『写真に飽きてきたかも…』と思ったら試してみたい5つのこと


『写真を趣味にするぞ!』とカメラを買ったものの、なんだか飽きてきた。

最初はカメラを構えることそのものが新鮮だったけれど、しばらくするとそれもなくなって、せっかく高いカメラ買ったのになーとモヤモヤしている方もいらっしゃると思います。私も実はそうでした。

というわけで、今回は写真に飽きたかもと感じたら試してみたいことを私なりの視点でまとめてみたいと思います(*’▽’)

『写真に飽きてきたかも…』と思ったら試してみたい5つのこと

『写真に飽きた』には3つのタイプがある


『写真に飽きた』と感じる理由はそれぞれだと思うんですが、個人的には大きく分けて
  • 撮るものがなくなって飽きた
  • 思っているような写真が撮れなくて飽きた
  • カメラを持ち出すことが億劫になって飽きた
という3つのタイプがあると考えています。

上2つのタイプの人に『写真ってやっぱり面白いかも?』と思ってもらえるように、そしてカメラを買ってみたのは良いけどなんだかんだ荷物になるし…と持ち出すこと自体に飽きてきた方にも『もう一度カメラ持ち出してみようかな』と思ってもらえるようなアイディアを紹介できたらいいなと思います(*’▽’)

1.レンズを変えてみる


思っているようなものが撮れなくて写真に飽きてしまった方の中には、せっかく良いカメラを買ったのにスマホで撮る写真とあまり差が感じられなかった人は少なくないはず。私が写真に飽きを感じた理由がまさにこれでした。

このブログでも、以前スマホで撮る写真と一眼で撮る写真でどれくらい違いがあるのか比べたことがあったんですが、想像以上にスマホカメラが優秀でびっくりしました。
でも、もちろんスマホには撮れなくて一眼では綺麗に撮れる写真というものもあります。そしてその代表はやっぱり背景がボケた写真なのではないかと思います。


この記事を読んでくださっている方の中には、キットレンズだけを使って撮っているという方もいらっしゃると思うんですが、F値がちょっと大きなキットレンズはちょっとボケにくい。F値の小さな明るい単焦点レンズを使うことで、スマホでは撮れないような玉ボケや背景がとろけるようにボケた1枚を撮ることができます。

私自身はじめてカメラを買ったとき、思ったよりもボケないなと思っていたんですが、思い切って単焦点レンズを買ってみたところボケ方が全然違って。背景がボケるとなんだか写真が上手くなったようにも感じられ、一眼で撮る楽しさに一気に惹き込まれた記憶があります。


単に背景をボカすだけだとまたすぐ飽きてしまいそう…と思う方もいるかもしれないんですが、ボカす背景や光の当たり方などによって写真の印象もガラッと変わりますし、背景ボケの世界も奥が深かったり。

スマホと写真が大差がなくて飽きてきたという方には、まず取り入れるべきマストアイテムともいえるレンズだと思います(*’▽’)
『レンズが欲しい』が口癖の皆さん、どうもこんにちは。 はじめての一眼レフとしてNikon D5500を手にして、いろんなレンズで写真を楽しんできた...

2.小道具を使ってみる


単焦点は既に持っているけど、自分の写真がイマイチパッとしなくて飽きてきた・撮るものがなくなって飽きてきたという方は、小道具で写真にインパクトやアクセントを加えるのもアリかもしれません。

例えば、撮影小道具としてよく取り上げられるもののひとつである、ダンボー

『よつばと!』という漫画の登場キャラクターの小さなフィギュアで、この漫画を読んだことがないという方でも見かけたことがある方は多いのではないでしょうか。ちなみにこのブログでも機材の紹介写真でよく登場しています(*’▽’)


無表情なんですが、すごく愛くるしくて、何気ない場所でもダンボーを絡めて撮るだけでポストカードのような1枚を撮ることができます。色んなデザインのダンボーがあるんですが、私はAmazon限定デザインがお気に入りです。

ちなみに、私が『写真に飽きたかも』と思って最初に取り入れたのはこのダンボーでした。あんまりにも可愛くて、気付いたら原作の漫画を買ってしまっていたんですが、疲れているときに読むと心に効きます。


ダンボー以外にも撮影に使える小道具は色々あって、私たちの生活に今最も近い存在と言っても良いスマートフォンもまた写真の良いアクセントになる小道具のひとつ。

以前このブログではiPhoneの画面越しの写真の撮り方というなんとも斜め上な記事を書いたんですが、スマホを被写体にして撮るわけなので、これもまたカメラがあるからこそ撮れる1枚。

上手く背景をボカすことで、目の前の光景を普通に撮るよりも印象的な1枚になることもあります(*’▽’)


他にも電球水晶玉などなど、写真にアクセントを加えてくれる小道具はたくさんありますし、私自身あれこれ模索しているところです。

同じ小道具ばかり使っていると同じような写真を量産することになることは否定できませんが、たまに使うと自分の写真が新鮮に感じられますし、新鮮に感じられると自分の写真そして写真を撮ることが好きになる。

写真の『引き出し』として色んな小道具を試してみると、写真の新しい楽しさに気づくことができるかもしれませんよ(*’▽’)
レンズを変えたり構図を工夫したり、現像を頑張ってみたりと、素敵な印象的な1枚を撮るためのアイディアは本当にいろいろありますが、小道具を使うというのもアイ...

