新コーナー『この写真どうやって撮ってるKnow?』はじめました!

私がD5500のために買ったレンズと、気になっていたレンズを紹介してみる!

『レンズが欲しい』が口癖の皆さん、どうもこんにちは。

はじめての一眼レフとしてNikon D5500を手にして、いろんなレンズで写真を楽しんできた私。でも最初はレンズ選びの右も左も分からず、すごく悩んだ記憶があります。

というわけで、私がD5500のために買ったレンズを紹介するとともに、今の私がもう一度レンズを選び直すならどれにするか考えてみたいと思います(*’▽’)

私がD5500のために買ったレンズを紹介してみる!

単焦点レンズ:AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ED

aDSC_2632

私が最初に買ったNikonの交換レンズ・AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

200gと非常にコンパクトですし、お値段も控えめなのではじめての交換レンズとして手が出しやすい1本です。

単焦点レンズとは、ものすごくざっくりと説明するとズームが出来ないレンズのこと。その代わり、ズームレンズでは難しい小さなF値を実現できたり、より高い描写力が楽しめるんです。

カメラを買って最初に学んだ設定の知識は『F値を小さくすると背景がボケる』だという人も多いと思うんですが、ズームレンズよりF値が小さくできるということは、つまり背景がすっごくボケるんです。

DSC_0080

背景がボケただけで写真が上手くなったように感じられますし、写真を撮るのが楽しくなる。単焦点レンズは一眼レフの醍醐味が詰まった1本といえます。

D5500に装着すると35mm換算で焦点距離52.5mmになるこのレンズ。焦点距離と長いとよりボケやすくなるんですが、長すぎると今度は使い勝手が難しくなりがち。

換算52.5mmは人が何かを見つめている時の視野と大体同じなので初心者でも扱いやすいのも嬉しいポイントです(*’▽’)

強いてこのレンズの難点を言うなら、『見つめている』視野なので、人によっては少し狭いと感じるかもしれないこと。私自身も結構狭いと感じることが多かったです。

でも写真は取捨選択が大事とも言いますし、少し狭いくらいの方が余計なものが写り込みませんし、何を撮りたかったのか誰が見てもわかる印象的な1枚になる。ニコンの単焦点として最も有名なのも納得の1本です(*’▽’)

超広角:TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiⅡ

DSC_2635

続く2本目は、人の視野よりも広い範囲を写すことができる超広角レンズ

いくつかあるAPS-C用超広角レンズの中で私が選んだのは、お値段が手頃だったTAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 Dillでした。

重さ406gのちょっと大きめサイズで、軽いD5500に装着すると少しレンズに重心が持ってかれる感じもありましたが、すぐ慣れました(*’▽’)

自分の視野よりもはるかに広く写るのが新鮮で、このレンズを手にしてからファインダーを覗くことが一気に楽しくなって。写真の幅だけでなく自分の視野まで広がったような感覚で、レンズを変えることの楽しさを教えてくれました。

ちなみに、純正の10-24mmは約9万円でなかなか簡単に手が出せないお値段なんですが、このTAMRON 10-24mmは3万円でなんと純正の半額以下なので『はじめての超広角』として魅力的すぎる1本だと思います(*’▽’)

単焦点:AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

さっきの35mm F1.8の紹介で『換算52.5mmは私には結構狭く感じられた』と述べました。

単焦点で撮るのにすっかりハマってしまった私は、もう少し広い範囲が写せる単焦点を探し始め、手にしたのがAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDでした。

このレンズをD5500に着けると換算30mmになるんですが、これくらいの画角は人がぼーっとしているときに見えている範囲とほぼ同じくらい。私の希望にピッタリ合った1本だったんです(*’▽’)

これまで紹介してきた2本のレンズとこのレンズが異なるポイントが、20mm F1.8はフルサイズ対応レンズであるということ。

このレンズの購入を検討し始めた頃、『いつかはフルサイズを使ってみたい』という考えがなんとなくですが頭の中にあったので、フルサイズに移行した後も使うことができるレンズで考えていました。

ちょっとお値段は高かったんですが、私がレンズを変えると写真が変わるということに気付いたきっかけでもあるこのレンズ。

APS-C用レンズはフルサイズ以降に伴い、中古に売りに出したり知人に譲ったりしたんですが、このレンズはフルサイズ移行後の今も20mm超広角単焦点として大活躍してくれています(*’▽’)

私が気になっているAPS-C機専用レンズ

さて、ここまで3本のレンズを紹介してきましたが、この他にもD5500で使えるレンズはたくさんあります。

私は今D750というフルサイズ機をメインに使っているんですが、もし私が今もD5500で撮り続けていた気になっていた・買うか迷っていたであろうレンズをいくつかピックアップしてみたいと思います(*’▽’)

