RAWで撮ることができる機種もあるんですが、このデータの扱いやすさもまたカメラの搭載するセンサー諸々によって変わってくるので、一眼の方がカスタマイズの幅が広いといって良いでしょう(*’▽’)
撮れる写真のバリエーション

スマホと一眼の最大の違いはレンズ交換ができるかできないか

一眼用のレンズには、先ほど紹介した背景のボケやすい単焦点レンズや、超広角・魚眼・望遠・マクロレンズなど本当にいろんな種類があり、レンズを変えることで撮れる写真はガラッと変わります。

一方、スマホカメラにおいても、アタッチメントレンズや加工アプリなどを使うことで、撮れるバリエーションを増やすことが可能。ただ、レンズを変えることでしか撮れない写真もありますし、このあたりは一眼の方が有利かなと思います(*’▽’)

私が今まで写真を趣味にして感じてきたスマホと一眼の違い


さてさて、ここまで読んでみて、スマホのカメラもすごいけどやっぱり一眼って全然違うと感じた方もいらっしゃれば、案外違いって無いもんだなと感じた方もいるはず。私は実は後者だったりします。

今回私がこの記事を書こうと思ったのは、私の写真を見た友人から『やっぱスマホと全然違うもんなの?』と聞かれた時に、即座に『全然違うよ!』と言えない自分がいることに気が付いたことがきっかけでした。

というわけで、ここからは私が写真を趣味にし続ける中で、私が感じたスマホと一眼の違いをどのように感じてきたかを書いてみたいと思います(*’▽’)
最初は画質に感動した

私が初めて手にしたカメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL6というミラーレス一眼でした。

手にした当初は設定とかも全くわかりませんし、ただオートで撮っていただけだったんですが、カメラ内蔵Wi-Fiでスマホに写真を転送したとき、画質の綺麗さに感動したのを今でもハッキリ覚えています。

当時の私はiPhone5Sを使っていたんですが、スマホで撮るよりも隅々までパキッと写っているような感じがするし、拡大したりロック画面に設定したりしてもすっごく画質が良い。

それ以来カメラじゃないと写真を撮る気にならない時期が続きました。
カメラだからすごい写真が撮れるわけではないと気付く

でもこういう感動って、すぐに慣れて薄れてしまうもので。しばらくすると、なんだかカメラとスマホの違いって画質以外にないように感じ始めました。

この頃はカメラで撮ればスマホで撮るよりもずっと綺麗ですごい写真が撮れるんだと思ってたんですが、なんかスマホで撮る写真とあんまり違いがない。今考えたら当たり前のことなんですが、でもパンフレットとかにはすごい写真がいっぱい載ってるのでそう思っていたんですよね。

段々正直カメラって大したことないのかもなんて思えてきたりもして、カメラを使って撮る頻度も減った記憶があります。
単焦点レンズ・三脚などの『+α』との出会い

そもそも私がカメラを買った理由は、旅行に持って行きたかったのと、写真を趣味にしたかったから

なかなか思うような写真が撮れないけど、せっかく高いカメラを買ったんだからもっと活用したいと思い、レンズのことや知識などをあれこれネットで調べ始め、目に留まったのが単焦点レンズの存在。

どうやら背景をボカすのに適しているらしく、標準ズームではスマホとそこまで背景ボケが変わらないことにがっかりしていた私は購入を決めることに。使ってみると…めっちゃボケる!

このときハッキリと一眼とスマホの違いをはっきり感じたのを覚えています。これ以来ずっとなんでもかんでも単焦点でボカしまくってましたからね(*’▽’)


単焦点のおかげでカメラで撮ることが楽しくなった私が次にチャレンジしたのが、三脚を使っての夜景撮影。

この頃は設定とかあまりよく分かっていなかったんですが、三脚にカメラを固定して放置するだけでスマホでは撮れないような綺麗な夜景が撮れて、これまた『一眼ってやっぱりすごい』と感じるきっかけでした。

その後、RAW現像にもチャレンジし始め、自分の見たまま感じたままの一枚や、イメージ通りの写真に仕上げられるようになったことで、スマホとは全く違う一眼で撮る写真にのめり込んでいきました。
スマホと一眼ってどれくらい違う?

ここでこの記事のタイトルに戻るわけですが、カメラに付属しているレンズでただ撮っただけの写真とスマホで撮った写真では、特に昼なんかだと本当に違いは微々たるものだと思います。

でも、単焦点レンズをはじめとする交換レンズ三脚RAW現像などの『+α』が加わると、スマホと一眼の差は大きく現れる。やっぱり一眼ってすごい!と感じられるように思います。私が実際そうでしたからね(*’▽’)

なので、もしこの記事を読んでくださっている方の中に、かつての私みたいに『カメラを買ったけれどイマイチピンとくる写真が撮れない・スマホとあまり違いが感じられない』と悩んでいる方もいらっしゃったら、是非これらの『+α』を取り入れてみて欲しいなと思っていたりします。
一眼を手にして知る『スマホカメラのすごさ』

