▶︎ ゆるカメライフの殿堂入り&人気記事

イルミネーションを簡単綺麗に撮るための設定と4つのアイディア!

夜景といえばクリスマスイルミネーションでしょ!という方も、夜景といえば工場夜景でしょ!という方もどうもこんにちは。私はジャンクション夜景も好きです。

今年は良いカメラを買ったから今年はスマホとは一味違うイルミネーションが撮りたい!

…けど夜の撮影って難しそうというイメージをお持ちの方も少なくないはず。私もかつてそうだったんですが、ポイントを押さえれば実は全然難しくなかったんです。

というわけで!今回は簡単綺麗にイルミネーションを撮るための設定と、り印象的なイルミネーションの写真にするためのアイディアをいくつか紹介してみたいと思います(*’▽’)

イルミネーションを簡単綺麗に撮るための設定と4つのアイディア!

 

イルミネーション撮影の設定の決め方にはいろんなアプローチがあるんですが、今回は設定などについてあまり詳しく知らないけど簡単に手っ取り早く綺麗に撮りたい!という人向けです。

というわけで早速設定をどん!

  • 撮影モード:絞り優先モード
  • F値:一番小さい数字
  • ISO感度:シャッタースピードが1/焦点距離秒になるまで上げる
なお、イルミネーションイベントなどでは三脚・一脚などの使用が禁止されている場合も多いため、今回は手持ち撮影を前提としています。

なんかちょっと見慣れない単語があって難しそう…と思われた方もいらっしゃるかもしれないんですが、中身はすごく単純なのでちょっと簡単に説明してみましょう(*’▽’)

設定の中身を簡単に解説!

自分でボケ具合を調節するために普段絞り優先モードを使って撮っているという方は多いはず。私もそのひとりです。

いきなり馴染みのないモードを使って、写真ばかりに気を取られて目の前のイルミネーションを肉眼で楽しめない…なんてことは悲しいので、今回は一番使い慣れているであろう撮影モードで考えています。

F値については『F値を小さくするとボケる、大きくすると画面全体にピントが合う』と覚えている方も多いと思うんですが、F値にはそれ以外にも役割があります。

それがレンズの光の通り道を広くしたり狭くしたりすること。

F値を小さくすると光の通り道が広くなるので、短いシャッタースピードでも明るく写すことができ、手持ちでも綺麗にイルミネーションを撮ることができるんです。

最後にISO感度。『1/焦点距離秒になるまで上げる』ってナニソレって感じですよね。

冒頭で述べた通りイルミネーション会場などでは三脚・一脚を使って手ブレを防ぐことができないことがほとんど。

なので、手ブレせずに撮るためにはシャッタースピードをコントロールする必要があります。

じゃあ手ブレしないシャッタースピードってどれくらいなの?という話なんですが、分かりやすい基準値があって、それが1/焦点距離秒なんです。

見慣れない単語かもしれないんですが、具体的に考えるとすっごく単純。

例えば50mmで撮ろうとしていると仮定すると、1/50秒を上回っていれば手ブレのリスクは小さくなり、逆に1/50を下回ると手ブレするリスクが高くなるという話です(*’▽’)

イルミネーション撮影を失敗する一番の原因は手ブレですし、手ブレさえしっかり防げれば失敗する可能性は限りなく低くなります。

なので、シャッタースピードが手ブレする基準の1/焦点距離秒よりも遅くなっていないかをしっかり確認することが、イルミネーションを綺麗に撮る一番のカギ

逆に言えば、そこだけ押さえておけばイルミネーションの設定はバッチリなわけです(*’▽’)やったね!

おさらい

設定の中身をなんとなくでも掴んだところで、ここで一度おさらいです。

  1. 絞り優先でF値を一番小さな数字にセットしておく
  2. 撮りたいもの・構図が決まったら何mmで撮ろうとしているかチェック
  3. 表示されているシャッタースピードが1/焦点距離秒よりも遅かったらISO感度を上げる
なお、1/焦点距離秒はあくまでも目安なので、58mmなら1/60秒や1/50秒かな?くらいのザックリな感じで大丈夫です(*’▽’)

イルミネーションを綺麗に撮るための3つの注意点

ISO感度の上げすぎに注意!

夜間の手持ち撮影の強い味方であるISO感度ですが、感度を上げすぎるとノイズが発生してザラザラとした画質の悪い1枚になってしまいます。

ちなみに、F値を大きくすると光の通り道が狭くなる分、ISO感度を上げて明るさを稼ぐ必要が出てくるので、画質が悪くなるリスクが高くなります。

紹介した設定ではF値を一番小さくしているのはこれが理由なんですね。

手ブレしないために必要なシャッタースピード(1/焦点距離秒)が確保できているのであれば、必要以上にISO感度を上げないことが綺麗に撮影するポイント。

カメラによって高感度耐性やノイズの出方は異なりますが、個人的にはISO3200よりも高くするのは必要な時を除いて避けた方が無難かなと思っているので設定の参考になれば幸いです(*’▽’)

フラッシュは使わない!