2.三脚を使ってみる


スマホでは撮れないものの例として、背景ボケの次に挙げられるのが夜景

今は最新機種やアプリを使えばスマホでもカメラの設定を変えたりして夜景を撮ることもできるそうなんですが、 カメラの方がより設定をカスタマイズしやすいように思いますし、綺麗な夜景が撮りたくて良いカメラを買ったという方もいらっしゃると思います。

私自身カメラを買った当初は『三脚って必需品なの?』と思っていたんですが、手持ちだと思い通りの夜景が全然撮れないので、2000円くらいの激安の三脚を買ってみたところ、簡単にめっちゃ綺麗に撮れてびっくり。三脚を使うだけでこんなに写真が変わるなんて思ってませんでした。


三脚は高いものから安いものまでピンキリなんですが、安いものを選べばレンズに比べてかなりお安く挑戦できるのも嬉しいポイント。

長く使っていく三脚であればちゃんとしたものを買った方がいいのは確かですが、三脚を使う頻度もまだ分かりませんし、その『ちゃんとしたもの』もまた色んな種類がありますし、しっかりと自分の欲しい性能などを把握してからの方がいいように思います。

お試しとしての三脚なら私が初めて手にしたような激安のものでも問題ないように思います(*’▽’)
カメラを買った人の多くが一度は撮ってみたいと思うもの、それは夜景。でも夜景撮影って難しそう…と躊躇されている方も多いかもしれません。 私もその躊躇...

4.RAW現像


思っているような写真が撮れないと私ってセンスないのかななんて落ち込むこともあるかもしれません。私が実際そうでした。でも、もしかしたら思っているような1枚が撮れないのは、センスがないのではなく、写真の『仕上げ』をしていないからかもしれません。

私自身カメラを手にした当初は『良いカメラならシャッターを押すだけですごい写真が撮れる』『設定と構図が良い写真の命!』と思っていました。もちろん設定も構図もすっごく大事なんですが、それと同じくらい大事なのが撮った後に写真をしっかりと仕上げてあげること。これをRAW現像と言います。


RAW現像の説明をここでしようとすると記事のボリュームがとんでもないことになるので、以前書いた記事に委ねますが、簡単に言うと『私たちがシャッターを押したときにカメラがやってくれている処理を自分ですることで、自分の思い通りの写真に仕上げられるZE!』ってことです。

思い通りの写真が撮れないとすぐに飽きてしまうと思いますし、スマホで綺麗に撮れる分、すぐカメラを持ちださなくなってしまうと思います。RAW現像は写真をカメラ任せではなく自分で仕上げる分、自分の写真が好きになれるはずですよ(*’▽’)

5.色んな写真を見る


カメラを買ってあれこれ撮ってみたけど、しばらくして撮りたいものがなくなってしまった。でも実は世界には私たちが知らないような写真や撮り方って本当にたくさんあるんです。

SNSを通じて、日本のみならず世界中の人々が撮ったあらゆる写真を気軽に見ることができる時代。インスタやツイッターを見ていると、びっくりするくらい上手な人やオシャレで斬新な写真を撮っている人ってたくさんいるんですね。

あれこれ見ていると、いいなと思える写真や『撮ってみたい!』と思う1枚に必ず出会えるはず。そういった写真を見つけるのってすごく大事なことで、写真に飽きてきたら、まずは写真を見ることが一番効果的かなと思っていたりします。


というのも、今回この記事でも写真に飽きたときに試してみたいアイディアを4つほど紹介して見ましたし、他にも構図や設定をはじめとする様々なテクニックが世の中には溢れています。でも、それらをただ知っただけの段階だと、どの場面でどの被写体でそれらを活用したら良いかってよくわからないことも多いと思うんです。

ただ闇雲に知識をたくさん仕入れてみるよりも、何か『こういうのが撮りたい!』という具体的な憧れ・目標のような写真があった方が写真を撮ることが楽しくなるし、どうすれば自分の思い通りに撮れるのかが明確になる。

また、先に知識をあれこれ詰め込んでから撮るよりも、その憧れの写真に近い1枚を撮るためにはどうしたらいいか試行錯誤していく方が実践的ですし上達が早いようにも思うんですね。


私自身、写真に飽きてきたときにSNSを見ていたらたまたますごく好みの写真を見かけて、それを撮るためにはどうすればいいのかなーとあれこれ調べているうちに、カメラのこと・写真のこと・撮影スポットなどを少しずつ知っていくことができました。

最近もインスタを中心にいっぱい写真を見るようにしていて、好きな雰囲気の写真を見つけてはどうすればこれに近づけられるのかなと絶賛模索中です。

色んな写真を見てみると新しい発見やきっかけを得られることも多いですし、好きな写真は『撮りたい!』の原動力になると思います(*’▽’)

おわりに


さてさて、あれこれ述べてみましたがいかがでしたでしょうか?何かひとつでも新しい発見があれば幸いです(*’▽’)

私がはじめて『写真飽きてきたかも…』と感じたのは、カメラを買った3ヶ月後くらいでした。今振り返ってみると、カメラを買ってすぐの『カメラを構えているだけで楽しい!』という期間が過ぎて、ずっとスルーしていた知識の壁にぶつかっただけだったように思います。

でも、この『飽きたかも』があったことで、交換レンズの存在やRAW現像の大切さ・楽しさを学ぶことができましたし、たくさんの知識を得ることができました。考えてみると『写真に飽きたかも』は写真が一気に楽しくなる・上達するきっかけなのかなと思います(*’▽’)

今回この記事で紹介したアイディア以外にも、写真をもっと良くする・もっと面白くするアイディアはたくさんあります。いろんなことを積極的に取り入れて、素敵なカメラライフを過ごして下さいね(*’▽’)

最後まで読んでいただきありがとうございました!