【Pickup!】ゆるカメライフの殿堂入り記事7選

標準?望遠?高倍率?私が考える『キットレンズの選び方』

右も左も分からないはじめてのカメラ選び。メーカーやボディもたくさん選択肢があって迷われる方が多いと思うんですが、キットレンズも悩めるポイントだと思います。

というわけで!今回はキットレンズ選びについて私の考えをまとめてみたいと思います(*’▽’)

標準?望遠?高倍率?私が考える『キットレンズの選び方』

キットレンズは主にこの3種類!

メーカーやモデルによって多少異なるんですが、多くの場合

  • 標準レンズキット(標準ズームのみ)
  • ダブルズームキット(標準ズームと望遠レンズの2本セット)
  • 高倍率ズームキット(高倍率ズームレンズのみ)

という3つのうちのいずれか。

そして、今まで頂いた『キットレンズどれを選べばいいですか?』という質問の中で、よく耳にしたお悩みポイントは、

  • 標準ズームだけでズームが足りるのか十分なのか・高倍率を買った方がいいんじゃないか
  • 望遠レンズを買ったとしても使うのか
  • ダブルズームキットを買ったとしてレンズ交換は面倒にならないか

この3つでした。

そもそもカメラを使うことすら初めてなのに、自分がどれくらいズームして撮るかなんてわからないですし難しいですよね_(:3 」∠)_

私のオススメは標準レンズキットかダブルズームキット

早速このブログお得意の『いきなり結論』なんですが、私のおすすめは標準レンズキットもしくはダブルズームキット

まずは高倍率ズームキットを候補から外した2つの理由から説明していきたいと思います(*’▽’)

①私が考える高倍率ズームのデメリット

広角から望遠まで1本でカバーできてすごく便利な高倍率ズーム。

ただ、それだけのことをこなせるように作られている分、結構大きさと重さがあるのが難点なんです。

例えば、私が初めて買った一眼レフであるNikon D5500で考えると、標準ズームであるAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6の重さが190gなのに対し、キット高倍率レンズであるAF-S DX 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR490g

この300gの差をどう感じるかは人それぞれだと思うんですが、ボディが小さくて軽いのに、それと比べてレンズが大きくて重いという状態だと、首から提げたときにカメラおよびレンズが前のめりになるので、首への負担が実際の重さ以上にかかることがあるのがネックなんです。首(ネック)だけに。

個人的には、ボディとレンズの重さがほぼ同じくらいになると重さがアンバランスになりがちだと感じるので、目安や参考にしてもらえればと思います(*’▽’)

②小型軽量の標準ズームは絶対に持っておいて損がない

さっきの高倍率ズームのデメリットに関する話の続きになるんですが、高倍率ズームキットで一眼を買うと、どこに持っていくにしても高倍率ズームレンズを持っていくことになりますよね。

何当たり前のこと言ってんの?と思われるかもなんですが、さっきの話を思い出してみると、いつでもどこでも大きさと重さのある高倍率ズームを持っていくのって結構わずらわしいように思うんです。

一眼を買ったらいろんなところに持って行きたいと思っている人はきっと多いはず。

その場合、高倍率ズーム1本のみだと『カメラを持ち出すことの気軽さ』は失われてしまう可能性があるので、小さくて軽い標準ズームレンズは絶対に持っておいて損がないと思います。

こういった話をすると自然と生まれてくるのが、標準ズームレンズでズーム域が足りるのかという疑問

私は国内海外問わず旅行先でカメラ片手に風景や夜景を撮り歩くことが主なんですが、標準ズームで足りないと思ったことが今までほとんどないですし、『望遠持ってきておいたらよかった』と思ったことも無いに等しいです。意外とキットレンズの標準ズームって意外とズーム長いんですよね。

勿論人によって撮りたいものは異なりますし、標準だと足りないという方もいらっしゃるかもしれません。

とはいえ、18-55mmあれば大体のモノは撮れることは間違いないので、『ズームが足りなくなる』という心配はそこまで考えなくても問題ないというのが私の考えです。

標準キットにする?ダブルズームキットにする?

ここまで高倍率ズームキットを私のおすすめから外した理由を述べてきたんですが、ここからは『標準レンズキットかダブルズームキットのどちらを選ぶか』についてまとめていきましょう。むしろこっちが本題ですよね_(:3 」∠)_

これまた結論から先に入るんですが、望遠レンズで撮りたいものが既に明確な場合はダブルズームキットを、そうでない場合は標準キットを』というのが私のおすすめ。

もう少し詳しく書いていきますね(*’▽’)

望遠レンズで撮りたいものがあるなら迷わずダブルズームキット

OLYMPUS PEN Lite E-PL6から写真の世界に足を踏み入れ、その後Nikon D5500で一眼レフデビューを果たして無事写真の沼に浸かり、現在Nikon D750で沼に沈みそうになっているカメラ女子である私。

OLYMPUSのミラーレスとNikon D5500はどちらもダブルズームキットで購入しました。

その理由は、望遠レンズで撮りたいものが頭の中にあったからです。

というのも、私はディズニーが好きで年パス片手に通い詰める程なんですが、ショーパレードでキャラクターを綺麗にかっこよく撮りたいと思ったことが、一眼を買うことに決めた理由のひとつだったんです。

鑑賞エリアからステージやパレードルートまでは距離があるので、望遠レンズは必須アイテム。むしろダブルズームキットを選ばない理由がないって感じだったんですね。

実は望遠レンズは『遠くのものを写すだけのレンズ』ではない

『これといった望遠で撮りたいものがあるわけではないけれど、せっかく一眼を買うならダブルズームキット買っちゃおうかな、でも使うのか分からないし…』という方も少なくないはず。

