エレクトリカルパレードを綺麗に撮るための設定と5つのポイント!

dsc_2133
夢と魔法の王国の夜を彩る、エレクトリカルパレード

せっかくだから見るだけじゃなく綺麗に撮りたい!という方も多いはず。

というわけで今回はエレクトリカルパレードを撮影する時の設定と、より綺麗に撮るためのコツやアイデアをまとめたいと思います(*’▽’)

エレクトリカルパレードを綺麗に撮りたい!

必要なもの
カメラについては、シャッタースピードやISO感度を撮影者自身が決められるものであれば、一眼レフでもミラーレスでもコンデジでもどれでも大丈夫です。

レンズに関しては、キットレンズでも問題ありません。ただキットレンズよりも撮りやすいレンズがあったりするので、その辺のことはこの後詳しく書いていきます(*’▽’)
私が撮る時の設定
dsc_2185
細かいことを書いていく前に、先に私の設定を載せてみましょう!どん!
  • 撮影モード:シャッタースピード優先
  • シャッタースピード:1/160秒
  • ISO感度:自動制御(上限ISO3200)
となります。
一番重要なのはシャッタースピード
dsc_2192
夜間撮影でまず注意しなくてはならないのが手ブレ

TDRのパーク内は三脚・一脚の使用が禁止されているため、エレクトリカルパレード(以下『Eパレ』)を撮影する時はいつも以上に手ブレに細心の注意を払う必要があります。

しかし!Eパレを撮影する時、手ブレに加えてもう一つ気を付けなければならない『ブレ』があります。それが被写体ブレです。

dsc_2153
パレードではフロートも動きますし、フロートの上にいるキャラクターも常に動いています。

つまり手ブレをしなかったとしても、被写体の動きを止められなければ結果的にブレた写真を量産することになる

手ブレと被写体ブレ両方を防ぐためにはシャッタースピードを速くすれば良いんですが、シャッタースピードを速くするということは、それだけ取り込む光の量を減らすということ。

これを速くしすぎると十分な光が得られず、写真が真っ暗になってしまいます。

DSC_0394-6
じゃあ、手ブレおよび被写体ブレを防ぎつつ、かつ明るく撮るために必要なシャッタースピードはどのくらいなのか

実はキャラクターをアップで撮る場合と、フロート全体を撮る場合で若干異なります。
フロート全体を撮りたい!
dsc_2159
キャラクターが乗っている光輝くフロート。本当に綺麗ですし、1つ1つ撮りたくなりますよね。

フロート自体は動きがゆっくりなので、フロート全体を撮るのであれば、私が冒頭に書いた1/160秒よりも遅い1/50秒程度でも被写体ブレなく撮影することができます。

この記事を書くにあたってTwitterでアンケートを実施したところ、『Eパレを撮るなら望遠レンズを使う』という方が多かったんですが、キットレンズとして採用されている望遠レンズの手ブレ補正ってかなり優秀なので、1/50秒でも案外手ブレはしなかったりします。

それなら1/50秒で良くない?とツッコまれそうですが、1/160秒にはちゃんと理由があるんです。
キャラクターをアップで撮る場合
dsc_2208
フロートも綺麗ですが、やっぱりキャラクターも撮りたいですよね。

キャラクターはフロートより動きが速いので、アップで撮りたい場合は先述の1/50秒ではブレる可能性が極めて高いです。

以前昼のパレードの撮影設定の記事では1/640秒~1/800秒を目安としていたんですが、Eパレのキャラクターはあまり激しく動かないので1/160秒くらいで経験上問題ありません。

dsc_2238
ただ、厳密にいうと1/160秒でも手を振ってくれているキャラクターの手がブレてしまうことがあります。上の写真のチップの手もちゃんと見るとブレています。