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用 APS-C専用 203559

 

私がD5500のために購入したTAMRONの超広角レンズよりも2mm広いシグマの超広角ズームレンズ

『たかが2mm』と思うかもしれませんが、広角の世界の1mmの違いは本当に大きいですし、私が使っていたレンズとはまた違う1枚が撮れると思います。

私が使っていたTAMRONとこのSIGMAの超広角レンズには

  • 重さ(SIGMA:670g TAMRON:370g)
  • 値段(SIGMA:52000円 TAMRON:35200円)
  • フィルターが着けられない
といった違いがあります。このレンズはタムロンのものとは異なりレンズ表面が大きく出っ張っているので、プロテクターなどのフィルターが着けられないんですね。

このあたりは人によっては不便に感じる部分かなと思いますが、せっかく超広角を買うなら思いっきり広いレンズが欲しいようにも思います(*’▽’)

超広角:AF-P NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用

 

先ほど『純正の超広角レンズは約9万円だから手が出ない』と書いたんですが、この記事を公開してからしばらく経ってニコンさんがやってくれました(*’▽’)そう、純正で手頃なAPS-C用超広角ズームレンズです。

このレンズのすごいところは、まずその手頃なお値段。そしてこのお値段で手ブレ補正まで付いていること。それでもって小型軽量。

やっぱりニコンのカメラにはニコンのレンズが良い!という方も多いでしょうし、これはかなり初心者に嬉しい1本だと思います(*’▽’)

魚眼:SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM ニコン用 対角線魚眼 APS-C専用 477554

Twitterのプロフィールに『魚眼愛好家』と書いているほど魚眼が大好きな私。

魚眼の独特な世界は、難しいけれど撮っていてすごく楽しいですし、初心者にこそ持ってほしいレンズの一つです。

私が使っているのはフルサイズ対応のSIGMA 15mm F2.8 EX DIAGONAL FISHEYEというレンズで、今紹介しているSIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSMはこれのAPS-C専用バージョン。

ちなみに、D5500をはじめとするAPS-C機で超広角レンズや魚眼といった人間の視野よりも広い範囲を写すレンズを使う場合は、APS-C専用のものを選ばないと35mm換算の関係で超広角・魚眼の効果を存分に味わえないので注意が必要です(*’▽’)

明るいズームレンズ:SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

20mm単焦点以外全てAPS-C専用レンズだったので、D750の購入時に標準ズームも新調した私。

悩みに悩んだ末、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8Gを選んだんですが、実際に使ってみて明るいズームレンズがあると撮影が格段に快適になるなぁとひしひし感じています。

レンズを変えることは一眼レフの醍醐味ですし、できることならバンバン交換したいんですが、それでも旅先とか人混みとか、レンズ交換が煩わしいと感じる場面ってやっぱりあります。そんなとき、1本であらゆる場面に対応できる明るいズームレンズってすごく便利なんですね。

SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM ニコン用 APS-C専用 210557

 

私がD5500で撮り続けるとしたら明るいズームレンズも欲しくなりそうですし、APS-Cで使いやすいものないかなと探しているときに見つけたのがこのSIGMA 18-35mm F1.8

ちなみにこの『F1.8通し』というスペックは世界初なんだとか。かなりお値段のするレンズではありますが、まさに私が『気になるレンズ』です(*’▽’)

SIGMA 17-50mm F2.8

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552

そりゃF1.8通しのズームレンズを使えたら良いんだけど、お値段がお値段だし、あともう少しズームできたらいいなと思う部分も否定できません。そこでもうひとつ検討したいのがSIGMA 17-50mm F2.8というレンズ。

35mm換算で25.5-75mmまでの範囲をF2.8という明るさでカバーできて、手ブレ補正もついてこのお値段。シグマさん太っ腹…!!!

旅行の時なんかもかなり活躍してくれそうですし、この抜群のコスパは気になるところです(*’▽’)

私がD5500用のレンズを選び直すとしたらこれ!

あれこれレンズを紹介しまくりましたが、なにかヒントになるようなことはありましたでしょうか?やっぱりレンズの話は楽しいですね(*’▽’)とまらなくなります。

さて、そんなこんなで今の私がD5500のためにレンズを選び直すならこの3本です!どん!

  • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ED
  • SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HCM
  • SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
最後にもう一度1本ずつ見ていくことにしましょう。

単焦点レンズ

DSC_0090-2

単焦点レンズって本当に楽しいんですが、ズームできない分その焦点距離選びがすごく重要になります。

今振り返って思うと、普段ズームレンズを使って撮っているときに、どのあたりの焦点距離で撮っているかどうかをしっかり考えてから単焦点選びをした方がよかったなあと思うんです。

というのも、換算52.5mmは私には結構狭く感じられたので、正直もう一度買い直すとしてこのレンズもう一回買うのかなあ…とこの記事を書きながら結構悩んでましたw

でも52.5mmという長さがあるからこそのボケ感は最高に楽しいものでしたし、なんせ純正なのに圧倒的に安い

この安さがあったから私が交換レンズの世界に足を踏み入れることができて、このレンズと出会ったからこそ、2本目の単焦点レンズ(AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED)を買うことになったんだと思うと、やっぱりはじめての単焦点としてAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gは最適な選択肢だと思います。

超広角ズームレンズ

そして超広角については、もう一度買いなおすのであれば、私が買ったTAMRON10-24mmではなくSIGMA 8-16mmを選ぶという結論に。

重くてお値段も高いのですが、せっかく超広角を買うならとことん広い世界を楽しんでみたかったように思います。タムロンを買ったことは全く後悔してないんですけどね(*’▽’)

ただ、お値段や重さが気になる方はタムロン10-24mmやニコン純正10-20mmの方が良いと思います。

というのも、D5500をはじめとするエントリー一眼レフはボディが軽い分、重さのあるレンズを着けると重心がかなり前に傾いて、首や肩にかなり負担を感じる場合が。超広角ズームレンズ選びは、その焦点距離だけでなく重さも考えた上で選びたいところです。

ただ、『いつかはフルサイズ』と考えている場合、APS-C専用レンズは使えなくなる・買い替えが必要になることを考えると、このレンズはちょっと高いようにも思いますし、そう考えると3万円の純正10-20mmもすごく魅力的な選択肢。

このあたりは完全に予算と好みで決めちゃっていいと思います(*’▽’)

私がフルサイズを買った理由と、いつかはフルサイズ!と思っている人に伝えたいこと

魚眼レンズ

APS-C機のために、それも魚眼という普段使いの難しいレンズにしては高いかもしれませんが、今の私がこんなに写真を楽しんでいるのは魚眼レンズのおかげでもあるので、選び直すとしたらこのシグマの魚眼レンズも候補に入れます。

使いどころに困りそうなイメージがあるかもしれませんが、ファインダーを覗くことがとっても楽しくなる素敵レンズです。魚眼はいいぞ(*’▽’)

撮るのが楽しくなる1本!魚眼レンズがあるとこんな写真が撮れるよ!

サードパーティってどうなの?

さてさて、今回私がチョイスしたレンズの中にはいくつもサードパーティ製のレンズが含まれていました。

私自身写真を始めるまでは『ニコンのカメラにはニコンのレンズしか使えない』と思っていたんですが、実はシグマタムロンといったメーカーもまたニコン用のレンズを作っていて、純正レンズよりも安いものが多いんですね。

お値段も控えめな分、もちろん性能の面で純正には劣る部分もあるんですが、私はできる限り色んなレンズで色んな写真を楽めるのが一番だと思っているので、サードパーティを積極的に選んでいくタイプです。

純正とサードパーティの写真を比べてみたサイトなどを見ると、確かに細かい部分では違いがあったりするんですが、パッと見分からないことも結構多いですからね(*’▽’)

ただ、ものによっては純正のものよりもオートフォーカスが遅い・不安定ということがあったり、ボディとの相性が悪くオートフォーカスが作動しない・エラーが発生するということも考えられることは事実。

純正のレンズでもそういったことがないとは言えませんが、純正でない分そういうリスクはしっかり理解しておく必要があると思います。

とはいっても、サードパーティのおかげでレンズの選択肢・お値段が増えることはものすごくありがたいこと。純正にこだわりすぎず、サードパーティも上手く活用することが写真をもっともっと楽しくするレンズ選びのポイントだと思います(*’▽’)

おわりに

レンズ選びは本当にたくさん悩むと思うんですが、どのレンズにするか悩んでいる時間が一番楽しかったりもしますし、この記事が少しでもみなさんのレンズ選びのヒントになれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

関連記事
写真の幅が広がる1本!超広角レンズがあるとこんな写真が撮れるよ! 撮るのが楽しくなる1本!魚眼レンズがあるとこんな写真が撮れるよ! D5500を手にして1年が経ったので、その魅力を思う存分語り尽くしてみる! 軽くて使える超広角単焦点!AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの魅力を語ってみる。 私がフルサイズを買った理由と、いつかはフルサイズ!と思っている人に伝えたいこと