でも実は望遠レンズって遠くのものを大きく写すためだけのものではなくて、他にもいろんな使いどころがあるんです。

例えば上の写真。画面下の菜の花ってすごく密度たっぷりに咲いているように見えますよね。

実際はこんなにぎっしり咲いていなくて、望遠レンズならではの圧縮効果を活かして黄色の絨毯のように写しています。

他にも、望遠レンズがあれば上のような大きな玉ボケを写すこともできたり。一眼らしい感じで良いですよね。

こんな感じで望遠レンズはいろんな使い方ができて、持っていると写真の世界がグッと広がるので、予算に余裕がある場合はダブルズームキットを選んでも良いかなと思います(*’▽’)

キットレンズ選びはそんなに悩まなくて良い!

特に望遠で撮りたいものはないし、予算に余裕があるというわけでもない場合は、無理してまでダブルズームキットを買う必要はないかなというのが私の考え。

もっと言えば、ここまで長々と書いてきてあれなんですが、キットレンズ選びってそんなに悩まなくていいよって言いたいんです。

今回私が一番伝えたかったことは実はこれだったりするので、最後に詳しく書いてこの記事を締めたいと思います(*’▽’)

キットレンズ以外のレンズにしか撮れない写真がある

私が『キットレンズ選びにそんなに悩まなくていい』と考える理由は、キットレンズ以外にもいろんなレンズがあって、それでしか撮れない写真があるから。

例えば、上の写真は単焦点レンズという背景がボカしやすいレンズで撮影したもの。詳しい説明は省略しますが、キットレンズはここまでボケないので、このレンズだからこそ撮れる写真なんです。

背景をボカした1枚が撮りたくて一眼を買うことに決めた方も少なくないはず。

その場合使うか分からない望遠レンズを先に買ってしまうよりも、まずは標準レンズで写真を始めてみてから、本当に撮りたい1枚が撮れるレンズを買い足す方が写真がもっと楽しくなりますし、無駄が無いように思います。

ちなみに『レンズを買い足すなんてそんな高い買い物これ以上無理…!』と思われた方もいらっしゃるかもなんですが、レンズは中古市場がボディに比べてかなり潤沢なので、そのあたりはそんなに心配しなくていいと思います(*’▽’)

サードパーティという選択肢

カメラを買う前『ニコンにはニコンのレンズしか着けられない』と思ってたんですが、実はシグマタムロンといったニコン以外のメーカーもまたニコン用のレンズを作っていて、その多くが純正よりもお値段がお安いんです。

これらをサードパーティレンズと呼ぶんですが、望遠レンズで撮りたいものがないのにダブルズームキットを買って結果望遠レンズを使わず仕舞いになるよりも、とりあえずは標準レンズだけ買って、望遠レンズが気になり始めたらサードパーティの望遠レンズを買い足す方がこれまた無駄がないと思うんです。

MEMO
サードパーティレンズはCanonNikonなどの一眼レフ用のものが主なので、既にミラーレス一眼に決めておられる方は次の見出しまでサラッと読み飛ばしてもらえればと思います。

例えば、上がNikonのエントリー一眼レフの純正キット望遠レンズ・下がシグマというメーカーが出している70-300mmのニコン用望遠レンズ。

もちろん性能等は純正とは異なる部分もあるんですが、『サードパーティだと安くで手に入る』の良い例だと思います(*’▽’)

他にも、キット高倍率レンズだと18-135mm18-140mmあたりが主流ですが、サードパーティで探せば18-270mmなんていうとんでもない高倍率のレンズもあったり。

これなら、高倍率の便利ズームとしてだけでなく望遠レンズとしても使えますし、高倍率キットにするか迷ってる方でも、とりあえず18-55mmを買った上で後からこういったレンズを買い足すのもかなりアリな選択なんですね。

本当にレンズキットで買う必要ってあるの?

ここまで読んで『それならレンズキットで買わなくてもいいんじゃない?』と思われた方もいらっしゃるかもしれませんし、たまに『キットレンズは買わない方がいい』という意見もちらほら見かけます。

ただ、私は初めてカメラを買うならキットレンズから選ぶ方が良いと考えています。

というのも、まだカメラを手にしたことがない段階で、世の中にある全てのレンズの中から最初の1本を選ぶのは現実的ではないのがひとつ。あとキットレンズってやっぱり使い勝手の良いレンズが選ばれているので、失敗しにくいのもひとつです。

繰り返しになりますが、私が伝えたいのはキットレンズにこだわりすぎる必要は全くないということ。

キットレンズはあくまで写真のスタートラインであって、キットレンズを選ぶことがゴールではありませんし、カメラを実際に使ってみてから気付くことってたくさんあります。

ここまで紹介してきたように、写りの面でもお値段の面でも、本当にいろんな種類のレンズがあるので、まず一番手の伸ばしやすいキットレンズを選んで、撮りながら本当に自分にあったレンズを選んでいくのが一番賢いアプローチだと思います(*’▽’)

おわりに

今まで受けた質問の中で一、二を争うくらいよく相談されるテーマだったので、今回記事にまとめてみました。

はじめてのレンズ選びはかなり迷うと思いますが、どれにしようかな~と迷ってる時間が案外一番楽しかったりするので、この記事が少しでも何かのヒントになれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
私がD5500のために買ったレンズと、気になっていたレンズを紹介してみる! D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる! 単焦点に望遠…レンズはどんな順番で揃えればいいのか考えてみた!