ただこれ以上速くするには、フルサイズ機などのしっかりとした高感度耐性を持つカメラでないとかなり厳しいのが現実。

キャラクターの手のブレが気になる場合は気持ちシャッタースピードを上げてもらえばいいんですが、私は1/160秒被写体の動きを止め、かつしっかり明るく写すのに適したシャッタースピードのボーダーかなと思います。

dsc_2212
ここまで読んでいくと『フロート全体を撮りたい時は1/50秒で、キャラクターを撮りたいときは1/160秒にすれば良い!』と言うことはできます。

ただ、せっかくのパレードなのにカメラの設定変更に気を取られるのって勿体無いと思うんです。パレードそのものを楽しまないと良い写真は撮れませんからね。

以上の理由から、私の設定はキャラクター・フロートどちらにでも対応できる1/160秒で統一しています(*’▽’)
ISO感度の上げ過ぎに注意!
dsc_2135
手ブレや被写体ブレを防ぐために必要不可欠なISO感度

Eパレ撮影ではこれにかなり頼る必要があるんですが、感度を上げ過ぎるとノイズが発生し、ザラザラと汚い写真になってしまいます。

また、フロートは近付いてくると予想以上に眩しいほどに明るいもの。手動設定で高感度のまま固定しておくと白飛びしてしまう可能性もあります。

よってISO感度は自動制御に設定するのがオススメです。

DSC_6796
ISO感度自動制御とは、シャッター優先で撮影している際、カメラ側が自動で絞りを開放(F値)にしてもまだ明るさが足りない場合、カメラ側が自動でISO感度を調節し、明るさを補ってくれる便利機能です。

自動制御を使う時に忘れてはならないのが、ISO感度の上限設定。これを決めておくことで感度の上がり過ぎを防ぎ、ノイズを極力抑えることができます。

私はISO3200くらいからノイズがかなり気になり出すので、上限をISO3200もしくは2500と設定しています。

上限の目安については、こちらの記事を参考にしてみてくださいね(*’▽’)

ノイズを気にせず綺麗に撮りたい!適切なISO感度ってどれくらい?
暗かった時の対処法
dsc_2169
カメラの中にはISO感度を3200くらいまで上げてもノイズが気にならないものもあれば、1600くらいで既にノイズが厳しいものもあり、ISO感度の上限はカメラによって異なります。

お使いのカメラによっては、ノイズを考慮してISO上限を決めた上でこの記事の設定に従って撮影してみると写真が暗い可能性があります。

そういう時はシャッタースピードを1/160秒→1/125秒→1/100秒段階的に遅くしてみてください。

1/100秒まで下げると指の先までキャラクターの動きを止められる保証はできませんが、それでも何とか形にはなるもんです。

1/160秒を軸に、お手持ちのカメラやレンズそして撮りたいイメージと相談しながら微調整してあげてくださいね(*’▽’)

dsc_2194
またISO感度に関しては、シャッタースピードを限界(1/100秒)まで下げてもまだ暗い場合にのみ、どうしても…となったら上げましょう。

ただ私としてはノイズ覚悟でISO感度を上げるよりも、少し暗くてもそのまま撮影し、後に述べる画像編集ツールで明るさを持ち上げてあげる方が写真の仕上がりがグッと良いものになると思います(*’▽’)

エレクトリカルパレードをもっと綺麗に撮るための5つのコツ!

長々と書いてきましたが、ここでもう一度設定をおさらいです。
  • 撮影モード:シャッタースピード優先
  • シャッタースピード:1/160秒
  • ISO感度:自動制御(上限ISO3200)
  • 暗い場合は1/160秒→1/125秒→1/100秒まで段階的に下げる
これでとりあえず撮ることはできるんですが、綺麗な写真に仕上げるにはいくつかポイントやコツがあるので、ひとつひとつ見ていきましょう(*’▽’)
1.キャラクターを撮る時はガッツリズーム!
dsc_2227
キャラクターの乗っているフロートって本当に明るい。最近は定期的にリニューアルがなされていて、ますます明るくなりました。

フロート上にいるキャラクターを撮る時は、思いっきりズームして寄ってあげる方が、電球の明るさを借りれるのでグンと明るく綺麗に撮れますよ(*’▽’)グッと寄りましょう、グッと!
2.目の前に来た時ではなく、向かってくるフロートの方が撮りやすい!
dsc_2154
Eパレのフロートって遠くにあると大きく感じないのに、目の前に来るとその高さや大きさに驚かされます。

パレードの座り見エリアから観賞する時、目の前にフロートが来てからでは、フロートがフレームに収まりきらなかったり、キャラクターがものすごく高い位置にいて撮りにくいなんてことも。