カメラを手にしてから『一眼ってやっぱすげー!』と思うことも勿論たくさんありましたが、正直『スマホのカメラってすげー!』と思うことの方がむしろ多いように感じます。

ちょっと設定とか撮り方が分かってきた今だからこそ、携帯電話に付いている一機能にもかかわらず、こんなに綺麗な画質で、誰が撮っても綺麗に写せることのすごさを感じるのだと思います。


また、私ははじめ『良いカメラだから良い写真が撮れる』と思っていたんですが、どれだけ良いカメラがあっても、シャッターチャンスの場面にカメラがなければ意味がない。でも一眼やミラーレスを肌身離さず持ち歩くのって、いくら小型軽量のものでも難しいように思います。

でも、スマホなら必ずと言っていいほどいつでも持っているし、もちろんバッチリ綺麗に写せる。シャッターチャンスを逃すことが少ないスマホだからこそ撮れる写真もある。これがスマホカメラが一眼に勝る最大のポイントだと思います。
でも『カメラならではの良さ』がある

スマホのカメラはすごい。新機種が出るたびに一眼との違いはどんどん小さくなっていってるように感じます。

でも、私はやっぱり一眼で撮るのが好きで、カメラっていいよ!と言いたいんです。だからこのブログをコツコツ書き進めているわけです。

その理由のひとつは、一眼でしか撮れない写真があるから。背景を思いっきりぼかしたり、超広角や魚眼を使って普段の視野とは全く別の世界を楽しんだりするのは本当に楽しいですしね(*’▽’)

でも私が写真を趣味にしている中で、撮れる写真のクオリティ以外にもうひとつスマホと一眼の違いを感じるポイントがあるんです。
カメラならではのワクワク感

スマホだと、カバンやポケットなど身近な場所からスマホを取り出して、気軽にパシャっと撮れる。それでいて画質は十分すぎるほど綺麗だし、ズームしたり明るさやピントの位置を調節するのも直感的にできる。

それに対して、一眼の場合は、カメラを構えてファインダーを覗いて、撮影モードや設定を確認して、ズームしたり、時にレンズを変えたりしてシャッターを切る。

こう書くと一眼の方がちょっとめんどくさそうに見えると思うんですが、一眼で撮っている時はスマホで撮っている時とは違ったワクワク感みたいなものがあって、これがスマホと一眼の一番の違いだと思うんです。


スマホで撮るとワクワクしないという意味では断じてないんですが、ファインダー越しに景色や被写体を見る感覚とか、スマホでも十分綺麗に撮れるけどカメラで撮るというちょっとした特別感みたいなものは、一眼ならではだと思います。

そしてこの『一眼ならでは』があることで、思い出が色濃く記憶に残ったり、なんてことない毎日が少し新鮮に感じられたりする。

スマホのカメラがどんどん発展していても、私が『やっぱり一眼っていいな』と思う理由はここにあったりします。


旅と写真は最高のカップル。旅行をきっかけにカメラの購入を検討される方も多いですし、このブログでも何度か取り上げています。

私自身カメラを手にしてから、旅行が前よりも本当に楽しくなって。旅先で、知らない場所でカメラを構えた時ってすごくワクワクするんですね。

今までは旅先をただなんとなく歩くことが多かった私ですが、カメラを構えていると今までなら目を向けなかったようなところにカメラを向けている自分がいたりしますし、ファインダー越しだからこそ気付けたその場所の魅力も今までたくさんありました。

訪れた場所、見たもの食べたものなどなど、旅のひとつひとつの記憶が、写真とカメラを通じてより色濃く残るようになったのをハッキリ感じます。


また、カメラがあると、食べたものをちょっとこだわって撮ってみたり、今までなら気付かなかったような四季の移り変わりに気付いたり、日常が少し新鮮に感じられるようにも感じます。

私自身、季節の変化に鈍感で、桜と紅葉はギリギリ意識するようなタイプでしたが、写真を始めてからひまわりやススキなどなどいろんな日本の四季に感動できるようになりましたしね(*’▽’)

カメラがなくてもスマホで誰でも綺麗な写真が撮れる時代だからこそ、カメラは非日常な存在として、私たちの生活をより楽しくしてくれるアイテムなんじゃないかなと思います。


今は『一眼でしか撮れない写真』も、近い将来スマホで撮れるようになっているかもしれませんし、ますますスマホと一眼の違いが小さくなるかもしれません。

でも、スマホで撮る感覚と一眼で撮る感覚の違いはずっとこのままでしょうし、だからこれからもきっと私は一眼が好きなんだろうななんて思ったりしてます(*’▽’)
おわりに
さてさて、色々書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

本当にスマホでビックリするほど綺麗に撮れるので、正直『もうこれ一眼いらなくね?』なんて思うことはしょっちゅうあります。でも一眼だからこそ撮れる写真もあるし、一眼ならではの撮る楽しさもある。

一眼とスマホどちらかの方が良い!優れてる!みたいなわけじゃなく、本当にどっちも良いと思います。こうやって比べるのは初めてだったので、私自身書いていて面白かったです。

この記事を通じて、スマホカメラの素晴らしさと一眼ならではの楽しさの両方が少しでも伝われば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!