『暗い場所で撮る=フラッシュを使う』と考えがちですが、イルミネーション撮影にはフラッシュを用いても意味がありません

というのも、フラッシュは『暗いものを明るくする』ために用いるものなので、元々しっかりと明るいイルミネーションに光を当てても意味がないどころか、光が光を反射して逆に真っ暗に写ってしまうこともあります。

イルミネーション撮影では、フラッシュではなくISO感度で明るさやシャッタースピードを補いましょう(*’▽’)

補足:焦点距離の35mm換算について

今回何度も登場した『1/焦点距離秒』ですが、センサーサイズがAPS-Cやフォーサーズのカメラをお使いの場合は、35mm換算に留意する必要があります。書かれている焦点距離よりも1.5倍とか2倍とかいうアレです。

…が、『35mm換算なにそれ美味しいの』という方は、手ブレ補正搭載のレンズやボディをお使いであれば、ぶっちゃけここでは無視しちゃっても問題ない場合が多いです。

ただ、手ブレ補正も絶対ではないので、補正機能の有無に関わらず液晶画面でしっかり拡大してブレていないか確認するように心がけましょう(*’▽’)

もっとこだわって設定したいときは

冒頭で述べた通り、今回紹介した設定は『設定などについてあまり詳しく知らないけど簡単に手っ取り早く綺麗にイルミネーションを撮りたい!という人向け』なので、もしかしたらもっとこだわって設定をしてみたい!という方もいらっしゃるかもしれません。

夜景といってもイルミネーションはかなり明るいので今回紹介したような簡単な設定でも綺麗に撮れるんですが、上の写真のような一般的な夜景は三脚を使わず明るくブレず撮ろうと思うと設定をさらに工夫する必要があります。

なので、よりこだわって設定してみたい!という方は、下の手持ち夜景撮影設定記事も合わせてご覧いただければと思います(*’▽’)

三脚が使えない時に!手持ちで綺麗に夜景を撮るコツをまとめてみた

イルミネーションをもっと印象的に撮るための4つのアイディア!

さて、設定がわかったところで、ここからは私が考えるイルミネーションをもっと印象的に撮るためのアイディアを4つ紹介してみたいと思います。

1.クロスフィルターを使う

目にはすごく美しくキラキラ輝いて見えているのに、写真にするとなんだか華やかさに欠ける。

そんなときはクロスフィルターを使うとグッと写真が華やかになります。上のようなキラキラ写真を一度はみたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

スノークロスやサニークロスなど色々種類があるんですが、光の線が多いと写真がごちゃごちゃしすぎてしまうので、私のオススメは一番スタンダードな4本線のクロスフィルターです。

なお、フィルターを買う際は必ずお手持ちのレンズのフィルター径を確認してくださいね(*’▽’)! 

2.前ボケを作ってみる

ボカすといえば背景ボケが真っ先に思い浮かぶ方が多いと思うんですが、写したい被写体よりも手前にあるものをボカすと、奥行きを感じる印象的な1枚になることも。

上手く前ボケを作るコツは、少し遠くからズームして前ボケを作ること。そうした方が前ボケをより大きく・メインの被写体の近くがキラキラしているように見せることができるんです。

このことを圧縮効果というんですが、記事のボリュームの都合上、この記事では詳しい説明は省略します。興味のある方は下の記事をどうぞ(*’▽’)

遠くを写すだけじゃない!もっと望遠レンズを使いこなすための2つのポイント

3.小道具を使ってみる

普通に撮るだけだと物足りない!という方は小道具を使うのも楽しいかも。

写真のためだけに物を買い足すのはちょっと…という方でも気軽に使える小道具がスマートフォンです。

スマートフォンにピントを合わせて背景をボカせば、あら不思議。ちょっと手の込んだ1枚に見えますよね。

カメラを持つ側の手ブレだけでなく、スマートフォンを持つ手のブレも考えて撮る必要があるのですが、コツを押さえれば案外簡単なこの写真。

もし興味があれば、下の記事で撮り方を紹介しているので覗いてみてください(*’▽’)

SNS映え抜群!?私の『スマホの画面越し写真』の撮り方をまとめてみる!

4.気持ち明るめで撮る

イルミネーションを撮っているときって周りが暗いのでモニターがいつもより明るく感じられます

そのため撮っているときは明るく見えていても、翌日普通の明るさの部屋で見返してみると暗い・もっと明るく撮っておけばよかった…と後悔することがしばしば。これ意外とやりがちなミスです。経験者は語る。

なので、露出補正ダイヤルを上手く活用して、①普通の明るさと②暗い場所で見るとちょっと眩しいと感じるくらいの明るさで複数枚を撮っておくことをオススメします。

なお、露出補正をプラスにして明るく写そうとすると、それに伴いシャッタースピードが遅く設定されるので、手ブレしないシャッタースピードになるようにISO感度をしっかりと上げるのを忘れずに!

おわりに

さてさて、あれこれ述べてみましたがいかがでしたでしょうか?

難しいと思われがちなイルミネーション撮影ですが、ポイントさえ押さえれば失敗もありませんし簡単なので、この記事がみなさんの思い出作りに少しでも役立てば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
三脚が使えない時に!手持ちで綺麗に夜景を撮るコツをまとめてみた SNS映え抜群!?私の『スマホの画面越し写真』の撮り方をまとめてみる! カメラの設定ってどう決めればいいの?私の考え方全部まとめてみる! 写真の構図ってどう決めれば良いの?私が意識している9つのポイント! 私がD5500のために買ったレンズと、気になっていたレンズを紹介してみる!