フロート全体でもキャラクターのアップでも、綺麗に撮るなら目の前に来た時ではなくそれよりも前、つまりこちらに向かってくる時を狙った方が格段に撮りやすいです

余談ですが、右から来るフロートよりも左から来るフロートの方がカメラが構えやすく、かつパレードが近づいてくる様子がじっくり見られるので、座り見エリアのアウト側(※パレードルートの外周・シンデレラ城と向かい合う形で座る方の通路)の方が撮りやすいように思います。場所取りの参考にどうぞ(*’▽’)
3.フラッシュ厳禁!
dsc_2222
フラッシュを焚いてEパレを撮ろうとしている方を頻繁に見かけます。そもそも電球で明るいフロートにフラッシュの光を当てても無意味です。

真っ暗のパークで行われているパレードの最中にピカピカとフラッシュを焚くと、撮るのに必死だと気付かないかもしれませんが、他のゲストにもかなり迷惑がかかります

上手に撮るためと同時に、一人のカメラマンとしてのモラルという意味でもフラッシュの使用は控えましょう。
4.明るいレンズがあるなら積極的に使おう!
dsc_2176
今回18-55mm F3.5-5.655-300mm F4.5-5.6などのキットレンズを用いることを想定してあれこれ書いてみました。

ただ、これらのレンズってズームするとすぐF値の開放値がF5.6とかになりますし、夜使うにはかなり暗いレンズ

それを解消してくれるのが、F1.8F2.8といった明るいレンズ。F値が小さくなることでより多く光が取り込めますし、低めのISO感度でノイズを気にせず撮影することができます。

とはいえ、そういった明るいレンズの多くは単焦点レンズというズームができないので使い勝手が悪いんですよね(´・ω・)

dsc_2143
また全域F2.8通しのズームレンズなんてのもあってそれを使えば格段に撮りやすくなるんですが、こっちはとにかく値段が高いのがデメリット。『Eパレを撮るのにオススメ!』と簡単にオススメできる代物ではありません。

じゃあやっぱりキットレンズではちゃんと撮れないのかと言われるとそうではなく、もうひとつ方法があります。
5.RAWで撮って現像しよう!
dsc_2190
ノイズを極力防ごうと思うとどうしても暗く写ってしまいがちなEパレの写真。

そりゃみんな手ブレなし・被写体ブレなし・ノイズなしの三拍子が揃って、なおかつ明るく華やかに撮りたいじゃないですか。

ただ、先ほど触れたキットレンズの暗さを考えると、この4つ全てをシャッターを切るだけで成り立たせるのはかなり難しいのが現実。

でもシャッターを切るだけではなく、その後にRAW現像してあげるとすべて叶えることができます。RAW現像って何?という方はこちらの記事をどうぞ(*’▽’)

dsc_2131
手ブレや被写体ブレは後から編集してもどうにもなりませんし、多少のノイズは大目に見てしっかり感度を上げてブレることなく撮影すべきだと思っています。

ただ、一度出てしまったザラザラのノイズも、後から編集してもどうにもならないんですね。

個人的に考える一番きれいなEパレの撮り方は、少し暗めで良いのでノイズがギリギリ気にならない程度に撮っておいて、あとからRAW現像で明るさを持ち上げる方法だと思います。

dsc_0455
とはいえ、最近はカメラのWi-Fiでスマホに写真を転送できるので、PCを使うのはちょっと面倒…という方もいらっしゃるはず。そんな方にはSnapseedというアプリがあります。

SnapseedとはGoogleの無料の画像編集アプリ。PCでのRAW現像とできることが非常に近く本当に優秀なアプリで、これを使えばスマホで簡単に撮影後に写真に明るさを補ってあげることが可能です。

dsc_2161
夜・三脚が使えない・被写体が動く…と難しいEパレの撮影。

難しい部分は撮影した後にRAW現像やこういった優秀なアプリで補ってあげて、素敵な写真に仕上げてくださいね(*’▽’)
写真初心者にアプリ『Snapseed』をオススメしたい3つの理由
おわりに
dsc_2253
夢の国での素敵な1日を締めくくる素敵なパレード。この記事が皆さんの思い出作りに少しでも役に立てば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!